2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

大局将棋を指しましょう5{第2局第2譜}

1 :名無し名人:2006/11/09(木) 09:59:15 ID:/5Lvgamm
大局将棋は、盤面36×36の1296マス、片方の駒で209種(成りを含めると302種)402枚、
両方合わせて804枚という超巨大将棋。
この大局将棋について語り、対局を行うスレです。

大局将棋を指しましょう
http://game.2ch.net/test/read.cgi/bgame/1044848739/
大局将棋を指しましょう2《第1局第2譜》
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/bgame/1073993361/
大局将棋を指しましょう3〔第1局第3譜〕
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/bgame/1091531463/
大局将棋を指しましょう4{第2局第1譜}
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/bgame/1103953665/
大局将棋(対局板、駒配置と駒の動きFLASH)
http://taikyokushogi.hp.infoseek.co.jp/index.html
大局将棋ソフト(パスはbgame)
ttp://kasamatu.o0o0.jp/pochi/src/hajime1569.zip.html
大局将棋など(駒の動き、成りを省スペースで解説)
http://www15.plala.or.jp/chocomint0718/furu-shogi.html

・よくある質問
Q.なんで2ch以外に無料スペース借りてテンプレサイトを作らないの?
A.2ch専用ブラウザ使うと、駒の動き参照のレスがポップアップして便利だから。

2 :名無し名人:2006/11/09(木) 09:59:49 ID:/5Lvgamm
|▽香車|▽白虎|▽走兎|▽鯨鯢|▽火鬼|▽山鷲|▽天狗|▽獣曹|▽走馬|▽奔鬼|▽地龍|▽鳩槃|
|▽反車|▽香象|▽山鳩|▽飛燕|▽禽吏|▽雨龍|▽森鬼|▽山鹿|▽走狗|▽走蛇|▽横蛇|▽大鳩|
|▽金車|▽横龍|▽走鹿|▽走狼|▽角将|▽飛将|▽右虎|▽右龍|▽獣吏|▽風龍|▽奔狗|▽行鳥|
|▽銀車|▽竪熊|▽桂馬|▽豚将|▽鶏将|▽狗将|▽馬将|▽牛将|▽中旗|▽横猪|▽銀兎|▽金鹿|
|▽石車|▽雲鷲|▽角行|▽飛車|▽横狼|▽飛猫|▽山鷹|▽竪虎|▽兵士|▽小旗|▽雲龍|▽銅車|
|▽木車|▽白駒|▽奇犬|▽横行|▽踊鹿|▽水牛|▽猛豹|▽猛鷲|▽飛龍|▽毒蛇|▽鳫飛|▽烏行|
|▽瓦車|▽竪狼|▽横牛|▽驢馬|▽馬麟|▽猛熊|▽嗔猪|▽悪狼|▽風馬|▽鶏飛|▽古猿|▽准鶏|
|▽土車|▽朱雀|▽変狸|▽騎兵|▽鴟行|▽登猿|▽猫刀|▽燕羽|▽盲猿|▽盲虎|▽牛車|▽横飛|
|▽車兵|▽横兵|▽竪兵|▽風将|▽川将|▽山将|▽前旗|▽馬兵|▽木将|▽牛兵|▽土将|▽猪兵|
|▽右車|▽横猿|▽竪行|▽飛牛|▽弩兵|▽竪狗|▽竪馬|▽炮兵|▽龍馬|▽龍王|▽刀兵|▽角鷹|
|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|
|___|___|___|___|___|▽犬_|___|___|___|___|▽仲人|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|

3 :名無し名人:2006/11/09(木) 10:00:20 ID:/5Lvgamm
|▽奔獏|▽奔王|▽後旗|▽右将|▽金将|▽太子|▽玉将|▽金将|▽左将|▽後旗|▽奔王|▽奔獏|
|▽走虎|▽走熊|▽夜刄|▽金剛|▽銀将|▽酔象|▽近王|▽銀将|▽力士|▽羅刹|▽走熊|▽走虎|
|▽古鵄|▽孔雀|▽水龍|▽火龍|▽銅将|▽鳳師|▽麟師|▽銅将|▽火龍|▽水龍|▽孔雀|▽古鵄|
|▽獅子|▽禽曹|▽大鹿|▽猛龍|▽林鬼|▽副将|▽大将|▽林鬼|▽猛龍|▽大鹿|▽禽曹|▽獅子|
|▽走車|▽羊兵|▽猛牛|▽大龍|▽金翅|▽無明|▽提婆|▽金翅|▽大龍|▽猛牛|▽羊兵|▽走車|
|▽盲犬|▽水将|▽火将|▽鳳凰|▽鉤行|▽小亀|▽大亀|▽摩羯|▽麒麟|▽火将|▽水将|▽盲犬|
|▽北狄|▽南蛮|▽猛鹿|▽猛狼|▽隠狐|▽中師|▽鵬師|▽隠狐|▽猛狼|▽猛鹿|▽東夷|▽西戎|
|▽盲熊|▽老鼠|▽方行|▽蟠蛇|▽臥龍|▽奔鷲|▽獅鷹|▽臥龍|▽蟠蛇|▽方行|▽老鼠|▽盲熊|
|▽石将|▽豹兵|▽瓦将|▽熊兵|▽鉄将|▽大旗|▽大師|▽鉄将|▽熊兵|▽瓦将|▽豹兵|▽石将|
|▽飛鷲|▽鎗兵|▽竪豹|▽猛虎|▽弓兵|▽吼犬|▽狛犬|▽弓兵|▽猛虎|▽竪豹|▽鎗兵|▽飛鷲|
|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|
|___|___|▽犬_|___|___|___|___|___|___|▽犬_|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|

4 :名無し名人:2006/11/09(木) 10:00:51 ID:/5Lvgamm
|▽鳩盤|▽地龍|▽奔鬼|▽走馬|▽獣曹|▽天狗|▽山鷲|▽火鬼|▽鯨鯢|▽走兎|▽玄武|▽香車|
|▽大鳩|▽横蛇|▽走蛇|▽走狗|▽山鹿|▽森鬼|▽雨龍|▽禽吏|▽飛燕|▽山鳩|▽白象|▽反車|
|▽行鳥|▽奔狗|▽風龍|▽獣吏|▽左龍|▽左虎|▽飛将|▽角将|▽走狼|▽走鹿|▽横龍|▽金車|
|▽金鹿|▽銀兎|▽横猪|▽中旗|▽牛将|▽馬将|▽狗将|▽鶏将|▽豚将|▽桂馬|▽竪熊|▽銀車|
|▽銅車|▽雲龍|▽小旗|▽兵士|▽竪虎|▽山鷹|▽飛猫|▽横狼|▽飛車|▽角行|▽雲鷲|▽石車|
|▽烏行|▽鳫飛|▽毒蛇|▽飛龍|▽猛鷲|▽猛豹|▽水牛|▽踊鹿|▽横行|▽奇犬|▽白駒|▽木車|
|▽准鶏|▽古猿|▽鶏飛|▽風馬|▽悪狼|▽嗔猪|▽猛熊|▽馬麟|▽驢馬|▽横牛|▽竪狼|▽瓦車|
|▽横飛|▽牛車|▽盲虎|▽盲猿|▽燕羽|▽猫刀|▽登猿|▽鴟行|▽騎兵|▽変狸|▽龍青|▽土車|
|▽猪兵|▽土将|▽牛兵|▽木将|▽馬兵|▽前旗|▽山将|▽川将|▽風将|▽竪兵|▽横兵|▽車兵|
|▽角鷹|▽刀兵|▽龍王|▽龍馬|▽炮兵|▽竪馬|▽竪狗|▽弩兵|▽飛牛|▽竪行|▽横猿|▽左車|
|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|▽歩兵|
|___|▽仲人|___|___|___|___|▽犬_|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|

5 :名無し名人:2006/11/09(木) 10:01:22 ID:/5Lvgamm
>>2の下

|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|▲犬_|___|___|___|___|▲仲人|___|
|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|
|▲左車|▲横猿|▲竪行|▲飛牛|▲弩兵|▲竪狗|▲竪馬|▲炮兵|▲龍馬|▲龍王|▲刀兵|▲角鷹|
|▲車兵|▲横兵|▲竪兵|▲風将|▲川将|▲山将|▲前旗|▲馬兵|▲木将|▲牛兵|▲土将|▲猪兵|
|▲土車|▲青龍|▲変狸|▲騎兵|▲鴟行|▲登猿|▲猫刀|▲燕羽|▲盲猿|▲盲虎|▲牛車|▲横飛|
|▲瓦車|▲竪狼|▲横牛|▲驢馬|▲馬麟|▲猛熊|▲嗔猪|▲悪狼|▲風馬|▲鶏飛|▲古猿|▲准鶏|
|▲木車|▲白駒|▲奇犬|▲横行|▲踊鹿|▲水牛|▲猛豹|▲猛鷲|▲飛龍|▲毒蛇|▲鳫飛|▲烏行|
|▲石車|▲雲鷲|▲角行|▲飛車|▲横狼|▲飛猫|▲山鷹|▲竪虎|▲兵士|▲小旗|▲雲龍|▲銅車|
|▲銀車|▲竪熊|▲桂馬|▲豚将|▲鶏将|▲狗将|▲馬将|▲牛将|▲中旗|▲横猪|▲銀兎|▲金鹿|
|▲金車|▲横龍|▲走鹿|▲走狼|▲角将|▲飛将|▲左虎|▲左龍|▲獣吏|▲風龍|▲奔狗|▲行鳥|
|▲反車|▲白象|▲山鳩|▲飛燕|▲禽吏|▲雨龍|▲森鬼|▲山鹿|▲走狗|▲走蛇|▲横蛇|▲大鳩|
|▲香車|▲玄武|▲走兎|▲鯨鯢|▲火鬼|▲山鷲|▲天狗|▲獣曹|▲走馬|▲奔鬼|▲地龍|▲鳩盤|

6 :名無し名人:2006/11/09(木) 10:01:52 ID:/5Lvgamm
>>3の下

|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|▲犬_|___|___|___|___|___|___|▲犬_|___|___|
|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|
|▲飛鷲|▲鎗兵|▲竪豹|▲猛虎|▲弓兵|▲狛犬|▲吼犬|▲弓兵|▲猛虎|▲竪豹|▲鎗兵|▲飛鷲|
|▲石将|▲豹兵|▲瓦将|▲熊兵|▲鉄将|▲大師|▲大旗|▲鉄将|▲熊兵|▲瓦将|▲豹兵|▲石将|
|▲盲熊|▲老鼠|▲方行|▲蟠蛇|▲臥龍|▲獅鷹|▲奔鷲|▲臥龍|▲蟠蛇|▲方行|▲老鼠|▲盲熊|
|▲西戎|▲東夷|▲猛鹿|▲猛狼|▲隠狐|▲鵬師|▲中師|▲隠狐|▲猛狼|▲猛鹿|▲南蛮|▲北狄|
|▲盲犬|▲水将|▲火将|▲麒麟|▲摩羯|▲大亀|▲小亀|▲鉤行|▲鳳凰|▲火将|▲水将|▲盲犬|
|▲走車|▲羊兵|▲猛牛|▲大龍|▲金翅|▲提婆|▲無明|▲金翅|▲大龍|▲猛牛|▲羊兵|▲走車|
|▲獅子|▲禽曹|▲大鹿|▲猛龍|▲林鬼|▲大将|▲副将|▲林鬼|▲猛龍|▲大鹿|▲禽曹|▲獅子|
|▲古鵄|▲孔雀|▲水龍|▲火龍|▲銅将|▲麟師|▲鳳師|▲銅将|▲火龍|▲水龍|▲孔雀|▲古鵄|
|▲走虎|▲走熊|▲羅刹|▲力士|▲銀将|▲近王|▲酔象|▲銀将|▲金剛|▲夜刄|▲走熊|▲走虎|
|▲奔獏|▲奔王|▲後旗|▲左将|▲金将|▲玉将|▲太子|▲金将|▲右将|▲後旗|▲奔王|▲奔獏|

7 :名無し名人:2006/11/09(木) 11:25:08 ID:Vi4xg0NB
>>4の下

|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|___|
|___|▲仲人|___|___|___|___|▲犬_|___|___|___|___|___|
|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|▲歩兵|
|▲角鷹|▲刀兵|▲龍王|▲龍馬|▲炮兵|▲竪馬|▲竪狗|▲弩兵|▲飛牛|▲竪行|▲横猿|▲右車|
|▲猪兵|▲土将|▲牛兵|▲木将|▲馬兵|▲前旗|▲山将|▲川将|▲風将|▲竪兵|▲横兵|▲車兵|
|▲横飛|▲牛車|▲盲虎|▲盲猿|▲燕羽|▲猫刀|▲登猿|▲鴟行|▲騎兵|▲変狸|▲朱雀|▲土車|
|▲准鶏|▲古猿|▲鶏飛|▲風馬|▲悪狼|▲嗔猪|▲猛熊|▲馬麟|▲驢馬|▲横牛|▲竪狼|▲瓦車|
|▲烏行|▲鳫飛|▲毒蛇|▲飛龍|▲猛鷲|▲猛豹|▲水牛|▲踊鹿|▲横行|▲奇犬|▲白駒|▲木車|
|▲銅車|▲雲龍|▲小旗|▲兵士|▲竪虎|▲山鷹|▲飛猫|▲横狼|▲飛車|▲角行|▲雲鷲|▲石車|
|▲金鹿|▲銀兎|▲横猪|▲中旗|▲牛将|▲馬将|▲狗将|▲鶏将|▲豚将|▲桂馬|▲竪熊|▲銀車|
|▲行鳥|▲奔狗|▲風龍|▲獣吏|▲右龍|▲右虎|▲飛将|▲角将|▲走狼|▲走鹿|▲横龍|▲金車|
|▲大鳩|▲横蛇|▲走蛇|▲走狗|▲山鹿|▲森鬼|▲雨龍|▲禽吏|▲飛燕|▲山鳩|▲香象|▲反車|
|▲鳩槃|▲地龍|▲奔鬼|▲走馬|▲獣曹|▲天狗|▲山鷲|▲火鬼|▲鯨鯢|▲走兎|▲白虎|▲香車|

8 :名無し名人:2006/11/09(木) 11:26:58 ID:Vi4xg0NB
駒の配置

合わせ方
┌──┬──┬──┐
│ >2 │ >3 │ >4 │
├──┼──┼──┤
│ >5 │ >6 │ >7 │
└──┴──┴──┘

9 :名無し名人:2006/11/09(木) 11:28:03 ID:Vi4xg0NB
【ルール】
・自陣は11段目まで。敵陣に入ると成る。

・駒はチェスのように取り捨て。再利用しない。

※の走りについて
大将、副将、飛将、角将、猛龍、飛鰐は
自分より格の低い駒のみ幾つでも、
飛び越して自分のものを含む全てを捕獲することが出来る。
(この解釈については現在議論中です。詳しくは後述。)

駒の格は次の通り。
玉将・太子>大将>副将>角将・飛将・猛龍・飛鰐>他全部

10 :名無し名人:2006/11/09(木) 11:30:14 ID:Vi4xg0NB
現在スレにて議論されている※の走りのルール
飛び越す場合の着地点について
Aルール(仮):空いたマス限定
Bルール(仮):格下の敵駒のみ取れる(自分の駒は取れない)
Cルール(仮):格の上下に関わらず敵駒なら取れる(自分の駒は取れない)
Dルール(仮):格下なら敵味方に関わらず駒を取れる
Eルール(仮):格の上下、敵味方に関わらずあらゆる駒を取れる
Fルール(仮):格の上下に関わらず敵駒を取れ、さらに格下なら自分の駒も取れる(同格・格上の自分の駒は取れない)

11 :名無し名人:2006/11/09(木) 12:24:50 ID:/5Lvgamm
自陣一番下の列の駒

3○:その方向に3歩まで進めるが、間の駒を飛び越えてはいけない
×:そのマスまで飛び越えて行ける
/:その方向にいくらでも進める(走る)

  玉将

○  ○  ○普通の将棋の玉将と動きが違うので注意
  ○○○
○○▲○○⇒×(成らず)
  ○○○
○  ○  ○

  太子      王将

            ○  ○  ○ 太子は玉将と同格。敵の全ての玉将と太子を取った時点で勝利となる。
  ○○○      ○○○  (王が取られても太子が残ってれば負けにならない)
  ○▲○  ⇒○○▲○○
  ○○○      ○○○
            ○  ○  ○

  金将      飛車      右将      右軍
                │                          /
  ○○○        │        ○○○      ○○/
  ○▲○  ⇒──▲──    ○▲○  ⇒  ○▲──
    ○          │        ○○○      ○○\
                │                          \

12 :名無し名人:2006/11/09(木) 12:25:20 ID:/5Lvgamm
  左将      左軍      後旗      中旗
            \          ○  │  ○  ○  │  ○
  ○○○      \○○      ○│○      3 │3
  ○▲○  ⇒──▲○    ──▲──⇒──▲──
  ○○○      /○○      ○│○      3 │3
            /          ○  │  ○  ○  │  ○


  奔獏      奔王      奔王      大将
\  │  /  \  │  /  \  │  /  \  │  /
  \│/      \│/      \│/      ※※※
○5 ▲5 ○⇒──▲──  ──▲──⇒─※▲※─
  /│\      /│\      /│\      ※※※
/  │  \  /  │  \  /  │  \  /  │  \

※の走りについては>9-10

鳩槃

2o              2o斜めには
  ×          ×  1)普通に走る2)3マス目に飛び越えて行ったあと1歩か2歩進む
    \  ○  /    (3マス目の駒を飛び越えて4マス目、5マス目には行けない)
      \○/      のどちらかの動きが出来る
    ○○▲○○    ⇒×
      /○\
    /  ○  \
  ×          ×
2o              2o

13 :名無し名人:2006/11/09(木) 12:25:51 ID:/5Lvgamm
  地龍      雨龍      鳩盤
        ○              \  ○  /
  ○○○      ○○○      \○/
    ▲    ⇒──▲──  ○○▲○○⇒×
  /○\      /│\      /○\
/      \  /  │  \  /  ○  \

  奔鬼      奔王      走馬      奔鬼
\  ○  /  \  │  /  \  │  /  \  ○  /
  \5 /      \│/      \│/      \5 /
──▲──⇒──▲──      ▲    ⇒──▲──
  /5 \      /│\        ○        /5 \
/  ○  \  /  │  \  ×      ×  /  ○  \

  獣曹      獣吏      山鷲(右)   飛鷲
○  ○  ○  ○  ○  ○  \  │  ×  ×  │  ×中将棋などの飛鷲とは
  ○○○      3 3 3       \│/      \│/    動きが違う?
○○▲○○⇒○○▲○○  ──▲──⇒──▲──
  ○  ○      3   3       ○│\      /│\
○      ○  ○      ○  ○  │  ×  /  │  \

  天狗
\      / 角の動きを2回出来る。
  \  /  \  /  ただし2回の動きで駒を2個取る事は出来ない。
    ×     ×  駒を取ったらそこで止まる。
  /  \  /  \
        ▲          ⇒×
  \  /  \  /
    ×      ×
  /  \  /  \
/      \

14 :名無し名人:2006/11/09(木) 12:26:21 ID:/5Lvgamm
  山鷲(左)

×  │  / 山鷲は同じ駒でも右のものと左のもので動きが異なる。
  \│/  成りはどちらも飛鷲>25。
──▲──
  /│○
×  │  ○

  火鬼      奔火      鯨鯢      大鯨
\  ○  /  \  ○  /      │      \  │  /
  \○/      \5 /        │        \│/
──▲──⇒──▲──      ▲    ⇒    ▲
  /○\      /5 \      /│\      /│\
/  ○  \  /  ○  \  /  │  \  /  │  \

  走兎      隠狐      白虎      神虎
\  │  /  \  │  /  \  ○      \  │
  \│/      \│/      \○        \│
    ▲    ⇒    ▲      ──▲──⇒──▲──
  ○○○      /│\        ○          ○
            /  │  \      ○          ○

  玄武      神亀      香車      白駒
        /          /      │      \  │  /
  ○○/      ○○/        │        \│/
  ○▲○  ⇒  ○▲○        ▲    ⇒    ▲
  /○○      /○\                    │
/          /      \                  │

※1段目ここまで

15 :名無し名人:2006/11/09(木) 12:26:52 ID:/5Lvgamm
2段目

  近王      前旗      酔象      太子
            ○  │  ○
  ○○○      3 │3       ○○○      ○○○
  ○▲○  ⇒──▲──    ○▲○  ⇒  ○▲○
  ○  ○      3 │3       ○  ○      ○○○
            ○  │  ○

  銀将      竪行      金剛      四天
                │          ○      ○  ○  ○
  ○○○        │          3         4 4 4
    ▲    ⇒  ○▲○    ○3 ▲3 ○⇒○4 ▲4 ○
  ○  ○        │          3         4 4 4
                │          ○      ○  ○  ○

  力士      四天      夜刄      四天
○      ○  ○  ○  ○              ○  ○  ○
  3   3       4 4 4       ○  ○      4 4 4
    ▲    ⇒○4 ▲4 ○  ○3 ▲3 ○⇒○4 ▲4 ○
  3   3       4 4 4         ○        4 4 4
○      ○  ○  ○  ○              ○  ○  ○

  羅刹      四天      走熊      奔熊
○      ○  ○  ○  ○      │      \  │  /
  3   3       4 4 4         │        \│/
  ○▲○  ⇒○4 ▲4 ○  ○○▲○○⇒    ▲
    ○        4 4 4         │        /│\
            ○  ○  ○      │      /  │  \

16 :名無し名人:2006/11/09(木) 15:12:39 ID:Vi4xg0NB
  走虎      奔虎      大鳩      鳩槃
    │      \      /  \  ○  /
    │        \  /      \3 /
○○▲○○⇒──▲──  ○3 ▲3 ○⇒>12参照
    │        /│\      /3 \
    │      /  │  \  /  ○  \

  横蛇      大鱗      走蛇      奔蛇
    ○      ○  │  ○      │          │
    3         5 │5         │          │
──▲──⇒──▲──    ○▲○  ⇒    ▲
    ○        ○│○        │        /│\
            ○  │  ○      │      /  │  \

  走狗      奔豹      山鹿      大鹿
    │      \  │  /  ○      ○  ×  │  ×
    │        \│/      3 ○3         │
  ○▲○  ⇒    ▲      ○○▲○○⇒──▲──
    │        /│\        4         ○│○
    │      /  │  \      ○      ○  │  ○

  森鬼      雷走      雨龍      大龍
\  ○  /  \  │  /              \  ○  /
  \3 /      \│/      ○○○      \3 /
○3 ▲3 ○⇒○4 ▲4 ○  ──▲──⇒    ▲
    │          4         /│\      /3 \
    │          ○      /  │  \  /  ○  \

17 :名無し名人:2006/11/09(木) 15:13:22 ID:Vi4xg0NB
  禽吏      禽鳥      飛燕      飛車
○  ○  ○  \  │  /  \      /      │
  3 ○3       \│/      \  /        │
○○▲○○⇒○3 ▲3 ○      ▲    ⇒──▲──
  3   3       /○\        ○          │
○      ○  /  ○  \                  │

  山鳩      大鳩      白象      象王
○      ○  \  ○  /  ○  ○  ○  \  ○  /
  5   5       \3 /      ○○○      \○/
  ○▲○  ⇒○3 ▲3 ○  ○○▲○○⇒○○▲○○
    ○        /3 \      ○○○      /○\
            /  ○  \  ○  ○  ○  /  ○  \

  香象      象王      反車      鯨鯢
○  ○  ○  \  ○  /      │          │
  ○○○      \○/        │          │
○○▲○○⇒○○▲○○      ▲    ⇒    ▲
  ○○○      /○\        │        /│\
○  ○  ○  /  ○  \      │      /  │  \

※2段目ここまで

18 :名無し名人:2006/11/09(木) 15:13:58 ID:Vi4xg0NB
3段目
  鳳師
×    │    ×斜め前には走るor2マス飛び越えて3マス目へ行く
  \  │  /
    \│/
○○○▲○○○⇒×
    /│\
  /  │  \
/    │    \

  麟師
\    ×    /前後には走るor2マス飛び越えて3マス目へ行く
  \  │  /
    \│/
○○○▲○○○⇒×
    /│\
  /  │  \
/    ×    \

  銅将      横行      火龍      麟師
                        ○  │  ○
  ○○○        ○        4 │4
    ▲    ⇒──▲──  ──▲──⇒同レス内参照
    ○          ○        ○│○
                        ○  │  ○

  水龍      鳳師
○  │  ○
  ○│○
──▲──⇒同レス内参照
  4 │4
○  │  ○

19 :名無し名人:2006/11/09(木) 15:14:34 ID:Vi4xg0NB
  孔雀               天狗
\      /      /孔雀の斜め前へは天狗と同じ
  \  /  \  /          \  /  \  /天狗については>13参照
    ×      ×              ×      ×
  /  \  /  \          /  \  /  \
        ▲            ⇒       ▲
      ○  ○              \  /  \  /
    ○      ○              ×      ×
                          /  \  /  \

  古鵄      天狗
            \      /天狗については>13参照
              \  /  \  /
○      ○      ×      ×
  ○  ○      /  \  /  \
  ○▲○  ⇒        ▲
  ○  ○      \  /  \  /
○      ○      ×      ×
              /  \  /  \
            /      \

  行鳥      奔鬼      奔狗      奔犬
    ○      \  ○  /  \  │  /  \  │  /
  ○○○      \5 /      \│/      \│/
  ○▲○  ⇒──▲──  ○○▲○○⇒○○▲○○
  ○  ○      /5 \      ○│○      ○│○
            /  ○  \      │      ○  │  ○

20 :名無し名人:2006/11/09(木) 15:15:10 ID:Vi4xg0NB
  風龍      奔龍      獣吏      獣鳥
\      /  \      /  ○  ○  ○  \  │  /
  \  /      \  /      3 3 3       \│/
──▲──⇒──▲──  ○○▲○○⇒○3 ▲3 ○
  ○  \      /│\      3   3       /○\
        \  /  │  \  ○      ○  /  ○  \

  右龍      青龍      左龍      朱雀
\              │  /          /  \
  \            │/          /      \○○
──▲○○⇒○○▲○○  ○○▲──⇒  ○▲○
  /            │            \      ○○\
/              │              \          \

  右虎      白虎      左虎      玄武
\          \  ○              /          /
  \  ○      \○        ○  /      ○○/
──▲    ⇒──▲──      ▲──⇒  ○▲○
  /  ○        ○        ○  \      /○○
/              ○              \  /

  飛将      飛鰐      角将      霖鬼
    │      ○  │  ○  \      /  \  ○  /
    ※        3 ※3       ※  ※      ☆3 ☆
─※▲※─⇒─※▲※─      ▲    ⇒○○▲○○
    ※        ○※○      ※  ※      ○│○
    │      ○  │  ○  /      \  ○  │  ○
※の走りについては>9-10
霖鬼は斜め前方には駒をいくらでも飛び越えて走ることができる

21 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:03:28 ID:Vi4xg0NB
  走狼      奔狼      走鹿      奔鹿
\      /  \  │  /  \      /  \  │  /
  \○/      \│/      \  /      \│/
──▲──⇒──▲──  ──▲──⇒──▲──
                            ○        /│\
                            ○      /  │  \

  横龍      走龍      金車      遊母(母は正しくは「母鳥」という漢字)
    │      \  │  /      │      ○  │  ○
    │        \│/      ○│○      3 │3
──▲──⇒──▲──  ○○▲○○⇒○5 ▲5 ○
              /5 \      ○│○      ○│○
            /  ○  \      │      ○  │  ○

※3段目ここまで

22 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:04:31 ID:Vi4xg0NB
4段目

  副将      大将      大将
\  ×  /  \  │  /  \  │  /
  ※  ※      ※※※      ※※※
×  ▲  ×⇒─※▲※─  ─※▲※─⇒×
  ※  ※      ※※※      ※※※
/  ×  \  /  │  \  /  │  \
※の走りについては>9-10

  林鬼      右G      猛龍      大龍
\  │  /  \      /  \  ○  /  \  ○  /※の走りについては>9-10
  \│/      \  /      ※○※      \3 /
○○▲○○⇒○5 ▲5 ○  ○○▲○○⇒    ▲
  ○│○      /  \      ※○※      /3 \
○  │  ○  /      \  /  ○  \  /  ○  \

  大鹿      奔鹿      禽曹      禽吏
×  │  ×  \  │  /  ○  ○  ○  ○  ○  ○
    │        \│/      3 3 3       3 ○3
──▲──⇒──▲──  ○3 ▲3 ○⇒○○▲○○
  ○│○      /│\      3   3       3   3
○  │  ○  /  │  \  ○      ○  ○      ○

  獅子      奮迅
□□□□□  ○  ○  ○獅子は中将棋のものと同じ。
□□□□□    3 3 3     奮迅は図の動きに加えて獅子の動きもできる。
□□▲□□⇒○3 ▲3 ○
□□□□□    3 3 3
□□□□□  ○  ○  ○

23 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:05:32 ID:Vi4xg0NB
  金鹿      白駒      銀兎      鯨鯢
\      /  \  │  /  ○      ○      │
  \  /      \│/      ○  ○        │
    ▲    ⇒    ▲          ▲    ⇒    ▲
  ○  ○        │        /  \      /│\
○      ○      │      /      \  /  │  \

  横猪      奔猪      中旗      前旗
            \  │  /  ○  │  ○  ○  │  ○
  ○○○      \│/      3 │3       3 │3
──▲──⇒──▲──  ──▲──⇒──▲──
  ○○○        ○        3 │3       3 │3
                        ○  │  ○  ○  │  ○

  牛将      奔牛      馬将      奔馬
    ○      \  │  /      ○      \  │  /
  ○3 ○      \│/      ○3 ○      \│/
    ▲    ⇒○○▲○○      ▲    ⇒○○▲○○
    ○        ○│○        ○        ○│○
                │                      │
  狗将      奔狗      鶏将      奔鶏
    ○      \  │  /      ○      \  │  /
    4         \│/        4         \│/
    ▲    ⇒○○▲○○      ▲    ⇒○○▲○○
  ○  ○      ○│○      ○  ○      ○│○
                │                  ○  │  ○

24 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:06:04 ID:Vi4xg0NB
  豚将      奔豚      桂馬      横兵
○      ○  \  │  /    ×  ×        ○
  4   4       \│/                    ○
    ▲    ⇒○○▲○○      ▲    ⇒──▲──
    ○        ○│○                    ○
    ○          │

  竪熊      奔熊      銀車      鴻翼
    │      \  │  /  ○  │  ○      │
    │        \│/      ○│○      ○│○
○○▲○○⇒    ▲          ▲    ⇒○3 ▲3 ○
    ○        /│\      ○│○      ○│○
            /  │  \      │          │


※4段目ここまで

25 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:07:04 ID:Vi4xg0NB
5段目

  無明      法性
            \  │  /法性は図の動きに加えて獅子の動きもできる。
    ○○      \│/
  ○▲○  ⇒──▲──
  ○○○      /│\
            /  │  \

  提婆      教王
            \  │  /教王は全ての方向に駒を3個まで飛び越えて走れる。
  ○○        ###    以下の#記号も同様。
  ○▲○  ⇒─#▲#─
  ○○○      ###
            /  │  \

  金翅      奔翅      大龍      元龍
\  │  /  \  │  /  \  ○  /  \  │  /
  #│#      #│#      \3 /      \#/
○3 ▲3 ○⇒──▲──      ▲    ⇒    ▲
  3 │3       3 │3       /3 \      /#\
○  │  ○  ○  │  ○  /  ○  \  /  │  \

  猛牛      飛牛      羊兵      虎兵
\      /  \  │  /  \      /  \  ○  /
  \○/      \│/      \  /      \○/
    ▲    ⇒    ▲          ▲    ⇒    ▲
    ○        /│\        ○          ○
            /  │  \

26 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:16:44 ID:Vi4xg0NB
  走車      炮車      銅車      銅象
    │      \  │  /  ○  │  ○      │
    │        \│/      3 │3       ○│○
──▲──⇒  ○▲○        ▲    ⇒  ○▲○
    │          │          │        ○│○
    │          │          │          │

  小旗      後旗      兵士      騎士
○  │  ○  ○  │  ○      │      \  │  /
  ○│○      ○│○        │        \│/
──▲──⇒──▲──  ──▲──⇒──▲──
  ○│○      ○│○        │          │
    │      ○  │  ○      │          │

  竪虎      奔虎      山鷹      角鷹
    │      \      /  \  ×  /  \  ×  /
    │        \  /      \│/      \│/
    ▲    ⇒──▲──  ──▲──⇒──▲──
    ○        /│\      ○│○      /│\
    ○      /  │  \  ○  │  ○  /  │  \

    飛猫       飛車      横狼      奔狼
×    ×    ×
                    │                  \  │  /
                    │        ○          \│/
×    ▲    ×⇒──▲──  ──▲──⇒──▲──
    ○○○          │            ○
                    │

27 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:17:27 ID:Vi4xg0NB
  飛車      龍王      角行      龍馬
    │          │      \      /  \      /
    │        ○│○      \  /      \○/
──▲──⇒──▲──      ▲    ⇒  ○▲○
    │        ○│○      /  \      /○\
    │          │      /      \  /      \
                                         振
  雲鷲      勁鷲      石車      歩振(振は正しくは 鳥 という漢字)
○  │  ○  \  │  /      │      ○  │  ○
  3 │3       \│/      ○│○      ○│○
  ○▲○  ⇒──▲──  ○○▲○○⇒○○▲○○
    │        /│\        │          │
    │      /  │  \      │          │

  雲龍      大龍
\      /  \  ○  /
  \○/      \3 /
  ○▲○  ⇒    ▲
  /│\      /3 \
/  │  \  /  ○  \

※5段目ここまで

28 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:25:08 ID:Vi4xg0NB
6段目

    大亀         霊亀
\    ×    /  \    ×    /
  \  │  /      \  │  /
    \│/          \│/
○○○▲○○○⇒×──▲──×
    /│\          /│\
  /  │  \      /  │  \
/    ×    \  /    ×    \

  小亀      宝亀      鉤行
\  ×  /  \  ×  /    ─┼─
  \│/      \│/    │  │  │
○○▲○○⇒×─▲─×  ┼─▲─┼⇒×
  /│\      /│\    │  │  │
/  ×  \  /  ×  \    ─┼─

鉤行は飛車の動きを2回出来るただし2回の動きで駒を2個取る事は出来ない。
駒を取ったらそこで止まる。

     摩羯        鉤行
\      /    摩羯は天狗(>13)と同じ
  \  /  \  /
    ×      ×      ─┼─
  /  \  /  \  │  │  │
        ▲      ⇒┼─▲─┼
  \  /  \  /  │  │  │
    ×      ×      ─┼─
  /  \  /  \
/      \

29 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:25:40 ID:Vi4xg0NB
  鳳凰      金翅      麒麟      金翅
×      ×  \  │  /              \  │  /
    ○        #│#      ○○○      #│#
  ○▲○  ⇒○3 ▲3 ○  ×  ▲  ×⇒○3 ▲3 ○
    ○        3 │3       ○○○      3 │3
×      ×  ○  │  ○              ○  │  ○

  火将      大将      水将      副将
    ○      \  │  /  ○      ○  \  ×  /
  ○3 ○      ※※※      3 ○3       ※  ※
    ▲    ⇒─※▲※─      ▲    ⇒×  ▲  ×
    3         ※※※        ○        ※  ※
    ○      /  │  \              /  ×  \

  盲犬      猛鹿      烏行      飛鷹
                                    \      /
  ○  ○      ○○○        ○        \○/
  ○▲○  ⇒    ▲          ▲    ⇒    ▲
    ○        ○  ○      ○  ○      /  \
                                    /      \

  鳫飛      燕羽      毒蛇      鉤行
                            ○        ─┼─  鉤行については>28参照
  ○○○        ○        ○○○    │  │  │
    ▲    ⇒──▲──  ○○▲○○⇒┼─▲─┼
    ○          ○          ○      │  │  │
                                      ─┼─

30 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:26:20 ID:Vi4xg0NB
  飛龍      龍王      猛鷲      飛鷲
×      ×      │      ○      ○  ×  │  ×
              ○│○      ○○○      \│/
    ▲    ⇒──▲──    ○▲○  ⇒──▲──
              ○│○      ○  ○      /│\
×      ×      │      ○      ○  /  │  \

  猛豹      角行      水牛       大獏
            \      /  \  ○  /    \  │  /
  ○○○      \  /      \○/        \│/
    ▲    ⇒    ▲      ──▲──⇒×──▲──×
  ○○○      /  \      /○\        /│\
            /      \  /  ○  \    /  │  \

  踊鹿      方行      横行      奔猪
                │                  \  │  /
  ○○○        │          ○        \│/
○○▲○○⇒──▲──  ──▲──⇒──▲──
    ○          │          ○          ○
                │

  奇犬(右)   右犬      奇犬(左)   左犬
(奇は正しくは「ロ奇」という字)
    │          │          │          │
    │          │          │          │
    ▲    ⇒    ▲          ▲    ⇒    ▲
    ○        /○          ○          ○\
            /                              \
奇犬は左右で成りが違う。

31 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:26:58 ID:Vi4xg0NB
  白駒      大駒      木車      風鼈
\  │  /  \  │  /      │      ○  │  ○
  \│/      \│/      ○│        ○│○
    ▲    ⇒○○▲○○      ▲    ⇒    ▲
    │          │          │○        │
    │          │          │          │

32 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:28:29 ID:Vi4xg0NB
7段目

   鵬師
×    │    ×
  \  │  /
    \│/
○○5 ▲5 ○○⇒×
    5 │5
  ○  │  ○
○    │    ○

  中師
×  ×  ×
  \│/
○3 ▲3 ○⇒×
  3 │3
○  ×  ○

  隠狐      山鶻      猛狼      熊眼
\  │  /  \  │  /
  \│/      \│/      ○○○      ○○○
    ▲    ⇒──▲──    ○▲○  ⇒  ○▲○
  /│\      /│\        ○        ○○○
/  │  \  /  │  \

  猛鹿      行猪      東夷      獅子
                            ○      □□□□□
  ○○○      ○○○      ○○○    □□□□□
    ▲    ⇒  ○▲○      ○▲○  ⇒□□▲□□
  ○  ○      ○  ○        ○      □□□□□
                            ○      □□□□□

