2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

IFのシーグライド旗下採用面接 アウドライドも2度失格

1 :アンブラ大佐:2006/08/15(火) 06:15:30 ID:qrlN0g+M
アウドライドスレ第2弾                .,..- '´ ̄/\ ̄ ̄`ヽ
  シーグライド旗下よ集え             /::::::::::::::::|::::i |:::::::::::::::::ヽ
                            / / ̄//.|::::i .|'''''''''''''‐、:::ヽ
         もくじはこちら>>2        | .::|  ::|.|´|::::i .|l´`'‐-、_`、::.\
                           .| ::|  ::|.|_.\i/,..-‐‐-、`'´|:::::.\
     ,,.、-‐''" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄゛''‐-、.,,      | :::|  ::|.|-':::::i::::`---‐´,-'||/ヽ:::::..\
  ,,.、''":::::::゛'‐,,/‐'" ̄:::::::::::     ゛'‐,,     | ::|  ::|.|‐-、,i、,..-‐''}{ }{|〈 ̄`'─-、_
/  ::::::゛'‐,,/:,,.、''" ̄::::::::::        \   .|::.|  ::|.|  :::i    }{,, ゙| | ̄`'-/ ̄ ̄`、
.  ::::::,,,,:::::::::|::::: .,,,,,      \       \  .|::|  ::|.|  ヽ    }{ .//;;;;;./:::::___`、
..:::::::/,, ゛'‐,,|,,‐'":::::\      \     \ \,..|.|  ::|.|.ヽ二二フ,,,,}{.//;;;/:::::/:::::::::::::::::::`─-、
::::::/|::::::゛''‐、|,,.、-‐''":::::\      \    '、 \||  ::|.|   ̄ ̄ }{/|/;;/:::::::/:::::::::::_____     . ̄`-、
:::/:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\      .|     |::::  \.:::::|.|\__/.}{,,-‐'' ̄ ̄ ̄ ̄`‐-、`-、____   ::`、
::|::ヽ'゛'‐-、. {::::i::::::/:::::::::::_,,‐ | |     .|     |:::: ', .\    ___/ ̄`‐-、:::::::::::    \`‐-、─-\  ::`
:|:::::.ャ''゙'‐、ヽ{:::i::::/:: _,,、-'''""7| |     |     |::::  ',:::: .',  ,‐ヽ::  \`‐-、`‐-、:::::::    \ `‐-、   :::::..`、
:|||::::|ヽ (・ヾヽヽヽ'~,,'' (・)/:::| |    .|     |::::  ',\ '/  ::ヽ::  |ヽ、 `‐-、\:::::::   | .| ::   \:::::,..-‐'´
|:||゙|::|::`"´:::/:::゛''‐、.`ー-‐''"::::::| |    .| |::::  .|::::  ', ', .|::  :: |ヽ:: | .\ ::i.\|:::::::   | .| ::::   .\
|:|゙||゙|:|:::::::::/:::::::::::::::::::::..   .::::::| |    | |::::   |::::  .', '.|::| :: .|:: リ\|_,,=-\i'.|"´     | .|___  \
|:::|゙||゙|:'、::/:::::::::..       .::::::::| |    .|::::|::::   |',:::::  .', .|/|', ::|.|ヽ〈_,‐',,=ヒララ|i.| .|::  ::  | .|二=-‐'´   \
|:::::|゙||゙|:::ヽ─___,,、-‐‐、 .:::::::::| |    .|::::|::::   | ',::::  ', '|::',::.||.|.ア:::::::::''"´ ̄ .|i.| .|::  ::  .| .|:::: \ :: \\\
:::::::|゙||゙| ::::'、 '、ー   ー/.::::::::::,|::|:::::::::::::|::::|',::::  ::|゛''‐-、.,,', |::∧|:||/::..      .|ノ| ||::  :: ,'| .|:::: :::::| ::::  \\\
 ::::|゙||゙|::::::::'、 二二二 ̄.::::,,‐'" |::||::::::::::::|:::::|',::::::::::|    ゛''|:/ |:|::`i:..        | | |::   ::,' | .|::: :::::| :::::::  \\
 ::::::|゙||ヽ,,.、-'、___,,‐'"::::  .|::||::::::::::::|:::::|::',:::::::::|゛''‐-、.,, |/ .|/|:::::{ー-、; .┌─-|/‐|::  ::,'ー| |───-、_ \\
 ::::::| ゙|| // / :::::::',::::::::   .|::||:::::::::::||::::|:::',::::::::|   .,-‐─ー|:::::::|::..   |:::::::::::::::::|::  ::,':  .|/        `──┐
 ...:::::| .゙|///';;;;;;;;;;;/:',:::.  /.|::|.|:::::::::||::::|:::::',::::::|   | ̄|;;;;;;;;|::::::└─‐''"|::::::::::::::::::|:: ::,': :              ..::|
 ゙i ::::|./   /   :|  .',,,‐'"  /|::|.|::::::::|.|:::|::::::',:::::|   .|:::::|;;;;;;;|::::::|:::|;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::::|::::/: : : :            .:::::|
. \:::|   /:  ..:|      / .|/ .|:::::::|:::|/:::::/',::::|   |:::::|;;;;;;|:::::/|::|;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::::::|/: : : : : : :          .::::::|

2 :アンブラ大佐:2006/08/15(火) 06:16:11 ID:qrlN0g+M
┌────────┐┌───┐※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
│┏━━━○━━○│└○──┘※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
│○  フレッドバーン   │※┗┓カーシャ※※※※※※※ボルホコ山※ エジュー※※※※※※※※ .ウマリー島※
│┗┓┌─────┘※※┃※※※※※※※※┌───────┐プラティセルバ ※※※┌──┐※
│  ○━━┓┐※※※※※┗┓※※※※※※※│┏━☆  ○━○└───────┐│□┓│※
└──┘│★━┓─────┃───────┘☆  ┏━┛┏┛ . □━┓┏━━━━━┳□┓※
※※※※└┃┘┗★┏━━━○    △.カイゼルオーン┃┏┛   ○   ┏━□┛フーリュン.┏□┛─.┃※
※※※※┌┃─┘┗★     ┃ナハリ .┃       ..☆┻━○━┛  □┛     □━━┛.┃│※┃※
 ネウガード│★┏★━┛   ○━○━━△━━△━┓    ┃  .┏━┛ ..┏━━┛     ┃│┌┃┐
※┌──┘┃┃トータスブルク┃         .ジャピトス┃    ..┃.┏○┓┏━┛   .ボローニャ┏□━━□│
※│★━━★┻━━★┓ ┣━━△━━━△━━△━━━○┛  ┗□━━━━□┓  .□┌┘└─┘
※└─┐  .バルハラ┏┛┗○━━━━┓ディアルゴ   ガレーナ┃ カムリア┃   ガルカシュ┗□┛.│※ムロマチ
┌─┐└──┐★┛シル .┃ジグロード ○━━○┓   ┏━●━━━●━━┓ .─────┘ ※※※
│○│ランデ※└┐ ヴェスタ ┃    ○.┃─┐ .┗━○┛  ┃     ┃│┌┃───┐※※※※※※
└┗┓ロール.※※│┏━━○━━┓┃┗┓└──────┗━┳━┛┘│◇━┓  │※※※※※※
※┌┃┐ツェンバー│○ヘルハンプール.┣▼┌○┐※※※.┌────┃──┐│┃ .┗┓│※※※※※※
※│▲└───┘┗━━┳━━┛│└─┘シュラク海│●━━━●━┓││◇   .○│ ロギオン※※※
※│┃  ▲ ガッ▲    ┏○┓   │※※※※※※.│┃ゴルデン   ┃│└────┘※※※※※※
※│┃  ┃ ツォ┃┏━┛  ┗━┓└┐フェリアス※※.,│┃┌─┐   ●│※サンライオ※※※※※※※※
※│┗━▲━━▲┛コリアス    ○┓│※※┏━━━●│※│   ┃│※※※※※※※※※※※※
※└─┐┃マリアン┗┓ティーン  .┏┛○━━━┛※※│┃│※│●━┛│パラウス・ヌイ※※※ トラテペス※
※※※│▲ルージュ .▽━━━○┛┌┃┘※ ベルヌーブ│┃│※│┃┌─┘※※※※※.┌────┐※
シリニーグ│┃   ベミナパ   ┃┌┘┃エイクス ※※※│┃│※│┃│□※※※┌──┘┏━■┓│※
※※※│┃    ▲━━▲━┛│※┃※※※※┏━━●│※│●━┓┌──┘┏━━■┌─.┗┓※
※※※│▲┓┏┛┌────┘┏┛※※┏━┛※│┃│※└─┘┃│┏━━┛   ┃│※※.┃※
※※※└┐▲┫─┘フリージィ※※┃※※┏┛※※※│┃│※ ペトゥン┗━■プリエスタ   ■━━━■※
ガウガブル └─┗┓┌─────┃┐┏┛※※※※│●│※※※※※│┃      ┏┛│※※※※
※※※※※※┌┗◎オーグル    ◎━┛※ .エレジタット└─┘※※※※※│┗━━■━┛┌┘※※※※
※※※※※※│┏┛  ┏━━━┛│※※※※※※※※※※※※※※.└──────┘※※※※※
※※※※※※│◎━━┛       │※※※※※※※※※※※※※※※※※※ ハイラングール※※※※
※※※※※※└────────┘※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 ▼本スレ ▽このスレ
 ◎姉妹スレ>>3 ★冥界深層スレ>>4 □攻略スレ>>5-6 △改造コードスレ>>7 ●冥界避難所>>8
 ◇公式サイト>>9 ☆攻略Wiki>>10 ■美術館>>11 ▲Q&A>>12
                                                  (C)GOCIF もくじ

3 :アンブラ大佐:2006/08/15(火) 06:16:50 ID:qrlN0g+M
姉妹スレ

IFの脇役が奏でる混沌の調べ
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta/1154271944/l50

私は風の紋章エトヴァルトです。
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1152791447/l50

ァゥ  ド   ラ イ ド
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/gamesrpg/1152202158/l50


4 :アンブラ大佐:2006/08/15(火) 06:17:23 ID:qrlN0g+M
冥界深層スレ

スペクトラルソウルズのファーストさ!
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1151921191/l50

【スペクトラル】IF総合スレ【GOC】
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/ascii2d/1133440939/l50

【if】ジェネーレーションオブカオスVSブリガンダイン【頑張れ】
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gsaloon/1153746545/l50

【総合】アイディアファクトリー【スレ】
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/ghard/1155469512/l50

スペクトラルソウルズ2は超クソゲー
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/gamesrpg/1130038098/l50

キーボードを見ずに「爆炎覚醒ネバーランド戦記ZERO」
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/famicom/1110861448/l50

IF商品発展スレ
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/gamesrpg/1151664823/l50

スペクトラル■アイディアファクトリー総合■GOC
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/gamemusic/1144227602/l50

【親愛なる】あのねのね【IF様へ】
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/gamesrpg/1153638422/l50


5 :アンブラ大佐:2006/08/15(火) 06:19:59 ID:qrlN0g+M
攻略スレ

ジェネレーションオブカオスT Next攻略スレ
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/gamesrpg/1127105738/l50

ジェネレーション オブ カオス III〜 時の封印 〜
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/gamesrpg/1131187440/l50

新天魔界ジェネレーションオブカオス4・3スレ目
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/goverrpg/1084969035/l50

新天魔界ジェネレーションオブカオスV part.2
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/gamesrpg/1123164803/l50

爆炎覚醒ネバーランド戦記ZERO 〜Part4〜
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/famicom/1147503073/l50

■スペクトラルフォースクロニクル 3周目■
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/gamesrpg/1115088675/l50

スペクトラフォース クロニクル 攻略スレ
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/goverrpg/1114681139/l50


6 :アンブラ大佐:2006/08/15(火) 06:20:47 ID:qrlN0g+M
リバースムーンpart3
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/gamesrpg/1133590940/l50

【PS2】スペクトラル VS ジェネレーション part.6
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamefight/1145176835/l50

【救いの】ブレイジングソウルズpart3【バグ】
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/gamesrpg/1138342859/l50

【SLG】スペクトラルフォース攻略スレ【iEv】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/appli/1149566131/l50

【Xbox360】スペクトラルフォース3 第2章
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/famicom/1152780080/l50

【XBOX360】スペクトラルフォース3 1国占拠
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/goverrpg/1151710336/l50


7 :アンブラ大佐:2006/08/15(火) 06:21:26 ID:qrlN0g+M
改造コードスレ

新天魔界ジェネレーションオブカオスX改造コード
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/gameurawaza/1121897194/l50

ジェネレーション オブ カオスX改造コード
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gameover/1121938867/l50

新紀幻想スペクトラルソウルズU改造コード
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gameover/1106782808/l50

ブレイジングソウルズ改造コード
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/gameurawaza/1137580465/l50

スペクトラルフォースクロニクル改造コードスレ
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gameover/1114653906/l50

リバースムーン改造コードスレ
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/gameurawaza/1136366813/l50

8 :アンブラ大佐:2006/08/15(火) 06:22:06 ID:qrlN0g+M
冥界避難所

冥界避難所
http://jbbs.livedoor.jp/game/17798/

ジグロード自治軍のプリムたんはエロカワイイ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/game/17798/1097034555/l50

AAを集めるスレ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/game/17798/1097067944/l50

みんなで大魔王ジャネスを倒そうぜ!
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/game/17798/1097065159/l50

キンカスやろうぜ!
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/game/17798/1097060862/l50

公式をヲチするスレ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/game/17798/1097427359/l50

IF社員を目指すスレ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/game/17798/1097936869/l50

ジェネレーションオブカオスnextのエリルはすまない
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/game/17798/1097053412/l50