33 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:36:32 ID:Vi4xg0NB
  南蛮      金翅      北狄      鳩槃
            \  │  /    ○○○
  ○○○      #│#    ○○▲○○⇒>12参照
○○▲○○⇒○3 ▲3 ○      ○
    ○        3 │3
            ○  │  ○
                                             而
  西戎        狛犬      准鶏      仙鷦(鷦は正しくは 鷦 という漢字)
            ×    ×    ×
    ○        \  │  /              \      /
  ○○○        \│/      ○  ○      \  /
  ○▲○  ⇒×──▲──×  ○▲○  ⇒──▲──
    ○          /│\        ○          │
    ○        /  │  \                  │
            ×    ×    ×

  古猿      山母      鶏飛      延鷹
            \      /                  │
  ○  ○      \  /      ○  ○      ○│○
    ▲    ⇒    ▲        ○▲○  ⇒  ○▲○
  ○○○      /│\
            /  │  \

  風馬      天馬      悪狼      毒狼
    │        ×│×
  ○│○        │        ○○○      ○○○
    ▲    ⇒    ▲        ○▲○  ⇒  ○▲○
    ○                                ○○○
    ○        ×  ×

34 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:37:03 ID:Vi4xg0NB
  嗔猪      奔猪      猛熊      大熊
            \  │  /  ○      ○  \  │  /
  ○  ○      \│/      ○○○      \│/
  ○▲○  ⇒──▲──    ○▲○  ⇒  ○▲○
  ○  ○        ○                      ○

  馬麟      奔王      驢馬      鳩盤
○      ○  \  │  /      ○      \  ○  /
  ○  ○      \│/        ○        \○/
    ▲    ⇒──▲──  ○○▲○○⇒○○▲○○
  ○  ○      /│\        ○        /○\
○      ○  /  │  \      ○      /  ○  \

  横牛      飛牛      竪狼      走狼
            \  │  /      │      \      /
      ○      \│/        │        \○/
──▲──⇒    ▲        ○▲○  ⇒──▲──
  ○          /│\        3
            /  │  \      ○

  瓦車      走瓦
    │          │
    │○        │
    ▲    ⇒○○▲○○
  ○│          │
    │          │

※7段目ここまで

35 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:38:06 ID:Vi4xg0NB
8段目

  奔鷲は八方に
\        │        /1)普通に走る2)甲に行って戻る(甲の駒を居喰いできる)
  丁      │      丁  3)間の駒を飛び越えて乙or丙(or丁)に行く4)間の敵駒を
    丙    丙    丙     全て取りながら乙or丙(or丁)に進む
      乙  乙  乙      (例えば甲乙丙に敵駒があれば、全て取って丙に進める)
        甲甲甲        のいずれかの動きが出来る。
──丙乙甲▲甲乙丙──⇒×
        甲甲甲
      乙  乙  乙
    丙    丙    丙
  /      │      \
/        │        \

  獅鷹
\      /獅鷹は図の動きに加えて獅子の動きもできる
  \  /
    ▲    ⇒×
  /  \
/      \

  臥龍      大龍      蟠蛇      蟠龍
            \  ○  /                  │
    ○        \3 /        ○          │
  ○▲○  ⇒    ▲          ▲    ⇒    ▲
    ○        /3 \      ○○○      /│\
            /  ○  \              /  │  \

36 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:39:34 ID:Vi4xg0NB
  方行      強車      老鼠      古時鳥(古は正しくは「古寺」という漢字)
    │      \  │  /              \  │  /
    │        \│/        ○        \│/
──▲──⇒──▲──      ▲    ⇒    ▲
    │          │        ○  ○        │
    │          │                      │

  盲熊      飛鹿      横飛      横龍
                │                      │
  ○  ○      ○│○      ○  ○        │
  ○▲○  ⇒  ○▲○    ──▲──⇒──▲──
  ○  ○      ○│○      ○  ○
                │
                                            止
  盲虎      飛鹿      牛車      舟牛(舟は正しくは 舟 という字)
                │          │          │
  ○  ○      ○│○        │        ○│○
  ○▲○  ⇒  ○▲○        ▲    ⇒    ▲
  ○○○      ○│○                  ○│○
                │                      │

  盲猿      飛鹿      燕羽      燕行
                │                      │
  ○  ○      ○│○        ○          │
  ○▲○  ⇒  ○▲○    ──▲──⇒──▲──
  ○  ○      ○│○        ○          │
                │                      │

37 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:40:52 ID:Vi4xg0NB
  猫刄      龍馬      登猿      猛鹿
            \      /
  ○  ○      \○/      ○○○      ○○○
    ▲    ⇒  ○▲○        ▲    ⇒    ▲
  ○  ○      /○\        ○        ○  ○
            /      \

  鴟行      雲鷲      騎兵      騎士
            ○  │  ○  \  │  /  \  │  /
    ○        3 │3       \│/      \│/
    ▲    ⇒  ○▲○    ○○▲○○⇒──▲──
  ○  ○        │          │          │
                │          │          │

  変狸      鳩盤      青龍      神龍
    ○      \  ○  /      │  /      │  /
    ○        \○/        │/        │/
○○▲○○⇒○○▲○○  ○○▲○○⇒○○▲──
    ○        /○\        │          │
    ○      /  ○  \     │          │

  朱雀      神雀      土車      芦鳥(芦は正しくは草かんむりに尺の字)
\          \              │          │
  \○○      \○○        │          │
  ○▲○  ⇒  ○▲○      ○▲○  ⇒○○▲○○
  ○○\      /○\        │        ○│○
        \  /      \      │      ○  │  ○

※8段目ここまで

38 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:52:56 ID:Vi4xg0NB
9段目

  大師
×    ×    ×
  \  │  /
    \│/
○○5 ▲5 ○○⇒×
    5 │5
  ○  │  ○
○    │    ○

  大旗
\  │  /
  \│/
──▲──⇒×
  3 │3
○  │  ○

  鉄将      白象      熊兵      強熊
            ○  ○  ○  \  │  /  \  │  /
  ○○○      ○○○      \│/      \│/
    ▲    ⇒○○▲○○  ○○▲○○⇒──▲──
              ○○○        ○        /○\
            ○  ○  ○              /  ○  \

39 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:53:30 ID:Vi4xg0NB
  瓦将      白象      豹兵      走豹
            ○  ○  ○  \  │  /  \  │  /
  ○  ○      ○○○      \│/      \│/
    ▲    ⇒○○▲○○  ○○▲○○⇒──▲──
    ○        ○○○        ○
            ○  ○  ○

  石将      白象      猪兵      走猪
            ○  ○  ○  \  │  /      │
  ○  ○      ○○○      \│/        │
    ▲    ⇒○○▲○○  ○○▲○○⇒  ○▲○
              ○○○        ○          │
            ○  ○  ○                  │

  土将      白象      牛兵      走牛
            ○  ○  ○  \  │  /  \  │  /
    ○        ○○○      \│/      \│/
    ▲    ⇒○○▲○○  ○3 ▲3 ○⇒──▲──
    ○        ○○○        ○          ○
            ○  ○  ○                  ○

  木将      白象      馬兵      走馬
○      ○  ○  ○  ○  \  │  /  \  │  /
  ○  ○      ○○○      \│/      \│/
    ▲    ⇒○○▲○○  ○3 ▲3 ○⇒    ▲
              ○○○        ○          ○
            ○  ○  ○              ×      ×

40 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:55:13 ID:Vi4xg0NB
  前旗      大旗      山将      泰山
○  │  ○  \  │  /  ○      ○  \  ○  /
  3 │3       \│/      3 ○3       \5 /
──▲──⇒──▲──      ▲    ⇒○5 ▲5 ○
  3 │3       3 │3         ○        /  \
○  │  ○  ○  │  ○              /      \

  川将      准川      風将      暴風
    ○      \      /      ○      \  │  /
  ○3 ○      \○/      ○3 ○      \│/
    ▲    ⇒──▲──      ▲    ⇒  ○▲○
    ○        /○\        ○        /│\
            /      \              /  │  \

  竪兵      車兵      横兵      水牛
    │      \  │  /      ○      \  ○  /
    │        \│/        ○        \○/
○○▲○○⇒○○▲○○  ──▲──⇒──▲──
    ○        /│\        ○        /○\
            /  │  \              /  ○  \

  車兵      四天王
\  │  /  \  │  /
  \│/      ☆☆☆
○○▲○○⇒─☆▲☆─
  /│\      ☆☆☆
/  │  \  /  │  \

※9段目ここまで

41 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:57:15 ID:Vi4xg0NB
10段目

    狛犬       大象
×    ×    ×
  \  │  /    ○  │  ○
    \│/        3 #3
×──▲──×⇒─#▲#─
    /│\        ###
  /  │  \    /  │  \
×    ×    ×

    吼犬         狛犬
×    ×    ×  ×    ×    ×
  \  │  /      \  │  /
    \│/          \│/
×──▲──×⇒×──▲──×
    ○│○          /│\
  ○  │  ○      /  │  \
○    ×    ○  ×    ×    ×

  弓兵      弓将      猛虎      大虎
○  ○  ○  ○  │  ○      │
  3 5 3       5 │5         │          ○
○3 ▲3 ○⇒○3 ▲3 ○      ▲    ⇒──▲──
    ○          ○                      │
                ○                      │

42 :名無し名人:2006/11/09(木) 17:58:12 ID:Vi4xg0NB
  竪豹      大豹      鎗兵      鎗将
    │      ○  │  ○      │          │
  ○│○      3 │3         │          │
  ○▲○  ⇒○○▲○○    ○▲○  ⇒○3 ▲3 ○
    ○          ○          ○          ○
                                        ○

  飛鷲      大鷲      角鷹      大鷹
×  │  ×  \  │  /  \  ×  /  \  │  /
  \│/      ☆│☆      \│/      \☆/
──▲──⇒──▲──  ──▲──⇒──▲──
  /│\      /│\      /│\      /│\
/  │  \  /  │  \  /  │  \  /  │  \

  刀兵      刀将      龍王      飛鷲
            ○  ○  ○      │      ×  │  ×
  ○  ○      3 3 3       ○│○      \│/
    ▲    ⇒    ▲      ──▲──⇒──▲──
    ○          ○        ○│○      /│\
                            │      /  │  \

  龍馬      角鷹      炮兵      炮将
\      /  \  ×  /  ○  ○  ○  \  │  /
  \○/      \│/      5 7 5       \│/
  ○▲○  ⇒──▲──  ○3 ▲3 ○⇒○3 ▲3 ○
  /○\      /│\        ○          ○
/      \  /  │  \                  ○

43 :名無し名人:2006/11/09(木) 20:20:49 ID:IlWfpJGe
自陣一番下の列の駒

3○:その方向に3歩まで進めるが、間の駒を飛び越えてはいけない
×:そのマスまで飛び越えて行ける
/:その方向にいくらでも進める(走る)

  玉将

○  ○  ○普通の将棋の玉将と動きが違うので注意
  ○○○
○○▲○○⇒×(成らず)
  ○○○
○  ○  ○

  太子      王将

            ○  ○  ○ 太子は玉将と同格。敵の全ての玉将と太子を取った時点で勝利となる。
  ○○○      ○○○  (王が取られても太子が残ってれば負けにならない)
  ○▲○  ⇒○○▲○○
  ○○○      ○○○
            ○  ○  ○

  金将      飛車      右将      右軍
                │                          /
  ○○○        │        ○○○      ○○/
  ○▲○  ⇒──▲──    ○▲○  ⇒  ○▲──
    ○          │        ○○○      ○○\
                │                          \



44 :名無し名人:2006/11/09(木) 20:24:19 ID:IlWfpJGe
ちょ、間違えたw責任もってあとは俺がやります

  竪馬      龍馬      竪狗      豹王
    │      \      /      │      ○  ○  ○
  ○│○      \○/        │        5 5 5
    ▲    ⇒  ○▲○        ▲    ⇒○5 ▲5 ○
    ○        /○\      ○○○      5 5 5
            /      \              ○  ○  ○

  弩兵      弩将      飛牛      火牛
○  │  ○  \  │  /  \  │  /  \  │  /
  5 │5       \│/      \│/      \│/
○○▲○○⇒○5 ▲5 ○      ▲    ⇒  ○▲○
    ○          │        /│\      /│\
                │      /  │  \  /  │  \

  竪行      飛牛      横猿      横兵
    │      \  │  /                  ○
    │        \│/      ○  ○        ○
  ○▲○  ⇒    ▲      ──▲──⇒──▲──
    │        /│\        ○          ○
    │      /  │  \

  右車      右鉄車     左車     左鉄車
\  │      \              │  /          /
  \│        \            │/          /
    ▲○  ⇒    ▲○      ○▲    ⇒  ○▲
      \      /  \      /          /  \
        \  /      \  /          /      \

※10段目ここまで

45 :名無し名人:2006/11/09(木) 20:25:36 ID:IlWfpJGe
11段目以降

   犬       雜将      仲人      酔象
            \  │  /
  ○○○      \│/        ○        ○○○
    ▲    ⇒    ▲          ▲    ⇒  ○▲○
                │          ○        ○  ○
                │

  歩兵      と金

    ○        ○○○
    ▲    ⇒  ○▲○
                ○

【インデックス】
自陣から向かって
11段目以降>45
10段目>41
9段目>38
8段目>35
7段目>32
6段目>28
5段目>25
4段目>22
3段目>18
2段目>15
1段目>11


46 :名無し名人:2006/11/09(木) 20:27:02 ID:IlWfpJGe
大局将棋の主な駒たち

【玉将】>11
□□□□□□□□□ お馴染みの一番偉い駒。取られたら負け。
□□□□□□□□□ 大局将棋ではすばしっこく強化されてるが、
□□□□□□□□□ さらに凶悪な駒たちがわんさかいるので大変。
□□□□■□□□□ でも今回王様は一人ではないので状況次第では生け贄に出されることも?

【太子】>11
□□□□□□□□□ もう一人の王様。玉将が死んでもこいつが残ってればまだ負けない。
□□□□□□□□□ 機能は玉将より弱いが、成れば玉と同じ性能を得ることが出来る。
□□□□□□□□□ 成るのは至難の業だけど。
□□□□■□□□□

【酔象】>15
□□□□□□□□□ そのままではヘボいただの駒だが、成ると太子になる。3人目の王様。
□□□□□□□□□ ただ、やっぱり動きがヘボいので成るのはキツい。
□□□□□□□□□
□□□□■□□□□

【鉤行】>28
□□□□□□□□□ ヤバイ。超ヤバイ。敵の玉の周りに何もなければ
□□□□□□□□□ その辺にポンと置いただけでいきなり詰んじゃうほどヤバイ。
□□□□■□□□□ とにかくハンパじゃないその移動力は圧巻。
□□□□□□□□□ まさに最強の超兵器なので大事に使おう。

【天狗】>13
□□□□□□□□□ 鉤行ほどじゃないがヤバイ。
□□□□□□□□□ そして動きが斜めなだけあって、場合によっては鉤行より厄介。十分ヤバイ。
□□□□□□□□□ しかも2枚ある。超怖い。
□■□□□□□■□

47 :名無し名人:2006/11/09(木) 20:27:33 ID:IlWfpJGe
【摩羯】>28
□□□□□□□□□ 天狗と同じだけど、鉤行に成れる分天狗より優秀。
□□□□□□□□□
□□□□■□□□□
□□□□□□□□□

【大将】>22
□□□□□□□□□ 破壊力抜群のスーパーブルドーザー。
□□□□□□□□□ 自分より弱い者は敵だろうと味方だろうと根こそぎなぎ倒す化け物。
□□□□■□□□□ 通ったあとにはペンペン草も生えない。
□□□□□□□□□ しかし王様には逆らえない罠。大将も上官には勝てなかった。

【副将・飛将・角将・猛龍】>22>20>20>22
□□□□□□□□□ 大将と同じくブルドーザー機能を持つが、やっぱり上官には逆らえませんでした。
□□□□□□□□□ @ 飛将・角将
□□□BAB□□□ A 副将
□@□□□□□@□ B 猛龍

【車兵】>40
□□□□□□□□□ 生でもなかなか強い駒だが、本当の力は四天王に成ると発揮される。
■□□□□□□□■ こいつに狙われたらその線上では一切の防御が不可能。
□□□□□□□□□ 味方に囲まれてて動けなかったら即死。
□□□□□□□□□ 恐怖の大陸間弾道ミサイルであり、絶対に成らせてはならない駒である。

【奔鷲】>35
□□□□□□□□□ 全方向走りに加えて凶悪な居喰い能力を持つ。
□□□□■□□□□ 居喰いができる駒は大局将棋でも貴重なので重宝する。
□□□□□□□□□ 敵に素早く近づいて敵を喰い殺す姿は、まさしく獰猛な鷲に相応しい。
□□□□□□□□□


48 :名無し名人:2006/11/09(木) 20:42:50 ID:IlWfpJGe
【奔王】>12
□□□□□□□□□ 中将棋では最強の駒。
□□□□□□□□□ 大局将棋でも8方全部に走れる駒はそんなに多くないので結構活躍できる。
□□□□□□□□□ しかも成ると大将だし、大事にして損はない。
□□□■□■□□□ 底の方にあるので取り出しにくいのが欠点かも。

【獅子】>22
□□□□□□□□□ 同じく中将棋では最強の駒だったが、
□□□□□□□□□ 走れないのが災いして対照的にあんまり役に立たなくなる。
□□□■□■□□□ 広大な大局将棋盤では2歩など牛歩同然、自分から敵に近づきにくいので
□□□□□□□□□ 居喰い能力を生かせる場面も少ない。中将棋での脅威は見る影もない。

【無明】>25
□□□□□□□□□ 成って法性になると奔王の機動力と獅子の接近戦能力を併せ持つ
□□□□□□□□□ 凄まじい駒になるんだが、
□□□□■□□□□ いかんせん生状態がヘボすぎて成るのは難しい。
□□□□□□□□□ 秘めた力を発揮することなく死んでいくであろう悲しい奴。

【提婆】>25
□□□□□□□□□ 無明の相方Bやはり成って教王になると強力だが、
□□□□□□□□□ 四天王の下位互換だしそれほど凄くもないので
□□□□■□□□□ 成らせてみたいともあんまり思ってもらえない不憫な奴。
□□□□□□□□□

【奇犬】>30
□□□□□□□□□ 右と左で成りが違うという変わった駒。
□□□□□□□□□ そしていつも「奇の字は本当は(口奇)ですよ」という但し書きが付くので、
■□□□□□□□■ 大して強くもないのに妙に目立つ。
□□□□□□□□□


49 :名無し名人:2006/11/09(木) 20:43:38 ID:IlWfpJGe
【山鷲】>13>13
□□□□□□□□□ 何とこの駒、同じ駒でも初期配置の右と左で動きが違う。
□□□□□□□□□ しかも成ると同じになるので、見た目では区別が付かない。
□□□□□□□□□ 局面がごちゃごちゃして左右入れ替わったりしたら頭が痛くなること必至。
□■□□□□□■□

【中旗】>23
□□□□□□□□□ 成っても性能が全く変わらない。ただ名前が変わるだけであり、
□□□□□□□□□ 一体何のために成るのか意味不明である。
□□■□□□■□□
□□□□□□□□□

【禽曹】>22
□□□□□□□□□ 成ると弱くなってしまうという珍現象が起こる。
□□□□□□□□□ 成りの意味を根底から覆す問題児。
□□□■□■□□□
□□□□□□□□□

【犬】>44
□■□■□■□■□ 自陣の外にポツポツと配されてる番犬。
□□□□□□□□□ 歩と大して変わらない駒だが、目立つ位置と名前のインパクトで妙な人気がある。
□□□□□□□□□
□□□□□□□□□

【飛猫】>26
□□□□□□□□□ ぴょんぴょんと飛び跳ねる感じの駒。
□□□□□□□□□ 大して強くはないが、ひょうきんな動きが一部で秘かに人気。
□■□□□□□■□
□□□□□□□□□


50 :名無し名人:2006/11/09(木) 20:44:09 ID:IlWfpJGe
【豚将】>24
□□□□□□□□□ 大局将棋では豚まで戦う。動物園と言われる所以である。
□□□□□□□□□ ちなみに豚と言ってもそれほど鈍いわけでもない。
■□□□□□□□■
□□□□□□□□□

【大亀・小亀】>28
□□□□□□□□□ 亀の分際でビュンビュン走ったり飛んだりする。
□□□□□□□□□ 一体どんな基準で名前を付けてたのか作った香具師を小一時間問い詰めたい。
□□□□■□□□□
□□□□□□□□□

【飛車・角行】>27
□□□□□□□□□ お馴染みの駒。本将棋では最強を誇ったが、
□□□□□□□□□ 5方6方に走る駒が珍しくない大局将棋では単なる雑魚。
■□□□□□□□■ ヘボ大局将棋でも王よりかわいがってくれる人は誰もいない。
□□□□□□□□□

【金将・銀将】>11>15
□□□□□□□□□ お馴染みの駒。大局将棋でも王様のお供であるが、
□□□□□□□□□ 王様の方がすばしっこくなってしまったので
□□□□□□□□□ お供としてはあんまり役に立ちそうもない。成るのも無理だろうし。
□□□□■←それぞれx2

【桂馬】>24
□□□□□□□□□ お馴染みの駒。実は大局将棋でもこの動きが出来る駒は結構珍しいのだが、
□□□□□□□□□ 他に猛者がわんさかいる大局将棋の中では弱すぎて活躍の機会はない。
■□□□□□□□■
□□□□□□□□□

51 :名無し名人:2006/11/09(木) 20:44:40 ID:IlWfpJGe
【香車】>14
□□□□□□□□□ お馴染みの駒。本将棋でも影薄めの駒だが、
□□□□□□□□□ 大局将棋では持ち駒にできないし
□□□□□□□□□ 場所も隅っこで機能もヘボいとますます影が薄くなった。
■□□□□□□□■ はたしてこいつが何かの役に立つ局面が存在するのか甚だ疑問である。

【歩兵】>44
■■■■■■■■■ お馴染みの駒。陣地のフタをしてるのは相変わらずで、
□□□□□□□□□ そのヘナチョコっぷりもやはり相変わらず。
□□□□□□□□□ 普通の将棋に出て来る駒はほとんど大局将棋スケールでは弱すぎてだめぽ。
□□□□□□□□□(36枚)

【力士】>15
□□□□□□□□□ 場所的に終盤の防衛戦で使われそうだが、
□□□□□□□□□ 役に立つかどうか疑問である。
□□□□□□□□□ 力士というイメージから想像できないが斜めにしか動けない。
□□□■□□□□□

【横牛】>34
□□□□□□□□□ 横に飛ぶだけの存在価値であると言える駒。
■□□□□□□□■ 序盤の敵の侵入に対し効果を発揮しそう。
□□□□□□□□□ 成る事はあきらめよう。特に右の駒なんてどうしようもない…。
□□□□□□□□□

【羊兵】>25
□□□□□□□□□ どんな姿なのか想像もつかない羊兵。
□□□□□□□□□ 斜めに走れるので名前のわりには威力があるようで
□□□■□■□□□ その軌跡はさながら羊の角のようだ。
□□□□□□□□□

52 :名無し名人:2006/11/09(木) 20:45:17 ID:IlWfpJGe
【反車】>17
□□□□□□□□□ 後ろの香車とは違い引く事を知っているよくできた駒。
□□□□□□□□□ ただ駒がバタバタ倒れていく大局将棋では後ろに下がる機能は
□□□□□□□□□ あまり必要ないのかもしれない。
■□□□□□□□■ 成るとさらに逃げる気マンマンの鯨鯢になる。

【雲鷲】>27
□□□□□□□□□ 斜めと横に申し訳程度に動ける反車。
□□□□□□□□□ それよりも成った後の勁鷲が魅力的。
■□□□□□□□■ 大事に育てたいところである。
□□□□□□□□□

【風馬】>33
□□□□□□□□□ 中程の位置にいるおかげで捨て身の特攻に使われがち。
□□■□□□■□□ 天馬になるとおもしろい動きをみせるのだが
□□□□□□□□□ その姿を見ることはあまりなさそう。
□□□□□□□□□

【地龍】>13
□□□□□□□□□ 斜め後ろに走れる地龍。
□□□□□□□□□ ただそれがどうしたといわんばかりに一番後ろに居座る駒。
□□□□□□□□□ 彼の能力を活かす局面は果たして訪れるのであろうか。
□□■□□□■□□ 

【土将】>39
□□□□□□□□□ ……弱い。仲人>44と同じ能力。
□□■□□□■□□ なのに仲人と同じラインに配置してある。
□□□□□□□□□ 前から仲人>44、歩兵>44、刀兵>42、そして土将…。
□□□□□□□□□ なんだこのどうしようもない壁は。

53 :名無し名人:2006/11/09(木) 20:55:13 ID:IlWfpJGe
【牛車】>36
□□□□□□□□□ そのどうしようもない壁のすぐ後ろにいる。
□□■□□□■□□ 一応壁の強化に一役買ってるようだ。
□□□□□□□□□ ただ前に走れるのに仲間が邪魔なせいで
□□□□□□□□□ 前線に行けないもどかしさがある。

【老鼠】>36
□□□□□□□□□ 以外にも「老」の漢字を使う唯一の駒。
□□□■□■□□□ 「古」や「盲」がつく駒は実は前に進めないのだが
□□□□□□□□□ こいつは大丈夫だ。老いながらも前に進めるぞ。
□□□□□□□□□ でもまあ、やはり弱いのだが。

【鶏将】>23
□□□□□□□□□ 駒の能力は見るべくもないが位置がやや重要である。
□□□□□□□□□ 角将>20のすぐ前に陣取っているのである。
□■□□□□□■□ 前に進めないその将を守る壁として大いに働いて欲しいところである。
□□□□□□□□□

【狗将】>23
□□□□□□□□□ 隣りにいる鶏将のライバルかもしれない。
□□□□□□□□□ 動きが全く同じで、成ってもほとんど同じ。ただ場所が悪すぎる。
□■□□□□□■□ すぐ後ろに飛将>20、すぐ斜め後ろに角将>20がいる。
□□□□□□□□□ 彼らの通り道なのだ。 ヘタすると味方に殺される事も…?

【走狼】>21
□□□□□□□□□ 名前がちょっと危険な走狼。
□□□□□□□□□ いろんな方向に走れるなかなか頼れる狼である。
□□□□□□□□□ ただし後戻りが出来ない。成っても構わず前進あるのみ。
□■□□□□□■□ もしかしたらラオウ軍の兵士なのかもしれない。

54 :名無し名人:2006/11/09(木) 20:55:44 ID:IlWfpJGe
【石将】>39
□□□□□□□□□ 名前といい動きかたといい、こいつはポーンなのではないか。
□□□■□■□□□ ただのオブジェとして置いておくのが正しい使い方だと思う。
□□□□□□□□□ 後ろにも大した駒いないし。
□□□□□□□□□

【銅将】>18
□□□□□□□□□ 鉱物の将は総じて弱い。
□□□□□□□□□ 扱いもぞんざいだ。配置も「金、銀、だから次は銅だな」とか
□□□□□□□□□ 成るとやっつけ仕事で設定したようななんの関係もない駒になるし。
□□□□■←×2_□ もう泣くしかない。

【鉄将】>38
□□□□□□□□□ いかにも弱そうなネーミングの鉄将。
□□□□■←×2_□ しかし前線、しかも中央にいるので出番はそれなりに見込まれる。
□□□□□□□□□ とりあえず前に進んどけ!
□□□□□□□□□

【風将】>40
□□□□□□□□□ 疾きこと風の如し…とはとてもとても言えない弱い駒。
■□□□□□□□■ ただし北上していくにつれ
□□□□□□□□□ 大型で非常に強い勢力を保つ駒へと変化する。
□□□□□□□□□

【林鬼】>22
□□□□□□□□□ 静かなること林の如し…のわりにはよく動く駒。
□□□□□□□□□ 後方に位置しているが中央にいるおかげで持ち前の機動力は
□□□□■←×2_□ 十分に発揮される事であろう。
□□□□□□□□□ 成ると右Gになるがこの駒が唯一「左」のいない右。


55 :名無し名人:2006/11/09(木) 20:56:15 ID:IlWfpJGe
【火将】>29
□□□□□□□□□ 侵掠すること火の如し、と言えるかもしれない駒。
□□□□□□□□□ 彼の特長は悲しい事に「後ろに歩ける歩数の多さ」なのだが
□□□■□■□□□ ひとたび敵陣に突入すれば恐ろしい威力を発揮する。
□□□□□□□□□ 突入できれば…の話だが。

【山将】>40
□□□□□□□□□ 動かざること山の如し…かなあ。微妙な駒。
□■□□□□□■□ やはり山は山らしく動かさない方が風流だ。
□□□□□□□□□ そしてすぐ後ろには一匹の猿が。>37(登猿)
□□□□□□□□□ おいおい登ってくんな。

【弓兵】>41
□□□□■←×2_□ 序盤から積極的な活躍が期待できる弓兵。
□□□□□□□□□ 強さはそれなりだが
□□□□□□□□□ 成ると強力な弓攻撃を前方に放てる。
□□□□□□□□□ (あくまでイメージです)

【猛虎】>41
□□□■□■□□□ 阪神ですね、阪神。歩兵のすぐ後ろにいるため
□□□□□□□□□ やられるのは時間の問題か。
□□□□□□□□□ そういえば「猛」系は名前負けしてる奴が多い。
□□□□□□□□□ 猛龍>22は別にして。

【四天】>***
金剛>15、力士>15、夜刄>15、羅刹>15から成る駒。四天王>40とは大違いの雑魚で、
8方向に4マスしか(しか・・)進めない。
4マス進むというのは絶対に駄洒落であろう。

56 :名無し名人:2006/11/09(木) 20:57:17 ID:IlWfpJGe
【驢馬】>34
□□□□□□□□□ この大局将棋、ロバまで戦場にかり出されています。
■□□□□□□□■ 弱くてはじっこにいるので、まあ草でも食べて戦局を
□□□□□□□□□ 見守っていて欲しいところだ。
□□□□□□□□□

【踊鹿】>30
□□□□□□□□□ いったいどういうつもりで戦場にいるのか理解できない踊鹿。
□□□□□□□□□ 踊っているヒマがあったら己を鍛えてほしいところだ。
□■□□□□□■□ でもこんな駒でも金将>11より強いのだからこの将棋はよくわからない。
□□□□□□□□□

【毒蛇】>29
□□□□□□□□□ 動きは鈍いがまあとりあえず歩ける方向は多い。
□□□□□□□□□ 彼の後ろには走れる奴がいっぱいいるが
□□■□□□■□□ これなら道をあけることはあまり難しい事ではない。
□□□□□□□□□ ぜひぜひ成りたいところだが…そこまでは酷か。

【大鳩】>16 成り→>12
□□□□□□□□□ なぜかかなりの戦闘力を持っている「鳩」系。
□□□□□□□□□ 奥深くにいるせいで出番は相当後になるが近くに
□□□□□□□□□ もう一匹鳩がいるのでコンビで闘わせたいところだ。
□□■□□□■□□ 左右から鳩が攻めてくる様は脅威のイリュージョンである。

【変狸】>37
□□□□□□□□□ こんな戦場に狸がいるなんて…自分で言うまでもなく
■□□□□□□□■ 変な狸である。驢馬>34と動きが同じで成っても同じ。
□□□□□□□□□ ま、たいして邪魔な場所にいるわけでもないので
□□□□□□□□□ 置物のようにそのままにしておくのがいいかも。

57 :名無し名人:2006/11/09(木) 20:58:01 ID:IlWfpJGe
【左将】>12 【右将】>11
□□□□□□□□□ 弱っ!もうちょっとこう頼れる将を登用できないものか。
□□□□□□□□□ 側近がこんな奴らでは国の将来は見えたも同然である。
□□□□□□□□□ 見ることはまずない左軍・右軍は「警笛鳴らせ」のような
□□□■□■□□□ 動きをする。

【熊兵】>38
□□□□□□□□□ ほぼ中央に位置する頼れる駒。よく走る。
□□□■□■□□□ 成りの強熊はすごいストレートな名前だが
□□□□□□□□□ 実際強いのだからしょうがない。
□□□□□□□□□

【豹兵】>39
□□□□□□□□□ 「(獣)+兵」の駒はなかなか使える。
□□□■□■□□□ というかみんな能力ほとんど同じだ。
□□□□□□□□□ 彼らは敵陣突破として初期から活躍が期待できそう。
□□□□□□□□□ ま、たいていそのまま帰ってこれないだろうけど。

【猪兵】>39
□□□□□□□□□ 上の熊兵や豹兵と能力が一緒。
□□■□□□■□□ 両隣のゴミのような土将>39、石将>39をしり目に
□□□□□□□□□ 頑張って欲しいところだ。
□□□□□□□□□ あと、よっぽどの事がない限り成る必要はないと思う。

【馬兵】>39
□□□□□□□□□ 熊兵>38や豹兵>39などとほとんど同じ能力。
□■□□□□□■□ でも豹や熊よりもこっちの方が少し強い。家畜なのに。
□□□□□□□□□ 前にいる炮兵>42や斜め前の龍馬>43と一緒に運用
□□□□□□□□□ したいところだ。

58 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:02:06 ID:IlWfpJGe
【牛兵】>39
□□□□□□□□□ 能力は馬兵と同じだ。さすがに作り手の手抜き度が
□□■□□□■□□ ここいらで見受けられてしまう。もう同じ駒でいいじゃん。
□□□□□□□□□ それにもう書くことがないよ。B・S・E!B・S・E!
□□□□□□□□□

【横兵】>40
□□□□□□□□□ その名の通り横に強い横兵。
■□□□□□□□■ 前に2歩進めるところが意外と使えるかもしれない。
□□□□□□□□□ 「よこはま」じゃないので間違えないように。
□□□□□□□□□

【左車】・【右車】>43
■□□□□□□□■ 前方と中央方面に走れる左車・右車。
□□□□□□□□□ 随分偏った動き方だが配置場所のおかげで
□□□□□□□□□ よい働きが期待できる。成ると奇怪さが増して
□□□□□□□□□ さらに変な方向に走るようになる。ちょっと考えものだ。

【土車】>37
□□□□□□□□□ 前後に走れて、左右にもちょこっと動ける土車。
■□□□□□□□■ 成ってもまあ大した魅力のない車。
□□□□□□□□□ そもそも土の車ってどんな車なんだ。
□□□□□□□□□ かちかち山のタヌキが乗ってるのか。

【瓦車】>34
□□□□□□□□□ 土車と同じような使われ方になると思われる瓦車。
■□□□□□□□■ 「瓦」かよ…これもなんとも想像しがたい車である。
□□□□□□□□□ いや、これは「瓦斯」の意味なのだ。
□□□□□□□□□ ガソリン車なんだ、そうに決まっている。

59 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:02:43 ID:IlWfpJGe
【木車】>31
□□□□□□□□□ 走る大八車。ほとんどの「車」系は
□□□□□□□□□ DとRのギアが標準装備なのだろう、前後に動ける車が多い。
■□□□□□□□■ もっと活躍したければハンドルをつけなさい、ハンドルを。
□□□□□□□□□

【石車】>27
□□□□□□□□□ どんな材質でも車を作れてしまうこの時代の人間は
□□□□□□□□□ たいしたものだ。しかも石製のくせに一体どういう事なのか
■□□□□□□□■ 性能はまずまずだ。右車と見間違えてしまわないように注意。
□□□□□□□□□

【銀車】>24
□□□□□□□□□ シルバーチャリオットを思わせる名前の駒。
□□□□□□□□□ 銀の名の通り斜めによく動く。車系は成ると
■□□□□□□□■ なんだかよくわからない鳥になるのが多いが
□□□□□□□□□ こいつもその一つ。

【金車】>21
□□□□□□□□□ 趣味の悪い金の車。まあそこそこの強さを持っており
□□□□□□□□□ 成るとまた能力が増すのだが場所が悪すぎる。
□□□□□□□□□ 中央にえっちらおっちら持っていくという手もあるが
■□□□□□□□■ どちらにしろ出番はなかなか見込めない。

【銅車】>26
□□□□□□□□□ みんなと配置が離れている銅車。
□□□□□□□□□ 能力もまあ、こんなもんかなという程度。
□□■□□□■□□ 成るとなんだそりゃと言いたくなるような名前の
□□□□□□□□□ 「銅象」という駒になる。

60 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:03:14 ID:IlWfpJGe
【白象】>17・【香象】>17
□□□□□□□□□ 配置場所が左右対称で、チープな能力も全く同じ。
□□□□□□□□□ なのになんで名前が違うんだ。理解に苦しむ。この能力で
□□□□□□□□□ 超はじっこに位置するので他の駒より圧倒的に出番が
■□□□□□□□■ なさそうな駒。だから名前で目立とうとしているのかもしれない

【鶏飛】>33
□□□□□□□□□ 「飛」という名前に騙されてはいけない。
□□■□□□■□□ 全然飛びません。しょせんニワトリは
□□□□□□□□□ どこまで行ってもニワトリなんだ。
□□□□□□□□□ 牛やワニが飛びまわるような世界であっても、だ。

【悪狼】>33
□□□□□□□□□ 巷には赤ずきんの少女を食べてしまうような
□□■□□□■□□ 悪い狼もいますがコイツもかなり悪い奴です。
□□□□□□□□□ 何が悪いって性能が悪すぎ。
□□□□□□□□□

【刀兵】>42
□□■□□□■□□ バガボンドという漫画の作中で鉄砲や槍にやられる
□□□□□□□□□ 刀の弱さを語るシーンがあるのだが、まさに
□□□□□□□□□ それに合致する弱さである。だがいくらなんでも
□□□□□□□□□ 弱すぎやしないかい。

【鎗兵】>42
□□□■□■□□□ 歩兵のすぐ後ろで待ちかまえている鎗兵。
□□□□□□□□□ さすがに刀兵>42とは比べものにならない程の射程を
□□□□□□□□□ 持っている。だが弓よりも炮よりも射程が長い
□□□□□□□□□ ヤリはないだろう。

61 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:08:00 ID:IlWfpJGe
【弩兵】>42
□■□□□□□■□ 弓兵>41をそのままパワーアップさせたような強さの弩兵。
□□□□□□□□□ 弓兵と違って前に走れるところが大きい。
□□□□□□□□□ 成ると自陣に帰れるようにもなるし大事に使いたいところだ。
□□□□□□□□□

【炮兵】>43
□■□□□□□■□ 弓兵>41や弩兵>43なんかと動きが似ている。
□□□□□□□□□ しかし鉄炮持ちであるこの炮兵がなぜか弩兵よりも弱いのは
□□□□□□□□□ 納得のいかないところがある。お前の力はそんなものか?
□□□□□□□□□

【騎兵】>37
□□□□□□□□□ 前方3方向に走れる駒。後方の白駒>31と共に中央突破を
■□□□□□□□■ めざそう。成ると騎士になってちょうど金が走るような動きを見せる。
□□□□□□□□□ チェスのナイトとは動きが違うのはなんとなく残念だ。
□□□□□□□□□

【竪兵】>40
□□□□□□□□□ 「竪」系は言うまでもなくタテの意味であって、すべからず
■□□□□□□□■ 前方につっこむ事が得意な奴らである。こいつもその一人で
□□□□□□□□□ とりあえず前に進むしかない。成って帰ってこれれば
□□□□□□□□□ 用途はかなり広がる事であろう。

【走車】>26
□□□□□□□□□ 前後にしか走れない駒が多い「車」系ながら前後左右に走れる駒。
□□□□□□□□□ しかしそういう動きの駒と言えば世間では飛車>27の方が圧倒的に有名だ。
□□□■□■□□□ 彼はこの戦いでライバル飛車に負けない活躍をして
□□□□□□□□□ 知名度あげる事が目標となろう。

62 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:08:40 ID:IlWfpJGe
【角将】>20
□□□□□□□□□ 超重要駒。この駒の存在を忘れてると一気に負けへと転じてしまう。普段は
□□□□□□□□□ 自陣奥深くに待機しているのだが、スキあらば敵陣ギリギリに突入して霖鬼に
□□□□□□□□□ 成ってしまおう。それこそ味方をザクザク犠牲にしながらでもだ。そうすればなんと
□■□□□□□■□ 次の手で王将または太子が取れてしまう。(味方に囲まれている場合に限るが)

【烏行】>29
□□□□□□□□□ トリじゃなくてカラスです。烏行。
□□□□□□□□□ 前と斜め後ろに一歩だけ進めます。まあ
□□□■□■□□□ なんといいますかこの駒が活躍するような事は
□□□□□□□□□ まずないでしょう。歩だと思って運用するしかない。

【行鳥】>19
□□□□□□□□□ カラスじゃなくてこっちはトリです。まぎらわしいよキミたち。
□□□□□□□□□ しかも同じ列にいるし。烏行よりはこの行鳥の方が強いのだが
□□□□□□□□□ だからといって有用な駒であるとは言えるはずもない。
□□□■□■□□□

【左龍】>20
□□□□□□□□□ ずいぶんと偏った動きを見せる左龍。
□□□□□□□□□ 前方は右斜めしか進めないため、かなり右側まで
□□□□□□□□□ 行かないと成る事ができない。もっとも成ったら
□■□□□□□□□ 成ったでまた扱いづらい動きを見せるのだが。

【左虎】>20
□□□□□□□□□ 動かし方は隣りの左龍とだいたい同じなので併せて
□□□□□□□□□ 運用したいところだ。しかしところがだ、成って玄武になると動かし方が
□□□□□□□□□ 成った左龍(朱雀)と全く逆になってしまう。覚えにくいし動かしにくい。
□■□□□□□□□ だからもう、藻前らは成らんでいいですよ。

63 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:14:30 ID:IlWfpJGe

【右龍】>20
□□□□□□□□□ 左龍と動きが逆だ。斜め後方に少しでも走ると
□□□□□□□□□ 成る事がとても難しくなる。そしてこの駒の特徴は
□□□□□□□□□ 成り前と成り後の違いである。これほどに走る方向が
□□□□□□□■□ 変わってしまう駒もない。

【右虎】>20
□□□□□□□□□ 右龍と同じように左側にのみ強い右虎。
□□□□□□□□□ 左右の虎と左右の龍の4つの駒は能力がほとんど同じだが
□□□□□□□□□ 成り後はこの駒が一番扱いやすいと言えよう。
□□□□□□□■□

【森鬼】>16
□□□□□□□□□ 斜め前に走れて四方にもある程度歩ける結構強い駒。
□□□□□□□□□ 成ると前にも走れるようになる「雷走」となる。
□□□□□□□□□ うーん将棋らしかぬロックな名前だ。
□■□□□□□■□

【横龍】>21
□□□□□□□□□ 名前に騙されてはいけない。どうせ横しか走れないんだろ、プ
□□□□□□□□□ とか思っていると突然の強襲に足下をすくわれる事必至だ。
□□□□□□□□□ 成れば相当のパワーアップが出来るので積極的に狙っていきたい。
■□□□□□□□■ が、随分奥深くに位置しているのでそれも一苦労である。

【雨龍】>16
□□□□□□□□□ 5つもの方向に走れる能力を最大限に活かして力いっぱい
□□□□□□□□□ 後方に逃げ去るヘタレ駒。有効な使い道は見あたらない。
□□□□□□□□□ 目が前向きについているのはなぜだと思う?
□■□□□□□■□ 前へ前へと進むためだろ?!