時代は今、アイエフメイトに傾きかけている!
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/game/17798/1097083745/l50

2ch過去ログ集
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/game/17798/1097068750/l50

9 :アンブラ大佐:2006/08/15(火) 06:22:36 ID:qrlN0g+M
公式サイト

アイディアファクトリー公式サイト
http://www.ideaf.co.jp/

アイディアファクトリー公式掲示板
http://town.surpara.com/if/


10 :アンブラ大佐:2006/08/15(火) 06:23:11 ID:qrlN0g+M
攻略Wiki

新紀幻想 スペクトラルソウルズ2 Wiki
http://souls2.nm.land.to/souls2/index.php

ブレイジング ソウルズ Wiki
http://souls2.nm.land.to/bs/index.php

新天魔界 ジェネレーションオブカオスX Wiki
http://souls2.nm.land.to/goc5/index.php


11 :アンブラ大佐:2006/08/15(火) 06:23:47 ID:qrlN0g+M
美術館

OP曲

PS版スペクトラルフォース2 OP ココロノトビラ
http://www.youtube.com/watch?v=QF4yj7vm59w

PC版スペクトラルフォース2 OP 永遠の奇蹟
http://www.youtube.com/watch?v=sTvZkE32trA&mode=related&search=

純情で可憐メイマイ騎士団 スペクトラルフォース聖少女外伝 OP
http://www.youtube.com/watch?v=Fks086FfmMI&mode=related&search=

ジェネレーションオブカオス OP 歌:水樹奈々
http://www.youtube.com/watch?v=fS-Dbs7ZAXs&mode=related&search=

画廊

〔AA保管所〕http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/game/17798/1135201759/l50

おまけ  いけに絵 ヒロいもの
http://nijinochocolate.homelinux.net/niji/updata/115553180716154.jpg


12 :アンブラ大佐:2006/08/15(火) 06:24:35 ID:qrlN0g+M
Q.・・・このスレはなんなの?
A.冥界スレを影ながら布教するを目的で立てました。

Q.なんか意味不明なこといっぱい書いてあるんだけど?
A.IFの脇役が奏でる混沌の調べ(通称 異界の門)で
  使えないネタを書き並べています。

Q.第3者はどんなレスすりゃいいんだよ?
A.ご自由に。IFネタや。独り言。今日の出来事。妄想。
  何でも結構です。ネタの肥やしになります。

Q.なんで糞スレばかりリンクするんだよ?
A.冥界スレ活性化の為です。見る人が増えれば潤います。

Q.スレもマイナーだが会社もマイナーじゃね?
A.みんなで布教していきましょう。

Q.IFゲー1本も持ってないんだけど?
A.持って無くても結構です。私も現在2本しか持ってません。

Q.つーか・・・おめぇ頭イっちゃってるだろ?
A.どんな時代でも少数派は非難されます。覚悟の上です。

Q.ふーん。わかったからもう氏んでいいよ。
A.氏にません。例えスレストされようが何度だって蘇ります。

Q.・・・まあいいや。ところでこのスレタイの採用面接って何?
A.ちょっとしたお遊びです・・・。

Q.んで・・・内容は?
A.こちらです>>13 


13 :アンブラ大佐:2006/08/15(火) 06:25:40 ID:qrlN0g+M
シーグライド旗下採用面接

適正テスト ○×式
 
1.パツキンの外人が好み。

2.自分はツンデレ。

3.自分はナルシストである。

4.自分は目立ちたがり屋。

5.やることなすこと中途半端だ。

6.自分はかなりのヘタレだ。

7.血統書つきのペットを飼っている。

8.親が玉の輿。

9.同姓愛者である。

10.髪型がロン毛。

結果はこちら>>14

14 :アンブラ大佐:2006/08/15(火) 06:26:29 ID:qrlN0g+M
試験結果

○0個 階級 二等兵 ここを覗いた時点で合格

○1個 階級 伍長  素質あり

○2個 階級 軍曹  シーグライド予備軍

○3個 階級 曹長  シーグライド好き

○4個 階級 准尉  尊敬しているのがシーグライド

○5個 階級 少尉  シーグライドを愛している

○6個 階級 中尉  シーグライドマニア        

○7個 階級 大尉  シーグライド親衛隊   

○8個 階級 少佐  シーグライドもどき

○9個 階級 中佐  シーグライドのそっくりさん  

○10個 階級 大佐  シーグライドそのもの 

15 :パープル&ヴァイオレット:2006/08/15(火) 06:46:19 ID:qrlN0g+M
          _____
       ,-‐''´,-‐ ._____    ̄`‐-、              , -‐───‐ - 、
      ,'´ ., ''´ ,-''´,- ,,-‐-、,-‐、 ̄ ̄ヽ          , ' ´_____:::::::..   _____` ' ,
      / ,'´=, '==, '/./||.ヽヽ|///ヽヽヽヽ        ,', ' ´ ,-‐二ヽ, '二 ヽ .`' , `',
     .|| ::|  .|  //./ ||       | | .| |        i,'  ,'´.,'´__ヽ|/_ヽヽ ヽ  | ||
     || ::::|  |:::::|;|;;|,,,,.||    __,,-||;;;|::::|        .|  .| |      | |ヽ || | ||
    ._|_|  |;;;;;|,,==、`   ´,==、|;;;;;|        .|::::::|;;;;|,,,,__    :|;;| |;;;;||::::| ||
    `‐=、.|  .| |`{;;rj .`    {;;;rj.ノ| |     __|;;;;;;;|r===、`   '´.,===y|;;;;| |_|__
     ||;;;;;|::.. |:: | `  ̄   ::   ̄" .| |      `‐=、| | |ヽヒ;;;ヽ、  ,-'‐ヒ;;;;ノ | |  .|,=''´
    .||;;;;;|::::::::|::::|      :::,    ./| |        |.| | .| .{ ̄ .ii==ii  . ̄}" .| | .| ::|
    ||;;;;;;;|::::::::|::::|、   ‐-=-'   /;;| |       .| ::| | |', `--‐' .、 `--‐'  .,| | .| : |
    .||;;;;;;;;;|::::::::|::::|;|`::、   ̄  ,,-'´;;;;| ||       | :::::|:::|::|\  ‐--‐'  ./|::|::::|| :: |
    ||;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;|;;;|;|:::::::`‐-‐''i´;;;;;;;;;;ノ;;ノ |     ,:'⌒ヽ:::::|;;;;|;;|::::\   ̄  /:::::|;;|;;;;|:|| :: |
   .||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|二二二二|;;;;;;;;;;;;;| | |    入___人:: :::::::::::|::::`'ー-‐ ' .|:::::::::::::::::::|.| :: |
   ||;;;;,─‐-、;;;;;/::::::::: : : : : : `‐-、;;;;;|;;|;;;| ./ l   l \::: ::::|二二二二|:::::::::::::::::::| | :: |
   .||;;/    ::',::',:::::: .‐-_: : /: _'r、r 、/  ,l     !  \ ,.-,-、:::/::::__. `‐-─ - '  ̄ヽ
   ||;;ヽ   :::::::',::',: : : : : : : `‐´ ̄: :(\\\/'´l      !´ヽ///)´ ̄: : : :| |       \
   ||;;;;i`‐-、,-‐'´ヽ::',: : : : : ::::::::::::::: : (\`     ,l       !    ´/): : : : : : .::|::::|::::::::::::::::..   .\
  .||;;;;;゙',::::::::::::::::/ /: : : : : : : :::\:::: : :\     lr‐┐r ‐ 、l     /::: : : : : : ヽ| |,-‐''´:::::::..    \,'.、
  ||;;;;;;;;;', .,──、/ ,-‐'´`‐-、: :::::ヽ: : : : `┬‐'´ ゙l | 〉 ゚ 〈 `'‐┬´',/::: : : : : : : : : ヽ:::|:::::::::::\::::..   / .i
  .||;;;;;;;;;;;// ̄/::,ヘ/:::::::..: : : : `‐-、},-‐'´: : .\.  |__|(__゚__) /::::,'::::..: : : : : : : : : :.|::::|::::::::, ' .\/ :::: \
  ||;;;;;;;;;;;;;;',::::/./,‐ヘ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; \⊂ニニ⊃/--、{, -- ‐‐ '' ´`‐-、.} |,‐''/    \::..   .\
 .||;;;;;;;;;;;;;;;;',::`''´''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\| \  /  ::::::::::::::::::     .:::/::::ヽ/      \::..    \
 ||;;;;;;;;;;;;;;;;;;.',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,,,---‐‐‐''ヽ:::::::ヽ ::|`´\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ::::::: /        \::..   .\
                     このスレは13歳未満禁止です

16 :シュバルツァ:2006/08/15(火) 07:40:27 ID:qrlN0g+M
                                                             ,,・
                      ,,-──-、,-──、                         , ’,∴ ・ ∵
                    ,-''´     `‐、   .`‐、           .,'`', ,'`,``‐'´`'‐-,  、・∵ ’∵
                   /     :::,-''´`‐、,-''´`‐ヽ       .__ |`i´:::::i:::::::\::::\ヽ::`'::、 ∵
                  ./    ::::/   ,'´`、i,''´`、 .\      .`,`i::ヽ:::::::ヽ:::::::ヽ::::i::::i::::i::/ /`'|
                  ./   ::::/   /‐-、.;;|;;.、 '`、 |、      .|─=''" ̄ ̄ ̄ ̄゛''/ /.=─|
                  |   ::::/  . /:::::::::::::::::::::::::::::::| .|      .|__,,=--‐‐==‐‐/ / .-=,,___|
                 .|  :::::/  . /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| .|      |::|‐-=,,_:::::::::::::::/ /_._,,=-‐|ミ|
                 _|__./  . /‐=、、,,,,___:::::::::__,,,、=‐| .|____   .._|,.' ,==`\| / //´,==、`、|_
                .゛''‐=、.,,|   |ヽニテニヽ::::::: /rニテニフ| .|/  ./,,| {.{゚・ }::::./ /::::::::::: .{゚・ } }  |,,ヽ
                .|| ::::::::::|   .|:::::::..      |    ||  |   .ヽ_| `''"::/ / ´:::.::i:::::::::`"''´  |_/
                |.| :::::::::|::::::::::::|::::      |    /|:::::|.,,-‐''´´,..'、 / /     ヽ    ,.'ヽ,'
                .| | ::::::::|::::::::::::::|::::.      |   ./:::|::::|__,,-‐'', '´ `/ / 、   /.二ヽ   ヽ, '
               .| ||.::::::::::||::::::::::::|:::::..    __|  /|::::|:::|  , '´ , '´,,・     、 ヽ_, '  , '‐‐、
               | ||.::::::::/||\:::::|\:::..  -‐‐- .,.' /::/|/ , '´, ’,∴ ・ ∵  //:::|` 、__, ' |‐/::.`、
               .| || ::::::::|;;;;;;;\\|::::::\:..  ̄ /ヽ\ , '´、・∵ ’∵ -‐'´/:::::::::|_____|/:::::./\  ,、
               | || :::::/\;;;;;;;;;゛''‐-、.,,.` ̄ ̄´|;;;;.|::..\` ∵    |:;`、/:::::, ‐/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.i´`i/ \|,'` '`,
             .,,.、-‐''"',::::::::::::\;;;;;;;;;;;;;;;i´`i::::::::::: i´`i:::.. .',゛''‐-、.,,, |:;:;.|::::/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/./\ \|,'` '`,
         ,,.、-‐''":::::::::::::::::',:::::::::::::::\.,.、''";;;;;;゛''、,,.、‐'';;;;;',:::::.. .',:::::::::::::゛''‐-、.,, ̄ ̄ ̄ヽ:;:;'' ̄ ̄/::./:::::::::::\|,'`  '`,
     ,.、-‐''",,.、-‐''"',,,.、-‐''" ',     :\;;;;;;;;;;;;;;;.|||;;;;;;;;;;;;;;;',:::::..  ',/\/',;;;;;;;`';;,
   /;;;;;;;;;;;゛''、,_______      ',    /\二二二二二二::/\ ',   /.',;;;;;;;;;;;',
   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/|   ゛''‐-、.,,  ./|\//\.\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/:::::::::::\/:::::::::||||||||||
  .|\;;;;;;;;;;;/||| ゛''‐-、.,,  ゛''、ヽ//    ̄         :::::::::::::|:::::::::::||||||||||
  ||||||\/||||||| ,,,,,,,,,,,,,,,゛''‐-、.,',:::::::\::○          ○    |:::::::::|||||||||
  .|||||||||||||||||||||| :::::::::::::::::::::::::::::::',:::::::::||:::::::            └○○:::::::::::/_)
  ||||||||||||||||||||||   :::::::     ',::::::::||:::               |_|.|_||:::::::/_)
            また・・・つまらぬ者をを斬ってしまった・・・。


17 :イエロ:2006/08/15(火) 07:56:10 ID:qrlN0g+M
.:::. :             :  ..:::   /ヽヘヘヘへ‐-、______
. :::. :            :  ..:::へ/ヽi. _/二ヽヽヽヽヽヽヽヽ
 :::. :           .:  ..:::ヘ_ ヽ_ i_ .i _//,,-‐''ヽヽヽヽヽヽ
  :::. :          :  ..::: _ヽヽ_.i_.i_///,,-‐{_ }_ }_ }_ } .}_}
  :::. :         :  ..:::ヽ\ヽヽi//''"" :::::{ _} _} _} _} .}_}
.  :::. :         :  ..::: }::        ,,=‐-、{_ }_ }_ }_ } .}_}
.   :::. :        :  ..:::_}::______  _,='´,==、::{ _} _}__}__}_.}_}
   :::. :        :  ..::: .}´,==`i    '__ヒ;;;}`:{_ }_ }二-'´}_} <うおっ!まぶしっ!
..    :::. :       :  ..:::._l.| .ヒ;;;} i    ¨ ¨ :::{ _} _} _} _} .}_}
    :::. :      :  ..:::{_ }::|.`''"´ i     ¨  :::{_ }_ }_ }_ } .}_}
     :::. :      .  .::: }{ _}::', ∵ '、>     、 ::{ _} _} _} _} .}_}
     ::.. :     :  ..:: _}{_ }:::}',ヽ___,-‐---‐‐‐''´ :::{_ }_ }_ }_ } .} }
      :::.. :.   .:  .::_ }.{ _}:::}:::\  .::::::::    , ‐':::{ _} _} _} _} .} }
      :::...  ...  ...::}{ _} {_ }::::}::::}::\    , -''´:::::::::{_ }_ }_ }_ } .} }
       ::.....  ...:::: {__} .{ _}::::}::::}:::}|::ヽ-‐''´:::::::::::::::::::::{ _} _} _} _}_.}_}
       ∧ ::...::: /     {__}_.,-‐''´|     :::::::::::::::::::::{_ }__}__}__}\_____
          { ヽ| |ノノ      /^l   |::::..   .::/.:::::,=─''.{__}    /        ,'\
       _ト、Lj/}     ./:::::|,-‐''´',::::::::::::/.:.:::::::|:::::`'、     /          ヽ
    r<  { | |7ヽ、-‐''´、-‐''´/:::::::::',:::::/.:.:.__|`' ‐_::'::,   /            |
    {  ,_ェェ.L⊥.__{ノ',   /',::::::/| ̄ ̄`‐´ ̄ ̄   |  /:::::', ./             |
    j         `}  ',    ',::/ `、_.,-‐-、_,-‐''´| /:::::::::::',/              |
      }   ――ー-{ ::::',::::  ./    { ・・ }     |/  :::::::::::               |
     /ヽ  --―‐r' :::|::   |::    ..`皿´     |    ::::::::          ::::::::::::::: ヽ
   /  \_ __. イ   ::::|   |::   .:::::::::::::::..    .|              ::::::::::::::::,-‐''´/
   /    `ー┴ ´  :::|   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.|             :::::::::,-‐''´:::::::::::|


18 :改造イエロ:2006/08/15(火) 08:06:02 ID:qrlN0g+M
:::. :             :  ..:::   /ヽヘヘヘへ‐-、______
. :::. :            :  ..:::へ/ヽi. _/二ヽヽヽヽヽヽヽヽ
 :::. :           .:  ..:::ヘ_ ヽ_ i_ .i _//,,-‐''ヽヽヽヽヽヽ
  :::. :          :  ..::: _ヽヽ_.i_.i_///,,-‐{_ }_ }_ }_ } .}_}
  :::. :         :  ..:::ヽ\ヽヽi//''"" :::::{ _} _} _} _} .}_}
.  :::. :         :  ..::: }::           {_ }_ }_ }_ } .}_}
.   :::. :        :  ..:::_}::     、__, ─ー-、::{ _} _}__}__}_.}_}
   :::. :        :  ..::: .} --―'i   /叨¨)  :{_ }_ }二-'´}_} <うおっ!まぶしっ!
..    :::. :       :  ..:::._l.| '叨¨ヽ    ¨ ¨ :::{ _} _} _} _} .}_}
    :::. :      :  ..:::{_ }::|.`''"´/     ¨  :::{_ }_ }_ }_ } .}_}
     :::. :      .  .::: }{ _}::', ∵ '、>      、 ::{ _} _} _} _} .}_}
     ::.. :     :  ..:: _}{_ }:::}',ヽ___,-‐---‐‐‐''´ :::{_ }_ }_ }_ } .} }
      :::.. :.   .:  .::_ }.{ _}:::}:::\ ヽ─"     , ‐':::{ _} _} _} _} .} }
      :::...  ...  ...::}{ _} {_ }::::}::::}::\    , -''´:::::::::{_ }_ }_ }_ } .} }
       ::.....  ...:::: {__} .{ _}::::}::::}:::}|::ヽ-‐''´:::::::::::::::::::::{ _} _} _} _}_.}_}
       ∧ ::...::: /     {__}_.,-‐''´|     :::::::::::::::::::::{_ }__}__}__}\_____
          { ヽ| |ノノ      /^l   |::::..   .::/.:::::,=─''.{__}    /        ,'\
       _ト、Lj/}     ./:::::|,-‐''´',::::::::::::/.:.:::::::|:::::`'、     /          ヽ
    r<  { | |7ヽ、-‐''´、-‐''´/:::::::::',:::::/.:.:.__|`' ‐_::'::,   /            |
    {  ,_ェェ.L⊥.__{ノ',   /',::::::/| ̄ ̄`‐´ ̄ ̄   |  /:::::', ./             |
    j         `}  ',    ',::/ `、_.,-‐-、_,-‐''´| /:::::::::::',/              |
      }   ――ー-{ ::::',::::  ./    { ・・ }     |/  :::::::::::               |
     /ヽ  --―‐r' :::|::   |::    ..`皿´     |    ::::::::          ::::::::::::::: ヽ
   /  \_ __. イ   ::::|   |::   .:::::::::::::::..    .|              ::::::::::::::::,-‐''´/
   /    `ー┴ ´  :::|   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.|             :::::::::,-‐''´:::::::::::|

19 :シーグライド閣下:2006/08/15(火) 08:53:20 ID:qrlN0g+M

                     ,,-‐'' ̄ ̄ ̄ ̄`‐、
                ___/ ̄`‐-、:::::::::::     \
              - ,‐ヽ::  \`‐-、`‐-、:::::::     \
           /  /  ::ヽ::  |ヽ、 `‐-、\:::::::    | .|
.         , -‐‐、 |::  :: |ヽ:: | .\ ::i.\|:::::::   | .| -──- 、
         / くノ ノY::| :: .|:: リ\|_,,=-\i'.|"´     | .|___   〉
        ヘ.  `'く /|', ::|.|ヽ〈_,‐',,=ヒララ|i.| .|::  ::  | .|二=-‐'´  ノ
        ト、 \_  )::',::.||.|.ア:::::::::''"´ ̄ .|i.| .|::  ::  .| .|  , -‐‐'
        i  / ̄`7|::∧|:||/::..      .|ノ| ||::  :: ,'| .| / __, -──-、
  -─- 、  ト、./   厶|:/ |:|::`i:..        | | |::   ::,'| .|//. :.: / /_ ヽ
 i ヽ.:.:.:.:.::\j∨   厶 |/ |/|:::::{ー-、;     .|/,,|::  ::,' .| |.: .: / ̄ ̄ ヽヽ ノ
 i . :. :ヽ/.:.:.:.::〉   ,'o∞o  `|:::::::|::..   ,,.、-‐''" |::  ::,':_|/  i/ ̄  , -‐‐…’
  、 :.:.:.:.:\ :/    ムニ=-‐゚o:.|::::::└─‐''" ∧ ヽ \\/ ̄7.:.:.:.:. / n
  ゝ .:.:.:.:.:.〉    /     ゚o.:.:.::}`i¬ー-∞0oL,≧=-、 `,ー ̄/.:.:.:./  / .}   ,-,‐,
  ヽ. :.:.:.:..{   /      §.: ;゚ / __   ゚o ゚∞゚。o゚。o ヾ´ ̄ ̄`く   ,'´ ,ニ<// /
    ヽ. .:.: 、 ___,,,.. 、-ー==T゚ Y/ ifinji  ヽ     `・、 }(__).:.::。゚   ,゚。     _二ニ '
-─、─-\ .:.:.:.::.:.:.:.:.:.\/.:. ├ '{   `ー'   }      firv゚ _。o ゚  。'  ゚7´ ̄
   \  \.:.:.:.:.::.:.:.::.:.:ヽ.:;;;i  `       ノ        ヾ爪 /    / ゚ o/
        了.:.:..:.:.:.:‐-;;ヽ ヘ   ー-‐ ´   、   メ V_____/  / ◆
   , ´ ̄`⌒⌒ヽ.:..:.:::;:;:;:;:;;;;;;xヘ      ___   ` 爪   マ/     '
 , '⌒ヽ       i \..:.: .:.:;;;;;;;;;;;)    ´  `  /~~ヘ   `   /\
/             !:.:.:.:);.;.;.;.;.;;;/          厶< ヽ     イヽ. \
         _ノ :.:. '⌒ヽ/          /   /\  >'ヽ._,. く / /\__ヽ
        / :.:.:.:.:.:.: ,oく         ,'   /⌒ <       ヽ.   ヽ ◇
  ◇ /⌒ー' :.:.:.:.:.. , ' ゚%\         〈{     `ヽ ◇   ヽ  ,' } ハ
   /:.:.:.:.:.:.:.:}ヽ:.:.:.; ゚゚   % \        ノ}`ー- 、   }       V  ' ヽ}
   ,':.:.:.:.:.:.:.メ、j ./     ヾ.゚o。\      /,〈:.::.:.:.:.:.j <         ヽ∧__ノ
 /.:.:.:.ノ}ノ   V        0 8>ーo'o%。 ◇:.:./   }
/:.:.:.::.(_ノ     ,         ゚く 0;;;;;;;0ノ0o ゚0 V    く  
:.:.:.:.:.:ノ     i         (ハ;;;;;/ 0 ゚∞ ◇ヽ    }      ◇
:.:.:;'´        i         0 }く   0     V   〈

     フン・・・。見せてやろう!この私の華麗なる舞を!

20 :アンブラ大佐:2006/08/15(火) 08:55:49 ID:qrlN0g+M
                   私ほど・・・
        , . - - ――――-―--. 、
       (  ∴ 。 ・  。.∴ 。・'~
        ~""'''‐―--=----―'''´

          .,..- '´ ̄/\ ̄ ̄`ヽ
         /::::::::::::::::|::::i |:::::::::::::::::ヽ
        / / ̄//.|::::i .|'''''''''''''‐、:::ヽ 仮面が似合う男は・・・
       .| .::|  ::|.|´|::::i .|l´`'‐-、_`、::.\
       ..| ::|  ::|.|_.\i/,..-‐‐-、`'´|:::::.\
   ズズズ .| :::|  ::|.|-':::::i::::`---‐´,-'||/ヽ:::::..\
       (  ~"~"∴""~~"~"~"""~。,-‐‐・‐'''~
        ~""'' '-‐―--=--‐-―'''´''"

           i    ,. へ-、 __  i
           !i _,..::'"li.∧.l!  ゙_」ト、
          , j<.ー-i!  l!-―'"/\
         /゙.,へ、  ┐  i、 /   ヽ.
         .i i   >/\/)゙"‐ 、.   i
         l lレ''"  \jl!レ゙   _,...、ヽ. l   ・・・いないな!
         l! rヲ――--_」Lii--――ヾ. l               ___
         l! //|  :|.|》 _ 《二>゙ ヾ、!、              (  `ヽ、
        .j.,.ィ゙:|  ::|.| ./ ! \_    l!\\    ,-、       ,-;-  〉
  ズブッ!/'' |::.|  ::|.| '´:::i    }{゙ー| | ̄`'-、   |  l, ィ冖、ィ⌒l,|. ヽ ノ
     _/'´  .|::|  ::|.|  .ヽ    }{ .//;;;;;.  :`、  |  .||,  l,.|.  〈  〉 
    <. ,.-─'´|.|  ::|.|.ヽ二二フ,,,,}{.//;;;;    /: ヽ__ハ、 l |.  ,ll  ,ク  
      \;;;;;;;..||  ::|.|   ̄ ̄ }{/|/;;     /,_‐-〉ヽ、 `ー' .`ー' `~∧
    _,,;-‐=ニ二ゞ .:::::|.|\__/.}{ ゞ‐_二ニ=-----‐'''~_二ニ=-----‐'''~
    ~'''‐-   ` ~"'''―--=--―'''´