64 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:15:16 ID:IlWfpJGe
【雲龍】>27
□□□□□□□□□ 後ろにも走れる龍馬といったところだ。前線で活躍できれば
□□□□□□□□□ この後ろに走る能力もきっと役に立つことであろう。
□□■□□□■□□ 成ると大龍になるのだが正直得したのかどうかが微妙な強さだ。
□□□□□□□□□ せっかく成るんだからもう少しサービスしてくれてもいいのに。

【飛龍】>30
□□□□□□□□□ なかなか奇抜な動きを見せる飛龍。
□□□□□□□□□ おもしろいことはおもしろいが残念ながら役に立ちそうにない。
□□■□□□■□□ もうちょっと遠くに飛べればなあ…飛距離で飛猫>26に負けてるし。
□□□□□□□□□

【臥龍】>35
□□□□□□□□□ 「龍」系は基本的に高い能力を持っている。
□□□□■←×2_□ しかしどうよこの弱さは。病に臥している龍なのだろうか。
□□□□□□□□□ 中央に配置されているので、本人はイヤかもしれないが
□□□□□□□□□ 出番は早く訪れるだろう。

【大龍】>25
□□□□□□□□□ 能力的には角にオマケがついたような感じの駒。
□□□□□□□□□ 「龍」系の基本的な駒と言えるもので、成るとこの駒になる
□□□■□■□□□ ものが多い。あんなに弱かった駒>35(臥龍)もりっぱな大龍に。
□□□□□□□□□ こんなに強い駒>22(猛龍)もどうして大龍なんかに?とひっぱりだこだ。

【風龍】>20
□□□□□□□□□ 制作者の記入ミスなのだろうか、
□□□□□□□□□ 駒が左右2箇所に配置されていながら動かし方が
□□□□□□□□□ 左右対称でないなんともめずらしい駒。
□□■□□□■□□ それでも走れる方向は多いので使える駒ではある。

65 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:15:50 ID:IlWfpJGe
【火龍】>18 成り→麟師>18
□□□□□□□□□ かなりの能力を持っているが奥深ーくに陣取って
□□□□□□□□□ いるので出番は相当先になりそうだ。
□□□□□□□□□ Flashだと大龍の駒と見間違えやすいので注意が必要。
□□□■□■□□□

【水龍】>18 成り→鳳師>18
□□□□□□□□□ この駒の方が後方に少し強いだけで強さは
□□□□□□□□□ 隣りの火龍>18とだいたい同じ。
□□□□□□□□□ 左右併せて4枚もの龍が中央付近に鎮座して
□□□■□■□□□ いることになる。最終防衛ラインはここらへんか。

【盲虎】>100
□□□□□□□□□ 「盲」系は前に進む事ができないのが特徴だ。
□□■□□□■□□ そしてその代表たる動き方を見せる盲虎。
□□□□□□□□□ 見事に前だけ進めないこの駒だが「盲」系の
□□□□□□□□□ 中ではまだまだマシな方…かな。

【盲猿】>36
□□□□□□□□□ 弱い駒が勢ぞろいの「盲」系のひとつである。
□□■□□□■□□ この弱さ、やはり目が見えないのだろうか。
□□□□□□□□□ それでも戦場で戦おうと必死になる彼らの
□□□□□□□□□ 姿を想像すると目頭が熱くなる。

【盲熊】>36
□□□□□□□□□ 盲猿>36と能力が全く同じ。
□□□■□■□□□ 成るとなぜか鹿になってしまう点も同じだ。
□□□□□□□□□ いやー、弱いクマー。しかしこんな奴まで
□□□□□□□□□ 駆り出すなんていったいどういう戦争なんだ。

66 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:16:22 ID:IlWfpJGe
【盲犬】>29
□□□□□□□□□ 4つある「盲」系の駒の中で一番弱い駒。
□□□□□□□□□ 成り後の姿を期待するのもこの駒に失礼である。
□□□■□■□□□ しかし動かせる方向がVサインを描いているので
□□□□□□□□□ 持っていると縁起がいいに違いない。

【嗔猪】>34
□□□□□□□□□ 「盲」系のような動きを見せる嗔猪。
□■□□□□□■□ この駒なんと読むのかわからないが「嗔」は「怒る」
□□□□□□□□□ という意味らしい。それでいてこの弱さなのだから
□□□□□□□□□ やはり戦場ではクールでないと生き残れない。

【竪熊】>24
□□□□□□□□□ 竪熊のすべき事はひとつだけ、すなわち
□□□□□□□□□ 前へ進むことである。しかし相当の期間は
■□□□□□□□■ 前の渋滞と重要度の観点からその場待機を
□□□□□□□□□ 命ぜられているものであろう。

【竪虎】>26
□□□□□□□□□ 竪虎も進むべき方向は前です、前だけです。
□□□□□□□□□ 後ろにも歩けますがそんな機能は不要です。
□■□□□□□■□ 成るとこれまた強くなるのですが
□□□□□□□□□ 局面によっては不成もアリかも。

【竪狼】>34
□□□□□□□□□ やはり前に進むべき駒なのだが、両端に位置する
■□□□□□□□■ ため出番はなかなか訪れてこないだろう。
□□□□□□□□□ 後ろに3歩進めるが、だからといってなにが
□□□□□□□□□ どうなるわけでもない。

67 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:16:53 ID:IlWfpJGe
【竪豹】>42
□□□■□■□□□ かなり前線に配置されているので、序盤での突撃死が
□□□□□□□□□ 期待される駒。成っても「フーン」程度の駒なので
□□□□□□□□□ 遠慮なくいこう。さあ遠慮なく。
□□□□□□□□□

【竪馬】>43
□■□□□□□■□ やはり特徴は前に進めるという事。
□□□□□□□□□ 成って龍馬になるのもいいが、後ろにいる
□□□□□□□□□ 前旗>40を活かすために前進してそのまま
□□□□□□□□□ お亡くなりになられる、そんな人生も悪くない。

【竪狗】>43
□■□□□□□■□ 犬>44の後ろに位置している狗。犬同士協力して
□□□□□□□□□ 棒犬戦法で攻めるのも一つの手だ。(?)
□□□□□□□□□ 成ると中途半端さが目に染みる豹王になる。
□□□□□□□□□

【竪行】>43
■□□□□□□□■ 他の将棋でも度々顔を見せるまあまあ名の知れた駒。
□□□□□□□□□ 「竪」系で唯一後ろにも走れる。
□□□□□□□□□ しかし能力的にイマイチである上に
□□□□□□□□□ 隅っこにいるので活躍するのにも一苦労だ。

【横蛇】>16
□□□□□□□□□ 左右のフットワークに優れる「横」系。
□□□□□□□□□ 横行>30、横兵>40、そしてこの横蛇>16と
□□□□□□□□□ 強くなっていく。まあこの大局将棋内で1歩程度の
□□■□□□■□□ 力の差でいい気になってもらっては困るのだが。

68 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:24:26 ID:IlWfpJGe
【横猪】>23
□□□□□□□□□ 一応全方向に動けるので「横」系では優秀な駒として
□□□□□□□□□ 認めてもよいと思われる横猪。しかし猪突猛進という言葉も
□□■□□□■□□ ある通り残念ながらこの動きでは猪のイメージにはそぐわない。
□□□□□□□□□

【横狼】>26
□□□□□□□□□ 横牛>34と動きが左右逆である。成れば確かに
□□□□□□□□□ 強くなるのだが手数がかかりまくって割にあわない。
□■□□□□□■□ そんな事をしている暇があったら英単語の一つでも
□□□□□□□□□ 覚えたほうがマシである。

【横行】>30
□□□□□□□□□ 中衛の端の方に横牛>34、この横行>30、横狼>26と
□□□□□□□□□ 「横」系が3駒ナナメに配置されている。これらで侵入者
□■□□□□□■□ に対し側方から迎撃したいところだが、そのためにはやはり
□□□□□□□□□ 少々中央に寄せておく必要があるかもしれない。

【横飛】>36
□□□□□□□□□ 「横」系で最も前線近くに配置されている横飛。
□□■□□□■□□ この駒はやっぱり「よこっとび」と読むのであろうか。
□□□□□□□□□ 前には進めないがまあ進める方向は多いのでとりあえず
□□□□□□□□□ 邪魔になることはなさそうだ。

【横猿】>43
■□□□□□□□■ やはり横に走るしか能がない。
□□□□□□□□□ しかし両端ながらも歩のすぐ後ろに配置されているため
□□□□□□□□□ 少々前に出れば中央へのアプローチも可能である。
□□□□□□□□□

69 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:24:58 ID:IlWfpJGe
【東夷】>32
□□□□□□□□□ 敵か味方かよくわからない駒名です。普段は金に
□□□■□□□□□ 毛の生えたような強さの駒だが裏には「獅子」と
□□□□□□□□□ 立派な言葉が書かれています。ただしそのためには
□□□□□□□□□ 当然敵地に進軍しなければならない。…ツラいです。

【南蛮】>33
□□□□□□□□□ 南から来ただけあって多少だが左右への展開が強い。
□□□□□■□□□ 彼も裏がいいです、「金翅」と書かれています。
□□□□□□□□□ 前に一歩しか進めないけど裏は魅力的…
□□□□□□□□□ ホットポテトな駒です。

【西戎】>33
□□□□□□□□□ 東西南北のなかで一番裏が強いのはおそらくこれでしょう。
□□□■□□□□□ 機会があれば成りに挑戦するのは悪くない。
□□□□□□□□□ ただそんなことに取り掛かれるのは
□□□□□□□□□ 終盤だけなのではないかと思われる。

【北狄】>33 成り→鳩槃>12
□□□□□□□□□ 裏は「鳩槃」これも悪くない。それにしても
□□□□□■□□□ この東西南北の四駒、せっかくなんだから
□□□□□□□□□ 東西南北に分けて配置すればいいのに、と思ったのだが
□□□□□□□□□ 製作者にはそんな余裕はなかったのだろう。

【狛犬】>41
□□□□■□□□□ 強いです。こんな凶暴な狛犬見たことない。
□□□□□□□□□ 八方に走って跳んで敵を駆逐します。成ると方向制限が
□□□□□□□□□ 加わってしまうもののさらにジャンプ力が増す「大象」に。
□□□□□□□□□ 象が飛ぶなんてディズニーですかおまいは。

70 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:25:29 ID:IlWfpJGe
【吼犬】>41
□□□□■□□□□ 狛犬>41の相方。強さはほぼ同じと言ってよい。
□□□□□□□□□ 成る前には特に必要のないナナメ後ろへと走る力も
□□□□□□□□□ 敵地に入る頃には必要になるというとても都合のいい駒。
□□□□□□□□□

【大師】>38
□□□□□□□□□ うーん、やはり中央軍は精鋭揃いです。
□□□□■□□□□ さすがに狛犬などには劣るが前方への攻撃力は同じなので
□□□□□□□□□ 活躍が期待されます。先生、やっちゃってください。
□□□□□□□□□

【中師】>32
□□□□□□□□□ 大師>38より弱い、というわけではないが何か大師を
□□□□■□□□□ コンパクトにしたような感じのする中師。もしかしたら
□□□□□□□□□ 副担任なのかもしれない。「師」系は全てそれなりに強く
□□□□□□□□□ そして成りがないという共通点がある。

【鵬師】>32
□□□□□□□□□ 大師>38の能力にちょっと手を加えただけの…
□□□□■□□□□ こう言ってはなんだが面白みのない駒。
□□□□□□□□□ 大局将棋の駒にそれを求めるのは酷かも
□□□□□□□□□ しれないがやっぱり個性は欲しいヨネー。

【鳳師】>18
□□□□□□□□□ 王将を守るべく遣わされた鳳師と麟師>18
□□□□□□□□□ 彼らの後ろにはもはやアホな将しか残されておらず
□□□□□□□□□ これらの駒を討ちとれれば王手は近い。
□□□□■□□□□ 攻めに回すのもいいかもしれないが守りは万全に。

71 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:26:09 ID:IlWfpJGe
【麟師】>18
□□□□□□□□□ 鳳師>18と能力が似ているが跳べる方向がやや異なる。
□□□□□□□□□ 防衛戦に使われると思われるので前に跳んで
□□□□□□□□□ 後ろに跳び戻れるこの駒の方が使い勝手がいいのかもしれない。
□□□□■□□□□ まあ実際どうなのかは誰も知らないわけだが…。

【白虎】>14
□□□□□□□□□ 正直動きが複雑すぎてこの動きはなかなか
□□□□□□□□□ 覚えにくいものがある。相当期間は左ナナメ前へ
□□□□□□□□□ のヒモとして初期位置に置きっぱなしとなるだろう。
□□□□□□□□■ 知名度のある駒名のわりにはさびしい人生だ。

【玄武】>14
□□□□□□□□□ どうにも使いづらいという印象が先行する四神の玄武。
□□□□□□□□□ この駒もやはり右ナナメ前への牽制として鎮座されて
□□□□□□□□□ いる事であろう。いや、やはり神様は自ら戦いには赴かず
■□□□□□□□□ 後方で見守っているのが本来の役目なのだろうな。

【青龍】>37
□□□□□□□□□ 四神で唯一前に走れるなかなか攻撃的な駒。
■□□□□□□□□ 位置的にも能力的にも左車>43と似ているものがある。
□□□□□□□□□ 成りは神龍だが、残念ながら誰かが生き返るという事はない。
□□□□□□□□□

【朱雀】>37
□□□□□□□□□ 玄武>14を左右逆にしたような能力の朱雀であるが
□□□□□□□□■ 前線におかれている上、中央方面への攻撃が可能なので
□□□□□□□□□ 出番は早い。成りも期待できないので捨て駒が妥当なところか。
□□□□□□□□□ 戦場で勝利をつかむためには多少ばちあたりな行動も必要だ。

72 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:26:51 ID:IlWfpJGe
【走兎】>14
□□□□□□□□□ 前方3方向に走れる。これだけでも有用な駒であることがわかる。
□□□□□□□□□ 童話「うさぎとかめ」で見せたあの速さをここでも発揮していただき
□□□□□□□□□ たいところ。もっともこの将棋内にいる2匹の亀>28は
■□□□□□□□■ この兎よりもスピーディに動きまわれるのだが彼には秘密だ。

【火鬼】>14
□□□□□□□□□ 天竺大将棋という将棋では悪魔のような強さであったようだが
□□□□□□□□□ さすがにここへ来て往年の力は発揮できなくなってしまっている。
□□□□□□□□□ しかし有用な駒であることは確かなので、まだまだ若いものには
□■□□□□□■□ 負けるわけにいかない。

【獣曹】>13
□□□□□□□□□ 進める方向が多いがいずれも2歩のみ。
□□□□□□□□□ 最後方に置かれた上この能力ではなかなか活躍の機会は
□□□□□□□□□ おとずれないだろう。「じゅうそう」と言っても
□■□□□□□■□ ふくらし粉の事ではないようだ。

【走馬】>13
□□□□□□□□□ 戦場をひた走る馬。走兎>14と能力が似ているが
□□□□□□□□□ この駒はナナメ後ろにジャンプできる。
□□□□□□□□□ だが基本的に前に走らせるのがよりよい使い方であろう。
□□■□□□■□□

【近王】>15
□□□□□□□□□ 王将のすぐ前という超重要な位置におわす近王。
□□□□□□□□□ 動かす必要がないのであろう、行動範囲はかなり
□□□□□□□□□ せまい。彼が棋譜に現れたらおそらく
□□□□■□□□□ 負けは近いと思われる。

73 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:34:45 ID:IlWfpJGe
【金剛】>15
□□□□□□□□□ 四天の一人。正直物足りない強さだ。
□□□□□□□□□ 裏に共通の「四天」を持つ4駒。コンセプト
□□□□□□□□□ としてはおもしろいだけに非常に惜しい存在だ。
□□□□□■□□□ もっと強ければ主役をはれたであろう。

【夜刄】>15
□□□□□□□□□ 四天の一人。なんとも形容しがたい動かし方。
□□□□□□□□□ みんなが「ホントは夜叉だろ…」と思う駒名。
□□□□□□□□□ 江戸時代の製作者も日ペンで学習していれば
□□□□□■□□□ こんな事態にはならなかったはず。

【羅刹】>15
□□□□□□□□□ 四天の一人。インドの神様である。
□□□□□□□□□ …はずだが弱い。位置的に攻めに回るわけにも
□□□□□□□□□ いかないので使い道に困る。
□□□■□□□□□

【走熊】>15
□□□□□□□□□ 前へ進むもよし中央へ寄って防衛もよし。
□□□□□□□□□ しかしどちらにしろ出番は終盤に限られる。
□□□□□□□□□ 成りも含めるとやはり竪行>43と
□□□■□■□□□ 能力的に似ているものがある。

【走虎】>16
□□□□□□□□□ 隣の走熊>15と能力が同じである。
□□□□□□□□□ この駒はとりあえず成りをお勧めしたい。
□□□□□□□□□ 成りの奔虎は大切な何かが足りないが
□□□■□■□□□ まあ使える事はまちがいない。

74 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:35:51 ID:IlWfpJGe
【走蛇】>16
□□□□□□□□□ 隣の走狗>16と能力が同じ。
□□□□□□□□□ 獲物を狙う蛇のごとく動かずに前方を
□□□□□□□□□ 牽制すべし。成ってもイマイチだし。
□□■□□□■□□

【走狗】>16
□□□□□□□□□ 名前の割にパシりづらい場所に位置する走狗。
□□□□□□□□□ 竪行>44と成りも含めて能力が全く同じだ。
□□□□□□□□□ 成りは期待できるがその頃には終盤に
□□■□□□■□□ さしかかっていることだろう。

【山鹿】>16
□□□□□□□□□ 基本能力はY字に数歩進める事。
□□□□□□□□□ もちろん山鹿のイニシャルである(?)。
□□□□□□□□□ 成るのも大変であり、防衛のために
□■□□□□□■□ 中央に寄るのも大変。使いどころが難しい。

【禽吏】>17
□□□□□□□□□ 進める方向は多いが、2歩3歩程度では
□□□□□□□□□ 敵陣に攻め込むのは難しい。成りの
□□□□□□□□□ 「禽鳥」はかなり強く、走れる方向はさながら
□■□□□□□■□ スターソルジャーのようではあるのだが、残念だ。

【飛燕】>17
□□□□□□□□□ ナナメ前方にしか走れない駒。
□□□□□□□□□ ではあるが中央方面への利きがあるため
□□□□□□□□□ その場待機でも後々の局面において
□■□□□□□■□ 厄介な駒となるであろう。


75 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:36:43 ID:IlWfpJGe
【山鳩】>17
□□□□□□□□□ 「鳩」系で唯一あまり使えない駒。
□□□□□□□□□ 隅においやられているうえ、見るべき能力と
□□□□□□□□□ いったらナナメ前方に5歩進めることくらい。
■□□□□□□□■ 活躍させたかったらひたすら中央へ進むべし。

【孔雀】>19
□□□□□□□□□ 特殊駒。前方に限り角の動きを2回
□□□□□□□□□ 行うことが出来る。移動できる範囲はかなり
□□□□□□□□□ 大きいので敵のこの駒の位置を常に把握しておく
□□□■□■□□□ 必要がある。左右2駒あるし。

【古鵄】>19
□□□□□□□□□ 基本能力はナナメに2歩。
□□□□□□□□□ この程度の能力では見る価値もない。
□□□□□□□□□ しかし成れれば一騎当千、天狗が誕生する。
□□□■□■□□□ どうだろう。難しいな。

【奔狗】>19
□□□□□□□□□ 前方3方向走れるし一応全方向への移動が可能。
□□□□□□□□□ かなり頼れる駒である。しかしちょっと見た
□□□□□□□□□ だけではどこが強くなったんだか全然分からない
□□■□□□■□□ 成りの「奔犬」には正直がっかりだ。

【獣吏】>20
□□□□□□□□□ 禽吏>17と能力がほとんど同じである。
□□□□□□□□□ 進める方向の多さはやはり防衛戦でこそ
□□□□□□□□□ 活かせるものであろう。
□□■□□□■□□



76 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:37:14 ID:IlWfpJGe
【走鹿】>21
□□□□□□□□□ 走れる方向は多いものの前に進めないのは難儀である。
□□□□□□□□□ 配置は奥深くだが周辺にもナナメに走れる駒は多いので
□□□□□□□□□ これらと協力して中央方面を目指そう。
■□□□□□□□■ さらに成ってこの駒の真の強さをみせつけたいところだ。

【兵士・方行】>26>36
□□□□□□□□□ 成る前は飛車の動き。成ると斜め前方にも走れるようになる。
□□□A□A□□□ が、全く同じ動きの駒なら名前を変える必要は無いと思うのは気のせいか。
□□@□□□@□□ @兵士
□□□□□□□□□ A方行

【角鷹・飛鷲】>42>42
□□@A□A@□□ おそらく、序盤に前に出て来る駒では、最強の部類に入る駒。
□□□□□□□□□ 中将棋の物とは違い、8方向どこにでも走れる優れもの。
□□□□□□□□□ 成ると、四天王ほどではないが、ある方向に対して防御無視の攻撃ができる。
□□□□□□□□□ しかし、弱い駒と対峙すると逃げまとうと言う弱気な一面もちらほら
               @角鷹 A飛鷲

【大旗】>38
□□□□□□□□□ 「旗」系はどの駒も能力は十分。
□□□□■□□□□ 旗本隊は弱いのが昨今のゲームの常なのだが
□□□□□□□□□ そんな心配は無用である。存分に敵を蹴散らすべし。
□□□□□□□□□

【前旗】>40
□□□□□□□□□ あの「成っても同じ」で有名の中旗>23と
□■□□□□□■□ 能力が同じである。ただし裏は大旗でこちらは当然
□□□□□□□□□ 前より強くなる。2枚あるし使えることは間違いない。
□□□□□□□□□


77 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:38:05 ID:IlWfpJGe
【後旗】>12
□□□□□□□□□ 最後方で味方を守る旗。しかし攻めに回るのも悪くない。
□□□□□□□□□ 前旗>40や中旗>23よりは能力が落ちるが
□□□□□□□□□ ほとんど差はないので同じように使えるだろう。
□□□■□■□□□ 出番が来るまで旗を振って前線を応援だ。

【小旗】>26
□□□□□□□□□ 「小」がついていようが相変わらず強い「旗」系。
□□□□□□□□□ 成っても全然強くならないのもこの駒に「旗」系の血
□□■□□□■□□ が流れている証拠だろう。
□□□□□□□□□

【龍王】>42
□□■□□□■□□ 本将棋で最強の猛威を奮う飛車の成り駒。
□□□□□□□□□ しかしこの将棋では「まあ強いかな」程度の扱いだ。
□□□□□□□□□ 成りの飛鷲は相当強いが敵もそうやすやすと
□□□□□□□□□ 成らせてはくれまい。

【龍馬】>42
□□■□□□■□□ 本将棋での角行の裏として知られている龍馬。
□□□□□□□□□ 前後左右にも進めるがやはり一歩程度では
□□□□□□□□□ 腹の足しにもならない。やはりナナメが彼の
□□□□□□□□□ 生きる道だ。

【金翅】>25
□□□□□□□□□ 特殊駒。ナナメ前方に大ジャンプが可能。
□□□□□□□□□ 3枚跳びの能力は仲間を盾にしての攻撃が可能なので
□□□□■←×2_□ 大変重宝する。盾ならそこらへんにいっぱい
□□□□□□□□□ ころがっているからいつでも出撃可能である。

78 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:42:48 ID:IlWfpJGe
【鳳凰】>29
□□□□□□□□□ 烏龍茶の絵柄にも使われている霊鳥、鳳凰。
□□□□□□□□□ かなり難解な動き方であり、残念ながらこれといった
□□□□□■□□□ 使い方も見当たらない。名前が強そうなだけに
□□□□□□□□□ ガッカリ度もひとしおである。

【麒麟】>29
□□□□□□□□□ ビールの絵柄で有名な神獣、麒麟様である。
□□□□□□□□□ 一応左右にジャンプできますが…はあ。
□□□■□□□□□ こんなんじゃそこいらの雑兵といい勝負だ。
□□□□□□□□□

【鳫飛】>29
□□□□□□□□□ 成りもダメ。弱くてどうにも使いようがない。
□□□□□□□□□ 前に進ませても徒労に終わるだろう。
□□■□□□■□□ 放置プレイが最適。
□□□□□□□□□

【猛鷲】>30
□□□□□□□□□ 斜めに2歩進めるが、まあその程度の駒。
□□□□□□□□□ やはり全体的に「猛」系は弱い。
□■□□□□□■□ ただ、成りの「飛鷲」は相当使える。
□□□□□□□□□ 挑戦する価値はないこともない。

【水牛】>30
□□□□□□□□□ かわいそうに、農作業に従事していたところを
□□□□□□□□□ 戦場に連れてこられたに違いない。たかが水牛
□■□□□□□■□ とても戦力には…いや、あれ?強いっすよ!
□□□□□□□□□ しかも成ると「大獏」となって本領を発揮。恐ろしい話だ。

79 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:43:20 ID:IlWfpJGe
【猛豹】>30
□□□□□□□□□ 戦場を猛る豹。
□□□□□□□□□ 近寄る敵を恐ろしい牙とこれ以上ない鈍足で襲撃する。
□■□□□□□■□ つまりは、その…全然使えないということだ。
□□□□□□□□□

【白駒】>31
□□□□□□□□□ さすが馬、よく走ります。
□□□□□□□□□ 前方三方向に走れれば戦力としては十分。
■□□□□□□□■ 裏は「大駒」です。大駒って…自分で言うなよ。
□□□□□□□□□

【准鶏】>33
□□□□□□□□□ 盲犬>29と同じく進める方向がV字を描く准鶏。
□□■□□□■□□ しかもこの駒は成るとその方向に走れるようになる。
□□□□□□□□□ ただその姿を見るのは不可能に近い。
□□□□□□□□□

【古猿】>33
□□□□□□□□□ 銀が背中を向けて進軍しているような動きの古猿。
□□■□□□■□□ この将棋、猿はみんな弱いです。弱いよマンキー。
□□□□□□□□□ しかも老兵。活躍の場はまずないでしょう。
□□□□□□□□□

【燕羽】>36
□□□□□□□□□ ひたすら横にのみ飛び回る燕羽。
□■□□□□□■□ 前進もできなくはないがやはり自陣で一生を
□□□□□□□□□ 終えることであろう。
□□□□□□□□□

80 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:43:53 ID:IlWfpJGe
【猫刄】>37
□□□□□□□□□ 斜めに一歩だけしか進めない。
□■□□□□□■□ 銀にも劣るこの能力だけで戦うのは無謀である。
□□□□□□□□□ やっぱりこの駒は…猫又なんだろうな。
□□□□□□□□□

【奔獏】>12
□□□□□□□□□ 相当期間盤上においたままとなるであろう駒。
□□□□□□□□□ ただ横方向の制限はあるが能力は十分。
□□□□□□□□□ バク強いよバク。
□□□■□■□□□

【奔鬼】>13
□□□□□□□□□ 終盤に動き出す悪夢。盤上を奔走し敵を駆る。
□□□□□□□□□ さらに成ると鬼のクセに王になってしまい
□□□□□□□□□ 強さが増す。「奔鬼」と書いて「ほんき」と読むぜ!
□□■□□□■□□

【水将】>29
□□□□□□□□□ 多少斜めに強みを持つ駒ではあるが
□□□□□□□□□ 基本的に弱い駒である。
□□□■□■□□□ ただし成りは副将という相当強い駒へと
□□□□□□□□□ なる。さて、どうするかな。

【瓦将】>39
□□□□□□□□□ 「将」系は玉石混交、強い駒も当然あるが
□□□■□■□□□ 悲しいことに弱い駒の方が多い。
□□□□□□□□□ どのように弱いかというとまあこんな感じだ。
□□□□□□□□□ 前にすら進めないなんて使いようがない。

81 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:44:56 ID:IlWfpJGe
【木将】>39
□□□□□□□□□ 「でくのぼう」「うどの大木」など木は本来
□□■□□□■□□ 動きが鈍い者に対する名称としてよく使われる。
□□□□□□□□□ だからこいつが全然動けないのは
□□□□□□□□□ つまりはそういうことだ。

【川将】>40
□□□□□□□□□ ちっとも怖さを感じない名前を持つ川将。
□■□□□□□■□ 隣の風将>40と動きが同じ。
□□□□□□□□□ 前に3歩進めるが当然これだけでは活躍は難しい。
□□□□□□□□□

【鳩槃】>12
□□□□□□□□□ 斜め方向に特殊能力を持つ強い鳩。
□□□□□□□□□ 飛び越せるっていうのは味方にじゃまされにくく
□□□□□□□□□ 便利なものだ。成りはないがその能力で敵を存分に
□□□□□□■□□ 蹴散らしていただきましょう。

【鳩盤】>13
□□□□□□□□□ 鳩槃>12のパチモノともいうべき駒。
□□□□□□□□□ 特殊能力がないので多少見劣りはするが
□□□□□□□□□ 決して弱くはない駒であるので積極的に使おう。
□□■□□□□□□

【馬麟】>34
□□□□□□□□□ ナナメに2歩。実に心細い能力だ。
□■□□□□□■□ それでも敵陣までもぐりこめれば
□□□□□□□□□ 大いに戦力となることであろう。
□□□□□□□□□ 駒名をじっと見ているとあるキーワードが…。

82 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:45:27 ID:IlWfpJGe
【牛将】>23
□□□□□□□□□ 「(獣)+兵」と比べてあまりに弱すぎる「(獣)+将」系。
□□□□□□□□□ こんな弱さではじっこに追いやられては活躍など
□■□□□□□■□ できるはずがない。草でも食ってるのが関の山だ。
□□□□□□□□□

【馬将】>23
□□□□□□□□□ 馬っていうのは本来ならば戦いの要のはずなんだ。
□□□□□□□□□ だのになんなんでしょうこの扱いは。
□■□□□□□■□ 牛将と能力がまったく同じじゃないですか。
□□□□□□□□□ そしてまったく同じく使えない。

【蟠蛇】>35
□□□□□□□□□ この駒を活用させる事はノーベル賞を取るより
□□□■□■□□□ 難しい。うまく活用できない指し手が悪いわけではなく
□□□□□□□□□ 間違いなくこの駒自身の精進が足りない。
□□□□□□□□□

【鯨鯢】>14
□□□□□□□□□ 鯢とはメスクジラの意味。
□□□□□□□□□ 最後列にいるくせにやたらと後ろに走りたがるのは
□□□□□□□□□ デート中無理やり戦場にかり出されたクジラカップルだからか。
■□□□□□□□■ まるでかの国に拉致られうわなんだおまえやめr

【隠狐】>32
□□□□□□□□□ 隠しておくのは勿体無いなかなか強力な駒。
□□□□■←2枚 □ しかし前方に使えない駒が続々と並んでいるため
□□□□□□□□□ 必然的に序盤は隠されるはめになる。
□□□□□□□□□ 姿を現したら遠慮なく使おう。

83 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:49:08 ID:IlWfpJGe
【獅鷹】>35
□□□□□□□□□ 西洋のグリフィンをイメージさせる名前の駒。
□□□□■□□□□ 比較的前線の配置で渋滞も少なく、
□□□□□□□□□ 4方向の走り、居食いなどの能力も使える。
□□□□□□□□□ 日本古来の聖獣がだらしない大局将棋では彼に頑張ってもらいたい。

【大鹿】>22
□□□□□□□□□ 飛車の動きに加えナナメもけっこういける。
□□□□□□□□□ 場所的に攻めと守りどちらに使うか考えものだが
□□□■□■□□□ やはり成りは捨てがたい。八方に走れるというのは
□□□□□□□□□ なんだかんだ言って魅力的だ。

【金鹿】>23
□□□□□□□□□ 前方ナナメ2方向にのみ走れる鹿。
□□□□□□□□□ このような駒は他にもよく見かけるが皆使える駒である。
□□■□□□■□□ ところで少し有名かと思いますが「みなごろし」
□□□□□□□□□ という漢字がありますよね。(((;゚Д゚)))

【銀兎】>23
□□□□□□□□□ 脱兎のごとく後方にのみ走る駒。
□□□□□□□□□ しかし逃げずに前へ進め、行けばわかるさ
□□■□□□■□□ ウサギがクジラに変化してしまうなんて
□□□□□□□□□ この将棋はやっぱり不条理だなあ、という事が。

【猛牛】>25
□□□□□□□□□ 猛牛ならまっすぐ突き進んでいただきたいものだが
□□□□□□□□□ 三半規管に支障があるのだろう、走れるのはナナメ前方だ。
□□□■□■□□□ ただまあ、それだけでも十分戦力になる。
□□□□□□□□□ 合併とかはしないようだ。

84 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:50:02 ID:IlWfpJGe
【猛鹿】>32
□□□□□□□□□ ずばり銀将だ。弱い弱い。こういうヘタレ鹿は
□□□■□■□□□ 生きもの地球紀行とかでライオンに捕食されてるのがオチだ。
□□□□□□□□□ ただ中央にいるおかげで多少出番はあるかもしれない。
□□□□□□□□□

【猛狼】>32
□□□□□□□□□ この動きは言うまでもなく金将だ。弱いよウルフ。
□□□■□■□□□ 千代の富士の方が100倍強いよ。
□□□□□□□□□ ただこれもいずれ出番は訪れるものと思われる。
□□□□□□□□□ 成ると「熊眼」という正直托イ駒名に。

【鴟行】>37
□□□□□□□□□ 「鴟」とはトンビの事のようだ。
□■□□□□□■□ はじっこ+弱杉=無価値
□□□□□□□□□ だからこの駒の存在は忘れてくれたまえ。
□□□□□□□□□

【登猿】>37
□□□□□□□□□ はじっこ+弱(以下略)
□■□□□□□■□ 前に進ませるのも面倒だなあ。
□□□□□□□□□ そういえば竹下登は猿顔だったけど
□□□□□□□□□ この駒はそういう意味なのかもしれない。

【飛牛】>44
■□□□□□□□■ 前線にいるため序盤から盤上を飛び交う頼れる牛。
□□□□□□□□□ はじの方に置かれてはいるがきっと役に立つことであろう。
□□□□□□□□□ 成りですか?そんなものはありませんよ。
□□□□□□□□□

85 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:51:28 ID:IlWfpJGe
【山鷹】>26
□□□□□□□□□ 「鷹」系強いワァ*・゚・.。(n'∀')η゚・*。゜・
□□□□□□□□□ 製作者は鷹好きに違いない。
□■□□□□□■□ 前方だけならジャンプも出来るし
□□□□□□□□□ 使って損はない。

【仲人】>44
□□■□□□■□□ 無慈悲な場所に配置されている悲劇の駒。
□□□□□□□□□ 白旗を持って敵地に書簡を届けたりするような
□□□□□□□□□ 役目の人間と思われる。それにしては足も遅いし
□□□□□□□□□ 敵も遠慮なく襲ってくるし一体なんなんだろう。

【猛熊】>34
□□□□□□□□□ 戦場を微妙な戦力で暴れ回る熊。
□■□□□□□■□ しかし弱いねえ、赤カブトを見習いなさいよ。
□□□□□□□□□ これも「猛」系の悲しいサガか。
□□□□□□□□□ 

アンカーミスのためあぼーん推奨
>73 >71 >68 >67 >61
>58 >57 >52 >51 >49

86 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:52:14 ID:IlWfpJGe
【山鷲】>13>13
□□□□□□□□□ 何とこの駒、同じ駒でも初期配置の右と左で動きが違う。
□□□□□□□□□ しかも成ると同じになるので、見た目では区別が付かない。
□□□□□□□□□ 局面がごちゃごちゃして左右入れ替わったりしたら頭が痛くなること必至。
□■□□□□□■□

【中旗】>23
□□□□□□□□□ 成っても性能が全く変わらない。ただ名前が変わるだけであり、
□□□□□□□□□ 一体何のために成るのか意味不明である。
□□■□□□■□□
□□□□□□□□□

【禽曹】>22
□□□□□□□□□ 成ると弱くなってしまうという珍現象が起こる。
□□□□□□□□□ 成りの意味を根底から覆す問題児。
□□□■□■□□□
□□□□□□□□□

【犬】>45
□■□■□■□■□ 自陣の外にポツポツと配されてる番犬。
□□□□□□□□□ 歩と大して変わらない駒だが、目立つ位置と名前のインパクトで妙な人気がある。
□□□□□□□□□
□□□□□□□□□

【飛猫】>26
□□□□□□□□□ ぴょんぴょんと飛び跳ねる感じの駒。
□□□□□□□□□ 大して強くはないが、ひょうきんな動きが一部で秘かに人気。
□■□□□□□■□
□□□□□□□□□

87 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:53:01 ID:IlWfpJGe
【香車】>14
□□□□□□□□□ お馴染みの駒。本将棋でも影薄めの駒だが、
□□□□□□□□□ 大局将棋では持ち駒にできないし
□□□□□□□□□ 場所も隅っこで機能もヘボいとますます影が薄くなった。
■□□□□□□□■ はたしてこいつが何かの役に立つ局面が存在するのか甚だ疑問である。

【歩兵】>45
■■■■■■■■■ お馴染みの駒。陣地のフタをしてるのは相変わらずで、
□□□□□□□□□ そのヘナチョコっぷりもやはり相変わらず。
□□□□□□□□□ 普通の将棋に出て来る駒はほとんど大局将棋スケールでは弱すぎてだめぽ。
□□□□□□□□□(36枚)

【力士】>15
□□□□□□□□□ 場所的に終盤の防衛戦で使われそうだが、
□□□□□□□□□ 役に立つかどうか疑問である。
□□□□□□□□□ 力士というイメージから想像できないが斜めにしか動けない。
□□□■□□□□□

【横牛】>34
□□□□□□□□□ 横に飛ぶだけの存在価値であると言える駒。
■□□□□□□□■ 序盤の敵の侵入に対し効果を発揮しそう。
□□□□□□□□□ 成る事はあきらめよう。特に右の駒なんてどうしようもない…。
□□□□□□□□□

【羊兵】>25
□□□□□□□□□ どんな姿なのか想像もつかない羊兵。
□□□□□□□□□ 斜めに走れるので名前のわりには威力があるようで
□□□■□■□□□ その軌跡はさながら羊の角のようだ。
□□□□□□□□□

88 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:53:50 ID:IlWfpJGe
【反車】>17
□□□□□□□□□ 後ろの香車とは違い引く事を知っているよくできた駒。
□□□□□□□□□ ただ駒がバタバタ倒れていく大局将棋では後ろに下がる機能は
□□□□□□□□□ あまり必要ないのかもしれない。
■□□□□□□□■ 成るとさらに逃げる気マンマンの鯨鯢になる。

【雲鷲】>27
□□□□□□□□□ 斜めと横に申し訳程度に動ける反車。
□□□□□□□□□ それよりも成った後の勁鷲が魅力的。
■□□□□□□□■ 大事に育てたいところである。
□□□□□□□□□

【風馬】>33
□□□□□□□□□ 中程の位置にいるおかげで捨て身の特攻に使われがち。
□□■□□□■□□ 天馬になるとおもしろい動きをみせるのだが
□□□□□□□□□ その姿を見ることはあまりなさそう。
□□□□□□□□□

【地龍】>13
□□□□□□□□□ 斜め後ろに走れる地龍。
□□□□□□□□□ ただそれがどうしたといわんばかりに一番後ろに居座る駒。
□□□□□□□□□ 彼の能力を活かす局面は果たして訪れるのであろうか。
□□■□□□■□□ 

【土将】>39
□□□□□□□□□ ……弱い。仲人>45と同じ能力。
□□■□□□■□□ なのに仲人と同じラインに配置してある。
□□□□□□□□□ 前から仲人>45、歩兵>45、刀兵>42、そして土将…。
□□□□□□□□□ なんだこのどうしようもない壁は。

89 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:54:48 ID:IlWfpJGe
【左将】>12 【右将】>11
□□□□□□□□□ 弱っ!もうちょっとこう頼れる将を登用できないものか。
□□□□□□□□□ 側近がこんな奴らでは国の将来は見えたも同然である。
□□□□□□□□□ 見ることはまずない左軍・右軍は「警笛鳴らせ」のような
□□□■□■□□□ 動きをする。

【熊兵】>38
□□□□□□□□□ ほぼ中央に位置する頼れる駒。よく走る。
□□□■□■□□□ 成りの強熊はすごいストレートな名前だが
□□□□□□□□□ 実際強いのだからしょうがない。
□□□□□□□□□

【豹兵】>39
□□□□□□□□□ 「(獣)+兵」の駒はなかなか使える。
□□□■□■□□□ というかみんな能力ほとんど同じだ。
□□□□□□□□□ 彼らは敵陣突破として初期から活躍が期待できそう。
□□□□□□□□□ ま、たいていそのまま帰ってこれないだろうけど。

【猪兵】>39
□□□□□□□□□ 上の熊兵や豹兵と能力が一緒。
□□■□□□■□□ 両隣のゴミのような土将>39、石将>39をしり目に
□□□□□□□□□ 頑張って欲しいところだ。
□□□□□□□□□ あと、よっぽどの事がない限り成る必要はないと思う。

【馬兵】>39
□□□□□□□□□ 熊兵>38や豹兵>39などとほとんど同じ能力。
□■□□□□□■□ でも豹や熊よりもこっちの方が少し強い。家畜なのに。
□□□□□□□□□ 前にいる炮兵>42や斜め前の龍馬>44と一緒に運用
□□□□□□□□□ したいところだ。

90 :名無し名人:2006/11/09(木) 21:59:03 ID:IlWfpJGe
【牛兵】>39
□□□□□□□□□ 能力は馬兵と同じだ。さすがに作り手の手抜き度が
□□■□□□■□□ ここいらで見受けられてしまう。もう同じ駒でいいじゃん。
□□□□□□□□□ それにもう書くことがないよ。B・S・E!B・S・E!
□□□□□□□□□

【横兵】>40
□□□□□□□□□ その名の通り横に強い横兵。
■□□□□□□□■ 前に2歩進めるところが意外と使えるかもしれない。
□□□□□□□□□ 「よこはま」じゃないので間違えないように。
□□□□□□□□□

【左車】・【右車】>44
■□□□□□□□■ 前方と中央方面に走れる左車・右車。
□□□□□□□□□ 随分偏った動き方だが配置場所のおかげで
□□□□□□□□□ よい働きが期待できる。成ると奇怪さが増して
□□□□□□□□□ さらに変な方向に走るようになる。ちょっと考えものだ。

【土車】>37
□□□□□□□□□ 前後に走れて、左右にもちょこっと動ける土車。
■□□□□□□□■ 成ってもまあ大した魅力のない車。
□□□□□□□□□ そもそも土の車ってどんな車なんだ。
□□□□□□□□□ かちかち山のタヌキが乗ってるのか。

【瓦車】>34
□□□□□□□□□ 土車と同じような使われ方になると思われる瓦車。
■□□□□□□□■ 「瓦」かよ…これもなんとも想像しがたい車である。
□□□□□□□□□ いや、これは「瓦斯」の意味なのだ。
□□□□□□□□□ ガソリン車なんだ、そうに決まっている。

91 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:01:39 ID:IlWfpJGe
【弩兵】>44
□■□□□□□■□ 弓兵>41をそのままパワーアップさせたような強さの弩兵。
□□□□□□□□□ 弓兵と違って前に走れるところが大きい。
□□□□□□□□□ 成ると自陣に帰れるようにもなるし大事に使いたいところだ。
□□□□□□□□□

【炮兵】>42
□■□□□□□■□ 弓兵>41や弩兵>44なんかと動きが似ている。
□□□□□□□□□ しかし鉄炮持ちであるこの炮兵がなぜか弩兵よりも弱いのは
□□□□□□□□□ 納得のいかないところがある。お前の力はそんなものか?
□□□□□□□□□

【騎兵】>37
□□□□□□□□□ 前方3方向に走れる駒。後方の白駒>31と共に中央突破を
■□□□□□□□■ めざそう。成ると騎士になってちょうど金が走るような動きを見せる。
□□□□□□□□□ チェスのナイトとは動きが違うのはなんとなく残念だ。
□□□□□□□□□

【竪兵】>40
□□□□□□□□□ 「竪」系は言うまでもなくタテの意味であって、すべからず
■□□□□□□□■ 前方につっこむ事が得意な奴らである。こいつもその一人で
□□□□□□□□□ とりあえず前に進むしかない。成って帰ってこれれば
□□□□□□□□□ 用途はかなり広がる事であろう。

【走車】>26
□□□□□□□□□ 前後にしか走れない駒が多い「車」系ながら前後左右に走れる駒。
□□□□□□□□□ しかしそういう動きの駒と言えば世間では飛車>27の方が圧倒的に有名だ。
□□□■□■□□□ 彼はこの戦いでライバル飛車に負けない活躍をして
□□□□□□□□□ 知名度あげる事が目標となろう。

92 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:02:48 ID:IlWfpJGe
【竪豹】>42
□□□■□■□□□ かなり前線に配置されているので、序盤での突撃死が
□□□□□□□□□ 期待される駒。成っても「フーン」程度の駒なので
□□□□□□□□□ 遠慮なくいこう。さあ遠慮なく。
□□□□□□□□□

【竪馬】>44
□■□□□□□■□ やはり特徴は前に進めるという事。
□□□□□□□□□ 成って龍馬になるのもいいが、後ろにいる
□□□□□□□□□ 前旗>40を活かすために前進してそのまま
□□□□□□□□□ お亡くなりになられる、そんな人生も悪くない。

【竪狗】>44
□■□□□□□■□ 犬>45の後ろに位置している狗。犬同士協力して
□□□□□□□□□ 棒犬戦法で攻めるのも一つの手だ。(?)
□□□□□□□□□ 成ると中途半端さが目に染みる豹王になる。
□□□□□□□□□

【竪行】>44
■□□□□□□□■ 他の将棋でも度々顔を見せるまあまあ名の知れた駒。
□□□□□□□□□ 「竪」系で唯一後ろにも走れる。
□□□□□□□□□ しかし能力的にイマイチである上に
□□□□□□□□□ 隅っこにいるので活躍するのにも一苦労だ。

【横蛇】>16
□□□□□□□□□ 左右のフットワークに優れる「横」系。
□□□□□□□□□ 横行>30、横兵>40、そしてこの横蛇>16と
□□□□□□□□□ 強くなっていく。まあこの大局将棋内で1歩程度の
□□■□□□■□□ 力の差でいい気になってもらっては困るのだが。

93 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:03:19 ID:IlWfpJGe
【横猪】>23
□□□□□□□□□ 一応全方向に動けるので「横」系では優秀な駒として
□□□□□□□□□ 認めてもよいと思われる横猪。しかし猪突猛進という言葉も
□□■□□□■□□ ある通り残念ながらこの動きでは猪のイメージにはそぐわない。
□□□□□□□□□

【横狼】>26
□□□□□□□□□ 横牛>34と動きが左右逆である。成れば確かに
□□□□□□□□□ 強くなるのだが手数がかかりまくって割にあわない。
□■□□□□□■□ そんな事をしている暇があったら英単語の一つでも
□□□□□□□□□ 覚えたほうがマシである。

【横行】>30
□□□□□□□□□ 中衛の端の方に横牛>34、この横行>30、横狼>26と
□□□□□□□□□ 「横」系が3駒ナナメに配置されている。これらで侵入者
□■□□□□□■□ に対し側方から迎撃したいところだが、そのためにはやはり
□□□□□□□□□ 少々中央に寄せておく必要があるかもしれない。

【横飛】>36
□□□□□□□□□ 「横」系で最も前線近くに配置されている横飛。
□□■□□□■□□ この駒はやっぱり「よこっとび」と読むのであろうか。
□□□□□□□□□ 前には進めないがまあ進める方向は多いのでとりあえず
□□□□□□□□□ 邪魔になることはなさそうだ。

【横猿】>44
■□□□□□□□■ やはり横に走るしか能がない。
□□□□□□□□□ しかし両端ながらも歩のすぐ後ろに配置されているため
□□□□□□□□□ 少々前に出れば中央へのアプローチも可能である。
□□□□□□□□□

94 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:03:58 ID:IlWfpJGe
【麟師】>18
□□□□□□□□□ 鳳師>18と能力が似ているが跳べる方向がやや異なる。
□□□□□□□□□ 防衛戦に使われると思われるので前に跳んで
□□□□□□□□□ 後ろに跳び戻れるこの駒の方が使い勝手がいいのかもしれない。
□□□□■□□□□ まあ実際どうなのかは誰も知らないわけだが…。

【白虎】>14
□□□□□□□□□ 正直動きが複雑すぎてこの動きはなかなか
□□□□□□□□□ 覚えにくいものがある。相当期間は左ナナメ前へ
□□□□□□□□□ のヒモとして初期位置に置きっぱなしとなるだろう。
□□□□□□□□■ 知名度のある駒名のわりにはさびしい人生だ。

【玄武】>14
□□□□□□□□□ どうにも使いづらいという印象が先行する四神の玄武。
□□□□□□□□□ この駒もやはり右ナナメ前への牽制として鎮座されて
□□□□□□□□□ いる事であろう。いや、やはり神様は自ら戦いには赴かず
■□□□□□□□□ 後方で見守っているのが本来の役目なのだろうな。

【青龍】>37
□□□□□□□□□ 四神で唯一前に走れるなかなか攻撃的な駒。
■□□□□□□□□ 位置的にも能力的にも左車>44と似ているものがある。
□□□□□□□□□ 成りは神龍だが、残念ながら誰かが生き返るという事はない。
□□□□□□□□□

【朱雀】>37
□□□□□□□□□ 玄武>14を左右逆にしたような能力の朱雀であるが
□□□□□□□□■ 前線におかれている上、中央方面への攻撃が可能なので
□□□□□□□□□ 出番は早い。成りも期待できないので捨て駒が妥当なところか。
□□□□□□□□□ 戦場で勝利をつかむためには多少ばちあたりな行動も必要だ。

95 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:06:55 ID:IlWfpJGe
【金剛】>15
□□□□□□□□□ 四天の一人。正直物足りない強さだ。
□□□□□□□□□ 裏に共通の「四天」を持つ4駒。コンセプト
□□□□□□□□□ としてはおもしろいだけに非常に惜しい存在だ。
□□□□□■□□□ もっと強ければ主役をはれたであろう。

【夜刄】>15
□□□□□□□□□ 四天の一人。なんとも形容しがたい動かし方。
□□□□□□□□□ みんなが「ホントは夜叉だろ…」と思う駒名。
□□□□□□□□□ 江戸時代の製作者も日ペンで学習していれば
□□□□□■□□□ こんな事態にはならなかったはず。

【羅刹】>15
□□□□□□□□□ 四天の一人。インドの神様である。
□□□□□□□□□ …はずだが弱い。位置的に攻めに回るわけにも
□□□□□□□□□ いかないので使い道に困る。
□□□■□□□□□

【走熊】>15
□□□□□□□□□ 前へ進むもよし中央へ寄って防衛もよし。
□□□□□□□□□ しかしどちらにしろ出番は終盤に限られる。
□□□□□□□□□ 成りも含めるとやはり竪行>44と
□□□■□■□□□ 能力的に似ているものがある。

【走虎】>16
□□□□□□□□□ 隣の走熊>15と能力が同じである。
□□□□□□□□□ この駒はとりあえず成りをお勧めしたい。
□□□□□□□□□ 成りの奔虎は大切な何かが足りないが
□□□■□■□□□ まあ使える事はまちがいない。

96 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:10:04 ID:IlWfpJGe
【山鷹】>26
□□□□□□□□□ 「鷹」系強いワァ*・゚・.。(n'∀')η゚・*。゜・
□□□□□□□□□ 製作者は鷹好きに違いない。
□■□□□□□■□ 前方だけならジャンプも出来るし
□□□□□□□□□ 使って損はない。

【仲人】>45
□□■□□□■□□ 無慈悲な場所に配置されている悲劇の駒。
□□□□□□□□□ 白旗を持って敵地に書簡を届けたりするような
□□□□□□□□□ 役目の人間と思われる。それにしては足も遅いし
□□□□□□□□□ 敵も遠慮なく襲ってくるし一体なんなんだろう。

【猛熊】>34
□□□□□□□□□ 戦場を微妙な戦力で暴れ回る熊。
□■□□□□□■□ しかし弱いねえ、赤カブトを見習いなさいよ。
□□□□□□□□□ これも「猛」系の悲しいサガか。
□□□□□□□□□ 

97 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:12:38 ID:IlWfpJGe
以上>86-96、下記レスの修正分。

>49 >51 >52 >57 >58
>61 >67 >68 >71 >73 >85
↑これらはすっきりあぼーん推奨

98 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:13:09 ID:IlWfpJGe
説明完了
さあ指すぞ

99 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:13:48 ID:IlWfpJGe
1−60手目
▲ 2二五歩兵( 2二六) △36一二歩兵(36一一) ▲18二五歩兵(18二六) △36一一横猿(35一〇)
▲16二四狛犬(19二七) △35一二横猿(36一一) ▲32二五歩兵(32二六) △36一三横猿(35一二)
▲21二四吼犬(18二七) △ 8一二歩兵( 8一一) ▲24二五歩兵(24二六) △ 8一一竪馬( 7一〇)
▲30二四 犬(31二五) △ 7一二竪馬( 8一一) ▲ 7二五歩兵( 7二六) △35一二歩兵(35一一)
▲21二五歩兵(21二六) △ 3一二歩兵( 3一一) ▲31二五歩兵(31二六) △ 2一二飛牛( 4一〇)
▲ 3二五歩兵( 3二六) △ 3一三歩兵( 3一二) ▲ 3二四歩兵( 3二五) △ 4一二歩兵( 4一一)
▲ 5二五歩兵( 5二六) △12一二歩兵(12一一) ▲ 1二五歩兵( 1二六) △ 3一四歩兵( 3一三)
▲ 8二五歩兵( 8二六) △ 5一二歩兵( 5一一) ▲ 8二四歩兵( 8二五) △ 9一二山将( 6 九)
▲ 7二四歩兵( 7二五) △ 6 九竪狗( 6一〇) ▲ 7二三歩兵( 7二四) △ 5一三 犬( 6一二)
▲ 7二四 犬( 6二五) △12一一刀兵(11一〇) ▲10二五歩兵(10二六) △13一二刀兵(12一一)
▲ 8二三歩兵( 8二四) △ 2一三弩兵( 5一〇) ▲ 1二六横猿( 2二七) △ 4一三歩兵( 4一二)
▲ 4二五歩兵( 4二六) △ 7一七飛牛( 2一二) ▲ 3二一龍馬( 9二七) △ 7一三飛牛( 7一七)
▲ 8二二歩兵( 8二三) △ 3一一横猿( 2一〇) ▲ 8二三 犬( 7二四) △ 1一二歩兵( 1一一)
▲ 7二二歩兵( 7二三) △ 1一一左車( 1一〇) ▲ 6二五歩兵( 6二六) △ 4一二横猿( 3一一)
▲ 9二五歩兵( 9二六) △ 6一四 犬( 5一三) ▲ 9二四歩兵( 9二五) △ 8一三歩兵( 8一二)


100 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:15:23 ID:IlWfpJGe
61−120手目
▲ 9二三歩兵( 9二四) △ 5一三横猿( 4一二) ▲ 9二二歩兵( 9二三) △ 4一四横猿( 5一三)
▲ 9二四狛犬(16二四) △ 5一五 犬( 6一四) ▲ 9二三弩兵( 5二七) △35一四横猿(36一三)
▲ 4二四歩兵( 4二五) △12一三刀兵(13一二) ▲ 3二五山将( 6二八) △35一三歩兵(35一二)
▲ 5二四歩兵( 5二五) △ 4一二風将( 4 九) ▲ 5二五川将( 5二八) △11一四刀兵(12一三)
▲ 6二八登猿( 6二九) △14一二歩兵(14一一) ▲ 6二四歩兵( 6二五) △13一二歩兵(13一一)
▲ 6二三歩兵( 6二四) △16一二歩兵(16一一) ▲31二四歩兵(31二五) △16一三 犬(15一二)
▲10二四歩兵(10二五) △14一三弓兵(17一〇) ▲ 4二五車兵( 1二八) △11一三仲人(11一二)
▲10二三歩兵(10二四) △11一二歩兵(11一一) ▲11二四仲人(11二五) △12一五刀兵(11一四)
▲ 6二九飛猫( 6三二) △ 5一三歩兵( 5一二) ▲11二五歩兵(11二六) △ 5一二川将( 5 九)
▲ 4二三歩兵( 4二四) △ 5 九竪兵( 3 九) ▲ 5二三歩兵( 5二四) △11一〇土将(11 九)
▲11二三仲人(11二四) △11一一土将(11一〇) ▲ 5二七登猿( 6二八) △11一〇牛車(11 八)
▲12二五歩兵(12二六) △11 八飛龍( 9 六) ▲ 8二四炮兵( 8二七) △ 6一三竪馬( 7一二)
▲ 8二五馬兵( 8二八) △11一四仲人(11一三) ▲ 5二六登猿( 5二七) △11一三歩兵(11一二)
▲ 6二二歩兵( 6二三) △11一二土将(11一一) ▲ 6二四川将( 5二五) △11 九龍王(10一〇)
▲ 5二五登猿( 5二六) △11一一木将( 9 九) ▲ 6二八猫刄( 7二九) △ 9一三木将(11一一)

101 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:15:57 ID:IlWfpJGe
120−180手目
▲ 5二四登猿( 5二五) △11一五木将( 9一三) ▲ 8二八猛熊( 6三〇) △35一一横兵(35 九)
▲ 6二三登猿( 5二四) △35一二横兵(35一一) ▲ 7二六木将( 9二八) △ 6一二竪馬( 6一三)
▲10二六猛熊( 8二八) △ 4一五龍馬( 9一〇) ▲ 6三〇水牛( 6三一) △33一二横兵(35一二)
▲ 9二七水牛( 6三〇) △18一二歩兵(18一一) ▲ 5二四木将( 7二六) △21一四熊兵(16 九)
▲10二四吼犬(21二四) △ 7二八熊兵(21一四)成▲ 7二八牛兵(10二八) △17一〇鉄将(17 九)
▲ 9二六龍王(10二七) △16一一鉄将(17一〇) ▲ 8二八燕羽( 8二九) △ 3一五横猿( 4一四)
▲ 6二六飛猫( 6二九) △ 4一六横猿( 3一五) ▲ 6二九狗将( 6三三) △33一四横兵(33一二)
▲12二四歩兵(12二五) △ 3一五歩兵( 3一四) ▲ 6三〇嗔猪( 7三〇) △15一二鉄将(16一一)
▲ 5三二横狼( 4三二) △17 九臥龍(17 八) ▲ 7二九豚将( 4三三) △25一二角鷹(25一〇)
▲12二五豚将( 7二九) △14一一竪豹(15一〇) ▲ 4三三角将( 5三四) △21一二歩兵(21一一)
▲ 9二八角将( 4三三) △ 8一二飛牛( 7一三) ▲ 6二五角将( 9二八) △26一三仲人(26一二)
▲ 5三四雨龍( 6三五) △27一二歩兵(27一一) ▲ 6三三雨龍( 5三四) △34一二歩兵(34一一)
▲15二二豚将(12二五) △ 4一四歩兵( 4一三) ▲ 4三三角行( 3三二) △25一〇石将(24 九)
▲14二三角行( 4三三) △27一一刀兵(26一〇) ▲ 5三四飛燕( 4三五) △26一〇土将(26 九)
▲ 4三三飛燕( 5三四) △ 5一五 犬( 5一四) ▲13二四飛燕( 4三三) △ 6一六 犬( 5一五)

102 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:27:24 ID:IlWfpJGe
181−240手目
▲13二五歩兵(13二六) △28一二刀兵(27一一) ▲12二五天狗( 7三六) △26一四仲人(26一三)
▲14二五歩兵(14二六) △17一二歩兵(17一一) ▲14二四歩兵(14二五) △27一三刀兵(28一二)
▲ 5三四走兎( 3三六) △28一二歩兵(28一一) ▲ 4三三走兎( 5三四) △28一一炮兵(28一〇)
▲11二六走兎( 4三三) △13一三歩兵(13一二) ▲ 4三三走狼( 4三四) △24 九猪兵(25 九)
▲10二七走狼( 4三三) △13一四弓兵(14一三) ▲ 9二八走鹿( 3三四) △13一七木将(11一五)
▲10二五猛熊(10二六) △11一四仲人(11一三) ▲12二三猛熊(10二五) △13一二竪豹(14一一)
▲10二二歩兵(10二三) △12一三竪豹(13一二) ▲ 9二一歩兵( 9二二) △ 3一六龍馬( 4一五)
▲10二五天狗(12二五) △ 3三二角将(32 三) ▲ 3三二奇犬( 3三一) △31 四飛将(31 三)
▲12二三飛燕(13二四) △27 八盲猿(28 八) ▲12二五走兎(11二六) △ 4一五龍馬( 3一六)
▲ 7二八竪狗( 6二七) △17 八猛狼(16 七) ▲ 4三一桂馬( 3三三) △16 九猛狼(17 八)
▲19二七鉄将(20二八) △16一〇猛狼(16 九) ▲18二七鉄将(17二八) △16一一猛狼(16一〇)
▲18二六鉄将(19二七) △12一四竪豹(12一三) ▲ 2二四歩兵( 2二五) △11一四山将( 9一二)
▲10二六刀兵(11二七) △17 八摩羯(17 六) ▲ 9二五刀兵(10二六) △ 8一七山将(11一四)
▲ 1二四飛牛( 4二七) △15一〇豹兵(14 九) ▲ 7一七龍馬( 3二一) △ 4一三弩兵( 2一三)
▲ 4二四山将( 3二五) △ 9一六横猿( 4一六) ▲12二二龍馬( 7一七) △32一六横兵(32一四)

103 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:27:57 ID:IlWfpJGe
241−300手目
▲10二八盲猿( 9二九) △ 9一〇馬兵( 8 九) ▲ 5二八鴟行( 5二九) △ 5一四馬兵( 9一〇)
▲ 5二九桂馬( 4三一) △11二〇山将( 8一七) ▲11二〇角行(14二三) △ 1二四豹兵(15一〇)
▲ 1二四歩兵( 1二五) △11二〇馬兵( 5一四) ▲11一八豚将(15二二) △ 8二三馬兵(11二〇)
▲ 8二三炮兵( 8二四) △25二二角鷹(25一二) ▲15二二走兎(11二六) △11一六刀兵(12一五)
▲11二二龍馬(12二二) △33一四角鷹(25二二) ▲27二五歩兵(27二六) △10一七刀兵(11一六)
▲11二〇豚将(11一八) △23一二歩兵(23一一) ▲19二五歩兵(19二六) △26 九横飛(25 八)
▲26二四仲人(26二五) △14一三歩兵(14一二) ▲ 2二五横猿( 1二六) △26二四角鷹(12一〇)
▲ 1二三歩兵( 1二四) △ 3一四弩兵( 4一三) ▲ 1二四右車( 1二七) △ 7一八 犬( 6一七)
▲25二五角鷹(25二七) △12一〇角鷹(26二四) ▲23二五歩兵(23二六) △23一三 犬(22一二)
▲23二六竪豹(22二七) △25一〇横飛(26 九) ▲23二四歩兵(23二五) △24一一横飛(25一〇)
▲23二五竪豹(23二六) △25一二横飛(24一一) ▲24二四竪豹(23二五) △24一四 犬(23一三)
▲24二三龍馬(28二七) △28一四角鷹(33一四) ▲25二四馬兵(29二八) △24一一横飛(25一二)
▲27二六龍王(27二七) △27一五角鷹(28一四) ▲26二五龍王(27二六) △25 九猪兵(24 九)
▲22二七熊兵(21二八) △11一六横兵(32一六) ▲ 3二三歩兵( 3二四) △ 3一二竪行( 3一〇)
▲27二四龍王(24二五) △12一五角鷹(27一五) ▲26二三龍王(27二四) △ 2一二竪行( 3一二)

104 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:28:32 ID:IlWfpJGe
301−360手目
▲ 3二五横猿( 2二六) △ 7一〇角鷹(12一五) ▲25二三竪豹(24二四) △23一一飛鷲(24一〇)
▲30一七龍馬(24二三) △24一〇鎗兵(23一〇) ▲25二二龍王(26二三) △25一〇鎗兵(24一〇)
▲15二一走兎(15二二) △24一三歩兵(24一二) ▲24一一飛燕(12二三) △26一二龍馬(28一〇)
▲ 8二七走鹿( 9二八) △26 九土将(26一〇) ▲25一三龍王(25二二) △25一二歩兵(25一一)
▲25一〇飛燕(24一一)成△25一〇龍王(27一〇) ▲25一〇走鹿( 8二七)成△25一〇猪兵(25 九)
▲25一二龍王(25一三) △25一二龍馬(26一二) ▲25一二龍馬(30一七) △22一二弓兵(20一〇)
▲16二一熊兵(22二六) △23一〇瓦将(22 九) ▲17二〇龍馬(25一二) △17二〇角鷹( 7一〇)
▲17二〇熊兵(16二一) △25一六横兵(11一六) ▲25二七猪兵(25二八) △25一一豹兵(23 九)
▲ 9二八水牛( 9二七) △23 九熊兵(21 九) ▲ 3三四火鬼( 5三六) △24一一瓦将(23一〇)
▲22二四猪兵(25二七) △26一〇土将(26 九) ▲24二二猪兵(22二四) △16一三 犬(16一二)
▲13二四龍馬(11二二) △25 九牛兵(27 九) ▲24二四角鷹(25二五) △21 九蟠蛇(21 八)
▲24一四猪兵(24二二) △24一四馬兵(29 九) ▲24一四角鷹(24二四) △25一三豹兵(25一一)
▲31二一角鷹(24一四) △25一一熊兵(23 九) ▲24二六鎗兵(24二七) △ 8一一牛兵(10 九)
▲17二一熊兵(17二〇) △17二一豹兵(25一三) ▲17二一角鷹(31二一) △25一三熊兵(25一一)
▲17二三角鷹(17二一) △ 6一三川将( 5一二) ▲25二六鎗兵(24二六) △14 九老鼠(14 八)

105 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:29:04 ID:IlWfpJGe
361−420手目
▲ 7三六森鬼( 7三五) △ 6一六川将( 6一三) ▲ 6二七桂馬( 5二九) △14一二鎗兵(14一〇)
▲14二六竪豹(15二七) △14一〇瓦将(15 九) ▲16二五歩兵(16二六) △29 九猫刄(30 八)
▲ 4三一踊鹿( 5三一) △28一〇猫刄(29 九) ▲ 5二九鶏将( 5三三) △29 九猛熊(31 七)
▲ 6二九鴟行( 5二八) △30 五水牛(31 六) ▲ 5三四飛将( 6三四) △ 5一五飛牛( 8一二)
▲ 5二五鶏将( 5二九) △28 八飛猫(31 五) ▲31二三歩兵(31二四) △26 九盲猿(27 八)
▲ 5二六飛将( 5三四) △27一〇盲猿(26 九) ▲ 2二六飛将( 5二六) △ 2一四弩兵( 3一四)
▲10二一炮兵( 8二三) △ 7一二牛兵( 8一一) ▲11二二豚将(11二〇) △ 7一七川将( 6一六)
▲31二二歩兵(31二三) △ 3 九青龍( 2 八) ▲ 5二七飛猫( 6二六) △25 八古猿(26 七)
▲17二五歩兵(17二六) △32 三走狼(33 三) ▲17二四歩兵(17二五) △31 七飛将(31 四)
▲19二一角鷹(17二三) △31 四右虎(30 三) ▲14二五竪豹(14二六) △26 七毒蛇(27 六)
▲17二六飛将( 2二六) △17 六大龍(16 五) ▲17一四飛将(17二六) △ 2二四弩兵( 2一四)
▲2 二四横猿( 3二五) △ 2二四竪行( 2一二) ▲2 二四飛猫( 5二七) △ 8一二炮兵( 8一〇)
▲36一四飛将(17一四) △16一七弓兵(13一四) ▲36一五飛将(36一四) △ 2一八飛牛( 5一五)
▲ 2二六横兵( 2二八) △ 2一三龍馬( 4一五) ▲ 2二八竪兵( 3二八) △ 6一九 犬( 7一八)
▲10二六横兵( 2二六) △ 4一一龍馬( 2一三) ▲ 3二五飛猫( 2二四) △ 1一九飛牛( 2一八)

106 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:29:45 ID:IlWfpJGe
421−480手目
▲26二五飛鷲(24二七) △28 七雲龍(26 五) ▲ 4二七朱雀( 2二九) △ 2 八瓦車( 1 七)
▲ 2二七竪行( 3二七) △ 3一一青龍( 3 九) ▲ 2二九土車( 1二九) △29 六雲龍(28 七)
▲ 2一九竪行( 2二七) △ 1一八飛牛( 1一九) ▲36一八飛将(36一五) △ 3一〇龍馬( 4一一)
▲ 2一八竪行( 2一九) △ 5一四飛牛( 1一八) ▲24二四馬兵(25二四) △36一三飛牛(33一〇)
▲34一八飛将(36一八) △26一四熊兵(25一三) ▲26一四角鷹(19二一) △26一四刀兵(27一三)
▲24二三竪豹(25二三) △28 七金鹿(25 四) ▲ 9二六走狼(10二七) △31 三雨龍(31 二)
▲30二三 犬(30二四) △36一六横兵(25一六) ▲28二三弩兵(32二七) △34一三歩兵(34一二)
▲34一七飛将(34一八) △36一七横兵(36一六) ▲34二四飛将(34一七) △17一三歩兵(17一二)
▲20二八臥龍(20二九) △17一二吼犬(19一〇) ▲29二五歩兵(29二六) △28二三吼犬(17一二)
▲ 3二二歩兵( 3二三) △30二三吼犬(28二三) ▲27二六牛兵(27二八) △30一七吼犬(30二三)
▲23二六鵬師(19三〇) △35 九竪兵(34 九) ▲25二七石兵(24二八) △32一二歩兵(32一一)
▲19三〇摩羯(20三一) △32一三 犬(31一二) ▲15二六奔鷲(18二九) △ 9一二歩兵( 9一一)
▲18二九臥龍(17二九) △16一三鉄将(15一二) ▲16二六弓兵(17二七) △17一四歩兵(17一三)
▲17一九隠狐(17三〇) △12一八竪豹(12一四) ▲19二一隠狐(17一九) △17一七吼犬(30一七)
▲17一七馬兵(24二四) △17一七弓兵(16一七) ▲ 3二一歩兵( 3二二) △ 7一八川将( 7一七)

107 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:36:14 ID:IlWfpJGe
481−540手目
▲ 7一八炮兵(10二一) △ 7一八牛兵( 7一二) ▲ 7一八豚将(11二二) △ 7一三炮兵( 8一二)
▲10一五豚将( 7一八) △10一六刀兵(10一七) ▲34一六飛将(34二四) △36一六横兵(36一七)
▲34二四飛将(34一六) △10一五刀兵(10一六) ▲17一七鉤行(17三一) △11一七炮兵( 7一三)
▲11一五鉤行(17一七) △12一七炮兵(11一七) ▲31二一歩兵(31二二) △10一二前旗( 7 九)
▲34一七飛将(34二四) △10一四刀兵(10一五) ▲ 7一一鉤行(11一五) △ 7 九龍王(11 九)
▲23二一鉤行( 7一一) △36一七横兵(36一六) ▲36一七牛兵(27二六) △ 7二一龍王( 7 九)
▲17三一鉤行(23二一) △36一七飛牛(36一三) ▲36一七飛将(34一七) △13一八炮兵(12一七)
▲ 1一七飛将(36一七) △ 7一五前旗(10一二) ▲ 1二二飛将( 1一七) △25一二瓦将(24一一)
▲11二六奔鷲(15二六) △ 9二六猪兵(25一〇)成▲ 9二六刀兵( 9二五) △26 九牛兵(25 九)
▲10二五馬兵( 8二五) △10二五牛兵(27 九)
▲10二五奔鷲→11二六奔鷲(11二六) △24一一隠狐(20 七)
▲24一一竪豹(24二三)成△24一一小亀(19 六) ▲ 7二九飛龍( 9三一) △17一八小亀(24一一)
▲17二五弓兵(16二六) △17一五前旗( 7一五) ▲ 5三二飛車( 4三二) △18一三狛犬(18一〇)
▲21二八金翅(17三二) △ 4一一騎兵( 4 八) ▲30一九金翅(21二八) △23一二金鹿(28 七)
▲30一八金翅(30一九) △34 九騎兵(33 八) ▲32一六金翅(30一八) △13二〇炮兵(13一八)
▲20 六金翅(32一六)成△20 六金翅(20 五) ▲ 9二五狛犬( 9二四) △18二五炮兵(13二〇)
▲15二六鉤行(17三一) △17二五炮兵(18二五) ▲17二五豹兵(15二七) △ 6一三飛牛( 5一四)