21 :強化アウドライド:2006/08/15(火) 09:09:10 ID:qrlN0g+M
              ,,.、-‐''" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄゛''‐-、.,,
           ,,.、''":::::::゛'‐,,/‐'" ̄:::::::::::     ゛'‐,,
          /  ::::::゛'‐,,/:,,.、''" ̄::::::::::        \
         ./  ::::::,,,,:::::::::|::::: .,,,,,      \       \
        / :::::::/,, ゛'‐,,|,,‐'":::::\      \     \ \
        .| :::::::/|::::::゛''‐、|,,.、-‐''":::::\      \    '、 \
        | :::::/:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\      .|     |::::  \
       .| :::::|::ヽ'゛'‐-、. {::::i::::::/:::::::::::_,,‐ | |     .|     |:::: ', .\
       | .::::|:::::.ャ''゙'‐、ヽ{:::i::::/:: _,,、-'''""7| |     |     |::::  ',:::: .',
       .| .::::|||::::|ヽ (・ヾヽヽヽ'~,,'' (・)/:::| |    .|     |::::  ',\ ',
       | .::::|:||゙|::|::`"´:::/:::゛''‐、.`ー-‐''"::::::| |    .| |::::  .|::::  ', ', |
     .,,.、| .:::::|:|゙||゙|:|:::::::::/:::::::::::::::::::::..   .::::::| |    | |::::   |::::  .', ', .|
   .(__),,.、.| ::::::|:::|゙||゙|:'、::/:::::::::..       .::::::::| |    .|::::|::::   |',:::::  .', ', |
   (_i_)  .| ::::::|:::::|゙||゙|:::ヽ─___,,、-‐‐、 .:::::::::| |    .|::::|::::   | ',::::  ', ',.|
  (_i_)   | :::::|:::::::|゙||゙| ::::'、 '、ー   ー/.::::::::::,|::|:::::::::::::|::::|',::::  ::|゛''‐-、.,,', ',|
  .(_i_)::::  | :::|| ::::|゙||゙|::::::::'、 二二二 ̄.::::,,‐'" |::||::::::::::::|:::::|',::::::::::|    ゛''‐-、.,,
 .(_i_)::::::::  | :::::|:| ::::::|゙||ヽ,,.、-'、___,,‐'"::::  .|::||::::::::::::|:::::|::',:::::::::|゛''‐-、.,,    ゛''‐-、.,,
iiii彡≡≡≡|≡ヾ ヽ::::::| ゙|| // / :::::::',::::::::   .|::||:::::::::::||::::|:::',::::::::|    ゛''‐-、.,,,,‐'",-───
彡≡≡≡≡|≡ミミヾ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\::   .|::||:::::::::::||:_-=─=-   /     `
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ミiiiiiヽ            \ /.|::|.|_-=≡///:: ;; ''ヽ丶/ヾ ヾ .,! !,,!_´,,//_//
           \iiiiiiiゞ いぷしろん ─  |  /    ''  ~    ヾ/=/`''~~       /彡-
   どりふぁん    \iiヽ        ── | /  りんどすとぅるむ  |=.|   ぐりーざ   | 三
━━━'/  ヽ━━━ ヽミヽ _,-=-  _,-= ヽ| |                ヽ|   ──     \三
  ⊂⊃,.::  :: ⊂⊃  ヽiiiii ⊂⊃ノ_⊂⊃ ヽ│|≡      , 、      || ヽ ,,   、ー ̄   \
         :::      |iiiii        ヽ  │|≡_≡=-、___, - -=≡=│ ⊂⊃    ⊂⊃   |=
                |iii|     ( о )   | | ,⊂⊃ |     | ⊂⊃ |┤    /         |/
    ( ● ● )      .|iiii| /_,,,,;;iiiiiiii;;;,,_ヽ  |ヽ二_,(    )\_二/ |    ( 。つ\
   》━━━━《       |iiiii|///;;;;───、ヾ. |   /(      )ヽ    |    /     丶ー
  》 / ̄ ̄\ 《     |iiiiiiii|:::///\__/ヾヽ|   /  ⌒`´⌒      |    /____」
 《《  \ ̄ ̄/ 》》   |iiiiiiiiiii|::// ;;  ; ;; 》::::::|              /  |     |/    /
  》》    ̄ ̄  《《 》》》》》iiiii|::《 ;; ;; ;》 ;;》:(    |_/ヽ_'\_/   | |    |__/   //
《《《《《《《《《》》》》》》》》》》》》》》iii|/ 》  ;;》 》 ;;ミ ヽ   、\_ ̄  ̄/ヽ    ヽ    -─      /
巛巛巛巛》》》》》》》》》》》》》》IIII  ヽヽ《 ;;; 》(  \   |    ̄ ̄     _// ヽ_____/_ノ
巛巛巛巛》》》》》》》》》》》》iiiiiii      ``《人/   \__ ヽ____/  /
  集え・・・。信者ども。IFの偉大さにおののけ。さすればキサマらに魂の安息が得られるぞ。


22 :アンブラ大佐:2006/08/15(火) 09:11:15 ID:qrlN0g+M
これでシーグライド旗下の自己紹介がおわったな。

23 :助けて!名無しさん!:2006/08/15(火) 20:02:29 ID:gJUSQebd
布教活動乙だ
巨大AAのせいでスレが非常に汚いがまあよしとしようか

24 :アンブラ大佐:2006/08/16(水) 08:27:54 ID:bKaB6v32
>>23
AAは私の魂の叫びだ。気にするな。
よかったら埋もれたスレにもレスしてやってくれ。
どこでも歓迎されるぞ。
しかし全然関係ないスレでアイディアファクトリーを布教するのは面白いものだな。

25 :助けて!名無しさん!:2006/08/17(木) 20:36:19 ID:DfSWy4Ms

Q シーグライドの存在感は?
A 色々と出演してるがどれもぱっとしない立ち位置

Q シーグライドって強いの?
A GOCでは中途半端な技で使い勝手が悪く多くのユーザーに処刑される。
  SS2ではPエクステンションは比較的いいものの魔界粧・皇神烈衝
  が中途半端でやっぱり目立たない。
  設定上も普通の将軍といった感じで中途半端、態度だけは大きい

Q アウドライドに名前が似てない?
A シーグライド
  「私の方が先に出演してるのに何故アウドライドに似てるなどと
  言われねばならないのだ。アウドライドが私の名前に似てない?に
  修正しろ、これ以上答える気になれん。」

Q なんでソーディアンに魔剣を与えて自分で使わないの?
A 本来シーグライドが使うべき一本をアウドライドに持ってかれた。

Q ロゼも魔王の血縁なんだからジャネスを復活させなくてもいいじゃん?
A より強大な力に対して依存症だから仕方ない。

Q 総合的にはどんな奴?
A 戦闘能力も出番も人気も全てにおいて中途半端な奴

26 :アンブラ大佐:2006/08/21(月) 21:36:07 ID:g9OXt1gL
異界の門第2弾

IFネバーランドにて謳われし甘美な鎮魂歌
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/gamesrpg/1156159430/l50

27 :助けて!名無しさん!:2006/08/30(水) 00:51:43 ID:SOvpZcVo
ジークライドよりアリウェスが好きです

28 :助けて!名無しさん!:2006/08/30(水) 20:12:30 ID:jw0IhHWb
>>27
アリウェス閣下が好きとはな。
>>27はシーグライドの素質があるな。

29 :助けて!名無しさん!:2006/08/31(木) 20:52:25 ID:fBeEACM6
でもエルゼラが一番好き

30 :シーグライド閣下:2006/08/31(木) 22:00:37 ID:Nxzpa2FB
エルゼラが好きとな?私の引き立て役の女が好みとは。
私同様、技が地味という理由で処刑される薄幸女だな。
だがやはり女より男だ。それも紳士。

31 :助けて!名無しさん!:2006/09/07(木) 17:35:14 ID:3mRB5CTl
   /\                                    /~ ̄~'i,、
   / :;:;:;\                                 /;:;:;:,.;:、;:;:;:'i、
  /;:/\;:\                              /;:;:;:;/  ''i、;:'i、
  i';:;l   \;:;\                           ./;:;:;:;/     'i、:;:'i、
 .i';:;l     \;:;:;ヽ                        , '";: ,.r''"       'i、:;:'i、
 .l;:;:l      \yy" 入_____,....,__       .-`''ik ”、         'i、;:;'i、
 .l;:;:l        /,l: : : :/ : : : : : : : : : : ::""` ---'' ,, `''ikミミ 'I、          .'i、;:;'i、
 .l;:;:l        / : :( : : :人: : : : :_______,, \" : : : l\ l            .'i、;:;'i、
 .l;:;:l       / : : : i: :/: :'i、: :/        ヽ: : :i,: : : :l : :\           'i、;:;'i、
 .l;:;:l  |'し'   l : : : :'i,/ : : 'i, 'I           I: : i.: : : :l: : : :`i      ,/|   . 'i、;:;'i、
 .l;:;:l  | 'i,   l : : : : 'i,: : : :'i: :|           .I: : :i : : : l: :/ l: :I     ./ .l    'i、;:;'i、
 .l;:;:l  |  'i,  'i、 : : : :'i、 : : 'i '|           I: : :i: : : : : : : 'i:/   , "  | .   'i、 ; 'i、
 .l;:;:l  |  `ー\ : : : : i、 : : 'i '|          .I : : :i: : : : : : : :,/  .__."   .|      'i、 'i、
 .l;:;:l  |     \ : : :'i、: : : 'i'|          I : : :i : : : : : : ,/  ̄     |       'i、 'i、
 .l;:;:l  |      \ : : 'i、 : : =|          I : : :i: : : :l : : /         .|       'i、 'i、
 .l;:;:l  |  /\   .\ : : \ : : :|         .I : : i : : : l : :/.  _____ ;  .|       'i、 'i、
 .l;:;:l  |  |  .\   \: : \ : :|        I: : :.i: : : :.l: :/  /    ` i: ; |        'i、 'i、
 .l;:;:l  |  .|   \    \: :\ :|       /: : : :i l : : l   /      .|; : |        'i、 .'i、
 .l;:;:l  |  .|    \    \: :\\____/: : : / : : -"   /      .|; : |         'i、 .'i、
 .l l  |  .|     \    \: :\_____/--"    /       | ; :|         .'i、 .'i、
 .l l  |  .|      \    \,..、,....... ''"''i/  /   /         .| ; :|         i、 .'i
 .l l  | ; :.|       \       |    'i、 .i'、 /          .| : ;|         .i、 .'i
 .l l  | ; :.|        \      |     'i、 .i' /            .|;:;:;|         .i、 .'i
 .l l  | ; :.|         `i 、    |     'i、 i'             .|;:;:;|         .i、 .'i
 .l └┐| ;::;|          `i \,... ┴ ...、_, 'i、i              |;:;:;|          i、 .'i

           オレはのっぺらぼうになってホラー映画のオファーをされることを
           待ち望んでる・・・元の顔でホラーとか言うな。

32 :助けて!名無しさん!:2006/09/07(木) 17:35:46 ID:3mRB5CTl
   /\                                    /~ ̄~'i,、
   / :;:;:;\                                 /;:;:;:,.;:、;:;:;:'i、
  /;:/\;:\                              /;:;:;:;/  ''i、;:'i、
  i';:;l   \;:;\                           ./;:;:;:;/     'i、:;:'i、
 .i';:;l     \;:;:;ヽ                        , '";: ,.r''"       'i、:;:'i、
 .l;:;:l      \yy" 入_____,....,__       .-`''ik ”、         'i、;:;'i、
 .l;:;:l        /,l: : : :/ : : : : : : : : : : ::""` ---'' ,, `''ikミミ 'I、          .'i、;:;'i、
 .l;:;:l        / : :( : : :人: : : : :_______,, \" : : : l\ l            .'i、;:;'i、
 .l;:;:l       / : : : i: :/: :'i、: :/        ヽ: : :i,: : : :l : :\           'i、;:;'i、
 .l;:;:l  |'し'   l : : : :'i,/ : : 'i, 'I           I: : i.: : : :l: : : :`i      ,/|   . 'i、;:;'i、
 .l;:;:l  | 'i,   l : : : : 'i,: : : :'i: :|   へ   へ  .I: : :i : : : l: :/ l: :I     ./ .l    'i、;:;'i、
 .l;:;:l  |  'i,  'i、 : : : :'i、 : : 'i '|   の   の  I: : :i: : : : : : : 'i:/   , "  | .   'i、 ; 'i、
 .l;:;:l  |  `ー\ : : : : i、 : : 'i '|          .I : : :i: : : : : : : :,/  .__."   .|      'i、 'i、
 .l;:;:l  |     \ : : :'i、: : : 'i'|     へ    .I : : :i : : : : : : ,/  ̄     |       'i、 'i、
 .l;:;:l  |      \ : : 'i、 : : =|          I : : :i: : : :l : : /         .|       'i、 'i、
 .l;:;:l  |  /\   .\ : : \ : : :|     も   .I : : i : : : l : :/.  _____ ;  .|       'i、 'i、
 .l;:;:l  |  |  .\   \: : \ : :|        I": :.i: : : :.l: :/  /    ` i: ; |        'i、 'i、
 .l;:;:l  |  .|   \    \: :\ :|    へ  /: : : :i l : : l   /      .|; : |        'i、 .'i、
 .l;:;:l  |  .|    \    \: :\\____/: : : / : : -"   /      .|; : |         'i、 .'i、
 .l l  |  .|     \    \: :\_____/--"    /       | ; :|         .'i、 .'i、
 .l l  |  .|      \    \,..、,....... ''"''i/  /   /         .| ; :|         i、 .'i
 .l l  | ; :.|       \       |    'i、 .i'、 /          .| : ;|         .i、 .'i
 .l l  | ; :.|        \      |     'i、 .i' /            .|;:;:;|         .i、 .'i
 .l l  | ; :.|         `i 、    |     'i、 i'             .|;:;:;|         .i、 .'i
 .l └┐| ;::;|          `i \,... ┴ ...、_, 'i、i              |;:;:;|          i、 .'i
   _   _       ☆       ウワァァァ、このオレの顔に落書きするなぁぁぁ
  l__>ロ<_|   l /
  く/´     `ヽノ .の  ̄
  | !|ノ/-ノ|-ヽ))/ニl
   !i (l ∩ ∩l) / /
.  `wl、'' ワノ / /
  ,-一ヽ=∨=/ /  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ヽ二(○ ゚l ロ r´ <アハハー、面白いなぁ、コイツに落書きするの。
    |  ゚|  l    \____________________
    l.   ゚l  l
    /__.∧_,!
   /_/ l _l ヽ_ゝ
   / ̄/ l ̄l
.  / /  l  l
  /lニ/  l─l
  \.⌒) | ⌒)
     ̄    ̄