108 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:37:55 ID:IlWfpJGe
541−600手目
▲15二六鉤行(17三一) △17二五炮兵(18二五) ▲17二五豹兵(15二七) △ 6一三飛牛( 5一四)
▲17一八豹兵(17二五) △17一八前旗(17一五) ▲17一八林鬼(17三三) △17一八金鹿(23一二)
▲17二九中師(18三〇) △26一七騎兵(34 九) ▲29二八飛鷲(26二五) △24一九騎兵(26一七)
▲12一八走兎(15二一) △18一七金鹿(17一八) ▲26二五歩兵(26二六) △15一二鎗兵(14一二)
▲12二六飛鷲(13二七) △31一四炮兵(28一一) ▲28二七炮兵(29二七) △26 五獅子(24 四)
▲31二四竪狗(31二七) △14二一金鹿(18一七) ▲ 5二六飛車( 5三二) △20二七金鹿(14二一)成
▲20二七臥龍(20二八) △17二四飛牛( 6一三) ▲17二八熊兵(16二八) △27一四飛牛(17二四)
▲ 1一九飛将( 1二一) △ 4一三摩羯(17 八) ▲ 9二二弩兵( 9二三) △18二五騎兵(24一九)
▲12一九走兎(12一八) △14二一雲龍(29 六) ▲18二五鉄将(18二六) △18二五朱雀(35 八)
▲19二六臥龍(20二六) △12一九騎兵( 4一一) ▲19一九飛将( 1一九) △19 六猛龍(21 四)
▲18 七右車( 1二四)成△18 七大龍(17 六) ▲12二五角鷹(12二七) △19一五弓兵(22一二)
▲35一九飛将(19一九) △19二〇弓兵(19一五) ▲35二一飛将(35一九) △35二一金翅(20 六)
▲ 8一三摩羯(19三〇) △ 7一四龍馬( 3一〇) ▲ 7二〇摩羯( 8一三) △ 7二〇摩羯( 4一三)
▲ 7二〇弩兵( 9二二) △19二一弓兵(19二〇) ▲ 7一四弩兵( 7二〇) △ 7一四雲龍(14二一)
▲20二七隠狐(20三〇) △ 4一一青龍( 3一一) ▲21二八小亀(18三一) 、△ 8一四角鷹(12一〇)

109 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:38:35 ID:IlWfpJGe
601〜650手目
▲20二九猛狼(21三〇) △19二五弓兵(19二一) ▲19二六臥龍(19二七) △27一七飛牛(27一四)
▲17二〇鉤行(15二六) △19二六弓兵(19二五)成▲19二六鉄将(18二七) △15二九飛牛(27一七)成
▲15二九猛鹿(15三〇) △35一四金翅(35二一) ▲19三〇大龍(21三二) △16一九水牛(30 五)
▲20二〇鉤行(17二〇) △11一一金翅(17 五) ▲ 3一五鉤行(20二〇) △ 3一〇竪兵( 5一〇)
▲17二一鉤行( 3一五) △14二一水牛(16一九) ▲16二一豹兵(23二八) △ 8一五水牛(14二一)
▲18二五鉄将(19二六) △22一二大旗(19 九) ▲24一八飛牛(33二七) △17一七大旗(22一二)
▲17二〇豹兵(16二一) △13二一大旗(17一七) ▲13二一吼犬(10二四) △23一二歩兵(23一一)
▲18二四飛牛(24一八) △18二四狛犬(18一三) ▲18二四鉄将(18二五) △20二七水牛( 8一五)成
▲20二七大師(19二八) △20二七雲龍( 7一四)成▲20二七小亀(21二八) △20二七青龍( 4一一)成
▲20二七獅鷹(19二九) △17 八隠狐(17 七) ▲19二九大龍(16三二) △17 七大鹿(15 五)
▲19二六熊兵(17二八) △17 八大鹿(17 七) ▲20一四吼犬(13二一) △18一一大師(18 九)
▲23一一吼犬(20一四)成△23一一竪豹(22一〇) ▲ 7二五桂馬( 6二七) △16 七孔雀(14 三)
▲17三一大鹿(17三三) △ 9二六右虎(31 四)


110 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:39:06 ID:IlWfpJGe
651〜700手目
▲ 9二六横兵(10二六) △14二一走狼(32 三)
▲14二一熊兵(19二六) △14二一飛燕(33 二) ▲21二六獅鷹(20二七) △10一五隠狐(17 八)
▲18二三鉄将(18二四) △19一二大師(18一一) ▲18二六大旗(18二八) △32 三走鹿(34 三)
▲21二八蟠蛇(21二九) △ 9一三金翅(11一一) ▲14二六鉤行(17二一) △10二二隠狐(10一五)
▲16二四歩兵(16二五) △ 9二一隠狐(10二二) ▲12二二狛犬( 9二五) △ 8 九盲猿( 9 八)
▲20一四狛犬(12二二) △22一一方行(22 八) ▲17一一狛犬(20一四)成△18 九臥龍(17 九)
▲20一四大象(17一一) △17一五歩兵(17一四) ▲ 9二四桂馬( 8二六) △17一四大鹿(17三一)
▲20二〇大象(20一四) △23一四大鹿(17一四) ▲19二七中師(17二九) △17一四大師(19一二)
▲23一四豹兵(17二〇) △23一四歩兵(23一三) ▲19一四騎兵( 4二九) △19一四大師(17一四)
▲19一四中師(19二七) △13一九隠狐( 9二一) ▲16二四歩兵(16二五) △16 九孔雀(16 七)
▲ 5二八朱雀( 4二七) △21一四走鹿(32 三) ▲19二二中師(19一四) △ 3二一竪兵( 3 九)
▲ 3二八竪兵( 2二八) △17一四林鬼(17 四) ▲ 7二四竪馬( 7二七) △26一九炮兵(31一四)
▲31二六竪馬(30二七) △10 九猪兵(12 九) ▲ 4二九山鷹( 7三二) △33一四 犬(32一三)

111 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:40:42 ID:IlWfpJGe
701〜750手目
▲17二四大鹿(17三一) △ 5一四猪兵(10 九) ▲10二六猪兵(12二八) △15二〇走鹿(21一四)
▲20一四大象(20二〇) △23二二炮兵(26一九) ▲19二七獅鷹(21二六) △19一六走兎(34 一)
▲18二八臥龍(18二九) △ 7一五金翅( 9一三) ▲17二七獅鷹(19二七) △19二二走兎(19一六)
▲19二二鉄将(18二三) △12二〇走鹿(15二〇) ▲16二四 犬(15二五) △16二三飛燕(14二一)
▲16二三 犬(16二四) △18二六走鹿(12二〇)成
▲18二六→17二七獅鷹(17二七) △17 四火龍(16 三)
▲21二四 犬(22二五) △15一六林鬼(17一四) ▲20二八大龍(19二九) △17一四火龍(17 四)
▲ 8一四大象(20一四) △ 8一四金翅( 7一五) ▲19二七大龍(19三〇) △23二四林鬼(15一六)
▲23二八鵬師(23二六) △16三三金翅(35一四)成▲16三三禽曹(14三三) △20二七林鬼(23二四)成
▲19二四大鹿(17二四) △23二八炮兵(23二二)成▲23二八盲熊(24二九) △17二三隠狐(12一八)
▲15二五竪豹(14二五) △17二七隠狐(17二三)成▲17二七鉤行(14二六) △ 6一六金翅( 8一四)
▲17三三鉤行(17二七) △15二五鎗兵(15一二) ▲18二九鳳凰(16三一) △19二七右G(18二七)
▲19二七大龍(20二八) △15一六火龍(17一四) ▲14二八盲熊(13二九) △33 二火鬼(32 一)
▲16一七朱雀( 5二八) △15一四火龍(15一六)


112 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:46:01 ID:IlWfpJGe
751〜800手目
▲ 8一六大龍(19二七)  △ 9一三金翅( 6一六)  ▲16二八孔雀(14三四)  △19一六火鬼(33  二)
▲10一四大龍( 8一六)  △10一四火龍(15一四)  ▲10一四猪兵(10二六)  △22二六金翅( 9一三)成
▲23二七瓦将(22二八)  △22二九奔翅(22二六)  ▲22二九猛鹿(22三〇)  △ 9一三歩兵( 9一二)
▲10二四飛鷲(12二六)  △10一九猪兵( 5一四)  ▲10一九飛鷲(10二四)  △10一九孔雀(16  九)
▲10一九鉤行(17三三)  △15一二飛鷲(13一〇)  ▲15一八山鷹( 4二九)  △15二八鎗兵(15二五)成
▲15二八猛鹿(15二九)  △17一四飛鷲(15一二)  ▲ 7二〇角鷹(12二五)  △13二二火鬼(19一六)
▲ 3二一鉤行(10一九)  △ 3  九瓦車( 2  八)  ▲17三一鉤行( 3二一)  △ 6一〇竪狗( 6  九)
▲ 7一一角鷹( 7二〇)成△ 7  九竪狗( 6一〇)  ▲ 8一一大鷹( 7一一)  △15  四猛龍(16  四)
▲ 8一六大鷹( 8一一)  △18一三飛鷲(17一四)  ▲19一四朱雀(16一七)  △18一七飛鷲(18一三)
▲10一一猪兵(10一四)不成  △ 8一七大龍(18  七)
▲19二七大鷹( 8一六)  △16一一奔鷲(19  八)  ▲19  一大鷹(19二七)  △19  一玉将(18  一)
▲ 8二七角将( 6二五)  △18二七火鬼(13二二)成▲19二七大亀(19三一)  △18二二奔火(18二七)
▲18一五山鷹(15一八)  △23一二天狗(30  一)  ▲18一七山鷹(18一五)  △18一七奔火(18二二)


113 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:46:32 ID:IlWfpJGe
801〜850手目
▲20二一鉄将(19二二)   △19一四奔鷲→20一五奔鷲(16一一)
▲25一〇角将( 8二七)不成 △28一三副将(19 四)
▲19一一大鹿(19二四)成  △19一一中師(19 七)
▲19一一大亀(19二七)成  △ 5三六副将(28一三)成
▲ 5三六山鷲右( 6三六)  △21 八水将(23 六)
▲15二二奔鷲(11二六)   △12 九盲熊(13 八)
▲19 六霊亀(19一一)   △19 六大亀(18 六)
▲19二六飛車( 5二六)   △19一〇鉄将(20 九)
▲ 6三五森鬼( 7三六)   △ 9一〇盲猿( 8 九)
▲10一二猪兵(10一一)成  △ 5一七大将(18 四)
▲ 5三〇驢馬( 4三〇)   △18 四大将( 5一七)
▲32二七風将(33二八)   △ 9一六大亀(19 六)
▲12二二奔鷲(15二二)   △12一〇大将(18 四)
▲11二七盲猿(10二八)   △14 三羅刹(15 二)
▲20二七鳳凰(18二九)   △27一二前旗(30 九)
▲33二七騎兵(33二九)   △18一一鉄将(19一〇)
▲19一一飛車(19二六)成  △17一〇獅鷹(18 八)
▲19一七龍王(19一一)   △12一三大亀( 9一六)
▲12一七龍王(19一七)   △12一七大亀(12一三)
▲10二四奔鷲(12二二)   △ 4一三大龍( 8一七)
▲24一〇孔雀(16二八)成  △25一一瓦将(25一二)
▲18一四天狗(24一〇)   △16 四猛龍(15 四)
▲ 9二四副将(18三三)   △10一〇盲猿( 9一〇)
▲10二五副将( 9二四)   △34 一白虎(35 一)
▲ 8二五副将(10二五)   △17 九大龍(21 五)


114 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:47:03 ID:IlWfpJGe
851〜900手目
▲ 7三二獣吏( 9三四)   △21 四大鹿(22 四)
▲12二五水牛( 9二八)   △21一一孔雀(23 三)
▲15二九天狗(18一四)   △12一一大将(12一〇)
▲19二八猛牛(15三二)   △ 5一四歩兵( 5一三)
▲ 1二二車兵( 4二五)   △20 五林鬼(20 四)
▲10一三奔鷲(10二四)   △12一〇大将(12一一)
▲ 5一八水牛(12二五)   △ 7一二大亀(12一七)
▲20一三副将( 8二五)   △20一〇猛牛(15 五)
▲16一七副将(20一三)   △ 7一四大亀( 7一二)
▲ 9 七風馬( 9三〇)成  △ 9 七兵士( 9 五)
▲ 9 七中旗( 9三三)成  △ 9 七毒蛇(10 六)
▲ 9一二走狗( 9三五)   △ 7一一大亀( 7一四)
▲ 7一一天狗(15二九)   △ 7一一竪狗( 7 九)
▲10一一副将(16一七)成  △11 九盲虎(10 八)
▲ 5一一大将(10一一)   △15一〇獅鷹(17一〇)
▲14二〇大将( 5一一)   △17一六歩兵(17一五)
▲11二〇大将(14二〇)   △16 六猛龍(16 四)
▲ 4一八水牛( 5一八)   △ 4一八大将(12一〇)
▲ 4一八鉤行(17三一)   △ 3一九猛龍(16 六)
▲19一三騎兵(33二七)   △22一四孔雀(21一一)
▲19二七騎兵(19一三)   △19 六大鹿(21 四)
▲17三三火龍(16三四)   △19二七大鹿(19 六)成
▲19二七猛牛(19二八)   △12二八猛龍( 3一九)不成
▲13二九北狄(13三〇)   △ 3一九猛龍(12二八)不成
▲23一八森鬼( 6三五)   △15 九獅鷹(15一〇)


115 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:47:34 ID:IlWfpJGe
901〜
▲22一九山鷲右(5三六)   △14一四孔雀(22一四)
▲ 3一九山鷲右(22一九)  △ 3一九孔雀(14一四)
▲ 7二三竪馬( 7二四)   △12一四孔雀( 3一九)
▲10一一奔鷲(10一三)   △ 8 九大龍( 4一三)
▲ 9一〇走狗成(9一二)   △ 9 八鶏飛(10 七)
▲ 8 九奔豹( 9一〇)   △ 8 九猫刄( 7 八)
▲ 8一〇角将成(32三四)  △11二〇牛車(11一〇)
▲ 8一二霖鬼( 8一〇)
まで、915手をもって先手勝。

116 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:51:42 ID:IlWfpJGe
1手目〜50手目までの棋譜

▲16二四狛犬(19二七)   △21一二大師(18 九)
▲29二五歩兵(29二六)   △16一二大師(21一二)
▲33二四狛犬(16二四)   △12一二角鷹(12一〇)
▲14二五奔鷲(18二九)   △ 2二二角鷹(12一二)
▲ 3二五歩兵( 3二六)   △28一二歩兵(28一一)
▲27二五歩兵(27二六)   △28一一龍馬(28一〇)
▲15二四 犬(15二五)   △35一二歩兵(35一一)
▲26二四仲人(26二五)   △29一二歩兵(29一一)
▲33二五歩兵(33二六)   △32一四牛兵(27 九)
▲19二七獅鷹(19二九)   △33一二歩兵(33一一)
▲19二九中師(18三〇)   △33一三右車(36一〇)
▲36二四狛犬(33二四)   △36一〇車兵(36 九)
▲19二五獅鷹(19二七)   △33一一飛牛(33一〇)
▲20二五獅鷹(19二五)   △19一三吼犬(19一〇)
▲21二四吼犬(18二七)   △18一四大師(16一二)
▲18二五歩兵(18二六)   △ 8一二歩兵( 8一一)
▲19二七大旗(18二八)   △ 7一二龍馬( 9一〇)
▲20二三獅鷹(20二五)   △ 8一一牛兵(10 九)
▲20二四獅鷹(20二三)   △21二四牛兵( 8一一)
▲21二四 犬(22二五)   △20二四飛牛(33一一)
▲21二五歩兵(21二六)   △22二二飛牛(20二四)
▲27二六刀兵(26二七)   △12一二歩兵(12一一)
▲21二六竪豹(22二七)   △22一七飛牛(22二二)
▲15二五歩兵(15二六)   △ 6一三龍馬( 7一二)
▲25二五歩兵(25二六)   △12一一猪兵(12 九)

117 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:52:14 ID:IlWfpJGe
51手目〜100手目までの棋譜
▲18二四歩兵(18二五)   △18二一飛牛(22一七)
▲10二一奔鷲(14二五)   △16一二歩兵(16一一)
▲18二五小亀(18三一)   △18一七猪兵(12一一)
▲20二五小亀(18二五)   △18二四飛牛(18二一)
▲18二七鉄将(17二八)   △16一三 犬(15一二)
▲16二五歩兵(16二六)   △14一三弓兵(17一〇)
▲ 8二五歩兵( 8二六)   △18一二歩兵(18一一)
▲26二五刀兵(27二六)   △19一二熊兵(16 九)
▲15二六奔鷲(10二一)   △11一三仲人(11一二)
▲ 2二五飛牛( 4二七)   △ 8二二角鷹( 2二二)
▲ 7二五龍馬( 9二七)   △17一七猪兵(18一七)
▲18一四龍馬( 7二五)   △18一四飛牛(18二四)
▲36二三弩兵(32二七)   △35一一車兵(36一〇)
▲30二四 犬(31二五)   △29一三歩兵(29一二)
▲31二五歩兵(31二六)   △32一三 犬(31一二)
▲31二六竪馬(30二七)   △29一四歩兵(29一三)
▲34二五山将(31二八)   △29一三炮兵(29一〇)
▲36二五歩兵(36二六)   △29一二馬兵(29 九)
▲18三一隠狐(17三〇)   △ 5一三龍馬( 6一三)
▲18二六鉄将(18二七)   △14一二歩兵(14一一)
▲19二五歩兵(19二六)   △16一一竪豹(15一〇)
▲16二六竪豹(15二七)   △17一四 犬(16一三)
▲18二五弓兵(20二七)   △17一二竪豹(16一一)
▲32二七風将(33二八)   △15一〇豹兵(14 九)
▲30二三猪兵(25二八)   △20一二熊兵(19一二)

118 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:53:00 ID:IlWfpJGe
101手目〜150手目までの棋譜
▲20二三 犬(21二四)   △7一八豹兵(15一〇)
▲14二五歩兵(14二六)   △23一二奔鷲(19 八)
▲24二五牛兵(27二八)   △35一三弩兵(32一〇)
▲32二五竪馬(31二六)   △31一四牛兵(32一四)
▲21二四歩兵(21二五)   △29一一竪馬(30一〇)
▲31二四竪馬(32二五)   △32一四牛兵(31一四)
▲ 6二四牛兵(10二八)   △ 1二二角鷹( 8二二)
▲32二三山将(34二五)   △30一二竪馬(29一一)
▲29二三猪兵(30二三)   △26一三吼犬(19一三)
▲18三〇鉤行(17三一)   △26二四吼犬(26一三)
▲30二五歩兵(30二六)   △26一三仲人(26一二)
▲23二五歩兵(23二六)   △23一三 犬(22一二)
▲34二五歩兵(34二六)   △29一五歩兵(29一四)
▲17二五歩兵(17二六)   △32一二歩兵(32一一)
▲27二四歩兵(27二五)   △28一三馬兵(29一二)
▲ 3二六横猿( 2二七)   △33一一風将(33 九)
▲28二五歩兵(28二六)   △26一四吼犬(26二四)
▲34二六狛犬(36二四)   △29一六歩兵(29一五)
▲27二八盲猿(28二九)   △34一二風将(33一一)
▲33二六風将(32二七)   △31一四 犬(32一三)
▲32二五歩兵(32二六)   △32一三歩兵(32一二)
▲32二四歩兵(32二五)   △33一一騎兵(33 八)
▲27二五炮兵(29二七)   △33 九竪兵(34 九)
▲28二六龍馬(28二七)   △26一二歩兵(26一一)
▲29二四歩兵(29二五)   △23一四 犬(23一三)

119 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:53:40 ID:IlWfpJGe
151手目〜200手目までの棋譜
▲31二八登猿(31二九)   △21一二歩兵(21一一)
▲30二六木将(28二八)   △23一三弓兵(20一〇)
▲32二五川将(32二八)   △29一〇龍王(27一〇)
▲32二八竪兵(34二八)   △26一一木将(28 九)
▲30二三竪馬(31二四)   △30一五 犬(31一四)
▲31二四歩兵(31二五)   △24一三木将(26一一)
▲ 1二五歩兵( 1二六)   △25一二歩兵(25一一)
▲36二六横猿(35二七)   △27一二歩兵(27一一)
▲35二五横猿(36二六)   △27一三歩兵(27一二)
▲34二四横猿(35二五)   △27一四歩兵(27一三)
▲36二四歩兵(36二五)   △27一五歩兵(27一四)
▲31二三 犬(30二四)   △27一四馬兵(28一三)
▲29二五馬兵(29二八)   △18一三飛牛(18一四)
▲27二三馬兵(29二五)   △22一五 犬(23一四)
▲22二〇炮兵(27二五)   △18一五 犬(17一四)
▲36二五左車(36二七)   △21一四吼犬(26一四)
▲34二八騎兵(33二九)   △18 九大亀(18 六)
▲33二四川将(32二五)   △17一〇獅鷹(18 八)
▲27二二牛兵(24二五)   △21一六 犬(22一五)
▲29二二牛兵(27二二)   △23一六弓兵(23一三)
▲22一六炮兵(22二〇)   △18一一獅鷹(17一〇)
▲24二五熊兵(21二八)   △26一四仲人(26一三)
▲23一九馬兵(27二三)   △28一三炮兵(29一三)
▲22二五竪豹(21二六)   △24一六熊兵(20一二)

120 :名無し名人:2006/11/09(木) 22:54:12 ID:IlWfpJGe
201手目〜250手目までの棋譜
▲22一五炮兵(22一六)   △24一二歩兵(24一一)
▲21一四炮兵(22一五)   △21一四奔鷲(23一二)
▲25一九馬兵(23一九)   △32一二川将(32 九)
▲20二七鉄将(20二八)   △26一五木将(24一三)
▲24一七熊兵(24二五)   △24一七弓兵(23一六)
▲28二一金翅(17三二)   △ 6一四奔鷲(21一四)
▲18一一金翅(28二一)成  △18一一狛犬(18一〇)
▲18一二牛兵( 6二四)   △18一二竪豹(17一二)
▲18一二馬兵(25一九)   △18一二飛牛(18一三)
▲18一二猪兵(29二三)   △21一一狛犬(18一一)
▲18 九猪兵(18一二)不成 △18 九隠狐(20 七)
▲26二七盲猿(27二八)   △18一〇鉄将(17 九)
▲25二六盲猿(26二七)   △19 八鳳凰(21 六)
▲26二七土将(26二八)   △17一六弓兵(14一三)
▲28二四木将(30二六)   △ 2二五隠狐(18 九)
▲ 2二五横猿( 3二六)   △17一〇鳳凰(19 八)
▲30二六前旗(30二八)   △19一二鳳凰(17一〇)
▲ 9二七馬兵( 8二八)   △12一五猛牛(22 五)
▲29二八猫刄(30二九)   △17 九中師(19 七)
▲30二八馬麟(32三〇)   △20一九弓兵(17一六)
▲17二六弓兵(17二七)   △17二二猪兵(17一七)
▲19二四歩兵(19二五)   △20二三弓兵(20一九)
▲19二五鉄将(18二六)   △ 4一二奔鷲( 6一四)
▲20二四鉄将(19二五)   △29一四牛兵(32一四)
▲19二六小亀(20二五)   △20二四弓兵(20二三)

121 :名無し名人:2006/11/09(木) 23:00:00 ID:IlWfpJGe
251手目〜300手目までの棋譜
▲20二四熊兵(16二八)   △20二三牛兵(29一四)
▲20二五熊兵(20二四)   △20二五牛兵(20二三)
▲20二五豹兵(23二八)   △20 七禽曹(23 四)
▲16二八蟠蛇(16二九)   △17一〇禽曹(20 七)
▲17二八臥龍(17二九)   △22 五獅子(24 四)
▲18二九方行(15二九)   △20 七獅子(22 五)
▲17二七臥龍(17二八)   △18 九獅子(20 七)
▲15二九猛鹿(15三〇)   △19 七鵬師(18 七)
▲17二八水将(14三一)   △20一〇鉄将(20 九)
▲14三一獅子(13三三)   △27 九盲猿(28 八)
▲16二九獅子(14三一)   △ 1二八摩羯(17 六)成
▲ 1二八朱雀( 2二九)   △31一六 犬(30一五)
▲30二二木将(28二四)   △18 六小亀(19 六)
▲27二三前旗(30二六)   △29一一山将(31 九)
▲ 9二五歩兵( 9二六)   △14 九盲熊(13 八)
▲30二七猫刄(29二八)   △29一七歩兵(29一六)
▲29二八猛熊(31三〇)   △29一八歩兵(29一七)
▲ 1二四歩兵( 1二五)   △29一九歩兵(29一八)
▲31二九飛猫(31三二)   △12一〇石将(13 九)
▲35二五歩兵(35二六)   △30一五炮兵(28一三)
▲27二五龍馬(28二六)   △33一九右車(33一三)
▲31二一木将(30二二)   △26一九炮兵(30一五)
▲26一九牛兵(29二二)   △26一九弓兵(24一七)
▲30一二竪馬(30二三)   △30一二山将(29一一)
▲33一九木将(31二一)   △27一一刀兵(26一〇)

122 :名無し名人:2006/11/09(木) 23:00:47 ID:IlWfpJGe
301手目〜350手目までの棋譜
▲29二六猫刄(30二七)   △23一二歩兵(23一一)
▲12二五歩兵(12二六)   △16 九金翅(20 五)
▲35二七横兵(35二八)   △ 1一二歩兵( 1一一)
▲33二三横猿(34二四)   △28一〇風馬(28 七)
▲32二二横猿(33二三)   △29一一風馬(28一〇)
▲15二七豹兵(14二八)   △ 8一五角鷹( 1二二)
▲17二二横猿(32二二)   △17二二龍馬(28一一)
▲28二六飛猫(31二九)   △27一二龍馬(17二二)
▲30二七登猿(31二八)   △ 8一一竪馬( 7一〇)
▲33二九水牛(31三一)   △ 9一二竪馬( 8一一)
▲31二九狗将(31三三)   △28 九盲虎(27 八)
▲ 8二六竪馬( 7二七)   △ 9一八豹兵( 7一八)
▲10二五炮兵( 8二七)   △15二四豹兵( 9一八)
▲ 3二四横猿( 2二五)   △ 9一八猛牛(12一五)
▲15二四横猿( 3二四)   △15二四猛牛( 9一八)
▲16二四歩兵(16二五)   △17二六猛牛(15二四)成
▲17二六臥龍(17二七)   △29 九前旗(30 九)
▲29二七馬麟(30二八)   △31 九登猿(31 八)
▲30二八竪狗(31二七)   △30 九馬麟(32 七)
▲17二七水将(17二八)   △34 九水牛(31 六)
▲ 2二五歩兵( 2二六)   △28 八飛猫(31 五)
▲ 2二六横兵( 2二八)   △26一〇盲猿(27 九)
▲31二六狗将(31二九)   △25一一盲猿(26一〇)
▲ 7二五竪馬( 8二六)   △27 八猛鷲(29 六)
▲28二四歩兵(28二五)   △29二〇歩兵(29一九)

123 :名無し名人:2006/11/09(木) 23:02:10 ID:IlWfpJGe
351手目〜400手目までの棋譜
▲28二三歩兵(28二四)   △29二一歩兵(29二〇)
▲31二五馬麟(29二七)   △29二二歩兵(29二一)
▲ 8二四竪馬( 7二五)   △12一一角鷹( 8一五)
▲20二八臥龍(20二九)   △13 八飛鷲(13一〇)
▲ 7二四 犬( 6二五)   △31 八飛猫(28 八)
▲ 6二五歩兵( 6二六)   △27一〇盲虎(28 九)
▲29二七猛熊(29二八)   △26一一盲虎(27一〇)
▲29二八燕羽(29二九)   △30一〇登猿(31 九)
▲31二九飛将(31三四)   △28 七山鷹(30 五)
▲31三四鶏将(32三三)   △28 九猛鷲(27 八)
▲31三〇鶏将(31三四)   △26一〇角鷹(25一〇)
▲29二九飛将(31二九)   △27一〇猛鷲(28 九)
▲ 9二六龍王(10二七)   △13 九金翅(17 五)
▲ 5二三馬兵( 9二七)   △10一三角鷹(12一一)
▲10二二豹兵(15二七)   △10二二狛犬(21一一)
▲10二二炮兵(10二五)   △ 5一二龍馬( 5一三)
▲10一八馬兵( 5二三)   △10一八角鷹(10一三)
▲10一八炮兵(10二二)   △10一八奔鷲( 4一二)
▲14二六鎗兵(14二七)   △10一二奔鷲(10一八)
▲12二六刀兵(11二七)   △ 3一二歩兵( 3一一)
▲20二九隠狐(20三〇)   △32 七猛熊(31 七)
▲11二七土将(11二八)   △28 八悪狼(29 七)
▲10二八猪兵(12二八)   △29 七山鷹(28 七)
▲34二四歩兵(34二五)   △ 8一三竪馬( 9一二)
▲ 9二三竪馬( 8二四)   △10 九奔鷲(10一二)

124 :名無し名人:2006/11/09(木) 23:03:45 ID:IlWfpJGe
401手目〜450手目までの棋譜
▲10二五龍王( 9二六)   △10一二歩兵(10一一)
▲30二九飛龍(28三一)   △ 8一一炮兵( 8一〇)
▲ 6二四猪兵(10二八)   △11一二馬兵( 8 九)
▲ 8二六山将( 6二八)   △ 2一二飛牛( 4一〇)
▲10二二竪馬( 9二三)   △ 8一〇前旗( 7 九)
▲ 1二三歩兵( 1二四)   △ 8二五竪馬( 8一三)
▲ 8二五山将( 8二六)   △14二一龍馬( 5一二)
▲11二四仲人(11二五)   △11二四龍馬(14二一)
▲ 8二六山将( 8二五)   △10二五龍馬(11二四)
▲10二五歩兵(10二六)   △ 8一八飛牛( 2一二)
▲ 8二三 犬( 7二四)   △21二二水牛(34 九)
▲ 8二八盲猿( 9二九)   △25二六水牛(21二二)成
▲25二六飛猫(28二六)   △24一七金翅(16 九)
▲17二八奔鷲(15二六)   △24二六金翅(24一七)成
▲24二六角鷹(25二七)   △24二六熊兵(24一六)成
▲24二六飛鷲(24二七)   △ 4一八金翅(13 九)
▲12二八飛鷲(13二七)   △ 5二〇猛龍(21 四)
▲11二八角鷹(12二七)   △ 4二〇金翅( 4一八)
▲ 8二四猪兵( 6二四)   △12二八金翅( 4二〇)成
▲12二八盲熊(13二九)   △ 8一五馬兵(11一二)
▲ 8二七木将( 9二八)   △ 1一六猛龍( 5二〇)
▲ 7二七盲猿( 8二八)   △18 七小亀(18 六)
▲16二五弓兵(18二五)   △17三二猛龍( 1一六)不成
▲17三二林鬼(17三三)   △ 8二四飛牛( 8一八)
▲ 8二四弩兵( 5二七)   △ 8二四馬兵( 8一五)

125 :名無し名人:2006/11/09(木) 23:04:36 ID:IlWfpJGe
451手目〜500手目までの棋譜
▲10二五林鬼(17三二)   △21一一竪豹(22一〇)
▲ 6二八猫刄( 7二九)   △23一一熊兵(21 九)
▲ 8二八猛熊( 6三〇)   △24一一角将(32 三)
▲14二七獅子(16二九)   △28 七飛燕(33 二)
▲25二四隠狐(20二九)   △33 二火鬼(32 一)
▲ 7二九飛龍( 9三一)   △32 一雨龍(31 二)
▲ 7二三前旗(27二三)   △10二四馬兵( 8二四)
▲ 9二六林鬼(10二五)   △12一三小亀(18 七)
▲13二二弓兵(16二五)   △ 4一二歩兵( 4一一)
▲13二三弓兵(13二二)   △ 4一一弩兵( 5一〇)
▲16三一猛牛(15三二)   △ 6一三弩兵( 4一一)
▲17三二猛龍(16三三)   △ 1一一左車( 1一〇)
▲10二三弓兵(13二三)   △10二三馬兵(10二四)
▲10二三前旗( 7二三)   △ 9一二炮兵( 8一一)
▲ 9三一小旗(10三二)   △ 5一〇川将( 5 九)
▲28三一小旗(27三二)   △ 5 九騎兵( 4 八)
▲17二九金翅(20三二)   △33一三川将(32一二)
▲ 4二五朱雀( 1二八)   △34 九竪行(34一〇)
▲ 1二四右車( 1二七)   △11一四仲人(11一三)
▲32二五竪兵(32二八)   △34一〇車兵(35一一)
▲ 3二四朱雀( 4二五)   △20 九大龍(16 五)
▲17一〇朱雀( 3二四)成  △17一〇中師(17 九)
▲31二九狛犬(34二六)   △20 五林鬼(20 四)
▲28二六狛犬(31二九)   △14一一林鬼(20 五)
▲20一八豹兵(20二五)   △15一二中師(17一〇)

126 :名無し名人:2006/11/09(木) 23:07:13 ID:IlWfpJGe
501手目〜550手目までの棋譜
▲ 7一九金翅(17二九)   △16一一獅子(18 九)
▲ 7二二猛牛(16三一)   △17一二歩兵(17一一)
▲10一九猛牛( 7二二)   △ 1一三騎兵( 5 九)
▲ 5二一金翅( 7一九)   △20 四鉤行(20 六)
▲ 4二七風将( 4二八)   △ 1一四騎兵( 1一三)
▲10二七前旗(10二三)   △ 7一三弩兵( 6一三)
▲ 9二七猛熊( 8二八)   △ 8一一前旗( 8一〇)
▲13二七盲熊(12二八)   △ 8一〇木将( 9 九)
▲17三〇禽曹(14三三)   △ 7一〇山将( 6 九)
▲14三三羊兵(14三二)   △ 5一四前旗( 8一一)
▲ 5一四金翅( 5二一)   △ 5一四奔鷲(10 九)
▲ 5一四猛牛(10一九)   △ 5一三犬( 6一二)
▲11 八猛牛( 5一四)成  △11 八飛龍( 9 六)
▲16三一羊兵(14三三)   △13一〇飛鷲(13 八)
▲14三二走車(13三二)   △13 九西戎(13 七)
▲15三〇金鹿(12三三)   △12一八弩兵( 7一三)
▲11二五猛熊( 9二七)   △ 6 九猫刄( 7 八)
▲ 9二四金鹿(15三〇)   △17一一隠狐(17 七)
▲20三〇鵬師(19三〇)   △19二〇龍馬(27一二)
▲23二四歩兵(23二五)   △25一九弓兵(26一九)
▲24二三隠狐(25二四)   △28一一飛猫(31 八)
▲31一八隠狐(18三一)   △12二二熊兵(23一一)
▲11二六羊兵(16三一)   △26一三龍馬(19二〇)
▲26二三猛龍(17三二)   △ 7一六飛鷲(13一〇)
▲ 9 六猛龍(26二三)不成 △ 9 六小旗(10 五)

127 :名無し名人:2006/11/09(木) 23:08:23 ID:IlWfpJGe
551手目〜600手目までの棋譜
▲24二五隠狐(31一八)   △22一〇豹兵(23 九)
▲15三〇奔狗(11三四)   △17 九鵬師(19 七)
▲25二七石将(24二八)   △11 八小旗( 9 六)
▲25二八盲熊(24二九)   △ 8 九猛熊( 6 七)
▲24二八西戎(24三〇)   △ 6 七水牛( 6 六)
▲13二九南蛮(14三〇)   △10一一猛熊( 8 九)
▲12二七奔狗(15三〇)   △ 9一〇水牛( 6 七)
▲14二八走車(14三二)   △19 八臥龍(20 八)
▲35二八車兵(36二八)   △33一〇車兵(34一〇)
▲36二六土車(36二九)   △31 九飛将(31 三)
▲36二七瓦車(36三〇)   △31 八車兵(33一〇)
▲11三四風龍(10三四)   △31三四飛将(31 九)成
▲31三四森鬼(30三五)   △31二八車兵(31 八)成
▲31二九竪狗(30二八)   △ 9 六 四天王(31二八)
▲31 一竪狗(31二九)成  △31 一禽吏(32 二)
▲18一八豹兵(20一八)   △19 七大龍(21 五)
▲31二六狛犬(28二六)   △31 九竪兵(33 九)
▲31二五竪兵(32二五)   △31一一登猿(30一〇)
▲31二〇左車(36二五)   △19 六 四天王( 9 六)
▲31三三狛犬(31二六)   △19三六 四天王(19 六)
▲19三六銀将(20三五)   △ 9一九炮兵( 9一二)
▲ 7二二金鹿( 9二四)   △ 9二二炮兵( 9一九)
▲18二二方行(18二九)   △ 1一八水牛( 9一〇)
▲ 8二五山将( 8二六)   △ 8二二弩兵(12一八)
▲ 6二三金鹿( 7二二)   △18三一大将(18 四)

128 :名無し名人:2006/11/09(木) 23:11:03 ID:IlWfpJGe
終わった…
つーか俺ミスばっかだなorz
みんな正直すまんかった

129 :名無し名人:2006/11/09(木) 23:11:42 ID:HacZ9ToP
>128
乙。5時間前から見てたw


130 :名無し名人:2006/11/09(木) 23:16:05 ID:IlWfpJGe
とりあえず>>43と、>>97で書いたところだけあぼーんしておけば、
見易さに問題はないと思う。
しかしまいったな…

131 :1:2006/11/09(木) 23:18:04 ID:/5Lvgamm
>>128
おつかれさまー。
俺は連投規制と昼休み終了で、最初の15くらいまでしか貼れなかった。

132 :名無し名人:2006/11/09(木) 23:20:22 ID:IlWfpJGe
>>131
連投規制きっついわー。w

まぁ、ミスの埋め合わせはいずれさせてもらうよ。
なんかこのスレへの貢献を考えねばならんね…

133 :名無し名人:2006/11/10(金) 06:14:04 ID:hFVVXemD
                         ,,,,,,_
                     ,,,,,iiiilllllllllllllliii,,,, 
          ,,,,,_   .,,,,,,,,,,iiiiiiillllllllllllllllllllllllllllllllllll丶
          ゙llllllllliiillllllllllllllllllllllll!!!!llllllllllllllllllllllll!!゙
           ゙!llllllllllllllllllll!!!゙゙゙° ,,illllllllllllllllllll!゙゜
              ゙!lllllll!!l゙゙’   .,,illlllllllllllllll!!゙゜
             ^     .,,illllllllllllllll!!゙゜
                  ,,illlllllllllllll!゙°
                 ,,illlllllllllll!l゙゜
                  ,,illllllllllll!l゙゜
                 ,,illllllllll!!゙゜.
                ,,illllllllll!゙゜            liiii,,
             ,,illllllll!゙゜                'llllllli,,
            ,,illllllll!゙                  lllllllllli,,
           ,illlllllll゙                  ,lllllllllllllii,
           llllllllllli,_             ,,,,illlllllllllllllllli,
           !llllllllllllllliiiiiiiiiiiii,,,,,,,,,,,,,,,iiiiiiiiiiiiiillllllllllllllllllllllllllllll
            ゙゙!!llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
              ゙゙゙゙!!!!!!llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll!!!!!!!l゙゙゙゜


134 :名無し名人:2006/11/10(金) 09:26:20 ID:z7Bfyv/d
天麩羅乙

135 :名無し名人:2006/11/10(金) 11:34:10 ID:nIfjytHo
乙乙乙

今回は参加できなくてすまん。

136 :名無し名人:2006/11/10(金) 15:28:42 ID:eE6lbtMh
訂正。

>>13の地龍は右前方二つ目の○を、直進方向へ修正。
>>31の最後に「※6段目ここまで」の文言を追加。

137 :名無し名人:2006/11/10(金) 16:02:59 ID:eE6lbtMh
尚、複数○(「3○」等)の動きと「#」の動きの解釈には異説がある。

 複数○(「踊る」)の動き
甲説…相手の駒を取ると直ちに止まる。(現行)
乙説…相手の駒を取っても規定数迄進める。(摩訶大大将棋「教王」の解釈より)
丙説…乙説に加えて駒を飛び越すことも可能。(『象棋六種之圖式』「狛犬」の解説より)

 #(原本には「+++→」の様に書かれている)の動き
丁説…駒を三つ迄飛び越えて走る。(現行。『世界の将棋』の推測より)
戊説…乙説又は丙説を前提に「3○」と走りの選択が可能。
                (『象棋六種之圖式』等「教王」の図及び解説より)



138 :名無し名人:2006/11/10(金) 20:11:25 ID:W5RAGvYm
さて、テンプレ長トップの座から脱落はできたかな?w

139 :名無し名人:2006/11/10(金) 20:16:45 ID:v1/53dGv
多分無理。

140 :名無し名人:2006/11/11(土) 12:16:42 ID:0RGBsWCK
>>1乙!大局乙!!
無事に新スレが出来て嬉しい限りだ。

141 :名無し名人:2006/11/11(土) 18:28:01 ID:d106dkdm
>>37青龍・神龍の後方走りが曲がっているが、直線に修正。
>>55四天の「>***」を「>15」に修正。
>>65盲虎の「>100」を「>36」に修正。
>>88反車の「引く」は「退く」の方が適当。
>>86山鷲の「>13>13」は「右>13 左>14」に修正。
>>91竪兵の「すべからず」は「すべからく」の誤り。文法的には「例外なく」等に修正すべき。

142 :名無し名人:2006/11/12(日) 01:33:16 ID:Pw177sfw
2ちゃんブラウザってしたらばもURLポップアップできなかったっけ?
そっちにテンプレ貼っておくのはだめなのか

143 :名無し名人:2006/11/12(日) 22:03:19 ID:5IuOwX4+
>>142
それやるとアンカーが長くなってしまうのです。。。


144 :名無し名人:2006/11/12(日) 22:36:57 ID:LREnhzL0
>>142
URLばかりずらりと並んで業者のレスと区別が付かなくなるんじゃね?