33 :助けて!名無しさん!:2006/09/07(木) 19:47:35 ID:tAgkccMR
   /\                                    /~ ̄~'i,、
   / :;:;:;\                                 /;:;:;:,.;:、;:;:;:'i、
  /;:/\;:\                              /;:;:;:;/  ''i、;:'i、
  i';:;l   \;:;\                           ./;:;:;:;/     'i、:;:'i、
 .i';:;l     \;:;:;ヽ                        , '";: ,.r''"       'i、:;:'i、
 .l;:;:l      \yy" 入_____,....,__       .-`''ik ”、         'i、;:;'i、
 .l;:;:l        /,l: : : :/ : : : : : : : : : : ::""` ---'' ,, `''ikミミ 'I、          .'i、;:;'i、
 .l;:;:l        / : :( : : :人: : : : :_______,, \" : : : l\ l            .'i、;:;'i、
 .l;:;:l       / : : : i: :/: :'i、: :/  二二二   ヽ: : :i,: : : :l : :\           'i、;:;'i、
 .l;:;:l  |'し'   l : : : :'i,/ : : 'i, 'I ,,,,,,,,,,,,,,,二.,,,,,,,,,,,,, I: : i.: : : :l: : : :`i      ,/|   . 'i、;:;'i、
 .l;:;:l  | 'i,   l : : : : 'i,: : : :'i,,''",,,,,,,,,,,,,i二.i,,,,,,,,,,,,,゛'',,: : :i : : : l: :/ l: :I     ./ .l    'i、;:;'i、
 .l;:;:l  |  'i,  'i、 : : : :'i、 : : '''",====、.三,,====、゛''I: : :i: : : : : : : 'i:/   , "  | .   'i、 ; 'i、
 .l;:;:l  |  `ー\ : : : : i、 : : 'i '|.,,,,-‐´i⌒i`‐-,,,, .I : : :i: : : : : : : :,/  .__."   .|      'i、 'i、
 .l;:;:l  |     \ : : :'i、: : : 'i'|  .,,,,,i  i,,,,    I : : :i : : : : : : ,/  ̄     |       'i、 'i、
 .l;:;:l  |      \ : : 'i、 : : =| ,,"r'i  iヽ゛,,  I : : :i: : : :l : : /         .|       'i、 'i、
 .l;:;:l  |  /\   .\ : : \ : : :i,,,'""`三'゙゛゛゛'',,iI : : i : : : l : :/.  _____ ;  .|       'i、 'i、
 .l;:;:l  |  |  .\   \: : \ ,'',,,,,,=''''''''''''=,,,,,,,,゛,: :.i: : : :.l: :/  /    ` i: ; |        'i、 'i、
 .l;:;:l  |  .|   \    \: :\ :|  `二二´ /: : : :i l : : l   /      .|; : |        'i、 .'i、
 .l;:;:l  |  .|    \    \: :\\____/: : : / : : -"   /      .|; : |         'i、 .'i、
 .l l  |  .|     \    \: :\_____/--"    /       | ; :|         .'i、 .'i、
 .l l  |  .|      \    \/二凹二.\/  /   /         .| ; :|         i、 .'i
 .l l  | ; :.|       \    \/| \/'i、 .i'、 /          .| : ;|         .i、 .'i
 .l l  | ; :.|        \      |     'i、 .i' /            .|;:;:;|         .i、 .'i
 .l l  | ; :.|         `i 、    |     'i、 i'             .|;:;:;|         .i、 .'i
 .l └┐| ;::;|          `i \,... ┴ ...、_, 'i、i              |;:;:;|          i、 .'i
               どうやら私を本気にさせたようだね・・・。

34 :助けて!名無しさん!:2006/09/07(木) 21:13:19 ID:3mRB5CTl
そういえば以前量産してたアウドライドに色々なAA使ってたけど
改造してネタ化するのに丁度いいAAと思うAAの保管庫でも
廃墟化した冥界避難所のスレで保存してネタの活性化を試みないか?

35 :助けて!名無しさん!:2006/09/07(木) 21:59:42 ID:tAgkccMR
いいなソレw
改造アウドは大半がお蔵入りされているしな。
問題は以前アウドライド作った人から一度クレームが来てるから
オリジナルで汎用型アウドライドを作る必要があるな。
今のアウドライドのサイズでは改造しにくいし。

36 :助けて!名無しさん!:2006/09/07(木) 22:20:30 ID:3mRB5CTl
いや、アウドライドを置かなくても
この前本スレに置いたマークスの服の部分とかあれだけでも
後は個人で改造すれば十分ネタ化できることだしな。
アウドライドを作った本人からクレームというが「一人でせっせと量産してる
ものと思われる」というのと「俺個人としてはその気になればゼロから
作れるのかどうか気になる」とか書かれてた覚えだけで
クレーム的なレスは見覚えがなかったが。

37 :助けて!名無しさん!:2006/09/07(木) 22:32:56 ID:tAgkccMR
作ったのは俺なのに今は変なヤツに乗っ取られてこのザマだ。
と言われたことがあったな。
人によっては作品を汚されたと思うんだろうな。
オレならむしろ嬉しいが。

マークスか・・・。初めはマークススレを立てようとしたんだけど
AAの技術が伴わなくて断念したんだよね。
それで改造アウドネタに奔走したんだ。
今では自力で作れるようになったが・・・。

やはりアウドライドは欲しいな。今から汎用型アウドライドを作るよ。

38 :助けて!名無しさん!:2006/09/07(木) 22:40:01 ID:3mRB5CTl
ん、そんなこともあったっけ。
・・・というか多分その頃はまだ本スレに俺がいなかったな。

39 :扱いの差:2006/09/16(土) 23:26:22 ID:3TIgVNFB
┏どうぐ━━━┓
┃ ロゼ    ┃
┃┏━すてる━━━━━━━┓
┃┃  E S・ヴィエルージュ  ┃
┗┃  E 天守聖・雷御      .┃
  ┃  E ブルーウォーター   .┃
  ┃→イフ    .     ..┏━━━━━━━━━━━━┓
  ┃  バイアード       ┃イフをすてますか?      ┃
  ┃  シーグライド   .  ┃→  はい               ┃
  ┗━━━━━━━━━ ┃   いいえ           ┃
                 ┗━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃それをすてるなんてとんでもない            . . . ┃
┃                        ▼.         ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

┏どうぐ━━━┓
┃ ロゼ    ┃
┃┏━すてる━━━━━━━┓
┃┃  E S・ヴィエルージュ  ┃
┗┃  E 天守聖・雷御      .┃
  ┃  E ブルーウォーター   .┃
  ┃  イフ    .     ..┏━━━━━━━━━━━━┓
  ┃  バイアード       ┃シーグライドをすてますか? ┃
  ┃→シーグライド   .  ┃→  はい               ┃
  ┗━━━━━━━━━ ┃   いいえ           ┃
                 ┗━━━━━━━━━━━━┛
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ロゼはシーグライドを投げ捨てた           . . . ┃
┃                        ▼.         ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

40 :助けて!名無しさん!:2006/09/18(月) 10:10:10 ID:ETIk/Fhp
                     _____
            ,,-‐'' ̄ ̄ ̄ ̄`‐-、`-、____
        ___/ ̄`‐-、:::::::::::    \`‐-、─-\
       ,‐ヽ::  \`‐-、`‐-、:::::::    \ `‐-、
      ./  ::ヽ::  |ヽ、 `‐-、\:::::::   | .| ::   \
      |::  :: |ヽ:: | .\ ::i.\|:::::::   | .| ::::   .\
     .|::| :: .|:: リ\|_,,=-\i'.|"´     | .|___  \
     |/|', ::|.|ヽ〈_,‐',,。==ラ|i.| .|::  ::  | .|二=-‐'´   \
      |::',::.||.|.ア:::::ヽ''"´ ̄ .|i.| .|::  ::  .| .|:::: \ :: \\\
      .|::∧|:||/::..  `|||||||| .|ノ| ||::  :: ,'| .|:::: :::::| ::::  \\\
      |:/ |:|::`i.ij__.   U  | | |::   ::,' | .|::: :::::| :::::::  \\
     .|/ .|/|:::::{─‐', } .┌─-|/‐|::  ::,'ー| |───-、__ \\
    ,-‐─ー|:::::::|___/ノ  |:::::::::::::::::|::  ::,':  .|/         `──┐
    | ̄|;;;;;;;;|::::::└─‐''"|::::::::::::::::::|:: ::,': :               ..::|
    |:::::|;;;;;;;|::::::|:::|;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::::|::::/: : : :             .:::::|
    |:::::|;;;;;;|:::::/|::|;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::::::|/: : : : : : :           .::::::|
    |::::::|;;;;;|::::/;;|/-‐,-‐|:::::::::::::::::::::::::::::..: : : : : : :          .::::::|
   ./|:::::::|;;;;;|/ ,-‐'´,-‐|:::::::::::::::::::::::::::::::::..: : : : : : :        .::::::::::|
   / ::::::://‐'´,-‐''´ ノ:::::::::::::,-‐''´ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄     ̄ ̄`‐-\
                   )、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ぬああああ・・・!私を解雇するなぁぁぁ〜!
おのれぇ〜ロゼめぇ!イフばかりに色眼鏡つかいおって!
飛んで火にいる夏の虫。ここは私のスレだ!こらしめてやる!

41 :皆さんの個性、扱い:2006/10/07(土) 12:21:56 ID:njFvEf9p
シーグライド    →   ツンデレ
アウドライド    →   狂信者
デューラー     →   冥界住人
ミナルド&アサロ →  ヲタク
デナ(暴走状態)  →  ♀ゾンビ
デナ(本来の姿)  →  フランス人形
セクストン     →  ふたなり
アウル・ファルオン→  生まれる時代を間違えた天才
グィスタビヌウス →   捨石にされた神
ガストール    →   言語障害者
リンドストゥルム →   身の程知らず
ハイネル     →   ガイザン信者
グィネヴィア   →   露出狂
ヘルムート    →   皮肉爺
トレヴァゼン   →   見た目老けすぎ
グリューネルト →   トカゲ恐怖症

シーグライドはただのツンデレというと個性に欠けてるような気もするな。
個性も中途半端なシーグライドだな。

42 :シーグライド閣下:2006/10/08(日) 01:37:26 ID:w9/QtafB
シーグライド → 中途半端
ファースト → 孤軍奮闘
ミュウ → 批判対象

フン!このスレはゴミ溜めではないわっ!

43 :助けて!名無しさん!:2006/10/08(日) 10:51:19 ID:5bv1xb+T
社員の扱われ方みたいだな。

中途半端→一般社員
孤軍奮闘→3絵師
批判対象→ヤス、菅野

44 :助けて!名無しさん!:2006/10/08(日) 11:40:25 ID:AOAT95qj
>>41

×グィネヴィア   →   露出狂
○グィネヴィア   →   SM女王

45 :汎用型アウドライド:2006/10/13(金) 05:37:19 ID:Nw4CA6OZ
明快住人のネバーランド研究史のプレイ日記(なりきりネタ含む)
                ___                  .,,.、-‐''" ̄ ̄ ̄゛''─‐-、
           ,.-'" ̄ ̄ ,.、-‐'"゛'‐-、.             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
         ,.-'"..:::::::::::::/ ̄      ゛'‐-、.         {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;三{. ̄゛''─‐-、.,,/
        /  .::::::::::::ヽ/ ̄    \     ゙、        {;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;三{::::::::}   ::}  |
        .|  .:::::∧ミ`!//∧.゙、   ゙、 \  ゙、        |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;三>:::::}  .:ヽ |
        | .::::/!ヽヽ、゙!'///∧ ゙、    |  ゙i   ゙i       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;┌┘´ ̄`''=,,,,::}/
       .| ::::/:|        .\゙、  .|  ゙i   .゙i      .|;;;;;;;;;;;;/.;;{;;|::::::::::::::弋〒i` ',
       | ::/::::|,二ミ、{.i,/  ._,..-‐トi:.   |  .i.゙i::..  .゙i     |;;;;;;;;;;;;{::{::¨:::::::::::   ̄/::. ',
       | :|.i::::|`‐ゞ'`iヾー,ニ=rッ;'.|::i::.  i:.|  i.゙i::.. ゙i:゙i    |;;;;;;;;;;;;;{;;i:::::::::::::::::/ ̄ ::. .',
       | || i::::|   :i    ̄``.::|::i::.  i::|:.  i.゙i::::.. ゙i::゙i    |,,.、-‐''".{::::::::::::::::: ー、__i"
       | .|::|. i::ヘ  .ノ     .::::::|:i:::... i::|:::. .i ゙i゙、::::゙i、゙i   |::::::::::::::::::゛''-、::::::::    r'
      _,.ー| |::::|゙i.i::::\`、____, .:::::/|:i:::::..i::|゙、::.. i .゙i.゙、::::゙i、゙i /゛''─‐-、.,,::::::::::゛''-、    |
    (_)_,.ー|.|゙i:::|.゙i.i::::::::\`二´..::/,.-'.|:|:::::|::|::゙、::..|゙、゙、゛''‐゙i、i,/゛''─‐-.,,_゛''──-、゛'.T."
   (i.)  /\i::| ヽi_:、-‐`ー-,"-'"  |:||::::|||::::.゙、:゙i ゙、i゛‐、 ゛‐、;;;;;;;//::::::::::::::::゛''─‐-、 ̄| ̄|
   (i.)::/   \| .// ,r´.ーく::::   ,..|:| i:|| .:::::,' ゙、|    ゛‐、'◎‐、゛''‐-、.,,:::::::匚コ .| | ̄|
  (i./ ヽ\   \/ヽ_.:/.ヽ: ,.-"/|/  .::::,'      ..:::/゛‐‐'"ヽ-、.,, ゛''‐    | |  |_
  /  ○) )  ./: ./ ..::|.  `´./ \,‐、.:::,'     ..::::::/::..    ゙、::::゛''‐-、.,,   | |,,‐'" ̄゛'‐,,_
  \   ノ/ ./:|:: / .::::|  ./    .\`´    ...::::::/,,.、-    .:゙、::::::::::::::::::::..  | |,,.、-‐''"  ',:;:;\
        ネ バ ー ラ ン ド 研 究 史
    http://www.ideaf.co.jp/never/reportage.html
【スペクトラル】ネバーランド研究史【在庫処分】
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/gamesrpg/1158665312/l50