145 :名無し名人:2006/11/20(月) 04:17:53 ID:LMTPh3IS
ほす

146 :先手5人目:2006/11/21(火) 21:14:39 ID:A5o//KT0
601手目〜650手目までの棋譜
▲18三一大亀(19三一)   △ 6三〇飛将( 6 三)成
▲ 6三〇鴟行( 5二九)   △ 6二九角将(24一一)不成
▲ 6二九鴟行( 6三〇)   △ 7二六飛鷲( 7一六)成
▲20三五銀将(19三六)   △ 6 六山鷹( 7 五)
▲ 5二七川将( 5二八)   △ 7二五大鷲( 7二六)
▲19三六太子(18三六)   △ 8二七飛燕(28 七)成
▲ 6二七騎兵( 4二九)   △ 6一一川将( 5一〇)
▲ 1一六羊兵(11二六)   △ 5一〇風将( 4 九)
▲10二八角鷹(11二八)   △ 7一二大鷲( 7二五)
▲ 2一七奔狗(12二七)   △ 2一七水牛( 1一八)
▲ 2一七副将(18三三)   △ 7一三大鷲( 7一二)
▲ 6一一羊兵( 1一六)成  △ 6二二弩兵( 8二二)
▲19二五小亀(19二六)   △ 8一三大鷲( 7一三)
▲ 3一八麟師(19三四)   △ 8二一大鷲( 8一三)
▲ 7一〇虎兵( 6一一)   △13二二天狗(30 一)
▲18 三大亀(18三一)成  △18 三林鬼(17 四)
▲17三二摩羯(20三一)   △ 2一七天狗(13二二)
▲ 2一七麟師( 3一八)   △ 8一八大鷲( 8二一)
▲ 6二二騎兵( 6二七)   △ 6二二炮兵( 9二二)
▲ 6一二小亀(19二五)   △18 六鉤行(20 四)
▲ 6 六小亀( 6一二)成  △25一五鉤行(18 六)
▲22一八水牛(33二九)   △22一八大鷲( 8一八)
▲22一八竪豹(22二五)   △ 6 六嗔猪( 7 七)
▲ 8二七盲猿( 7二七)   △ 5 九竪兵( 3 九)
▲24一六隠狐(24二三)   △11一五鉤行(25一五)

147 :名無し名人:2006/11/21(火) 22:55:04 ID:vX76tnyB
質問です。
・「成り」のルールを詳しく。
 以前、「成りは任意か」の議論はあったかと思うのですが、「不成」から再び「成り」となる不成規定は?
 #本将棋方式?中将棋方式? Flashでは本将棋方式のようですが・・・
 #中将棋方式といっても、日本中将棋連盟とWikipedia とでも違うのですが・・・
・「※の走りのルール」は、Aルールが最有力なのでしょうか?
 #「☆:駒をいくらでも飛び越えて走る」+「格下」+「飛び越えた駒を取れる」と違うの?
 #「☆」の着地の解釈も「※」と同じなら、Flashの「四天王」の動きも変?
 #ちなみに「☆」の解説なくない?
・元龍の動き方が Wikipedia と違うようですがどちらが正しいのでしょうか?
 #とりあえず気付いた分で。
・提婆、無明の扱いがWikipedia と違う。
 Wikipediaでは「提婆または無明を取った駒は、取った駒を裏返して教王または法性に成る。」とある。
 #これは、敵陣でなくとも?
 以前の議論で、このルールはないことになったのでしょうか?


大局将棋ソフトと対局できるの作くれればなって、思ったりして。


148 :名無し名人:2006/11/22(水) 00:17:37 ID:uvMB13Ht
「世界の将棋」を見ながら回答してみる

>「成り」のルール
「駒は向こう11段目の敵陣に入れば成る。」としか書いてないからよくわからん
素直に読めば「成れる」じゃなくて「成る」だから強制成りとも考えられるが…

>※
どれが正しいとかは結論が出てないけど、とりあえず掲示板の対局はAで行こうって事になってたような

>☆
「四天王は、全ての方向に駒を飛び越えて走りが出来る。」
「大鷹は、前の方向にだけ駒を飛び越えて走りが出来る。」
「霖鬼は、斜め前方には駒を(ry」
こういう風にしか書いてないから確かに着地については解釈の余地があるね
※の動きとは別物のようです

>元龍
「世界の将棋」に書いてるのはスレの方。wikipediaは#の所が☆の動きになってるな

>提婆、無明
摩訶大大将棋にはそういうルールがあったらしい>http://www.chushogi-renmei.com/koramu/EX3.htm
けど大局将棋で採用されてるかどうかはわからない、というか「世界の将棋」には摩訶大大将棋の項も含めて
このルールには一切触れてないのでなんとも

どれも全然答えになってないなw
こうして見るとまだまだルール詰めなきゃならん所が多いね

149 :名無し名人:2006/11/22(水) 07:02:40 ID:StbVM6vl
回答、どうもです。

> >「成り」のルール
> 「駒は向こう11段目の敵陣に入れば成る。」としか書いてないからよくわからん
> 素直に読めば「成れる」じゃなくて「成る」だから強制成りとも考えられるが…
COM的には強制成りが一番楽、次は中将棋(連盟)方式かなぁ。

> こういう風にしか書いてないから確かに着地については解釈の余地があるね
☆の動きの説明で「走る」が入っていることに意味はあるのでしょうか?
#飛んでから走る?
#鳩槃の「飛んでから歩く」みたいな説明のすごい版?
#ちなみに鳩槃は3マス目自身にも行けるのですよね?


> >提婆、無明
> 摩訶大大将棋にはそういうルールがあったらしい>http://www.chushogi-renmei.com/koramu/EX3.htm
げげ。ここの説明では、法性・教王も、じゃないですか。
法性・教王も、ということになると、一旦法性・教王ができると、法性・教王は盤上からなくならない
ということですよね。
#頑張れば、歩が教王になれるルール?
#一手目に大将・副将が教王になれる(うれしいのか?)ルール?
このレリクスルールはありですか?


150 :名無し名人:2006/11/22(水) 07:49:28 ID:uvMB13Ht
「走る」は「何マスでも進める」って意味の古将棋用語で、例えば角は「四隅に走る」みたいに言う。
だから「駒を飛び越えて何マスでも進める」程度の意味。

提婆、無明のルールは個人的にはあんまり大局将棋にそぐわないと思うな
もともと摩訶大大将棋は「駒を取ったらその場で成る」方式だから、その流れのルールだと思うし

151 :名無し名人:2006/11/23(木) 22:42:08 ID:fgFFWK6w
トリビアでの対戦では、こういった曖昧な規定はどうしたんだろ?


元々が、それぞれに成りや動きのルールの異なるものを寄せ集めた、遊びで作ったようなものだから、仕方ないのかもしれないが。

152 :名無し名人:2006/11/24(金) 17:02:28 ID:df8RMHGA
2ch将棋板公式ルールみたいなのを早々に設定すれば、今後のレファレンスになるよね

153 :名無し名人:2006/11/24(金) 17:09:02 ID:4xPD9vMZ
「敵陣に入れば成る」の文言に関しては、例えば『中將棋指南抄』に
「成駒はてき地へ入る時なる也、す馬にて入、二の手には不成、
てきの駒をとりては、内にてもなる也」
とある様に、「成れる」でなく「成る」と書かれているということでは
強制成りであることの根拠にはなり得ない。

敵陣成り方式に於ける強制成りの規定が基本的に救済措置であると考えると、
大局将棋では任意成りが妥当であると思われる。
本将棋方式か中将棋方式かというのは難しいところであるが、
本将棋が小将棋系で、中将棋が大将棋系であることから鑑みると、
何れかと言われたら大将棋系である大局将棋は中将棋方式とも考えられる。

連盟方式とは歩兵以外の駒でも行き場がなくなる駒は成れる規定のことであろうか。
そうだとすると、古文書には歩兵のことしか記されていないが、
諸々の事情に鑑みて香車にも適用したということを明言している。
大局将棋で、行き場のなくなるような駒が敵陣最下段迄到達する場面は
先ず発生しないが、中将棋方式を採用するならば、連盟方式で良いと思う。

154 :名無し名人:2006/11/24(金) 17:22:43 ID:4xPD9vMZ
無明・提婆に関しては、『象棋六種之圖式』の「摩訶大大象棋口傳」を見ると、
「無明、法性になる、獅子奔王二枚のふるまいを兼て、臨機應變にこれをつかふ、
おそよ〔凡その誤か〕何馬にても敵方の無明を取りたる馬は、敵陣の内外を論ぜず、
其處より取替へ法性に成てつかふなり、」
「提婆、ヘ王になる、奔王狛犬二枚のふるまいを兼たり、この提婆を取りたる馬も、
また其所より取替、ヘ王に成てつかふなり、」
とあり、敵方の駒でなくてはならないとされているので、
仮に大局将棋に準用するとしても、大将が味方の無明を取って法性になることはない。
又、法性や教王を取った際にも適用されるというのは勘違いであると思われる。

大局将棋に該規定を準用すると、味方の無明や提婆が成ることは不可能に近く、
且つ、相手方の駒に取られることは充分にあり得るということで、
専ら相手方を増強させるだけの迷惑な駒となってしまうので、
無明・提婆のみ敵駒を取った瞬間になれる、
とでもしない限りは採用し難いと思う。

尤も、無明・提婆の配置からして、考案者は重要な駒と考えていた様であり、
特殊成りも強ち無いとも言えない気がするが、無いとするのが無難ではあろう。

155 :名無し名人:2006/11/24(金) 18:57:13 ID:bGQ7A/zm
成りについて整理してみるか

A: 「敵陣に入る時、敵陣から出る時、敵陣内で動く時に、移動後に任意で成れる」(本将棋方式)
一番なじみ深い方式。今のところFLASHと掲示板対局で採用している。
面倒は少なそうだが、本将棋で発達したルールなので元々の大局将棋のルールに近いかと言われるとちょっと疑問。

B: 「敵陣に入る時のみ任意で成れる。不成で敵陣に入った駒は一旦出て再進入するか、
  敵陣内または敵陣から出る時に駒を取れば任意で成れる。
  歩兵(文献によっては仲人も)に限り、最下段に到達した時にも任意で成れる」(中将棋方式)
B-2: 「Bに加え、香車も最下段に到達した時に任意で成れる。仲人はダメ」(中将棋連盟方式)
やや複雑。陣地方式の大型将棋である中将棋は、成りのルールの歴史的には大局将棋と一番近そうではある。
また中将棋の場合は行き所のなくなる駒は歩兵と香車だけなので例外規定があるが、
大局将棋には他にも犬、桂馬、猛虎、牛車、石将など大量にあり、
右車など「再突入可能だが、行き所がなくなりうる」ような駒まであるので事態は複雑になりそう。

C: 「敵陣に入る時に強制的に成る」(禽将棋方式?)
わかりやすいが、根拠は薄いか。

D: 「盤上の位置にかかわらず、敵の駒を取るとその場で強制的に成る」(大大将棋方式)
大大将棋、摩訶大大将棋、泰将棋で採用。足の遅い駒にも成るチャンスがあり、大型将棋向きのルール。
無明・提婆のルールとの相性もいい。
ただし、このルールの将棋では強い駒の使用を制限するために成ると弱くなる駒を多くしているが、
大局将棋はそれに合わせては出来ていないのでそのまま適用するのは無理がありそうだ。

E: その他

こんなとこかな

156 :名無し名人:2006/11/24(金) 18:57:58 ID:bGQ7A/zm
ちなみに陣地方式(A,B,C)には共通して次の様な問題がある
┼───┼───┼───┼
│___│▽歩兵│___│
┼───┼───┼───┼←ここから上が敵陣
│▲獅子│___│▽金将│
┼───┼───┼───┼
ここで獅子が歩兵→金将と取った場合は成れるのか?

中将棋では獅子に成りがないので問題にならないが、大局将棋の場合は考えておかないと
FLASHでは成れる様になってます

157 :名無し名人:2006/11/25(土) 17:37:58 ID:cvITfFyB
連盟方式を採用する場合は、若干修正して、
「完全に行き場のなくなる位置に移動した瞬間に成れる」と解釈することで、
少なくとも説明の複雑さは回避し得る。
即ち、駒の限定も、最下段に到達した際との条件も無用ということになり、
右車は右端最下段、左車は左端最下段に到達した際にのみ成れることになる。

但し、『中將棋指南抄』の「駒行方」には、歩兵の説明として、
「上一目計行、てき地の口にてなる、す馬にて入二の目にはならず、
三目入四目にては金に成也、是は歩計也、」
とあり、念を押して「是は歩計也」としているので、
行き場云々ではなく歩兵のみ特別扱いなのだ、
とする考え方も、尚有力ではある。

158 :名無し名人:2006/11/26(日) 11:19:06 ID:f9MUy7c0
獅子が一歩目で敵陣に入り二歩目で敵陣外へ移動した場合に関しては、
 甲説…敵陣に入った一手なのであるから成れる。
 乙説…敵陣外より敵陣外へ移動した一手なのであるから成れない。
 丙説…一歩目を不成で入ったと考え、二歩目で出る際に駒を取った場合は成れる。
といった考え方があり得る。

>>156の図では丙説のみ金将の存在が鍵となるが、
それ以外は歩兵の存在も金将の存在も影響しないことになる。
蓋し、丙説は一歩目で歩兵を取り、二歩目で更に奥へ侵入したとしても、
駒を取らなかった場合には成れないこととなり、妥当性を欠く。
甲説と乙説の優劣は難しいが、獅子の場合は完全に二歩で一手であるから、
内一歩が敵陣内に着地したという事実は、最終的に敵陣外にいるという事実に
優越すると思われ、甲説を支持する。

但し、甲説の場合、孔雀や摩羯が敵陣を掠めて戻ってきた例も考えなくてはならない。
孔雀や摩羯が獅子と決定的に異なる点は、駒を取ったら止まるということである。
すると、孔雀や摩羯の動きは、一見角行を二度指したかの様な動きをするが、
特殊な形態の一つの「走り」であると考えられるので、単に通過したというだけでは
獅子の様に確実に着地した例と同価値に見ることは疑問に思われる。
故に、孔雀や摩羯の事例では、成れないと解する。

159 :名無し名人:2006/11/26(日) 12:52:23 ID:oRJ7VqvB
> 甲説と乙説の優劣は難しいが、獅子の場合は完全に二歩で一手であるから、
> 内一歩が敵陣内に着地したという事実は、最終的に敵陣外にいるという事実に
> 優越すると思われ、甲説を支持する。
「じっと」は、どう解釈されるのでしょうか?
このケースでは、「↑↓」「→←」があるかと思います。
FLASHでは、操作が必ず2歩なので、「↑↓」とすれば、成れるようです。

私は、「最終的に敵陣外にいるという事実」が最優先で、上記ケースも「じっと」も
孔雀や摩羯も「成れない」かと。
乙説支持派です。



160 :名無し名人:2006/11/26(日) 17:58:08 ID:7kHRMjkT
漏れは>>155のCで>>158の乙を支持したい。
まず>>155のA説は大局将棋にも成ると弱くなる駒の存在価値がなくなる気がする。
(1種なのでただの誤植もありうるが)
B説及びB〜2説は少々ややこしいので合わないと思う
D説は盤面のサイズ、弱いのに成るとやたらと強くなる駒(毒蛇、火将など)
がいる関係上1番あっている気がするがこれを採用すると初手で角将が成れてしまう
のでほぼ先手必勝になる。よってC説を支持したい
また>>158については2歩移動やそれに近い動きがあるので避けられない論議だと思う。
その>>156の形でもう1つ、獅子が歩を居食いしたらどうなる?
丙説だとこれが成れないことになる(と思う)が、甲、乙では結論が変わらない。
>>159の言う通りじっとの問題が加わってしまうので乙説を支持したい
長文スマソ



161 :名無し名人:2006/11/27(月) 18:24:22 ID:ZIkOBdB9
>>155の議論に関して
確かに>>160の言う様に、成ると弱くなる駒の存在は疑問である。
ところが、問題の駒である「禽曹→禽吏」に極めて近い関係にある
「獣曹→獣吏」の動きと比較すると、誤植の可能性は高いと言える。
禽曹の動きは3○ではなく2○なのではないかと考えられる。
又、『新字源』を見ると、「曹」の字が元来裁判官を表すのに対し、
「吏」の字は「もっぱら下級役人の意に用いる」とあることから、
現代と異なり容易に駒の動きを参照し得ない事情を逆手に、
考案者が意図的に罠を仕掛けたとも考えられる。

>>160はB説及びB-2説は「少々ややこしいので合わない」と言うのであるが、
現状最も近いと思われる中将棋で現に採用されている方式なのであり、
大局将棋に不適とする理由にはならないと考えられる。

>>158の議論に関して
>>159>>160は、乙説では「じっと」の場合に問題が生ずると言う。
ところが、「じっと」及び「居喰い」は、単に行って戻ってくる動作に
特殊な名称を与えたに過ぎず、実際には動いていると解する立場からは、
同じ位置にいても敵陣側に一歩進入した場合のみ成れるとすることは
何らの不自然も感ずるところはないのである。

又、>>159は「『最終的に敵陣外にいるという事実』が最優先」と言うのであるが、
少なくとも『世界の将棋』の記述では「敵陣に入れば成る」のであって、
孔雀や摩羯と異なり完全な二回行動をする獅子が一旦敵陣に着地したという事実を
消滅させるほどの効果があるとは考え難い。成り規定の文言的な解釈という意味で、
敵陣に着地した事実の方が優越すると甲説は考えるのである。

162 :名無し名人:2006/11/27(月) 19:50:18 ID:YML7TC0e
>>161
結局、「じっと」や「居食い」は「成れる」という判断ということでしょうか?
私が「じっと」を問題にしたのは、「じっと」がどういう動きをしたのか明確に
されるのか(棋譜上どう表現されるか)分からなかったからです(「居食い」は棋譜で
明確に表現されるかと思います)。
>>156図で、右に移動した場合も、一歩で右なのか、上・右下の2歩なのかで、
同様の問題も出てくるかと思います。


また、Wikipediaには「成るのは移動が完全に終了した後である。」とあります。
これは他では、どう表現されていますでしょうか?
私は、これは、成る一手を「移動完全終了状態」で判断するものと理解しました。
この理解では、途中で着地してもしなくても関係ありません。
>>156のケースでは。「一歩」では敵陣に入ったかもしれませんが、「一手」としては
入っていない、「一手」として「入った」とする場合、入ったはずの「一手」なのに最終的に
敵陣外にいるのはおかしいのではないか、という判断です。
「一手 > 一歩」であり、「一手」とは最終状態の位置で確定するものであり、
「敵陣に入れば成る」の記述は「一手」についての記述であるだろうと考えます。


163 :名無し名人:2006/11/27(月) 20:05:07 ID:YML7TC0e
>>154
> 「無明、法性になる、獅子奔王二枚のふるまいを兼て、臨機應變にこれをつかふ、
> おそよ〔凡その誤か〕何馬にても敵方の無明を取りたる馬は、敵陣の内外を論ぜず、
> 其處より取替へ法性に成てつかふなり、」
大局将棋以外に、味方の駒を取れるものがあるのでしょうか?
あるならよいのですが、ないなら駒を取る場合の「敵方の」の記述は、書くなら
こう書くしかなく、この場合「敵方の」に敵味方を区別する強い意味はないのでは
ないでしょうか?

大局将棋以外で味方の駒を取れないとなると、
>仮に大局将棋に準用するとしても、大将が味方の無明を取って法性になることはない。
の根拠とするのは弱いかもしれません。

> 尤も、無明・提婆の配置からして、考案者は重要な駒と考えていた様であり、
> 特殊成りも強ち無いとも言えない気がするが、無いとするのが無難ではあろう。
味方の駒もありで、序盤の大将・副将の動きを抑制する意味があったのかもしれません。



164 :名無し名人:2006/11/29(水) 01:47:20 ID:tQ9Q3mHS
大局将棋では、同じ駒でも、王将・右将・左将・飛鷲・角鷹・火鬼・
天狗・狛犬・右車・左車等が、小将棋・中将棋・大将棋・天竺大将棋・
大大将棋・摩訶大大将棋・泰将棋と異なる動きをする駒が多いし、
『象棋六種之圖式』では、小将棋・中将棋・大将棋・大大将棋・
摩訶大大将棋・泰将棋について解説してるので、「摩訶大大象棋口傳」
の[無明・提婆のルール]は大局将棋では適用させないのが妥当と
思われます。
[無明・提婆のルール]は自在天王を詰ます為に設けられたルールだと
思ってます。
天竺大将棋の火鬼の[焼く]機能が、大局将棋で採用されてない様に、
何でも盛り込む必要は無いと思います。

成りについては、任意で良いと思います。
本将棋では、持ち駒の再利用ルールが有る為に持ち駒を打つ事によって
駒枯れとなる局面は少ないと思いますが、取り捨てルールなら局面が
進めば自然と駒枯れとなる訳で、大局将棋では歩兵が不成りで敵陣の
最奥に到達しても、障害物となるかも知れませんが、やがて敵側の
走り駒等によって捕獲されて盤上から消えて行くはず、と思われる
からです。

成るのは[移動が完全に終了した後(二歩移動できる駒に関しては
二歩目を移動した後)]と考えるのが自然だと思います。

摩羯の動きは、〔縦横に何マスでも動け、途中で左右どちらにでも
直角に曲がって、さらに何マスでも動ける。曲がらなくてもよい。
飛び越えては行けない。曲がる前に駒を取ったら、そのマスで
止まらなければならない。簡単に述べると、飛車の動きを1回又は
2回できるということである。〕なので、
曲がる場合は駒を取らない(曲がるマスに敵駒が無い)けど
着地したと考えて良いと思う。曲がるマスも、居食い等と同様に
棋譜で表現すべきだと思います。


165 :名無し名人:2006/11/29(水) 01:52:31 ID:tQ9Q3mHS
>>154
摩羯の動きですが、〔縦横に…〕を〔斜めに…〕に訂正します。


166 :名無し名人:2006/11/29(水) 11:31:13 ID:pr4wFjKz
[無明・提婆のルール]の議論がちょっとずれてきている気がする・・・。
「採用するかどうか」、ではなく、「Wikipediaであることになっているけど、よいの?」です。
「各将棋間」ではなく、「このスレとWikipedia」のルールを比較・検討したかったのです。
#このスレとWikipediaとで、ルールが違うのもなんだかなぁ、と思いますし。
「採用するかどうか」となっているのは、とりあえずWikipediaは「間違い(というか勇み足?)」と
いうことでしょうか?
#ではなくて、Wikipediaは間違いかの議論をしている?

また、Wikipediaでみると「大将」の動きもEルールのように思うのですけど・・・。
#Eルールは、同格以上の駒は飛び越えられないけど、その駒上に着地は出来る(その駒を取れる)と
#いうことですよね?

天竺大将棋と大局将棋とで、大将の動き方の「越えた駒の全てを一度に捕獲することも出来る」以外の
違いはなんでしょうか?
#着地ルール(格や敵味方は抜き)に関して、
#天竺大将棋・大将と大局将棋・四天王の着地ルールは同じっぽい。
#同じ大将なので天竺大将棋と大局将棋の着地ルールも同じだろうと。
#「大局将棋・大将」 = 「天竺大将棋・大将」、かつ、「天竺大将棋・大将」 = 「大局将棋・四天王」。
#よって、「大局将棋・大将」 = 「大局将棋・四天王」。
#じゃぁ、ないのかなぁ・・・。
#で、四天王ならCルールだけど、大将は味方の駒も取れるのでEルール、かと。
#「大局将棋・大将」≠「天竺大将棋・大将」、または、「天竺大将棋・大将」≠「大局将棋・四天王」ならば、
#「大局将棋・大将」≠「大局将棋・四天王」で納得なのだけど。


167 :名無し名人:2006/11/29(水) 12:11:10 ID:UDM5EdJc
>>162
一、棋譜に関して
「じっと成」と単なる「じっと」で区別しても良いし、
棋譜上に一切「じっと」の文言を使用しないという方針でも良い。
二歩目で初期位置の隣接地点に移動する例も、元より確実に二歩動いており、
特に一歩目が重要な役割を果たしているというのに、一歩で移動した場合と
同様の棋譜になると考えるほうが不自然であり、一歩目も記述すべきである。
仮にそうでなくとも、前述同様「成」又は「不成」を付すことで混乱は生じない。

二、「成るのは移動が完全に終了した後である」の文言に関して
「敵陣に入ると『成駒』になれる」ともあり、「敵陣に入る」の条件を満たすと
「移動が完全に終了した」時点で成れる、とするのが自然な解釈であると思われ、
「成るのは」という文言を「成りの判断をする時期は」と解するのは困難である。
該文言は恐らく『はじめての中将棋』にある、麒麟で敵陣へ入った瞬間に獅子と成り
更に一歩動けるという突拍子もない解釈を封じた解説か、是に類似した文章を
簡略化したものと思われる。
一歩目で敵陣に入った瞬間でなくとも移動が終了した時点で成れる、というのは
寧ろ甲説に有利な文言とも言える。

三、一手の判断に関して
>>162は入った一手で最終的に敵陣外にいるのは疑問を感ずると言うのであるが、
現に一旦敵陣に入った上で退いて敵陣外に出た一手なのであって、
「おかしい」と感ずる要素が見出せない。
又、「一手 > 一歩」という式を掲げているのであるが、
正確には「一手∋一歩」と言うべきである。即ち、一手には入った一歩と
出た一歩が含まれているということであるが、成りの要件としては「入った」ことで
足るのであって、「出た」ことは影響しないのである。言い換えると、
問題の一手は「入っていない一手」なのではなく、「入って出た一手」なのである。

168 :名無し名人:2006/11/29(水) 13:50:27 ID:pr4wFjKz
>問題の一手は「入っていない一手」なのではなく、「入って出た一手」なのである。
前述のとおり、私は「『最終的に敵陣外にいるという事実』が最優先」という立場です。
「入っていない一手」とは、「入って出た一手」を「その一手は、入ったとみなさない」と
いう意味で記述しています。

> 成りの要件としては「入った」ことで
> 足るのであって、「出た」ことは影響しないのである。
私は、そうは思いません。
「じっと」で成れるかは、成り方式にも絡んでくるかと思います。
一歩目で成って引いたでしょうか?これは移動終了後に成る、に矛盾しますよね?
一歩目で不成りで二歩目引くときに本将棋方式で成りでしょうか?この場合、中将棋方式では
成れませんね。
一歩目で入った事実のみ重要で、成り方式は関係なく成るのでしょうか?この場合、
「入った」は考慮し、「動き」は考慮しないのは「おかしい」ですよね?
一歩一歩を考慮するなら「出た」ことも考慮する必要があると思います。


私は立場は「入っていない」ですので、成り方式も関係なく、また、「じっと」はどういう経路を
通ったかに関わらず単なる「じっと」となりますので、いちいち棋譜に経路を明記する必要は
なくなります。
ルールをいちいち場合分けして複雑化するのもどうかと思うのですが。


>「成るのは」という文言を「成りの判断をする時期は」と解するのは困難である。
私は、「成りの判断をする時期」と判断します、ということです。
解釈はいろいろあるので、>>164がどういう意味で書いているかが気になっているところです。
甲派:乙派が、2:2になるか、1:3になるか、で大違いですもんね。


169 :名無し名人:2006/11/29(水) 17:06:29 ID:UDM5EdJc
>>163
一、大局将棋以外で味方を取る駒に関して
天竺大将棋の大将・副将・飛将・角将は可能とも言われている。
不可能とも言われるが、詳細は不明。少なくとも『世界の将棋』では
天竺大将棋の大将と大局将棋の大将は同一であるとされている。

二、味方の無明・提婆を取った場合に関して
>>163は「敵方の」という文言に特別な意味はないというのである。
確かに可能性としては充分にあるが、「根拠とするのは弱い」とするほどの
理屈ではないと考えられる。無明・提婆という駒は、最初が如何に弱くとも
修行を続けることで立派な僧になれるという教育思想を反映させたものと考えられ、
取った敵駒が成るというのが守れなかった指し手に対する代償であるとすると、
犠牲にしたというのですらなく、直接手に掛けたことで成るという考え方は
受け入れ難い。
又、「序盤の大将・副将の動きを抑制する意味」が考えられるというのであるが、
>>154で言った「重要」とは「味方の精鋭として重要」という意味であることは
言う迄もないが、無明・提婆を取った駒が成るという規則を準用させた段階で
一方的に迷惑な駒となってしまうことは>>154で既述しているのであり、斯かる上更に
邪魔駒としての役割を担わせる意図があったとは到底考えられないのである。
尤も、>>164の言う様に抑々大局将棋に準用すること自体が疑問なのであって、
仮定の話を過度に長引かせることは無益であるから、準用すべきという考え方が
有力に主張されない限りは、該議論は終了すべきではないかと思う。

170 :名無し名人:2006/11/29(水) 17:31:01 ID:UDM5EdJc
>>164
一、「何でも盛り込む必要」に関して
大方同意する。但し、通常の動きと特殊能力を直ちに同列に扱えるかは些か疑問である。
火鬼の「焼く」や獅子の足がある場合の特例も絶対に無いとは言い切れない。
特に火鬼は、「焼く」という能力が備わったとしても既に均衡を失するような舞台ではなく、
議論の余地はあると言えよう。

二、摩羯の動きに関して
>>164は、摩羯は駒を取らずとも曲がる際には着地したと解すべきだと言うのであるが、
飽く迄も角行に喩えるならば二度動かした様なものと言うに過ぎないのであって、
走っている「途中で」方向を変えるのであると解するのが妥当と考える。
駒を取ったら止まるという動きは正に一度の走りであると考えられるからである。
棋譜に関しても、転換地点が表記されなくとも一切の混乱は生じないのであるから、
無用ではないかと考えられる。

>>166
三、Wikipediaとの差異に関して
大局将棋に関する最も重要な資料である『大局将棋駒』を未確認なので
確実なことは言えないが、>>148の言う様に『世界の将棋』には無明・提婆に関する
特殊規定は記述されていない。信憑性は乏しいと言える。
又、大将の能力に関しても、「大将」の項目では>>166の言う様に大局将棋の四天王の様な
動きと記述されているが、「天竺大将棋」の項目では大局将棋の大将と同様な記述が
為されており、諸説を列挙せずに専ら著者の解釈のみを漫然と記述した弊害が生じている。
他にも、>>147の言う元龍の動き、更には奔鷲の動きも『世界の将棋』とは異なる。
老鼠の成駒の名称も「時鳥」は二字ではなく縦書きの一字であるとしており、全ての駒に
漢字の読みが付されているが根拠不明なものも多い。
尤も、奔鷲は仮に原本に「居喰い可能」の様にのみ書かれていたとしたら、
充分にあり得ることと考えられるし、「時鳥」も元々縦書きであったのであるから、
「時」と「鳥」が二字であるのか一字であるのかは容易に判断し得ないのであって、
『世界の将棋』の方が必ず正しいとも言えないが、一般的には信憑性は劣ると言える。

171 :名無し名人:2006/11/29(水) 19:51:06 ID:pr4wFjKz
>>169
>準用すべきという考え方が 有力に主張されない限りは、
Wikipediaでは「ある」ことになっています。「提婆または無明を取った駒は、取った駒を裏返して
教王または法性に成る。」と公言しているんです。
そして、世間一般的には、一掲示板より、むしろWikipediaの方に効力があると考えます。
Wikipediaにて公に記述されていることは「有力な主張」にほかならないのではないでしょうか?
こんなところでこんな議論をしていること認識している人は皆無といって過言ではないでしょう。
「ない」という具体的な根拠も挙がってはないかと思います。
よって、世間一般的には「ある」が主流であり、ここではむしろ「ある」が前提で、
「Wikipediaは間違い」ということを示す側だと認識していますがいかがでしょうか?
で、
>「採用するかどうか」、ではなく、「Wikipediaであることになっているけど、よいの?」です。
です。

> 無明・提婆を取った駒が成るという規則を準用させた段階で
> 一方的に迷惑な駒となってしまうことは>>154で既述しているのであり、斯かる上更に
> 邪魔駒としての役割を担わせる意図があったとは到底考えられないのである。
これは、私なら「戦略の幅が広がる」と表現します。
もっとも、そんなに複雑にしても使いこなせないでしょうけど。


172 :名無し名人:2006/11/29(水) 21:36:08 ID:wJyAMu0u
「僕が正しい!だってWikiに書いてあるんだもん!
 Wiki内容のソースはないけど、Wikiに書いてあることはとにかく正しいの!」

だってさ

173 :先手5人目:2006/11/29(水) 23:04:11 ID:NGt9speI
対局に関しては FLASH に従うということで問題ないでしょうか?

先手は摩羯を不成で敵陣に突っ込ませようと思っていたので
言いにくいのだが、以前の飛び越して捕獲の議論でも
対局は FLASH に従うということで問題なかったはずです。

これは対局に関しての話です。
ルールの議論は続けて行くべきだと思いますが
対局とは別と考えます。

現状、私は議論に参加していない状況ですが
ちょっと内容が難しいのでついていけてない状況です。
いずれできたら参加したいと思います。

174 :先手5人目:2006/11/29(水) 23:11:49 ID:NGt9speI
ちょっと補足
私は、以前の飛び越して捕獲の議論でも FLASH に従うことを
支持していたので、私が FLASH を神格化しているように思う人が
いるかもしれませんが、そうではありません。

現状は「明確なルール」というものが FLASH しか
存在しないので、対局は FLASH に従うのが適切と思います。

サイトまたは本を参照するにしても人によって解釈が違うが
FLASH を使えば誰でも同じはずです。
FLASH を起動(表示?)した人によって FLASH の動きが
違うということはないでしょう。

よって、対局でみんなが同じ条件で指すためには FLASH が一番便利であると思います。
FLASH のルールが正しいかどうかは別の話です。
ルールが間違っていたとしても、みんな同じ条件です。

繰り返しになりますが、以上は対局に関しての話です。

175 :147:2006/11/29(水) 23:26:54 ID:pr4wFjKz
すみません。
書き方が悪かったですね。
>大局将棋ソフトと対局できるの作くれればなって、思ったりして。
なので、ルールは、はっきりできるところを明確にしたかったのです。
人間対人間なら、困ったときにその都度考えて決めればよいですが、プログラム的には
初めから用意しておかないと、如何ともしがたいので。
そこで、ルールも含め、いろいろと、いろいろと勉強中なのです。
作るとすると、言語は、html?、java?、script?がいいのかな。
で、もし、それを公開できたとしたら、ルールはここを参考にしました、
と書くのは、「Wikipedia」かなと思っているので。
初めて「Wikipedia」を見た人は、裏事情を知る分けもなく、ああそうなんだ、
と思うんじゃないかと思ったもので。

改めてですが、ここでレスをくれた方には、とても感謝しております。
ありがとうございます。
もし、その時が来たら、何か特典とか用意できればと思っています。
その時は、合言葉は、「147さん、XXXです。じゃあ、そういうことで!!」ということで。
ちょっと、やるき。いつになるか分からないけど・・・。

実際問題として、通信対局は実現的でないだろうけど、駒得のみで、
プレイヤーが各駒に値をセットして、自動対局で勝負を決める、とか、どうかな?
いつになるか分からないけど・・・。


176 :名無し名人:2006/11/30(木) 01:14:49 ID:9O77EM2g
>>171
だ、大丈夫か? 世間一般的にはWikipediaは情報源にならないぞ
そんなこと大学以上の学識を持つ人の前で言ったら失笑を買うか嘲笑されるって
あんなものは個人の意見でいくらでも書きなおせるんだよ。公でもなんでもない
>>168も同じな。Wikipediaで何と言ってようがそれだけじゃ説得力ないよ
ま、それ以前に>>168の解釈は全面的に無理があると思うが・・・

それにしても>>170とかの人は忙しいんかな? 理論的には筋が通ってるんだがレス遅いかも

177 :名無し名人:2006/11/30(木) 02:05:58 ID:GmqTHy25
>>164の者です。

Yahoo!辞書では「将棋」について、〔互いに一手ずつ動かして…〕と
書いて有ります。
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E5%B0%86%E6%A3%8B&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=08978800

チェスのプロモーションは[昇格]の意味が有る様ですが、
成りについては、一手ずつ、つまり行動を終えてから、
[昇格]が可能になる、これも含めて任意が適切だと思います。

獅子とか一手で二歩移動が出来る駒は、一歩だけ移動して
一手を終えても良いし、二歩移動して一手を終えても良いはずです。
行動を終えてないのに、[昇格]が可能になるのは、不自然だと
思われるからです。
獅子が、一歩だけ移動して成れば、その段階で、その一手が
終了するのが妥当かと思います。
二歩移動する場合は、一歩目で成れずに、二歩目が終了した段階で
成るのが妥当かと思います。
二歩移動で、一歩目で敵陣に進入(移動途中)して成って、
二歩目で敵陣から出る(移動終了)のは、
二手指しと思えるからです。

摩羯に関してですが、角行の動き2回、つまり、×型の動き2回なので、
途中で方向転換して移動するにしても、[右斜め→左斜め]と
[左斜め→右斜め]の2種類の移動パターンが考えられるので、
棋譜で方向転換のマスを明確にする必要が有ると思います。

鉤行の様に、+型の動き2回なら、途中で何処で方向転換して移動したか、
移動パターンが1種類なので分かり易いですが、
皆がリアル・タイムで見てる訳じゃないので、
棋譜で方向転換のマスを明確にした方が分かり易いと思います。

178 :名無し名人:2006/11/30(木) 04:36:30 ID:GmqTHy25
補足です。

>>156の図で、一歩目で歩兵を取り獅鷹に成ると、
獅子としての二歩目で金将を取るのは、
「獅子としての二歩目」=「獅鷹としての一歩目」となり、
更に「獅鷹としての二歩目」として、もう一歩の移動が可能となり、
一手で計三歩の移動が可能になると思われ、
これが二手指しになると思います。


179 :名無し名人:2006/11/30(木) 04:44:06 ID:GmqTHy25
獅子の成りは獅鷹じゃなくて、奮迅でしたね。
間違えました。すみません。

>>178は獅鷹を奮迅に訂正します。



180 :名無し名人:2006/11/30(木) 06:16:47 ID:a8971DHF
> >>168も同じな。Wikipediaで何と言ってようがそれだけじゃ説得力ないよ
すみません。
私が言いたかったのは、「Wikipediaの信憑性が高い」とかではなく、
「Wikipediaの知名度が高い」のではないか?ということです。
もし、何も知らない人が大局将棋についてちょっとルールを調べたいと思った場合、
参照する確率はWikipediaが一番高いのではないか、ということです。
もっとも、これは私の勝手な思い込みですので、いやいやこっちが上でしょうという
サイトがあれば、是非教えていただきたいと思います。
その場合、上記での記述はまったく意味をなしませんので、訂正し、お詫びいたします。

参照される確率が高いサイトにある記述は、信憑性はともかく、それなりに影響度が
大きいのではないか、と考えてのことです。
#絶対値が小さいので、過敏になりすぎかもしれません。

信憑性で言えば、このスレがもっとも信頼できるものであり、[無明・提婆のルール]に
関しては、Wikipediaから消そうという流れにならないかな、と思っています。

とにかく私の書き込みで不愉快な思いをされた方もおられるかと思いますので、
お詫びいたします。
申し訳ございませんでした。


> ま、それ以前に>>168の解釈は全面的に無理があると思うが・・・
まあ、そういう面もあるかもしれません・・・。

>>164さん、>>176さん、先手5人目さん
成りに関する>>155での案、>>156図のケース、および、この図での「じっと」に
関する>>158での案の、どの案を支持されますでしょうか?
よかったらお聞かせいただけると幸いです。
#私は、>>155でB-2、>>158で乙説です。

だいぶ煮詰まってきたかな・・・。

181 :名無し名人:2006/11/30(木) 18:07:25 ID:ezlgIQpd
>>168
一、「入って出た一手」の解釈に関して
「入って」という部分を認めながら、入ってすらいないと解釈する論理的説明が
欠けている。「出た」ことで「入った」事実自体が消滅するとは通常考えられない。

二、「『出た』ことは影響しない」の解釈に関して
>>168は、単に「私は、そうは思いません」として異議を唱えるのであるが、
『世界の将棋』他が「敵陣に入れば成る」と名文で示しているのであって、
斯かる点で否定することは流石に「禁じ手」と言うべきである。
恐らく、「成りの要件としては」の文言を見落としていたために起こった
著しい解釈の誤りと思われるが、「入って」と言った瞬間に「入れば」の要件は
満たすのであって、「出た」ことは「成りの要件としては」考慮されないという意味で
言ったものであり、出た行動自体を無視する趣旨のことは言っていない。
「おかしい」とするならば、それは甲説の主張に対する解釈が「おかしい」のである。

三、「じっと」で成る場合に関して
何を如何様に曲解したのか明らかでないので、余り正確なことは言えないが、
「入った」ことで成りの条件を満たし、一手を終えた時点で成るという考え方である。
「出た」ことが「成りの要件としては」影響しないことは既に述べている。
敵陣に入ったことで成るというのは中将棋方式でも本将棋方式でも共通である。

四、棋譜の複雑化に関して
何を複雑と言っているのか明らかでないが、敢えて無駄に「じっと」と表記したがるから
複雑になるとも、「じっと成」の何が複雑か不明とも言える。

五、Wikipediaの記述に関して
>>168は、「成るのは」という文言を「成りの判断をする時期は」と解するというのである。
ところが、大局将棋の規則として着地点のみで判断が行われる可能性はあるにしても、
該文言自体を然様に解釈することは文理上不可能に近く、又、そう解したとしても
Wikipediaが信頼ある情報源に基づいていることが証明されない限りは、単なる
一説としての地位を超えるものではないのである。

182 :名無し名人:2006/11/30(木) 18:07:57 ID:ezlgIQpd
>>166
一、大将の動きに関して
大将の議論に入ると相当面倒なことになることが予想されるので、他の議論との
同時進行は避けるべきかと考えていたが、獅子の成りに関する議論も千日手の様相を
示してきているので、頃合かも知れない。取敢えず簡単に答えると、
味方の駒を取れるのは飛び越している最中のみであって、着地点には及ばない。
現に着地点では駒の格は影響しないとして飛越中とは区別しているのに、
味方の駒を取れるという点だけ適用すると主張するE説は矛盾していると考えられる。

>>173
二、対局上の規則に関して
少なくとも議論が集結する迄は、現行規則を改正すべきではないと思われる。
唯一つ、可能ならば改正すべきと考えることがある。麒麟の動きである。
確かに、『世界の将棋』を見ると現行の動きなのであるが、『大局将棋駒』
http://www.ne.jp/asahi/tetsu/toybox/kapitan/jpg/kp041dl.jpg
を見ると、中将棋の麒麟と同様、前後も跳ねなのではないかと考えられる。
『大局将棋駒』は当然最優先すべき資料であるから、我々が直に見て
中将棋と同様だと感ずるならば、麒麟の動きは改定すべきではないかと考えられる。

>>177
三、成る時点に関して
所論は妥当であるが、「二歩目が終了した段階で成る」というのは甲説・乙説共に
支持するところであり、現状異論はないのである。
論点は、「入っていない一手」であるのか、「入って出た一手」であるのか、
ということなのである。途中で成るという考え方は元より支持されていない。

四、摩羯の棋譜に関して
鉤行に「縦→横」と「横→縦」の二通りの可能性があることと何の違いがあるのか
明らかでないが、何れの軌道であったかという事は、一手として何らの影響も
与えるところはないのである。少しでも正確な情報を伝えようとする姿勢は
知識人としては極めて素晴らしいのであるが、棋譜上必要な情報とは言えないのである。

183 :名無し名人:2006/11/30(木) 18:20:37 ID:io4xVLis
確かに麒麟は明らかに間違いだよなぁ
出来れば直したい

184 :名無し名人:2006/12/01(金) 01:41:54 ID:CgcMtzH0
>>182
>味方の駒を取れるのは飛び越している最中のみであって、着地点には及ばない。
こうゆうルールがあったんですか。
>>9の説明では分からなかったもので。
>>9の説明に、敵味方で動き違うことと、特に「将棋」として最重要事項だと
思いますので「着地点には及ばない」を明記しておけばよいのではないでしょうか。
ちなみに、「敵の駒を取れるのは」はどうなるのでしょうか?
これも明記しておけば誤解もないと思います。


> 現に着地点では駒の格は影響しないとして飛越中とは区別しているのに、
> 味方の駒を取れるという点だけ適用すると主張するE説は矛盾していると考えられる。
すみません。上記のルールを知らなかったもんで、「将棋」というものは
「動く先(着地点)に駒があるとき、その駒を取れる」は、いちいち書くまでもない
暗黙のルールかと思っておりました。
よって、「飛び越える」と「着地する」は別々で、着地する場合には暗黙ルールとして
格は関係ないものとして扱うものと思ったのですが、前提が間違っていたのでお話に
ならなかったということですね。
チェスのポーンのように、「動く先」≠「駒を取れる」となるものが大局将棋にも
あったということですね。


185 :名無し名人:2006/12/01(金) 02:10:18 ID:LBnv3i3A
>>156の図の場合の成りについてですが、
一歩目で一手を終えても、二歩目(最終歩)で一手を終えても、
成る権利が生じる(任意)と考えます。

一歩目で敵陣に入ったが「不成り」を選択したと考え、
二歩目(最終歩)で敵陣から動く時は中将棋連盟方式が妥当かと、
個人的には思います。


186 :名無し名人:2006/12/01(金) 08:23:00 ID:CgcMtzH0
ちょっとぼやきです。
全否定されちゃってるからなぁ・・・。

仮に「※の動き」が、Eルールだったとします。
そうすると、先手の初手で、いきなり後手の太子を取ることができ、さらに王手です。
後手は、これを放置できませんので、取る一手です。
この後、後手からの同様の手順があり、これでは序盤で、玉属性を持った駒がいきなり1対1と
なってしまいますので、いまいちです。
もっとも敵の太子と引き換えなら大将を犠牲にする価値はあるのかも。

そこで[無明・提婆のルール]です。
このルールは特別ですので、駒を取った瞬間に成るのでしょう。
これでいくと、初手に先手の大将は後手の無明を取った瞬間に法性となり、この位置で止まることとなります。
後手はいきなり太子を取られることはありません。
後手は次にどうしますか?法性を取りますか?それとも大将で先手の無明を取りますか?
少なくとも次の手を縛られることはありません。
ここで初期配置において、提婆と無明が逆だとします。
そうすると、初手に先手の大将は後手の提婆を取った瞬間に教王となり、この位置で止まることとなります。
しかし、止まりはしますが、太子取りになっています。これでは、後手は取る一手になるでしょう。
初期配置の提婆と無明の位置関係にも意味があるのです。
そもそも、上記の場合、大将がもったいないので、こんな手順はまず選ばないでしょう。
ここで成りが味方にも適用されるなら、上記手順を「選べない」であり、いきなり荒れることもありません。

こう考えると、初期配置において提婆と無明の間の位置関係、大将との位置関係に
「序盤の大将・副将の動きを抑制する意味」がある考えるのはあながち間違いではないのじゃないかと
思うのです。

私は、素直に「※の動き」はEルールだと思いましたし、[無明・提婆のルール]があることも不自然と
思いませんでしたし、これら双方のルールと初期配置とが一体となることでバランスは取れていると思いました。
これに関し、よく考えられているなぁ、と思っていたのですが・・・。



187 :名無し名人:2006/12/01(金) 08:54:37 ID:CgcMtzH0
>>186の補足。
>後手は次にどうしますか?法性を取りますか?それとも大将で先手の無明を取りますか?
では、同大将で、王手ですね。
次、玉将を取られ、玉属性を持った駒がいきなり1対2となっては後手に有利すぎますので、
先手は、無明を大将のライン上に持ってくるしかないですね。
後手は、大将がもとの位置に戻り、太子取り。
先手は、無明がもとの位置に戻り、これを防ぐ。
千日手模様ですかね。

こんなやり取りもあったかも・・・


188 :名無し名人:2006/12/01(金) 18:01:43 ID:+QLGkUnI
>>184
一、「着地点には及ばない」に関して
>>182は言葉足らずであったが、「着地点には及ばない」という名文は無い。
『世界の将棋』の大局将棋の項目では、>>9の文言の「飛鰐は」と「自分より」の間に
「天竺将棋の走りと同じで、」の一句が存在しており、天竺将棋の項目を見ると
「これらの駒は通常の捕獲方法に加え、自分の進行方向に、自分より格の低い敵の駒と
自分の駒がある場合、それらを飛び越えて、飛び越えた格の低い敵の駒全てを自分の駒と
一緒に捕獲する。」
とあり、味方の駒を取れるのは「飛び越えた」場合に限られると考えられ、そうすると
文理的には着地点で取る駒は「飛び越えた」駒に含まれないと考えて述べたものであって、
確かに「着地点の駒」も「飛び越えた駒」に含むと修正解釈することは可能であり、
D説ならば直ちには否定し得ないが、格と味方の駒で扱いを異にするE説は不合理であるとの
意味だったのである。反論の余地も充分にある。

文法的には「飛び越えた」は「自分の駒」に係らないのではないかという批判が考えられる。
ところが、係っていないとしても、「飛び越えた」に該当しない味方の駒を取れるとすることは
直ちには不可能である。取れるとするには、大将等の駒が生来味方の駒を取れる性質を
有しているとの解釈が必要となるであろうが、然様に重大な例外事項を明記しないということが
あり得るのかという疑問は残る。仮に生来の性質であるとすると、副将の跳ねや
猛龍・飛鰐の踊りでも味方の駒を取れるということになるであろう。

189 :名無し名人:2006/12/01(金) 18:02:33 ID:+QLGkUnI
>>186
二、無明を取った場合に関して
>>186は、無明を取って法性に成ると無明がいた位置で止まる、という前提が必要となるが、
『世界の将棋』は「一緒に捕獲する」としているのであり、着地の時点で飛び越えた全ての駒が
同時に取られるのだとすると、太子を取り、太子のいた地点で法性に成るということになり、
抑制されていないことになる。
又、提婆であったとすると教王に成っても太子取りになると言うのであるが、>>137で言う
戊説が有力と考えている立場なので、そうすると太子取りにはならないということになる。
大将を抑制する意味ということに関しては、相手の大将を抑制する意味ならば賛同し得るが、
味方を抑制する意味ならば、既述の如く反対である。

再び大将の話に戻ると、
>>9で引用された方の文章が、「幾つでも飛び越して、自分のものを含む全てを捕獲」ではなく、
「幾つでも、飛び越して自分のものを含む全てを捕獲」と妙な読点の打ち方をしているのも
味方の駒が取れるのは飛び越えた場合のみ、と強調したものと考えることも可能であり、
無明が大将を止められないとすると初期状態で太子が取れることになることからも、
E説は現状では賛同し難い。

190 :名無し名人:2006/12/01(金) 18:03:24 ID:+QLGkUnI
>>185
三、獅子の成りに関して
>>185は要するに丙説ということであると思われる。
成程。敵陣一歩手前にいる獅子が敵陣へ二歩入り敵駒を取らなかった場合成れないということに
違和感を感じないと言われると意外に反論が難しい。或いはあり得るかも知れない。
但し、踊りが複数駒を取れるとする立場であるならば、問題は獅子だけに止まらないことになり、
踊りで敵陣に入る際、駒を取らずに成る場合は全員一旦敵陣最前列で止まる必要が生ずることを
留意しておかなくてはならない。
尤も、より敵陣奥へ突入したというのに却って成る機会を失うというのは、主観的には依然として
不自然な感が残る。

191 :名無し名人:2006/12/01(金) 22:17:56 ID:CgcMtzH0
>>188
>>184での
>ちなみに、「敵の駒を取れるのは」はどうなるのでしょうか?
に関しては、いかがお考えでしょうか?
私は、ちょっと、どういう理由でこのスレで>>10でのAルールとしたかが、思いつかないもので。


よく分からなくなってきたのですが、「格下」はどこに掛かるのでしたっけ?
  (1)「格下の駒を飛び越えられる」+「飛び越えた駒は取れる」
  (2)「格下の駒を飛び越えられる」+「飛び越えた格下の駒は取れる」
  (3)「駒を飛び越えられる」+「飛び越えた格下の駒は取れる」
(3)では、同格以上でも飛び越えられることになりますが、(3)はないですよね?
私は(2)だと思っています((1)だとしても意味的に影響はない)。

これを踏まえ、飛び越えられない時は、どこに着地するのでしょうか?
  (i)同格以上の駒の直前。
(ii)同格以上の駒の上。

私は、将棋では、駒の行けるマスに駒がある場合は、その駒は取れるもの思っています。
#味方のいるマスには行けないので、味方の駒は取れない。
また、感覚的に、最弱の歩兵ですら玉将・太子・大将という駒が取れるのに、
「将」を名乗るものが、玉将・太子・大将等を取れないはずはないと思っています。
これらから、(ii)であり、着地地点の駒を格と無関係に取れる、今回、味方の駒は直接
とれないだろうということで、Cルールと思います。
#(i)だということなら、Bルールになるかと。なぜにAなのだろう・・・。


192 :名無し名人:2006/12/01(金) 22:19:25 ID:CgcMtzH0
>>189
> 二、無明を取った場合に関して
>>>186は、無明を取って法性に成ると無明がいた位置で止まる、という前提が必要となるが、
これは以前、
> 「無明、法性になる、獅子奔王二枚のふるまいを兼て、臨機應變にこれをつかふ、
> おそよ〔凡その誤か〕何馬にても敵方の無明を取りたる馬は、敵陣の内外を論ぜず、
> 其處より取替へ法性に成てつかふなり、」
と引用いただいており、これは「駒を取った位置で」という意味ではないのでしょうか?
[無明・提婆のルール]を適用する場合、その特殊性から、「※の動き」より、優先される
ものと考えます。

> 又、提婆であったとすると教王に成っても太子取りになると言うのであるが、>>137で言う
> 戊説が有力と考えている立場なので、そうすると太子取りにはならないということになる。
このスレの方針では、太子取りかと思います。

「※の動き」と密に関係するルールなんじゃないかと思います。


193 :名無し名人:2006/12/01(金) 22:21:03 ID:CgcMtzH0
「成り」のルールに関して、
以前、>>148にて、
> 「駒は向こう11段目の敵陣に入れば成る。」としか書いてないからよくわからん
> 素直に読めば「成れる」じゃなくて「成る」だから強制成りとも考えられるが…
という回答をいただきました。

現在、「成り」のルールにおいて、いろいろ議論があり、もめておりますが、これでは、ルールを
明記すべきであったのにそれを書いていない、ということで、著者に落ち度があったことになります。
これは、いやいやそうではなく、大局将棋では、「強制成り」のため、書く必要がなかったから
書いていないんだ、と解釈するのが自然ではないか、と思うようになったのですが、いかがでしょうか?
ここで、「著者に落ち度があった」とすると、この資料の信憑性を落とすことにもなりかねません。

他に信憑性を上げることを考えると、まず、資料が執筆された時代における、他の将棋の「成り」に
関するルールを調べます。ここで、
  (1)ルールが同一である。
   ルールは同一ですので、明記しなくても同一であることが自明であった可能性があります。
   この場合、当時もっともよく指されていた将棋のルールを採用します。
  (2)ルールがそれぞれ異なる。
   この場合、前述の通り、「強制成りのため書く必要がなかった」と判断し、「強制成り」を
   採用します。
という案もあるかと思います。
#本将棋と中将棋は、もともとルールが違うのか、途中でいつ分化したかが鍵かと。

文意からも、状況からも、著者の名誉のためにも、「強制成り」がよいのではないでしょうか?



194 :名無し名人:2006/12/02(土) 12:52:56 ID:xCp7k/cJ
一、成りの規定に関して
>>193は、文意・状況・著者の名誉を考慮すると強制成りが良いと言うのであるが、
「成れる」でなく「成る」とあることが文意として強制成りを意味しないことは
既に述べており、当時一般的に敵陣強制成りを採用した将棋は存在しないことから
状況的にも不自然であり、寧ろ不成の選択が不可能である旨を明記すべきと言える。
「資料」とは何を指しているのか不明であるが、『世界の将棋』が『大局将棋駒』に
記述されていないことを記述しないことが落ち度と言える道理はないのであるから
『大局将棋駒』であると考えるが、『大局将棋駒』は現存する唯一の原典であり、
相当合理的な疑いのない限りは、何れにも優越して信憑性があると言うべきである。
尚、議論が激しいのは、成りの方式と言うよりは獅子の成りであるが、該事例は
考案者自身が想定していなかったことと考えられる。実質獅子にしか適用されず、
二歩しか進めない獅子が、大して強化されないのに敵陣迄向かい、敵陣一歩手前で
足を止めた、という条件が必要となる特殊な事例なのであるから無理もない。
中将棋ですら、獅子の、歩兵と仲人は喰添(付喰い)の対象にならないという
特殊規定に関して、歩兵や仲人自体が唯一の足であった場合には如何に解するのか
想定されていなかったという事実があり、我々にも当然にあり得ることであるから、
見落としがあったとしても、過度に咎める資格はない。
問題は然様な事態に遭遇した際に、現存の規定を基に如何に解釈して適用し、
整合性を高められるかである。完全な規定があるならば元より議論の余地はない。
成りの規定に関しては、当時一般的に行われていて、同じく敵陣成り方式である
本将棋か中将棋に則るべきであると考える。本将棋の方がより広く行われていたが、
大型将棋として類似性の高い中将棋の方が、大局将棋に準用するには相応しいと
考えられるので、中将棋方式が妥当であると解するものである。

195 :名無し名人:2006/12/02(土) 13:01:13 ID:xCp7k/cJ
二、獅子の成りに関して
>>185は丙説が妥当と考えると言うのであるが、『中將棋指南抄』に
「成駒はてき地へ入る時なる也、す馬にて入、二の手には不成、
てきの駒をとりては、内にてもなる也」
とあり、次の「手」では成れないと言うのであるから、中将棋方式を採用するならば
成りの規定は一手単位で定められていると考えられる。そうすると、一歩目を不成で
入ったとしても、二歩目は「二の手」とは言えず、入った一歩目と共に一手として
数えられるのであるから、一手完了後に成れるとする甲説が妥当と考えられる。

三、「格下」が何れに係るかに関して
『世界の将棋』の記述では、格下の駒が在る場合「それらを飛び越えて」とあるから、
先ず「飛び越える駒」に、次に「飛び越えた格の低い敵の駒」を捕獲するとあるから
「取る駒」にも係ることとなる。

四、無明がいた位置で止まるかに関して
>>192は「其處より」という文言を引用して止まることを肯定するというのであるが、
>>192自身「駒を取った位置で」と解釈しているのであり、既述の如く飛越完了時に
飛び越えた駒を「一緒に捕獲する」とすると、取った位置とは太子の位置を意味し、
「無明がいた位置」ではないことになる。

196 :名無し名人:2006/12/02(土) 13:47:46 ID:xCp7k/cJ
五、教王の動きに関して
「#」即ち「+++→」の動きが現行の規則となっているのは、『世界の将棋』に
「+++→の説明については、原点では詳しい説明がなく、不明であるが筋が
3つ引いてあるものは、駒を3つまで飛び越して走りが出来るものと思われる。」
とあることに基づくものであるが、御覧の様に現代人の推測である旨が
明記されている。ところが、該記号には説明というべきものが存在するのである。
「+++→」という記号は『象棋六種之圖式』で用いられているものであり、
教王の動きも八方に「+++→」で表されている。同書「摩訶大大象棋口傳」では
教王の動きが名文で示されており、>>154で引用した様に「奔王狛犬二枚の
ふるまいを兼た」ものとしている。但し、摩訶大大将棋の狛犬は八方に3○である。
すると、「+++→」とは走りか3○かの選択という動きを意味することになる。
『象戯図式』にも、教王「狛犬奔王之行走兼」、狛犬「頭尻上下四角両脇三踊」とあり、
解説が誤りである可能性は低い。これは名文の解説といっても過言ではなく、
九割八分正当な解釈と考えている。
『大局将棋駒』然りであるが、古い文献では移動可能な地点は「・」と「−」で
表しており、「−」の途中に「・」を記しても判別し難いことから直角に線を
引くことで表現したものと考えられる。
但し、現行の3○の規則では完全に走りに内包されることとなってしまうので
必然的に3○も疑問視しなくてはならないことになる。
尤も、前述の如く「・」とは「○」も「×」も「獅子の動き」も区別しないものであり、
「+++→」の場合のみ扱いをことにする可能性も充分にあり得る。斯かる意味では
摩訶大大将棋の狛犬も、「+++→」で走りと組み合わされるのも、「3・」と
表記されるべきかも知れない。

197 :名無し名人:2006/12/02(土) 15:39:03 ID:4GfKYO1l
>>194
>強制成りを意味しないことは 既に述べており、
これは、「強制成りか」を議論するのに、強制ないではない『中將棋指南抄』を
引用しており、議論としては不適切であるかと思います。
「強制成りであることの根拠にはなり得ない」かもしれませんが、 「強制成りで
ないことの根拠にもなり得ない」かと。

>寧ろ不成の選択が不可能である旨を明記すべきと言える。
文意として、「強制成りとも考えられる」ことには違いないと思います。
著者は書いたつもりでいるかもしれません。
そして「状況」とは、「不成り規定について書かれていないこと」を指します。
著者が、獅子の成りについて、これが想定外だっただろうことには、同意します。
しかし、既に本将棋・中将棋で不成規定が違う事実があるにも関わらず、本をまとめよう
という人が「不成り規定」も想定外だったと考えられるでしょうか?
むしろ、「本将棋・中将棋で不成規定が違う」なら、どちらに準ずるか、もしくは
改めて記述する必要があるかと思います。
現に本将棋・中将棋のどちらか、断定できる状況にはないわけですから。
これは、「強制成り」だからこそではないでしょうか?

>中将棋方式が妥当であると解するものである。
不成規定について自明とするなら、「本将棋の方がより広く行われていた」ので
あれば、本将棋方式かと思います。
まず必ず「本将棋と比較して」ということが念頭にあるだろうからです。
これに沿わないのでれば、その旨を明記すべきと思います。

著者が「強制成りを書いたつもり」でいる確率と「不成規定が想定外だった」という
確率でどちらが高そうでしょうか?

「見落とし」が多ければ、人はそれを信用できなくなってくるのではないかと思います。
そもそも、私は「見落としはなかった」という立場ですので、「咎める」など思いも
よらないことです。


198 :名無し名人:2006/12/02(土) 15:59:33 ID:4GfKYO1l
>>195
>四、無明がいた位置で止まるかに関して
>>>192自身「駒を取った位置で」と解釈しているのであり、
ええっと、私は、言い換えると「敵の無明のいた位置で止まる」と解釈しています。

>既述の如く飛越完了時に 飛び越えた駒を「一緒に捕獲する」とすると、 
とのことですが、以前、>>184にて、
>味方の駒を取れるのは飛び越している最中のみであって、着地点には及ばない。
との記述もあります。
「着地した時点」と「飛び越している最中のみ&着地点には及ばない」は矛盾して
いるように思います。
これは、敵味方で飛び越した駒の取り方・タイミングで異なるということでしょうか?
申し訳ございませんが、今一度、敵味方のそれぞれについて、どう解釈されているか
お教え願えないでしょうか?

さて、私は、[無明・提婆のルール]には「※の動き」を抑制する働きがあると
解釈していますので、
  (1)無明のいた位置で止まる
  (2)[無明・提婆のルール]は、「※の動き」より優先される
となります。

(2)がありますので、「※の動き」での駒の取り方、着地の解釈には影響されず(1)となる
という解釈です。


199 :名無し名人:2006/12/02(土) 17:56:25 ID:4GfKYO1l
>>196
>五、教王の動きに関して 「摩訶大大象棋口傳」より、
  (1)摩訶大大象棋・教王 =摩訶大大象棋・奔王 + 摩訶大大象棋・狛犬
が成り立つ。よって、摩訶大大将棋においては、「+++→」=「/」or「3○」、
である。ということですね。

各将棋において、同名の駒の動きは必ずしも一致しないと思います。
駒の動きにおいて、以下の(2)〜(5)で成り立つのでしょうか?
  (2)大局将棋・教王 = 大局将棋・奔王 + 大局将棋・狛犬
  (3)大局将棋・奔王 = 摩訶大大象棋・奔王
  (4)大局将棋・狛犬 = 摩訶大大象棋・狛犬
  (5)大局将棋・教王 = 摩訶大大象棋・教王
(3)は成り立つことは自明でよいですよね?
摩訶大大将棋の狛犬は八方に3○なのですから、(4)が成り立たないのは明らかで、よって、
「教王 = 奔王 + 狛犬」とする立場なら、(5)も成り立たないのも明らかです。

さて、大局将棋においても(2)に矛盾はありませんので、これが成り立つとすると、
 (6)大局将棋・狛犬 = 大局将棋・奔王 +3マスまでの「×:そのマスまで飛び越えて行ける」
と解釈可能なので、
 大局将棋・教王 = 大局将棋・奔王 + 大局将棋・奔王 +3マスまでの「×:そのマスまで飛び越えて行ける」
         = 大局将棋・奔王 +3マスまでの「×:そのマスまで飛び越えて行ける」
となります。実際は、
 大局将棋・教王 = 「/」or「+++→」
なのですから、ここで、「+++→」の「+++」は「3マスまでの×」に相当し、「→」は
さらなる拡張と考えれば、大局将棋においては、現行の動きが素直な解釈となるかと思われます。
#もしくは、3マス飛び越えてから走る、か。鳩槃の動きの表現はどうなのでしょうか。

「+++→」の動きとして、大局将棋では金翅、大象、奔翅、元龍がそれを持っているようです。
ただ、奔翅、元龍は、大局将棋のみとなりますので、金翅、大象についても他と比較するとよいかと思います。

ちなみにWikipediaを見ていっらしゃいますか?こちらでは、狛犬の動きは「甲乙丙」の3歩動けるタイプになっているようです。


200 :名無し名人:2006/12/02(土) 18:06:01 ID:xCp7k/cJ
一、成りの方式に関して
>>197は、文意として強制成りとも考えられると言う。
ところが、強制成りでないという文意にはなり得ないが、強制成りであるとの
文意にもなり得ないのである。『中將棋指南抄』でも「なる」が強制成りを
意味しなかった様に、それこそ当時一般的には「なる」という文言自体が
「成る」・「成れる」を表現するものではなかったのである。然るに、仮に
「成る」という文言だけで強制成りと認識させようとしたのならば、
結局は万人に理解させようとする意識が欠けていたと言えるのである。
又、「不成規定を想定しなかった」という話を持ち出しているが、飛躍しすぎである。
「本将棋の方がより広く行われていた」ということが気に掛かるようであるが、
本将棋は有名でこそあるものの、小将棋より独自に発展した特殊な将棋なのである。
中将棋を排して本将棋の規定を準用するとは、一般に考えられなかったであろう。
そうすると、敵陣成り方式以外に何も書かれていない場合は中将棋に遵うというのが
原則であったと考えられ、少なくとも一般に存在しない敵陣強制成りと解釈させる
意思があったとは考え難い。
尚、強制成り方式を採用するならば、成れる駒は、詰将棋の初期配置でも敵陣内で
不成状態でいることは許されないこととなるであろう。現実に存在した場面でなくとも
現実に存在可能な場面でなくてはならないからである。

二、大将の味方を取れる条件に関して
>>195は着地点で「一緒に捕獲する」ことは>>184の言動と矛盾すると言う。
成程、>>182は修正が必要である。「飛び越している最中」の文言は
「飛び越えた場合」と読替えるものとする。

三、「+++→」の動きの補足
>>196で述べた教王の事情を考慮した上で「+++→」(#)の動きが可能な駒を見ると、
何れも明らかに「3○」(3・)と関係あるということが明らかとなる。

201 :名無し名人:2006/12/02(土) 18:06:15 ID:4GfKYO1l
>>199の訂正。
誤:
  さて、大局将棋においても(2)に矛盾はありませんので、これが成り立つとすると、
   (6)大局将棋・狛犬 = 大局将棋・奔王 +3マスまでの「×:そのマスまで飛び越えて行ける」
  と解釈可能なので、

正:
  さて、大局将棋においても(2)が成り立つとすると、
   (6)大局将棋・狛犬 = 大局将棋・奔王 +3マスまでの「×:そのマスまで飛び越えて行ける」
   という解釈に矛盾はありませんので、



202 :名無し名人:2006/12/02(土) 18:07:31 ID:xCp7k/cJ
四、大将の諸説に関して
>>191は如何なる理由でA説が採用されたのか不明であると言う。
全く同意見である。>>10では明らかに説明不足である。過去に如何に画期的な
議論が為されていたとしても、結論を列挙するだけでは何れも根拠不明な説に
陥るものと言える。次からは各説の論拠と批判、及び批判に対する弁明程度は
記載しておくべきと考える。今からでも過去の議論を纏められる方がおられたら
是非纏めて頂きたい。

一応、過去の議論を踏襲せずに各説を考察するに、
E説は既述の如く、同じ飛越の際に認められる筈である格の規定と味方を取る機能を、
片方は着地点にも適用し片方は適用を否定するという不合理な解釈をしており
妥当でない。味方を取る機能が生来有する性質と解することも著しく困難である。
F説は何を論拠としているのか想像すら不能である。無理な折衷という感がある。
D説は「飛び越えた」駒に「着地点で取った」駒を含むと解するならば可能であるが、
文理的には途中の駒のみと言うべきであろう。

A説は飛越を伴う走りでは飛越でしか取れないが、他に奔王の走りも可能という
如何にも不自然な解釈がある。尤も、「通常の捕獲方法に加え」という文言が
『世界の将棋』に記されており、一理はある。ところが、奔王の動きが別に存在すると
解したとしても、敵駒がいるだけで移動不能になるという重大な例外を肯定する
理由にはならない。但し、防御側に何の隙もなくとも、問答無用で突撃されることを
嫌ったという点では、賛同し得ないこともない。

203 :名無し名人:2006/12/02(土) 18:09:30 ID:xCp7k/cJ
四の二、大将の諸説に関して(続)
B説は、着地点の敵駒を取れるとした上に初期状態で太子を取れるという欠点を
封じた点で、適合性は高い。ところが、味方を取る機能は否定しながら、格の適用を
認めている点でE説と同様の批判が可能である。但し、大将系の駒は格を重視する
駒であることは明らかであるから、生来同格以上の駒は取れないと解することは
E説の言い分よりは合点が行く。仮にそうなるとすると、副将の跳ねや猛龍・飛鰐の
踊りでも同格以上の駒は取れないことになる。

C説は、飛越の規定は飛越中のみ通用するもので着地点は通常の原則に遵うとする点で
理屈の上では最も有力と言える。但し、初期状態で太子が取れるということになると
著しく興醒めである。無明に摩訶大大将棋の能力を準用させることで大将を止めるという
考え方もあるが、着地点で「一緒に捕獲」し、「其處より」成るのだとしたら、
大将は止められないことになる。尤も、概念的には、大将の動きは飛越と言うよりも
薙ぎ倒しながら猛進する様なのであり、順次取って行く印象が大きいことは確かである。

実は未だ支持すべき説に関しては迷いがあるが、確かにC説で敵方の無明を取って
止まるというのも一応考えられる。但し、無明・提婆の規則を準用するならば、
無明・提婆だけは摩訶大大将棋同様、敵駒を取った瞬間に成るとする程度の
前提は必要とする。自分が取った際の権利は剥奪されて、取られた場合の規定は
準用するというのは不条理である。自分が取っても成れるからこそ存在する規定と
言えるからである。
前提を欠く場合には、B説を一応支持する。

204 :名無し名人:2006/12/02(土) 18:20:32 ID:4GfKYO1l
>>200
>又、「不成規定を想定しなかった」という話を持ち出しているが、飛躍しすぎである。
なぜですか?

>中将棋を排して本将棋の規定を準用するとは、一般に考えられなかったであろう。
「一般」とはどのような人を指しますか?
現在、中将棋のルール知らない人が、もしくは中将棋自体を知らない人が大多数なのでは
ないでしょうか?

> 尚、強制成り方式を採用するならば、成れる駒は、詰将棋の初期配置でも敵陣内で
> 不成状態でいることは許されないこととなるであろう。現実に存在した場面でなくとも
> 現実に存在可能な場面でなくてはならないからである。
大局将棋の詰将棋が残っているのでしたら、それは決定的な理由になり得ます。
残っていたということでしょうか?


205 :名無し名人:2006/12/02(土) 18:29:27 ID:xCp7k/cJ
教王の動きに関して
>>199は「狛犬奔王之行走兼」の解釈に関して重大な誤りがある。
教王の駒は「狛犬」や「奔王」とは何の関係もない駒なのであって、
「狛犬」自体が重要なのではない。摩訶大大将棋の「狛犬の動き」が
「頭尻上下四角両脇三踊」の説明として極めて適当であったから
引用したに過ぎないのである。故に、他の将棋で「狛犬」や「奔王」の動きが
変化したとしても影響はないのである。
又、実質的には教王の動きを論じているのではなく、「+++→」という記号の
意味に関して論じているのであり、古い文献を無視して別の意味で「+++→」の
記号を用いるという暴挙に出ない限りは将棋間の際の問題は生じないのである。

二、成りの規定に関して
>>204は現在中将棋を知らない人が多いという話をしているのであるが、
何故に現代人の話をしているのか意味不明である。
尚、詰将棋の話は単なる傍論である。留意すべき事項として述べたに過ぎない。

206 :名無し名人:2006/12/02(土) 19:05:43 ID:4GfKYO1l
>>205
> 二、成りの規定に関して
> >>204は現在中将棋を知らない人が多いという話をしているのであるが、
> 何故に現代人の話をしているのか意味不明である。
私は「一般」の意味を、「世間一般の大多数の人・意見」と解釈したからです。
で、一般の現在人だとしたら「中将棋」と思うことはないのではないか、
当時の人もそうなのではないか?ということです。
>>200の「一般」とは、なにを指していたのでしょうか?