46 :助けて!名無しさん!:2006/10/13(金) 05:38:28 ID:Nw4CA6OZ
第一章 スペクトラルフォース2 オーガプロジェクト
http://www.youtube.com/watch?v=SeEGXuUttUc&mode=related&search=
http://www.youtube.com/watch?v=83R7lXhyeHA

会議室にて

零号「ガイザン様に報告いたします!」
   「オーガプロジェクトは予定より早く進行しております!」

ガイザン「うむ…」
     「そのまま続けろ…」

弐号「失礼いたします!」

ガイザン「なんだ…」

弐号「緊急にて報告を優先いたします!」
   「本日、零時六分…イプシロンと名乗る者の伝令有り」
   「世界調整の為に話し合いを持ちたいとの事です!」

ガイザン「この忙しいときに…」
     「まあいい…見せしめにはなる
      伝令を殺しておけ…」
     「ゼロ予定どうりだ
     「次のプロジェクトを始めるぞ…」

零号「はっ!」

ガイザン「…」
     「急がねば…」
     「奴らはもうそこまで追っているのだ」
     「この世は誰かが守らねばならん…」
     「人が人であるがゆえに神を超えなければならん…」

ガイザン(銀河万丈CV)「不要な存在は除去せねばならん
               その判断は私に委ねられたのだ」


47 :助けて!名無しさん!:2006/10/13(金) 05:39:17 ID:Nw4CA6OZ
謎の黒服登場

零号「997年1月になりました!」
   「我が母国こそが理想の世界
    理想を守るために戦う」

ガイザン「そうか………で…? 私に何をしろと?いきなりスタートか…」
     「とりあえず情報でも眺めて見るとするか…」
     「初っ端から我が国は神聖皇国軍と同盟しているようだ…」
     「状況が曖昧だな…」

  | ::/::::|,二ミ、{.i,/  ._,..-‐トi:.   |  .i.゙i::..  .゙i
  | :|.i::::|`‐ゞ'`iヾー,ニ=rッ;'.|::i::.  i:.|  i.゙i::.. ゙i:゙i
  | || i::::|   :i    ̄``.::|::i::.  i::|:.  i.゙i::::.. ゙i::゙i
スーツ姿の男「戸惑っているようですね」

ガイザン「誰キミ?」

スーツ姿の男「同盟国である神聖皇国軍から派遣されたアウドライドと申します」
        「ガイザン閣下の秘書を務めさせて頂きます」

ガイザン「む…どこかで聞いたような名だな…(んだよ…秘書は女を寄こせや…)
      正直何から手をつけていいかわからん。助けてくれ…orz」

アウドライド「迷うほどの事はありません。やることなど非常に少ないです」
       「まあ1週目なので気楽に行ってください」

ガイザン「……(説明になっとらん…)」

48 :助けて!名無しさん!:2006/10/13(金) 06:25:29 ID:bdHj/dgy
>>46
リアルアンパンマン面白いね

49 :助けて!名無しさん!:2006/10/13(金) 06:38:37 ID:Nw4CA6OZ
>>48
作った奴は地味に凄いな。これだけよくもいろいろアテレコ出来たものだ。

気楽に行こうぜ

ガイザン「まずは徴兵をしよう。兵力を分散してもいいことはないだろう。
      700人全て私の指揮下に置こう」
     「家畜の相場がやたら低いな。今のうちに買っておくか…」
     「…ってやることが本当に少ないな…」

 2月

ガイザン「次は同盟もしくは引き抜きか…」
     「同盟は神聖皇国軍としているから当面はいいだろう。引き抜きをしてみよう」
     「ゴブリンに属している五勇者のグロミューがとれそうだな。」
     「よし!全員で行くぞ!」
     「……ってそう簡単にとれるものじゃないのか」

 3月

ガイザン「役職を決める…?一体これでなにが変わるというのだ?」

アウドライド「軍師は知力が高い者。外交官は外交力が優れている者。内政官は魅力のある者。
       と言う感じにアバウトに決めてもよろしいのでは?」

ガイザン「む…そうだな…」
     「おい…武将達の能力が下がったぞ…どういうことだ?」

アウドライド「どうやら軍師から見た能力は個人によって変わるそうです」

ガイザン「なに?ではこの能力もあやふやなものなのか?」

アウドライド「おそらくは…まあ下がったのならよりシビアな目で見ているということで
       信用の出来るものになったと考えてよろしいのでは?」

ガイザン「全てにおいてなげやりだな…探索というのもやってみるか…」
     「…む…?エリシオンなる人物が出てきたぞ…勧誘してみるか…」

エリシオン「閣下のお力になりましょう」

ガイザン「なんだ…やけにあっさり配下になったな」
     「武力がやたら高いな…いきなり当たりくじを引いたようだ…」


50 :助けて!名無しさん!:2006/10/13(金) 07:07:33 ID:Nw4CA6OZ
 4月 政略
イチゴウ「防壁もしくは投資を行ってください」

ガイザン「むん…防壁など不要。篭城など負け戦のするモノだ。
      野戦にて蹴散らせば問題ない。
      よって投資に全てをつぎ込もうじゃないか
      全員に指示を与えよう。」

 5月 外交

ガイザン「グロミューは取れないな。他に取れそうなのは…
      リーガルリリーなんてのはどうだ?
      聞いたことある名だな。
      …ってとれないのねorz
      国力が常に出てくるが豊かだと成功率が上がるのか?」


51 :助けて!名無しさん!:2006/10/13(金) 07:32:06 ID:Nw4CA6OZ
 6月 戦闘

ガイザン「…っておい。旅団フェリアスがいきなり攻めて来たぞ…」
      兵は私しかもってないぞ…早くもゲームオーバーか…」

アウドライド「敵は兵力を分散しているようですね。
        大軍で包囲すれば各個撃破が出来るのでは?」

ガイザン「む…ならばひたすら包囲防御で行こう…(怖いょ〜ブルブル)」
     「トリックブルー…こいつ知ってるぞ…強敵ではないか?」
     「……なっ…中央突破…?馬鹿かコイツ?
      包囲しているのにわざわざ囲まれにくるとは…
      兵法を知らぬようだな…」

アウドライド「どうやら陣形には3すくみがあるようです」
       この戦術は極めて有効のようです」

ガイザン「…のようだな。全員中央突破か…ばかめ…包囲殲滅してくれるわ!」
     「ふふふふふ…皆一撃だ…圧倒的だな…我が軍は!」
     「月心に対してシャレで爆殺弾道砲を撃ったがたいして効かなかったな
      むしろ陣形が組めない分被害が多くなってしまった…」

イチゴウ「我が軍の勝利です。閣下」

ガイザン「あっさりしすぎて味気がないな…戦闘はこんなものか?」

イチゴウ「閣下。今度は我が軍の番です。ここで兵力0のフェリアスへ侵攻しましょう。」

ガイザン「む…よし…この好機を逃す手はないな。」
     「総員!かかれ!」

アウドライド「フェリアスはストーンカ帝国以前の堅固な要塞です。
       力攻めでは至難でしょう。兵もいないことですし閣下自ら降伏勧告をなさっては?」

ガイザン「む…無血開城か…それが手っ取り早いだろうな…」
      お〜い。トリックちゃ〜ん。ちゃっちゃと降伏しちゃいなょ」

トリックブルー「スンませんでした〜」

ガイザン「む…何のアイテムだ?大地界の呪文?魔法か?とりあえず知力の高いイチゴウにやろう」

イチゴウ「はっ!ありがとうございます。閣下」

ガイザン「さて…トリックブルーはどうしようか…
      殺すには惜しい気もするから解放するか…」

トリックブルー「あとで後悔するなよ」

アサミ「私が仲間になってあげようか?」

ガイザン「誰だ?お前?まあ配下が増えるなら採用しよう。
      どれどれ?能力は…………見事にカスだな。」



52 :助けて!名無しさん!:2006/10/13(金) 08:34:18 ID:maRO4AVn
剣聖や黒獅子や翼獅子とジミーなイメージしかないよシーグライド

53 :シーグライド:2006/10/13(金) 22:11:44 ID:Nw4CA6OZ
>>52
むぉ!何を言うか!私はトータスブルク戦で巧みな指揮をとり
名を轟かせたのだぞ!翼獅子は私のライバルだ。見た目がかぶるしな

54 ::2006/10/14(土) 09:21:51 ID:g42JOYQU

あっという間に強国に

アウドライド「本国のエイクスの国力も豊かになりました。多くの兵士を徴兵出来るようになります。」

ガイザン「む…兵士は武力の高いゼロとエリシオンに授けよう。」

イチゴウ「閣下。フェリアスを攻略したことによりヘルハンプールが攻略可能になりました。
      ヘルハンプール攻略作戦を提案します。」

ガイザン「うむ…ヘルハンプールは中原への橋頭堡。是非確保せねばな。」
      よし…これより我が軍はヘルハンプール攻略作戦を提案する。
      諸君らの健闘に期待する。」

55 :助けて!名無しさん!:2006/10/14(土) 09:42:52 ID:g42JOYQU

イチゴウ「閣下。敵はヴァングル盗賊団です。マンビーとギャプは手強そうです。」

ガイザン「問題ない。こちらは智勇にすぐれたゼロを投入する。」
      ゼロ。行って遊んできてやれ…。」

ゼロ「はっ!」

ギャプ「俺が相手だぁ!」

ゼロ「閣下の大いなる計画の邪魔はさせぬ!包囲突破で行く!」
   「あわわわ…!失敗した!中央突破になってしまった!!」

ギャプ「ははは!馬鹿な奴だ!…ぎゅぇぇぇ!俺は密集防御じゃねえか!ギャプン!」

イチゴウ「閣下。やりました!ゼロの勝利です!」

ガイザン「む…。被害は軽微のようだな。次もゼロ…。行ってこい。」

ゼロ「はっ!」

マンビー「ギャプもだらしねぇなあ。俺がやってやらぁ!」

ゼロ「貴様ごとき盗賊にやらせん!中央突破で殲滅だ!」

ガイザン「マンビーも散ったか…。よし…ゼロ…せっかくだからリュウに瞬殺光波をあびせよ。」

ゼロ「はっ!よしエネルギーチャージ!脳波系に異常!大丈夫です!まだやれます!
   行けぇ!瞬殺光波ぁぁぁ!!!!」

リュウ「あぼーん」

ガイザン「ふっ…他愛無い…。」

イチゴウ「攻城戦誰に命じますか?」

ガイザン「兵がいないのだ。私が説得しよう。」
     「盗賊よ!無駄なあがきはやめるのだ!抵抗すれば命の保障はない!
      毒殺弾道砲をぶっ放すぞ!ゴルァ!!!」

マンビー「ヒーン!ごめんなさ〜い!」

イチゴウ「盗賊団の処遇。どうしますか?」

アウドライド「生かしておいても探索時に出てきて邪魔なだけです。
        配下にならぬのなら全員処刑が妥当かと。」

ガイザン「む…惜しい気もするが割り切るのも必要か。
      というわけで死刑。」

マンビー「ぐぇぇぇ!!!」



56 :助けて!名無しさん!:2006/10/14(土) 10:45:13 ID:g42JOYQU

アウドライド「各地で戦争が頻繁に起きてきましたな。」

イチゴウ「近隣の諸国では新生魔王軍と暗黒不死団が強国です。」

ガイザン「我々も乗り遅れるわけには行かぬ。新生魔王軍が大陸南西部に入り込むのは癪だ。」
      進路を妨げるためにシルヴェスタに侵攻を開始する。」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

アウドライド「シルヴェスタは陥落しクリエスタ王国は滅亡しました。我が軍の勝利です。」

ガイザン「ここもあっさり落ちたな。国力は高いのだが将が2人しかいないのが致命的だな。」

アウドライド「王女ミュラの処遇はどうしますか?」

ガイザン「殺して占領地の住民の反感を買う必要もあるまい。解放してやれ…。」

アウドライド「懐柔策ですね。わかりました。」

ガンマッハ「おお…!ミュラ様を助けてくださるのか…!なんて徳のあるお方…!
       貴方様のようなお方に仕えたいと思っておりました。
       是非私を旗下の末席にお加えください。」

ガイザン「おお!仕官してくれるのか!是非もない!許可しよう!」

ガンマッハ「有難き幸せ。存分に役に立って見せましょう。」

ガイザン「…で肝心な能力は…おお!武力に秀でた将ではないか!
      さすが専用アイコンを持っているだけのことはあるな!」

アウドライド「どうやらその男。五勇者の一人と思われます。
        一軍に入れるのをオススメします。」

ガイザン「許可しよう。仮面を被っているし大佐の地位を授けよう。
      フフフ…シルヴェスタを獲たよりもガンマッハを獲た事のほうがうれしいな…。」



57 :助けて!名無しさん!:2006/10/14(土) 11:17:31 ID:g42JOYQU

└──┘│  ━┓─────┃────┘★  ┏━┛
※※※※└┃┘┗★┏━━━★  ★カイゼル┃┏┛     ◎ドウム戦闘国家
※※※※┌┃─┘┗★  ナハリ┃  .┃ .オーン★┻━★━  ★新生魔王軍
 ネウガード│★┏★━┛   ★━★━★━★┓    ┃   .▲暗黒不死団
※┌──┘┃┃トータスブルク┃    .ジャピトス┃    ..┃.┏  ▽神聖皇国軍
※│★━━★┻━━★┓ ┣━━★━★━★━━━★┛  ◇騎士団シリニーグ
※└─┐  .バルハラ┏┛┗★━━━━┓ディアルゴ   ┃    △妖魔軍ネブカドネ
┌─┐└──┐★┛シル .┃ジグロード ◎━◎┓  ┏★━ 
│  │ランデ※└┐ ヴェスタ ┃    ◎┃─┐┗★┛┗━
└┗┓ロール.※※│┏━━◎━━┓┃┗┓└─────
※┌┃┐ツェンバー│◎ヘルハンプール.┣◎┌◎┐ガレーナ   ガイザン「我が軍も勢力が拡大したな。」
※│▲└───┘┗━━┳━━┛│└─┘※※※  
※│┃  ▲ ガッ◎    ┏◎┓   │※ シュラク海 ※  イチゴウ「ディアルゴを占領したものの
※│┃  ┃ ツォ┃┏━┛  ┗━┓└┐フェリアス※ ※        進路先のガレーナを先に
※│┗━▲━━◎┛コリアス    ◎┓│※┏━━━        新生魔王軍にとられてしまいました」
※└─┐┃マリアン┗┓ティーン  .┏┛◎━━┛※※※
※※※│◇ルージュ .▽━━━◎┛┌┃┘※ ベルヌーブ  ガイザン「仕方あるまい。最大勢力である新生魔王軍と
シリニーグ│┃   ベミナパ   ┃┌┘┃エイクス ※※※        今やりあうのは得策ではない。」
※※※│┃    ◎━━◎━┛│※┃※※※※┏━        「未だに群雄割拠している南西部を統一して
※※※│△┓┏┛┌────┘                    一大国家にしようではないか。」
※※※└┐△┫─┘フリージィ※※
ガウガブル └─┗                        アウドライド「そのことですが暗黒不死団が
                                         シリニーグ侵攻に幾度も失敗し
                                         疲弊しているようです。狙うなら今かと。」

                                  ガイザン「漁夫の利か…。いいだろう…。」
                                       「これより我が軍は南西部統一作戦を開始する!」


58 :助けて!名無しさん!:2006/10/14(土) 11:33:25 ID:g42JOYQU

ガイザン「メイミーとリガインを登用し人材も豊富になってきたな
      しかもシャレでジャドウを勧誘したら本当について来た」

アウドライド「閣下。配下は10人までしか雇うことが出来ません。
        そろそろ誰が有用か見極めるのが寛容かと…」

ガイザン「ん…そうなのか…?ではアサミを解雇しよう。」
      コイツはハッキリ言って役に立っていない…」

アウドライド「かしこまりました。そのように処理しておきます…」

ガイザン「ガウガブル侵攻に1年もかかってしまった…。
      北では新生魔王軍。東ではフラウスター兵団が勢力拡大している。
      完全に出遅れてしまったな…。」


59 :助けて!名無しさん!:2006/10/14(土) 11:36:12 ID:2dnB4WW3
ジャドウは忠誠が最低だから開始時に勧誘しておくと便利だよ。

60 :助けて!名無しさん!:2006/10/14(土) 11:44:16 ID:g42JOYQU

会議室にて

ガイザン「………アウドライド。お前を解雇する…」

アウドライド「コリアスティーンに侵攻するのですね」

ガイザン「そうだ…。今のうちに不要なものは除去せねばならぬ」

アウドライド「かまいませんよ。
        ドリファンなどコリーア様に意志に背く者など私の主君ではありません。
        それに…」

ガイザン「何だ…?まあいい…。そういうことなら侵攻を開始するぞ。」

アウドライド「同盟軍を破棄しても直接影響するものはありません。
        お気の召すままに…」

61 :助けて!名無しさん!:2006/10/14(土) 12:20:11 ID:g42JOYQU

>>59
ガイザン「ん…神の声…?」
     .「どうやらそのようだな。安い買い物をしたよ。」


イチゴウ「閣下!新生魔王軍がディアルゴに侵攻して来ました!」

ガイザン「案ずるな…どの国が攻められても同じ武将で相手が出来るのだ。
      便利というかリアリティーがないというか…」

イチゴウ「敵は新生魔王軍のヒロを筆頭に主力の傭兵3人がいます。」

ガイザン「…ほう。魔王の娘か…。それに…我が愚息もいるようだな…。」
      面白い久々に私自らが相手してやろう…。」

アウドライド「と言っても他の面々は先ほどの竜退治で疲弊しているので
       閣下しか戦えない状況なのですがね」

ガイザン「そこ…余計な事言わない」

ヒロ「お前…ずいぶん暗い戦術をとるな。
   魔王の娘である私もびっくりだよ。」

ガイザン「自爆突撃部隊のことを言っているのか?
      かわいい皮肉をありがとう。
      しかし正攻法では私には勝てぬ。
      お姫様は大人しく城に篭っているのだな」

ヒロ「ふっ…その減らず口。黙らせてやるよ。中央突破を仕掛ける!」

ガイザン「案の定か…。防御時は相手の陣形が見破れるのか?
      仕組みがよくわからぬが…」

ヒロ「きゃあッ!。…そんな。私がこんな奴にあっさり…。」

眼鏡野郎「そこまでだ!父さん!」

ガイザン「チクか…。泣きべそをかいて出て行った軟弱者が私にかなうと思っているのか?」

チク「母さんを…よくも…!お前だけは許さない!」

ガイザン「ミナヨの事をまだ思っているのか?相変わらず甘い奴だ…。
      あんなモノは遺伝子を培養する入れ物にすぎん。」
      「私に挑むなら一人前になってから挑むのだな。いけっ!
      自爆突撃兵!これより特攻をかける!」

チク「……ッ!!!」

ガイザン「フッ…IQ360のこの私の頭脳をもってすれば敵ではない。」

アウドライド「と言ってもかなり追い詰められましたね。危ないところでした」

ガイザン「だ〜か〜ら〜。余計な事言わないの!」



62 :助けて!名無しさん!:2006/10/14(土) 12:30:07 ID:g42JOYQU

ガイザン「異界の魂か…」

アウドライド「どうやら真ENDを見るには鍵となるキャラクターが存在するそうです」

ガイザン「それは真か?今のイベントを見る限りではリトル・スノーがそれらしいキャラだな」

アウドライド「初期でイベントの会話に参加しているキャラも念のため置いておくのがいいでしょう。」

ガイザン「と言うことはゼロ、イチゴウ、ニゴウもいたほうがいいのか。
      ニゴウは能力がたいしたことないから解雇したかったのだがな。



63 :助けて!名無しさん!:2006/10/14(土) 12:36:48 ID:2dnB4WW3
フォース2の特殊END条件は
ドウム→リトルスノー 古代神兵団→アイラ 新生魔王軍→ジャドウ(いない場合がボス有り)
ルネージュ@ジャドウもヒロもいない Aジャドウがいてヒロがいない Bジャドウとヒロがいる
冥府兵団→アゼレア イプシロイア→シフォン グリーザ 大蛇丸

これ以外のキャラとかは必要ない。

愛しき邪悪では初期配置のキャラが結構必要な場合があるけど

64 :助けて!名無しさん!:2006/10/14(土) 12:47:37 ID:g42JOYQU
┌────────┐┌───┐※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
│┏━━━  ━━  │└  ──┘※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
│    フレッドバーン   │※┗┓カーシャ※※※ボルホコ※※エジュー※※※※※※※※ .ウマリー島※※※※※※※ ※
│┗┓┌─────┘※※┃※※※※※┌───────┐プラティセルバ ※┌──┐※※※※※※※※※
│    ━━┓┐※※※※※┗┓※※※※│┏━◎  ◎━◎└─────┐│□┓│※※※※※※※※※
└──┘│  ━┓─────┃────┘◎  ┏━┛┏┛ □━┓┏━━━━┳□┓※※※※※※※※※
※※※※└┃┘┗◎┏━━━◎  ◎カイゼル┃┏┛   ◎  .┏━□┛  ┏━□┛─┃※※※※※※※※※
※※※※┌┃─┘┗◎  ナハリ┃  .┃ .オーン◎┻━◎━┛ □┛  □━━┛  ┃│※┃※※※※※※※※※
 ネウガード│◎┏◎━┛   ◎━◎━◎━◎┓    ┃  .┏┛ ..┏┛フーリュン  .┃│┌┃┐※※※※※※※※
※┌──┘┃┃トータスブルク┃    .ジャピトス┃    ..┃.┏★┓┏┛ .ボローニャ┏□━━□━━┓※※※※※※
※│◎━━◎┻━━◎┓ ┣━━◎━◎━◎━━━◎┛  ┗★━━□┓  □┌┘└─┘※┃※※※※※※
※└─┐  .バルハラ┏┛┗◎━━━━┓ディアルゴ   ┃ カムリア┃ガルカシュ┗□┛.│※ ムロマチ※┃※※※※※※
┌─┐└──┐◎┛シル .┃ジグロード ◎━◎┓  ┏◎━━━★━━━┓‐──┘※.※ ※ ┌  ┐※※※※※
│  │ランデ※└┐ ヴェスタ ┃    ◎┃─┐┗◎┛┗━━┳┛│※┌┃───┐※※※ └┃┘※※※※※
└┗┓ロール.※※│┏━━◎━━┓┃┗┓└──────┃─┘※│□━┓  │※ イズルヒ ┃※※※※※※
※┌┃┐ツェンバー│◎ヘルハンプール.┣◎┌◎┐ガレーナ ┌──┃──┐│┃  .┗┓│※※※※.┃※※※※※※
※│◎└───┘┗━━┳━━┛│└─┘※※※│★━★━┓││□   .□.│ ロギオン※ ┃※※※※※※
※│┃  ◎ ガッ◎    ┏◎┓   │※ シュラク海 ※│┃ゴルデン.┃│└────┘※※※※ ┃※※※※※※
※│┃  ┃ ツォ┃.┏━┛  ┗━┓└┐フェリアス※※.│┃┌─┐□│※サンライオ※※※※※※ ┃※.┌┐※※※
※│┗━◎━━◎┛コリアス    ◎┓│※┏━━━━★│※│┃│※※※※※※※※※※.┗┓.└┘メイマイ
※└─┐┃マリアン┗┓ティーン  .┏┛◎━━┛※※※│┃│※│□│パラウス・ヌイ※※※ トラテペス┗━  ┐※※
※※※│◎ルージュ .◎━━━◎┛┌┃┘※ ベルヌーブ│┃│※│┃│※※※※※.┌────┐※└┃┘※※
シリニーグ│┃   ベミナパ   ┃┌┘┃エイクス ※※※│┃│※│┃│□※┌──┘┏━□┓│※┌┃┐※※
※※※│┃    ◎━━◎━┛│※┃※※※※┏━━★│※│□━┓┌┘┏━━□┌─.┃┘※│┃│※※
※※※│◎┓┏┛┌────┘┏┛※※┏━┛※│┃│※└─┘┃│┏┛   ┃│※.┃※┌┘┃└┐※
※※※└┐◎┫─┘フリージィ※※┃※※┏┛※※※│┃│※ ペトゥン┗━▼プリエスタ□━━□※│  .┃  │※
ガウガブル └─┗┓┌─────┃┐┏┛※※※※│★│※※※※※│┃   ┏┛│※┗━━━    │※
※※※※※※┌┗  オーグル      ━┛※ .エレジタット└─┘※※※※※│┗□━┛┌┘※※※│ノートリオン└┐
※※※※※※│┏┛  ┏━━━┛│※※※※※※※※※※※※※※.└────┘※※※※└┐     │
※※※※※※│  ━━┛       │※※※※※※※※※※※※※※※※※※ ハイラングール※※└───┘
※※※※※※└────────┘※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
◎ドウム戦闘国家  ★新生魔王軍  □フラウスター兵団  ▼野獣軍ゴムロア

ガイザン「新生魔王軍が我が軍とフラウスター兵団の挟撃に遭い勢力が衰退しているな」

イチゴウ「大陸統一まであと一歩です。頑張りましょう」

アウドライド「しかしリトル・スノーは未だ見つからず…か」

ガイザン「大陸統一より時間がかかりそうだな。だが攻撃の手を緩めることはない。このまま侵攻を開始しろ」

イチゴウ「はっ!諸将に命じて侵攻を開始いたします」

65 :助けて!名無しさん!:2006/10/14(土) 12:56:44 ID:g42JOYQU
>>63
情報ありがとう。攻略サイトもいいのがないから何も見ないでやってたよ
ルネージュ公国の優遇っぷりはまさにメインと言った感じだね
冥府兵団とイプシロイアでもやってみたいな。
それ以外では愛邪のほうがいいのかな。ゲームの内容的に

66 :助けて!名無しさん!:2006/10/14(土) 13:35:37 ID:g42JOYQU

ジャドウ「見所のあるやつが見出せなかった…」

ガイザン「えぇい!そのセリフは聞き飽きたわ!
      早くリトル・スノーをつれて来い!つれて来いってんだよぉっ!」
      貴様の女だろうがっ!」

アウドライド「グレイにサトー、ザップロイ、グロミュー、ジグマ等
        首を切るのに惜しい人材ばかり出てきますな」

ガイザン「私は泣いてエリシオンを斬ったのだぞ!
      感情移入の出来るキャラを切るのはとてもつらいことなんだぞ!
      わかってんの!?」

アウドライド「さんざんこき使われたリガインや
        ジャドウ説得で一役買ったメイミー
        幾多の戦場で多大な功績を立てたエリシオン
        解雇した人材はどれも優秀なものばかりでした…」

ガイザン「アーチャレテスやラト等、ドウムの報告書に載っているキャラが出たと思ったら
      能力は無能。顔は貧相。ろくなもんじゃない。
      何でこんなヤツラが有名なんだよ!」

アウドライド「顔グラは愛邪でリメイクされているでしょう。
        能力は西部に優れた者がいて東部は平凡な者が多いですな」

ガイザン「まあ武力に秀でたものが早期に入って役に立ったな。
      外交に優れた人材が入らなかったが。
      それよりもリ・ト・ル・ス・ノーはまだか…」