207 :名無し名人:2006/12/02(土) 19:26:17 ID:7rFoH2em
私はA説支持ですが、理由は主に2つです。
一つは、「初期配置で王手がかかってる」というおぞましい状況を回避するため。
C,E,F説を採れば初期配置は一手目で先手の大将が後手の太子を即取り出来てしまうひどい配置になってしまうので、
歴史的に正しいかどうか以前に実際の対局では採用することに抵抗があります。
よってA,B,Dのどれかということになるのですが、要約すれば
A説=着地点は「飛び越す」に含まない
D説=着地点も「飛び越す」に含む
ということになるのに対し、B説には「格下の敵駒のみ取れる」という状況に関して根拠がなく、弱く感じます。
したがってAかDかということになりますが、日本語の「飛び越す」の語感から考えてAが良さそうだというわけです。

もう一つは、A以外では大将系の駒はいつでも敵陣にほぼ好きな様に突っ込むことが出来、相手は防ぎようがないのに対して
Aでは不用意な隙間を作らないことによって大将系の突撃をある程度防ぐことが出来、ゲームとしての面白味が増すと思うからです。


いずれも歴史的背景よりは「ゲームとして、どちらがより面白いルールか?」という観点が強いので、
本来のルールを尊重する立場の方にはあまり説得力がないかもしれませんが、
やはりゲームとしては「やってて面白い」ことは最優先だと思うのです。

208 :名無し名人:2006/12/02(土) 21:32:04 ID:PvT/Kwjx
議論参加者は二人?
ROM居る?
点呼取りたいな。意味はないけど。

ROM1

209 :名無し名人:2006/12/02(土) 22:45:51 ID:eIkgzwxV
あんまり理解してないけど興味本位で読んでる

ROM2

210 :先手5人目:2006/12/02(土) 23:05:36 ID:dIlm1VIl
>>202
飛び越して捕獲の議論は
大局将棋を指しましょう3〔第1局第3譜〕
の312から400レスぐらい続いているので
まとめるのは難しいですね。

対局掲示板にはログはないようなのでうpしました。
ttp://up.spawn.jp/file/up55698.zip

>>208
今のところ
ROM3

211 :名無し名人:2006/12/03(日) 08:47:31 ID:GfX6EJ7u
自分には難しい話だが
ROM4

212 :名無し名人:2006/12/03(日) 09:57:03 ID:zufOFR72
同じく難しいしたまにしかこれないが
ROM5
漏れの考えも付記しとく
大将系の駒についての意見はほぼ>>207と同じだけど
私の解釈は大将、教王(駒を3個まで飛び越えられるの解釈において)、四天王
の3種は特殊なグラスホッパーなのでは?と言うもの
(グラスホッパーについてはググッてくれいフェアリーチェスの駒だ)
この解釈ならこの3種に共通点に近いものが出来る
大将・・・着地点に駒があってはいけないし、格上の駒も飛び越えられないが、
敵味方の駒を薙ぎ倒しながら走るか、奔王の動きで駒を取る
教王・・・どんな駒も3個までなら飛び越えられる。着地点の駒は取れない
駒を取るときは奔王の動きで取る
四天王・・・大将の逆に近い、どんな駒も飛び越えられるが着地点の駒しか取れない



213 :212:2006/12/03(日) 14:25:09 ID:zufOFR72
連投スマソ
ふと思った。
大将系の駒の元ネタって中国将棋の砲なんじゃ・・・
そう考えると格の制限、駒を何枚でも取れることを除けば砲と一緒だ。
後もう1つ、なんで大将の薙ぎ倒しの動きでは>>捕獲<<と言う言葉が使われているのだろう
それは、(漏れの推測だが)確か世界の将棋では>>通常の移動のほかに<<との文言が入っていたはず
大将の動きでは玉、太子は取れない。だから王手をかけるための動きとして通常の動き(奔王)の動きがあるのでは??


214 :名無し名人:2006/12/03(日) 23:35:09 ID:UF9tM16T
ROM6
>>206
いくらなんでもWikipedia以外の情報源にもう少し触れたほうがいいよ
中将棋が絶滅しかかったのは戦後。江戸時代はもっと多く指されていたらしいよ
大局将棋駒が書かれた時代の一般ってことくらいは漏れみたいなアフォでもわかる

ちなみにわざとやってんのかもしれないけど、sageる方法はE-mail欄に「sage」な

215 :206:2006/12/04(月) 00:44:05 ID:spI2CiVD
>>214
> 大局将棋駒が書かれた時代の一般ってことくらいは漏れみたいなアフォでもわかる
すみません。
「大局将棋駒が書かれた時代の一般」というもの内容が、
本将棋(を指してた人)のこと?中将棋(を指してた人)のこと?そのとも別のなにか?
のどれになるのか、ということが分からなかったもので。
わかるということなので、教えていただけないでしょうか?
#私は、「大局将棋駒が書かれた時代の一般」=「本将棋」と思ったわけですよ。
#「中将棋」は、当時「もっと多く」はいいのですが、「もっとも多く」だったのでしょうか?


216 :名無し名人:2006/12/04(月) 02:23:24 ID:eJ2SjChO
ROMって結構いるのな・・・まあよかった(のか?)
とりあえず麒麟の動き>>182と「+++→」の意味>>196>>200は禿同
FLASH修正とかはおいといてこれに反対の人っている?

大将のはEとFはそろそろ削除してもいい希ガス
支持者いないし、矛盾してるし、ゲーム性無いし・・・
それとテンプレの猫刄は初期配置のとこだけ「猫刀」のままになってるな

>>215
当時大局将棋駒を読む(興味を持つ)と予想された人だろ?


217 :206:2006/12/04(月) 06:21:52 ID:spI2CiVD
> >>215
> 当時大局将棋駒を読む(興味を持つ)と予想された人だろ?
回答ありがとうございます。もう声!!
「当時大局将棋駒を読む(興味を持つ)と予想された人」の中で
「中将棋を知っている人」と「それ以外の人」の比率は感覚的にどれくらいとみますか?
中将棋方式が自明といえるくらい、「中将棋を知っている人」の方が多いとみられますでしょうか?

> とりあえず麒麟の動き>>182と「+++→」の意味>>196>>200は禿同
> FLASH修正とかはおいといてこれに反対の人っている?
「+++→」の意味については、現状では同意しかねます。
まず、『世界の将棋』の著者は、この本をまとめるのにそれなりの情熱と時間を
つぎ込んだと思うのです。その中で>>196等の内容に気がつかなかったと言えるでしょうか?
私は、むしろ気がついた上でなお問題があったと判断したのではないかと思うのです。

また、>>196等での「+++→」の議論は、大局将棋の「+++→」と他の将棋での「+++→」が同じ動きで
あることを前提としていると思われます。
例えば、A資料では、駒の動きを、
  ×:そのマスまで飛び越えて行ける
  →:その方向にいくらでも進める(走る)
と定義していたとします。また、B資料では、
  →:そのマスまで飛び越えて行ける
  /:その方向にいくらでも進める(走る)
と定義していたとします。
ここでA資料とB資料とで「→」の動き方の意味が違う訳ですが、何か問題があるでしょうか?
同一資料内で同じ記号に複数の意味を持たせることには問題がありますが、
異なる資料であれば、同じ記号が別の意味であっても、その資料でどう定義したかが
はっきりしていれば、(「暴挙」と思われるのかもしれませんが)問題はないと思うのです。
「+++→」の意味が「大局将棋と他の将棋とで等しい」という保障がないかぎりは同意しかねます。


218 :名無し名人:2006/12/04(月) 06:44:03 ID:0vMi8UJI
>>216
Fはゲーム性はともかく、素直な解釈の一つではあると思う
Cルール+着地点も「飛び越す」に含むってことだから

Eは意味不明だね

219 :名無し名人:2006/12/04(月) 18:02:09 ID:bnhCCn/Q
一、「+++→」の意味に関して
>>217は記号の意味が等しいことに疑いがあると言うのである。
ところが、元より、教王という同じ駒に、全く別の機能を持たせながら、全く同様の記号を
偶然に用いた、という解釈自体に無理があることは言う迄もなく、更に例を挙げるならば、
大大将棋「大象」は斜め前方に「・」が一つ欠けている他は同様の記号であり、同じく
大大将棋「金翅」は、重複して表記されているが、一方は後方の走り、一方は前方の走りが
欠けている他は同様の記号を用いているのである。特に、「金翅」は元々前後共に走りが
可能な様に表記したところ、線が薄れた類の原因で欠け落ちたものと言えるであろう。
そうすると、『大局将棋駒』の著者が、少なくとも『象棋六種之圖式』と同様の意味として
「+++→」の記号を用いる意図であったことは、殆ど疑う余地がないのである。

又、『世界の将棋』が該解釈を用いなかった理由は、教王「狛犬奔王之行走兼」に対して、
狛犬は奔王に完全に内包されるものであるから修正案を考えたとの旨を記述しており、
偏に、狛犬が現行の「3○」の動きとの固定観念に基づいて惹起されたことは明らかである。
ところが、『象棋六種之圖式』「摩訶大大象棋口傳」では
「四方四角、踊り三目、其中一目二目、 要に隨てこれをつかふこと、獅子のごとし、
但し獅子は踊り二目、不正行度なり、 狛犬は踊り三目、八方正行度す」
とあり、狛犬が単なる「3○」でないことは明記されているのである。
該文言に遵うならば『世界の将棋』が感じた疑問は全て解消されるのであり、
複数資料に明言された教王の説明を覆す必要も、「+++→」の記号に新たな
解釈を与える余地もないことになるのである。

尤も、踊りが全て狛犬と同様であるかは不明である。「3○」となっている駒が
全て正行度三踊の獅子であるとは、直ちには言えない。但し、金剛に関しては
「四方三目踊る、踊らざれば一目なり、二目馬を越え、四角あゆみ一目」
という解説が、同じく「摩訶大大象棋口傳」にあることを紹介しておく。
他の駒の解説では踊るとあっても、踊りの内容には深く触れていない。

220 :名無し名人:2006/12/04(月) 18:03:28 ID:bnhCCn/Q
二、大将の動きに関して
>>210先手5人目殿、有難い。成程、大方の次第は理解した。

F説は、成程言い分は>>218が言う様に、着地点は「飛び越えた」に含むが通常の捕獲も
可能というもののようであるが、着地点を「飛び越えた」に含んだ時点で同格以上の駒が
存在する場所には移動不能なのであって、通常の捕獲をする余地はないと言えるであろう。
尚、細かいことを言うならば、文言に忠実なC説と組み合わせるよりは、D説に
通常の捕獲が可能とする条件を付加させたものと言うべきであろう。

次に、C説であるが、>>198は摩訶大大将棋にある無明・提婆の特殊規定を準用することで、
初期状態太子取りを防げると言うも、「敵方の無明」及び「一緒に捕獲」の文言に
反していることは既に述べたが、仮に該諸文言に反して適用したとしても、2一七副将や
36一八猛龍他で、結局玉将取り・太子取りを防げておらず、余り意味がない。
>>207の言う単に「より面白い」という程度では賛同し兼ねるが、C説では対局が
成立するとは言えず、「合理的」と言える領域を逸脱しているのであり、到底採用し得ない。
現在のC説は「詰み」と言えるであろう。

B説支持者はC説が文理的には最も正しいとしながら、C説の不合理性を指摘し、考案者の
意思は格の適用が着地点にも及ぶものであったと推察するのである。又、斯かる修正は
他説の修正よりも限定的であり、C説が不可能である以上はB説が最も文言に忠実であると
言うのである。ところが、通常の着地で取れる駒は強弱に関わらないというのも
大原則なのであり、着地点は飛越に含めないとしながら、飛び越す場合のみ通常の着地でも
格が影響するというのは不合理と言える。合理的に修正するならば、>>203で述べた様に
大将系の駒自体が本質的に同格以上の駒を取れないとすべきである。そうであるならば、
格を重視する駒という前提が存在する以上、「飛び越えた」と言う日本語自体を改めるか
通常の着地でも味方を取れるという修正をするかしかないD説や、敵駒がいるだけで
移動不能として将棋の大原則を覆すA説よりは、明らかに限定的な修正と言え、>>207
門前払いされることもなくなるであろう。

221 :名無し名人:2006/12/04(月) 18:05:34 ID:bnhCCn/Q
二の二、大将の動きに関して(続)
A説は嘗ての議論では大多数を占めたのであるが、理由としては、A説以外では、
防御如何に関わらず、結局何かしらの突撃が可能となるということを嫌ったものの他に、
対局中であるのに規定を途中で変更することに反対したものや、早期対局再開を
願ったものといった、当時の状況が反映した理由も相当な数に上ることが明らかである。
ところが、我々は自己の主張の為に対局を中断させ、況して現在の対局に直ちに
適用させようとするなどいう自分勝手な思考は持ち合わせていないのであり、
然様な心配は無用である。誤解無きように確認しておくと、>>182で「改定すべき」と
言っているが、適用は飽く迄も次の対局にすべきと考えている。
とは言え、>>202でも述べたが確かに突撃に対して何らの対抗手段もないというのは
厳しいものがあり、尚もA説は有力と言える。但し、B説と比較すると考案者の意図とは
思えないA説は、優先順位としては後になるべきと考える。

ところで、C説を生かす解釈として、四天王系が「飛び越えて走り」であるのに対して、
大将系は「飛び越えて……捕獲する」であることを根拠に、飛越の後には走り不能、
即ち、飛び越した集団の直後でなくてはならないとする考え方は不可能であろうか。
仮に新生C説と名付けると、新生C説では、A説とは逆に駒と駒の間に空間を
生じさせることで、大将系の突撃を緩和させることが可能となる。
過度に密集したために一撃で崩壊するという状況は現実でもあり、必ずしも観念的に
反するものではない。何か問題があらば御指摘願う。

>>212の言う「グラスホッパー」なる駒であるが、簡単に調査したところ、
着地点の駒は取れるようである。A説に近い様には余り思えないが、寧ろ、一つ飛び越して
次の地点に止まるというのは、丁度新生C説に近いと考えるのであるが、如何であろうか。

三、傍論
>>213
『世界の将棋』の文言は>>188で引用しているが、「通常の捕獲方法に加え」とあり、
特別に大将の薙ぐ動きに関してのみ言ったものではないようである。

222 :名無し名人:2006/12/04(月) 18:33:22 ID:0vMi8UJI
新生C説は大将系がかなり弱体化するな
敵に隣接しないと飛べないわけだから、死角を突くとかクッションの味方を挟むとかしないといけないわけだ
陣地に一気に突っ込んだりするのはほぼ不可能になる

223 :名無し名人:2006/12/04(月) 19:18:59 ID:spI2CiVD
>>219
私には理解不能です。
結局、『世界の将棋』と結論が異なるのはなぜなのでしょうか?


で、もし、これを認めたとすると、次は>>137のどれになるかという議論になるんですよね?
#>>137でいうと「玉将」は「2○」ということですよね?
戊説とのことですが、乙説と丙説のどちらよりでしょうか?
乙説にしろ丙説にしろ、影響のある駒が多すぎて・・・。
奔獏・奔鬼は成ると奔王ですが、あながち強くなるとも言えなくなるということですね。


224 :名無し名人:2006/12/04(月) 23:25:59 ID:eJ2SjChO
>>222
待て、シャイロック!
>>221はフェアリーチェスのグラスホッパーに似ていると言ってるんだぞ
http://www.abz.jp/~k7ro/rule.html
の「ある駒を1つ」を「格下の駒の集団1つ」としたって感じじゃあないのか?
だから、隣接してなくても最初は走れるってことだと思う

面白そうだから、変な手順が発見されなかったら便乗するかな

225 :名無し名人:2006/12/05(火) 04:57:05 ID:gQIaC5Bm
ROM7

226 :名無し名人:2006/12/05(火) 08:11:14 ID:BnSeQcYW
>>217
大局将棋ってのは多くの将棋から駒を勢ぞろいさせたパロディ的なものだから
やっぱり元ネタを知ってる人向けだろうな(中将棋どころか大将棋以上も知ってるかも)
中将棋はそこそこ知られてたみたいだし、
元々中将棋も知らない人に広める気はなかった希ガス
ってことで、作者の予想としては10:0と言えるかもよ?

>>223
なんつーか、ここまで言われるとなぁ・・・
摩訶大大将棋で無明・提婆の件も一言も触れてなかったみたいだし
世界の将棋の作者は「摩訶大大象棋口傳」ってのを読んでなかったとしか・・・


なんか微妙に議論に参加する気になってきたかも(たまーにしか無理だが)

227 :名無し名人:2006/12/05(火) 18:05:09 ID:VHkwg2i7
一、新生C説に関して
>>222は、新生C説では敵に隣接しなくては飛べず、著しく弱体化すると言う。
ところが、大将系の飛越は、『世界の将棋』に「天竺将棋の走りと同じ」、
「…→は天竺将棋の走りと同様」という表記もあるように、飽く迄も「走り」なのである。
そうすると、「走り」とは敵駒に当たった場合通常取って止まるものであるところ、
「通常の捕獲方法に加え」、「飛び越えて……捕獲する」ことも可能とするのであるから、
>>224の言う様に、駒が存在する地点迄は走ると解せるのである。

即ち、初手19二五大将で一応太子取りが掛かるが、後手は19一二歩兵とするだけで
防げることになる。後ろに吼犬がいるので、同大将や飛び越して19一一大将は当然ない。
19筋に限らず歩兵の後ろに前方への射程が長い駒が配置されていることが多いのも、
道理に適う。一方、斜めからの攻撃は即座に防ぐことは困難だが、少なくとも初期状態から
副将や猛龍が攻撃態勢に入るには二手を要するのであり、8一二歩兵や29一二歩兵とすると、
2一七副将や36一八猛龍は狙ったかのように龍馬の利きに入るので、抑止されることになる。
4一六猛龍から狙われると少し恐ろしいが、副将抑止も含めた8一二歩兵の後9一二歩兵で
一応防げている。

文理上も現状では矛盾点が存在しないように思われる。隠れた所からの一撃での不意打ちは
難しくなるが、玉将を含めて隠れた所にいる駒が狙われるので、積極的に防御陣形を築き、
事前に対処する必要も生じ得るのであり、緊迫感は高まるかも知れない。

228 :名無し名人:2006/12/05(火) 18:11:30 ID:VHkwg2i7
二、「+++→」の意味に関して
>>223は『世界の将棋』と結論が異なるのは何故かと言う。
ところが、『世界の将棋』は前述の如く狛犬の動きが奔王の動きに内包されると
誤った解釈をしていたので、複数資料で教王「狛犬奔王之行走兼」と同様の
解説が為されている上に「他の動きを説明しているものはなく」と認めていながら、
「古い文献の説明は間違いの可能性がある」と判断したものであり、
文言に遵い、狛犬は八方正行度三踊の獅子と解して、何らの問題も発生しなかった
>>219とは前提の時点で異なっているのであるから、結論も異なることは当然である。
又、仮に『世界の将棋』と同一の前提で考えたとしても、『世界の将棋』は
「+++→」という記号を「不明」なものとしつつ、予想される一案を
述べたに過ぎないのであって、元より同一の結論に至るべき理由がない。

三、踊りの諸説に関して
既に>>196で述べた様に現行の「2○」以上の動き全てが同様の意味とは限らない。
教王は勿論、恐らく「+++→」の動きが可能な駒は正行度三踊の獅子と解して
誤りはないと考えられるが、他が全て同様であるかは確実なことは言えない。
狛犬は大大将棋以降、獅子と双璧を成す特別な地位の駒なのであるから、
例の記述が狛犬や狛犬の能力を持つ者特有のものと解することも充分に可能である。

金剛の記述は>>219で引用しているが、「二目馬を越え」との文言があることから
或いは二つ目以降の「・」は「×」と解すべきとも考えられる。
又、根拠は疑わしいが「飛び越してはいけない」の文言に遵ったとしても、
駒を取って止まる必要は内容にも考えられる。

何れにせよ、>>137の区分では不充分で書き直す必要があり、
又、「+++→」の動きが可能な者のみ、暫定的に決定することは可能である。

229 :名無し名人:2006/12/06(水) 12:34:14 ID:c6eYQAeq
一、踊りの諸説に関して
>>228で述べたようなことは確かに言えるが、徒に混乱させても無益であるので、
一応、狛犬の記述は踊りの動き全般に通ずるものと解し、丙説が妥当であると考える。
丙説では強すぎはしないかという懸念があったが、弓兵や炮兵以外では不成の状態で
脅威となり得る者は生じないようにも思える。>>223が挙げた奔獏であるが、
大大将棋では配置的に奔王と同格の駒と言え、以降は奔王よりは
劣る扱いをされているとは言え、強ち包括的に弱いとは言い切れない駒であろう。

正行度の獅子が居喰可能かということに関しても正確なことは言えないが、
「踊」という表現を用いている『象戯図式』が、中将棋の飛鷲・角鷹の解説では
「六方走突貫上方両角二目行一目居喰」、「七方走突貫上方二目行上一目居喰」
として、「踊」と表現しなかったことからすると、居喰も正行度でないと考えられる。

弩兵で剛の者が放つ矢が射程で上回ったとしても、炮兵の大筒が威力で上回るという
設定ならば、個人的な感覚としては共感するところがある。

二、訂正
>>228の三で「必要は内容にも考えられる」とあるが、「内容」は「無いよう」の誤り。

230 :名無し名人:2006/12/12(火) 02:27:53 ID:IF6InyFa
内容が無いようでみんな固まってるのにワラタw

とりあえず麒麟は、完・全・調・和
大将の新生C説はコペルニクス的転回だが文理的にもゲーム的にもあってるので一票
「+++→」は3つ飛び越すのが間違いっぽいことはわかったが結局何が正しいのかわからんので保留
成り方式は任意成りならどっちでもいいや
獅子の成りはヨキニハカラエ

ってな感じだな(下の方だめぽ)

あと、世界の将棋は誤植が多いって聞くけど実際どうなん?
個人的には大局将棋駒(複製だけど)を直接見て職人が作ったらしい
ttp://members.at.infoseek.co.jp/karuta48/taikyoku1.html
のほうが漢字の表記的には信頼できるんじゃないかと思ふ
ttp://www.ne.jp/asahi/tetsu/toybox/kapitan/jpg/kp041dl.jpg
と比べても麟師・鳳師・中師・鵬師の「師」は明らかに「帥」だし、烏行も鳫行っぽいし・・・

231 :名無し名人:2006/12/16(土) 00:08:26 ID:SCxzJ7Rr
世界の将棋の著者の梅林勲さんは堺市在住かな?

232 :212:2006/12/16(土) 18:43:18 ID:sRkzhrz0
まず麒麟の動きについては明らかに間違いに見えるし中将棋の動きに直してもおk
成りについては敵陣強制成りを押したい。この方式なら獅子、孔雀、摩羯
が敵陣を掠めたらの議論が起きないような気がするんだが>>156の図なら獅子が歩を取った
(敵陣内に進入した)時点で成れると思うんだが違うのかな??ただし着手が完了するまでは
あくまで獅子なので敵陣内に入ったからといって獅子の2歩目=奮迅の1歩目ではないと思う
あと無明、提婆のルールは適用しないほうがいいと思う。
採用するなら駒の成りを駒取り強制成りにすべき(そもそもそういったルールの将棋でのルールなので)
あと成りのルールについてもう1つ議題を追加?
そういえばもう1種特殊な成り方をする将棋がある。廣将棋の成りがそれ
大雑把な言い方をすれば《弱い駒が強い駒を直接取れば成ると敵陣成りの複合型》
だったはず・・・(記憶があいまいなのでどなたか世界の将棋で回答してください)
m(−−)m


233 :名無し名人:2006/12/17(日) 18:48:24 ID:4owP1hsz
大将の突撃は、着地点の駒が取れるとすると、
「通常の捕獲に加えて」
の一文は全く意味がないことにならないか?

この文が必要なものだとすると、
突撃時には着地点の駒は取ることができないと思うのだが。

234 :名無し名人:2006/12/17(日) 19:10:57 ID:4owP1hsz
あっ、失礼。
突撃時には同格以上を対象とした着地捕獲はできない
とする場合には意味があるのか。

同格以上の着地捕獲もできるとするルールの場合は
通常の捕獲を完全に含有するから必要ない
・・・でいいいのかな。

235 :名無し名人:2006/12/17(日) 19:52:24 ID:4owP1hsz
新生Cに関しては、(大将が強すぎない方が面白いと思うので、個人的には支持したいけど)
一団を匂わす記述はないし、『駒の格』とかの存在をかんがえると、
どうもそうじゃないのかなと。

236 :名無し名人:2006/12/18(月) 19:45:20 ID:jCxQKK9C
>>232
強制成りにすると獅子の成りの議論が起こらないというのが良く解らないな。
獅子の成りは実質甲説を支持するということかな。
途中で名称だけ変わるくらいなら普通の甲説で良いと思うけど。
無明・提婆は無理そうだな。無明・提婆がありなら火鬼の焼くもありだと思う。

>>233
象棋の炮みたいに飛び越さないと取れないという解釈を防ぐのに必要だと思う。

>>235
走って駒に当たったときに駒を幾つでも飛び越して捕獲という表現で、
途中飛び越さずに走る区間があって良いのか、四天王系と違って飛び越した後にも
走れるような表現を用いなかった理由は何かと考えると、文理的には一理あると思う。
駒の格を考えると違う気がするというのをもう少し詳しく。

237 :名無し名人:2006/12/19(火) 16:01:10 ID:oHvXKXTE
新生Cルールなら、
駒の格がなくても十分ゲームは成り立つ。

なくても良いのに、たいして役に立つわけでもないのに、
わざわざ駒の格なんていう他に類を見ない新概念を
ルールが煩雑になるというのに導入するってことはありえない。

大将などの突進は、駒の格がないと
ゲームが興ざめするような能力なんだよ。

中将棋で序盤の獅子交換(興ざめ)が起こりにくいように
ややこしい規定があるように、駒の格というもので、
大将系の駒の交換(及び玉将系の捕獲)を防いでいる訳だ。

なので、突進着地点で同格以上の駒が取れる
ってこともありえないと思っている。

駒の格っていうものの存在意義がある、
そしてその規定だけで十分な機能を果たすのは、
ルールA、Bでしょうね。

238 :名無し名人:2006/12/19(火) 16:07:31 ID:oLCJsUl7
獅子の成りは敵陣に入った一手と言えるのかの問題だから、強制成りにしても何も解決はしないな
強制成りはCOM的に楽ってこと以外の主張は何もないと思う。別にゲーム性が高くなるわけでもないし
ちょっと苦しくないか

239 :名無し名人:2006/12/19(火) 16:17:20 ID:oHvXKXTE
上が、駒の格うんぬんのことね。

で、文が必要不必要の方だけど、
なんというか上手く説明できないんだが、
ルール文章から可能な解釈を全て挙げるのは手順としては必要なことだけど、
ルール文章を書いた人間は、動きから説明を考えているわけだから、
1つで説明できることをわざわざ2つに分離しないだろうってことなんだな。

例えば、『仮に』ルールA・Bが実際の動きだとして、
その説明文を考えると、通常の捕獲と格の関係する突撃があるよって説明になる。
注意深い人なら、着地点に解釈が分かれることに気づいて補足説明を入れるだろうけど、
そうでないなら、ああいう説明文になるでしょう。

そうでなく、旧ルールCが実際の動きならば、間にある駒が敵だろうが味方だろうが
同格以上の駒にぶつかるまで進めてその間の駒を全てとるという説明になる。
注意深い人なら、間に駒がない時に解釈が分かれるかもと思って、それを補足するってわけ。
実際の動きが旧Cで、普通の捕獲と突撃があるって説明は
仮に論理的には間違って無くても相当捻くれた説明じゃないかってことだ。

240 :名無し名人:2006/12/19(火) 18:12:31 ID:oLCJsUl7
>>237
その解釈なら駒の格に関係なく敵駒がいたら着地できなくなるAも排除されると思う。
それ以前に大将系の駒は天竺大将棋からそのまま持ってきた駒だから、
格に関係ない駒が異常に多い大局将棋では大して意味がなくなってもそれは当然だと思う。

>>239
駒にぶつかるまで進めてその間の駒を全てとるって説明は不自然だろうな。
ぶつかるまでには間に駒はないからね。>>236の解釈は極めて自然だと思う。

241 :名無し名人:2006/12/19(火) 19:43:44 ID:oLCJsUl7
おっと、同格以上のってのを見落としていたな。
でもその文章では結局着地点の駒が取れるのか取れないのかわからないよ。
着地点で通常の捕獲が可能とする立場の人にはあったほうが良い一文だと思う。
今までゲーム性以外ではCが一番自然とするのがみんなの意見だったし、
捻くれた説明と考えるほうが捻くれているような気もするよ。

242 :名無し名人:2006/12/20(水) 15:29:41 ID:/7yxzoze
Aを排除する必要はないでしょ。

駒の格というのが一番生きるのはBルールだと思うけどね。
2番目に生きるのはAルールでしょ。

Aルールの場合でも、駒の格はゲーム上必要だし、
駒の格があれば十分ゲームになる。


あとね、着地点の捕獲ができない場合にこそ、
通常の捕獲が可能なら、通常の捕獲の一文が要るのであり、
着地点の通常捕獲が可能なら、
通常捕獲は突撃に容易に含有されるんだよ。

わからないかな・・・。

まあ私の説明が下手ということで。

243 :名無し名人:2006/12/20(水) 16:50:13 ID:L4gWBgBf
わからないな。
Aで駒の格が活きる場面は新生Cよりも少ないと思う。
むしろ、味方の駒を取ってでも進路を妨害できるDやEのほうが多いだろうね。
駒の格は別に複雑ではないし、他の機能と同じく大それた意味がある必要はないと思う。

通常捕獲は突撃に含有されるといっても現にAでは含有しないとするわけだし、
飛び越したことでの捕獲と着地点での通常捕獲は別物なんだから、
両方可能と書く意味はあると思うよ。

244 :名無し名人:2006/12/20(水) 19:45:04 ID:/7yxzoze
>>243

とりあえず、>>242の第4段落は読み直した方がいい。

私の説明能力の低さが原因であろうが、
まったく話が通じていない感じがする。

245 :名無し名人:2006/12/21(木) 17:06:49 ID:359Q+L/B
一、『世界の将棋』の誤植に関して
>>230は『世界の将棋』の漢字表記に関して疑いがあると言う。
『世界の将棋』に誤植が多いことは、同書「廣象棋」の項目を見ると一目瞭然である。
該項目では直ぐ隣に原典の複製が添えられているにも拘らず、活字では原典に反した
漢字表記が多々見受けられるのである。具体的に言うと、「將」が「将」と新字体に
改められているのは良いとしても、「軍吏」が「軍史」、「前衝」が「前衛」、
「後衝」が「後衛」、「帥」が「師」、更には「佛狼機」が「佛狼机」とされている。
故に、原典を直接見ていたとしても、少なくとも漢字表記の信頼性は低い資料と言える。

大局将棋に於ける誤植としては、所論、麟師・鳳師等の「師」が「帥」であることが
『大局将棋駒』の写真や「廣象棋」の誤植より明らかである外、実は夜刄も「夜刀」と
表記されているが、同じく原典と照合するに「夜刄」乃至「夜叉」であることは明白で、
『象棋六種之圖式』では完全に「夜叉」とされている。

二、復元駒の信頼性に関して
>>230は『大局将棋駒』の複製を見て職人が作成した復元駒の方が信頼性が高いと言う。
元々『世界の将棋』が重視されている理由は、大局将棋に関する唯一の原典である
『大局将棋駒』を直接見て執筆したものであり、『大局将棋駒』が容易に参照し得ない
資料であるからであって、『大局将棋駒』を見たと言うのならば他の資料であっても
同等の地位が認められると言える。より文字を重視する職人が見たということと、
『世界の将棋』に誤植が多いことに鑑みると、少なくとも漢字の表記に関しては
該復元駒の方が信頼性は高いと言い得るであろう。

復元駒で、先ず誤りがないと考えられるのは、仙鷦の「而」の字は正しくは「雨」であり、
「」が妥当ということである。「」の字は『大漢和辞典』を見るに「鶴」の
別字とされており、摩訶大大将棋以降で淮鶏の成駒が「仙鶴」であることと符合する。
又、元龍が「兀龍」であるということも信憑性が高い。文字の意味を考えた場合に、
大龍の「大」に対して、高く聳える意である「兀」を用いる方が妥当と言えるからである。
尚、右の横蛇のみ成駒が横龍となっているのは、能力から考えても誤りであると言えよう。

246 :名無し名人:2006/12/21(木) 17:07:30 ID:359Q+L/B
三、廣将棋形式の成りに関して
廣将棋の成り方は弱い駒が強い駒を取ると成るというよりは、特定の駒が特定の駒を
取った場合に成るという様なもので、廣将棋に登場した駒でもない限りは名文無しに
準用し得る代物ではないと思われる。
成りの種類として列挙するのは良いとしても、『世界の将棋』では元々
「駒は向こう11段目の敵陣に入れば成る」としか記されていない上に、廣将棋専用とも
言うべき規則であるから、大局将棋に適用することは不可能であると考えられる。

四、「通常の捕獲」の文言に関して
所論は「通常の捕獲方法に加え」の文言を、通常の捕獲「又は」飛越捕獲が可能と解すべきか、
通常の捕獲「及び」飛越捕獲が可能と解すべきか、という問題であり、通常の捕獲方法に加え
飛び越えた駒全てを捕獲するという文章では、前者の解釈が当然とは言えないのであるから、
>>239>>242の主張には理由がない。
又、>>242は着地点で捕獲不能な場合は通常捕獲の一文が要るとしているのであるが、
現に「大局将棋」の項目の説明では>>9の如く通常捕獲に関しては触れていないのであり、
該文言は必ずしも必要な一文ではなかったと言えるのである。
尚、「天竺将棋」の項目に於ける火鬼の説明では、「火鬼は通常の動きで捕獲するほか、
捕獲には特別なルールがあり、次の通り。火鬼は回りの敵の駒を焼いてしまう」云々とあり、
「及び」の関係で用いていることが明らかである。

247 :名無し名人:2006/12/22(金) 14:03:17 ID:NkqJePtK
まあ、いろいろ苦労して書いた人にいうのも悪いとは思うけどさぁ・・・

かなり自由に動けた上で、
着地点の同格以上の駒が取れるということは、絶対にありえないから。

たしかに字面上は、その解釈が完全には否定できないだろう。
しかし、ゲームとして絶対にありえないから。

くだらない議論のための議論になってしまっている。

248 :名無し名人:2006/12/22(金) 19:39:58 ID:MHBI3qRL
一、大将系の着地点に関して
>>247は着地点で同格以上の駒が取れるとすると「ゲームとして絶対にありえない」と言う。
ところが、>>237では既に「十分ゲームは成り立つ」と認めているのであり、矛盾している。
対局が成立しないとする根拠には一言も言及せず、単に自分の主観と異なるという理由のみで
「絶対にありえない」、更には「くだらない」とすることは暴論と言う外はない。
論旨は理由がない。

二、漢字の誤植の可能性に関して
>>245で挙げた以外に考えられる誤植としては、先ず右Gの「右」は「古」であるという
可能性である。右Gは左のない右であり不自然なものとして知られているが、過去には
古鵄も「右鵄」と書かれた例があり、「古」の字の「十」の縦線が次の「口」に繫げる際に
左に曲がってしまうことから生じた現象であると思われる。実際、『大局将棋駒』の写真でも
古鵄の「古」は「右」に近いものとなっている。但し、「右将」の「右」と比較すると
明確に止めが行われているので、一応の区別が付くのである。そうすると、右Gの例でも
左がないということも考えると、実際には「古G」であるとも考えられるのである。

芦鳥の「芦」が「草冠に尺」であるというのも幾らか疑わしい。『世界の将棋』では
「尺」の字の上に「ノ」の字が確かに存在する様に見える。逆に右下の線は不自然であり、
二箇所に記載された芦鳥の字で若干位置が異なっている。実際には「芦鳥」の方が
正しいのではないかとも考えられる。但し、一応二箇所共に存在する線であり、
例の復元駒でも存在することから、『大局将棋駒』には既に何らかの表記が存在していたとも
考えられる。尚、「芦鵐」は「大寿林」という鳥、「芦稿鳥」は「大葦切」という鳥を
意味するようである。

古時鳥は全く不明である。「時」と「鳥」は復元駒を見ると縦書の一字の様にも見えるが、
『象棋六種之圖式』や『象戯図式』では文字の大きさからすると二字の様にも見える。
又、「古寺」も謎の字で、『象戯図式』では「舌寺」、『象棋六種之圖式』では
「台寺」とあるが、何れも謎の字である。尚、『象棋六種之圖式』では名称自体誤りであるとの
文脈で記されたものである。

249 :名無し名人:2007/01/01(月) 23:59:11 ID:vW+WQAUk
あけおめ
論点多杉だな

250 :名無し名人:2007/01/02(火) 00:00:53 ID:xBuYq0Cf
目的が、ゲームとしてやりたいためなら・・・。
色々な条件で、対局するのが、一番だろうけど・・・。
正しい解釈優先(ある程度)で、かつゲームとして成り立つ塩梅
が、判るだろうから・・・・。



251 :名無し名人:2007/01/02(火) 14:28:13 ID:vELF4OFo
旧CやE、F以外は成立しないってことはないから、どれがより面白いか程度のことしか言えないと思うけど
確かにもっと手軽に規定を変えて対局できるように作れたらいいね

作れたところで手軽な対局自体が不可能なんだけどね…

252 :名無し名人:2007/01/02(火) 16:05:03 ID:jCtk2jad
(指し手が)手軽にできるしようと思うと、やっぱケータイ用メールゲーム化かなあ。
しかしQVGA/20x20文字の表示領域が前提だと厳しいか……。

253 :名無し名人:2007/01/03(水) 01:24:56 ID:gAyJSkP7
Flashに飛び越えルールを変える機能を付けることはかなり前から考えてるんですがまだ手付かずです。
何とかしたいんですがなかなか・・・

288 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)