アウドライド「どのプレイヤーもキーキャラクターを見つけるのに苦しんでいるようです。」
        探索を行っていればそのうち見つかるでしょう。
        昼食でもとって気長にいきましょう」



67 :助けて!名無しさん!:2006/10/14(土) 14:22:08 ID:g42JOYQU


ガイザン「スノーキター(゚∀゜)ー!」
     「やっと…この日がきた…もう1029年になっているではないか…」

アウドライド「リトル・スノーも50近くのオバサンになっていますね」

リトル・スノー「それは言わないの!」
         バグバットにおそわれますよ」

ガイザン「フフフ…これで全国制覇だ!
      これより我が軍は残存勢力掃討戦を開始する!諸君らの健闘に期待する」



68 :助けて!名無しさん!:2006/10/14(土) 14:27:06 ID:g42JOYQU

ガイザン「…ってまだ終わりじゃないのか?」

アウドライド「どうやらボスキャラのようですね」


ガイザン「フン…」
     「どうやら気づいて降りて来たか…」
     「宇宙に意志よ…

リトル・スノー「宇宙の意志は現れ…最後に裁きを下す…」

ガイザン「おもしろい…」
     「その裁き…謹んで受けよう!」


69 :助けて!名無しさん!:2006/10/14(土) 14:28:21 ID:g42JOYQU

ネクスト「なぜだ?」
    「無謀だと、わかっていてなぜ死を選ぶか…」

リトル・スノー「私達は恐れはしない…私達はあきらめない…」
       「大宇宙の意志…ネクストよ…」
       「お願いです…この世界の魂を許して…」

ネクスト「できぬ…」
     「この世界は欲望で汚れすぎた…新たなる創造が必要なのだ…」


ガイザン「クックックッ…」
     「ここまでの道のりは長かった…」
     「いよいよだな…ついに出会うことができた…」

ネクスト「愚か者め…」
     「宇宙の意志である私に欲望の剣を向けるか…」

ガイザン「フン…」
     「大地に残る皆の者よ!その目に焼き付けるがよい!
      神を殺めし…人類の運命の瞬間を!」


70 :助けて!名無しさん!:2006/10/14(土) 14:43:10 ID:g42JOYQU

ガイザン「………むちゃくちゃつおいな…」
     「全滅するとゲームオーバーだし…
      詰んだか?」

リトル・スノー「諦めるのは早いです。どうやら私と閣下が戦場に出ると
         決まってネクストが応戦してくるようです。」
        「ここは有利な陣形を引き当てて最後の光を放たせる前に討ちましょう」

ガイザン「他のトカゲも非常に強いぞ…」
     「ジャドウもゼロもグレイも粉砕された」
     「もはや私しかいない…か」

ネクスト「観念しろ。愚か者め」

ガイザン「キサマとてリトル・スノーに追い詰められているのだ
      やってやれないことはない…」

ネクスト「むぅ…リトル・スノーのトドメに最後の光を使ったのが仇になったか…
     あの大軍ではさすがの私も…」

ガイザン「フン…一気に攻勢をかける!総員!突撃!」

ネクスト「ぐはっ!ここまでか!」

ガイザン「…つぅ。なんとかネクストは討ったが残りのトカゲがいる…。
      勝てるのか?」
      こうなれば奥の手だ!毎回自爆突撃兵で特攻をかける!
      総員!突撃!」

マルス「ぐぎゃー!」

フラッシャー「ぐじっ!」

ガイザン「危なかった…残りの兵は13人か…
      ぎりぎりの勝利だな」

アウドライド「………」

71 :助けて!名無しさん!:2006/10/14(土) 14:44:58 ID:g42JOYQU

ガイザン「人に敗れし宇宙の意志…ネクスト
      その企て…裏に隠された真実…
      世界を無に戻し新たな世界を創造する計画…」

リトル・スノー「…」

ガイザン「人は人であるために神を超えねばならん
      宇宙の意志を管理し今…もはや目的の半分は達成された
      残りは…人による天地創造…
      それを、いまここで証明する…」

コリーア「ガイザン…汝、人の可能性を見出す者よ…」

ガイザン「何を今更…神を気取る人間が…」

コリーア「汝の言う通りやもしれん…
     力ある者…それが神と呼ばれるにすぎん」

ガイザン「人が人であるために神を超えねばならん
      だから私は人の力で人の神を産み出したのだ
      そう人のあるべき姿…強制進化の後の人類…
      そして…
      汝は…人による天地創造を行う…」

コリーア「よすんだ…
      いや…たのむ、やめてくれ!」

ガイザン「無駄だな…
      さあ始めるか…
      来るんだ…異界の魂…」

リトル・スノー「…」

ガイザン「さあ…始めるぞ…フフフ…
      貴様も見るがよい…人が行う天地創造を!
      新たなる純白の世界を!!」



72 :助けて!名無しさん!:2006/10/14(土) 15:13:22 ID:g42JOYQU

ガイザン「…?お前は…?」
     「トゥエンティー…?誰が起動させたのだ…?」

トゥエンティー「戦争を起こさなくても
         神を排除出来たはずです…なぜです?」

ガイザン「やむをえんだろう…。神を討つには人類を束ねればならん。
      統制のとれない烏合の衆に何が出来ようか。」

トゥエンティー「世界をここまで荒らすことはありませんでしたな…。閣下」

チャキ!

ガイザン「ふっ…冗談はよせ」

トゥエンティー「閣下も意外と甘い様で…」

                  (                 __,;:'' ,,;:''
   この神殺しの男が!!  > ┃┃┃          ;'/ o,,;:'''  .┃
                  ,r"   ┣┓        _,,,_,;''ヽ. ヮi  ━╋
Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y      ┃┗      ,!--t_,;:''ヾ`r'  .━╋
                            /  /、゙i,i,! ,.`ヽ、  ┃
                          /   /l  't. ゙:、||_/,! l    ━┓
                         l    ノ |  'V~~| n ノ ,!    ━┻
                      ,,;:〔,r'ヽ./   /、   -`/, " .|
                       ,;::'' / [レ' / ゙:、ヽ.__,r''"゙l    ┃
                   ,,;:'' ,;:''!_!!n゙ir"    `ー--'ヽ,  l      ┃
                 ,,;:'' ,,;:''    `"i         | !-、.|       ┃
              .:::::;;;:'' ,,;:''       ,! 、       r'i//、7       ┃
         .r'ト、  .::::;;'' ,,:'':.        !  `'y、---‐"l r'" .|'
      iヽ、.ノノl=''l /,:::''':::::::. ,.,_    ,,r"   / ゙i   ,r' !,'ヽ !, .     ┓
      lヽ.ヽ <:、//    r" | ゙`''/l ___ノ  ノ  ,!   !,!ノ       ┗  ┃
     /' ,>"//,!     ,!-, |  /   ~,r'"  /  /               ┏┛
     //'/!,!/ー/     l ,,.r'、/  ,,r'"|  ,/'i__,,..,/               ━┛
   //"ν',ソr"ヽ/゙i,     l'",r'l,ノ ,r'"`-、|、.,'   ,r"
   |/゙`'>'" `'''゙,〉:.、!、   / r" ,/    ゙i/ ./
   l' r'i'  _ ヾ  ゙i、i:、', _,,/l/" /__     / ,r"
   ゙V"i ,r" ヽ‐-‐''r' ,/ | | /  ヽ、、/; /
     ~'i,   lヽ、 ゙i,"r"' ,! 'i,l''ー- |  (r /゙i, ,,.、-'ヽ,:、   ,,..、-'二'i
      ヽ、 |  ゙、 l,,.-''" ,ノ'ヽノ | / /`''"-、、,,_ l-ヽ''"-''"  | |
      ,r",r''  ,! l,`''"i/〉''",r''"`,! /、   (__)| ,! /┐ノ ./  .| |

トゥエンティー「戦争を起こした罪は例え神であっても免れることは出来ない!
         ましてや人間ならば!人間が世界を治めたところでまた同じ悲劇が繰り返されるだけだ!
         ならば…!」


アウドライド「………こんなものか
        これは天罰だ…!
        世界は…神に…コリーア様に導かれねばならんのだ!」

BADEND

73 :助けて!名無しさん!:2006/10/14(土) 15:14:43 ID:g42JOYQU

どのへんがバットなのかわからんEDだったな。これでED達成率3%か。
こんなどこがシミュレートしているかわからないゲームを何十周もさせるのか?

74 :助けて!名無しさん!:2006/10/15(日) 21:23:49 ID:WOMpT+30
ラーデゥイ「いよいよだ…」
      「魔族との最終戦争が今始まる…」

シフォン「ジャネスの娘ヒロはボクが倒してみせる…
      必ず…」

ランジェ「失われた人々の笑顔…
      私達が取り戻すのよ…」

クリス「敗れ、散った者の涙…
    決して無駄にはしない…」

ラーデゥイ「一年前だったな…
       お前達が大魔王ジャネスを倒したのは…」
      「世界には平和が訪れるはずだった…
       しかし…平和は訪れない!
       我々の希望は踏みにじられたのだ!」

シフォン「大魔王の娘、ヒロ!
      ヒロが魔王軍を復活させたんだ」

ラーデゥイ「大魔王の娘…
       奴が平和を踏みにじったのだ…
       世界中の魔族に全ての人間が殺されるのは…時間の問題だ…!」

シフォン「わかっているさ
      騒ぎが大きくなる前に…」

ラーデゥイ「ヒロを殺すんだ!」

シフォン「…」

クリス「しかし彼女を討つには…大きな難関がありますね…」

ランジェ「大魔王を倒したせいで戦争が始まった…
     そう考えた人々は私達に解散を要求しています
     軍を進めれば人間と戦うこととなりましょう」

ラーデゥイ「かまわん!
       我々の正義を証明するには我々がヒロを討つしかない!
       人類の平和のため、この手を汚そうではないか!」

クリス「…」

シフォン「そうだよ…ボク達は大魔王を倒した勇者!
      ヒロを倒せば…みんなまた、認めてくれるさ!」

ラーデゥイ「そうだ…これは勇者としての使命なのだ
       我々がなさねばならん!」

シフォン「そうさ…みんなに…みんなに解ってもらうんだ!」

ラーデゥイ「平和のためだ
       多少の犠牲は仕方がない…
       いかに非常と思われても…
       それが世界のためなのだ!
       誰かがやらねば戦いはいつになっても終わらん!」
      「ん…」


75 :助けて!名無しさん!:2006/10/15(日) 21:29:03 ID:WOMpT+30

ソフラン「パパ…」

ラーデゥイ「おっ…ソフラン、どうしたんだ?
       眠れなかったのかい?パパの大きな声で起こしてしまったね
       ごめんよ、パパは今大事な話をしていたんだ」

ソフラン「パパ…私、怖い夢を見たの…」

ラーデゥイ「怖い夢…?どんな夢を見たんだい…?」

ソフラン「あのね…みんな燃えちゃう夢…
      木も、お花も…お城も…全部…
      そして…そして…ママが呼ぶの…そこは危険よ…って…
      私の身体が光りだしてなんだか怖くって…」

ラーデゥイ「!」
      「ソフラン…覚醒したのか…お前に眠る、魔術師の血が…
      …いいか、ソフラン…よく聞くんだ…
      これから、また戦争が始まる…多くの人から自由が奪われるんだ
      いいかい…我々は戦争を終わらせるため戦わなくてはいけない…
      人々の自由のために…世界の平和のために…
      手伝ってくれるね…ソフラン…」

ソフラン「パパ…私…私も戦うの…?」

ラーデゥイ(CV)「魔族を消し去るために我々は戦う。そして勝つ!」


76 :助けて!名無しさん!:2006/10/15(日) 21:37:48 ID:WOMpT+30

ラーデゥイ「…
       解らぬ…民が脅えている…戦いを終わらせるために我々は戦っているのだ!
       なのに…なのに、なぜだ!
       なぜそんな目で私を見るのだ!!」


ラーデゥイ「…
       なんだ…?この不愉快な感じは…
       私の行動は間違っていない…
       平和のために必要なのだ!!」


ラーデゥイ「クッ…
       世界が私を恐れている…大魔王の再来と…
       戦いを終わらせるために我らは戦っているのだ!
       ならば…
       従わぬものは…全て消すのみ!!」


77 :助けて!名無しさん!:2006/10/15(日) 21:39:13 ID:WOMpT+30

ノーマルエンド

ラーデゥイ「終った…
       長い戦いであった…
       だが、これで全てが終る
       魔族との最終戦争…
       これで終わりだ」

コリーア「勇者よ聞こえるか…
      我の声が…」

ラーデゥイ「この声は…」

コリーア「魔を討ち滅ぼし勇者よ…見事であった
      汝の働きは天界で見させてもらった
      汝にならこの世界を託すことができよう」

ラーデゥイ「なっ…!」

コリーア「見るがいい…勇者よ!
      この世界に、再び魔の手が迫っている
      奴等には破壊と殺りくの本能しかない
      この世界を奴等に渡すわけにはいかん!
      勇者よ我らに力を貸すのだ!
      汝らに選択の余地はない」

ラーデゥイ「ばかな…
       戦いを終らせるために我らは戦ったのだ!
       なのに…
       なのにこの上まだ血を流さなねばならんのか!」

コリーア「…」
     「絶望したか?…
      だが、これだけは伝えておく
      奴等は必ずやってくる
      そして必ず破壊をもたらす
      よく考えることだ…」


78 :助けて!名無しさん!:2006/10/15(日) 21:39:46 ID:WOMpT+30

ラーデゥイ「う、うおおおお…!!
       それではこの戦いはなんだったのだ
       我らは再び戦うためにこの戦を起こしたというのか…
       なぜだ
       なぜだ
       なぜだ!
       お、俺は…何のために…何のために殺してきてのだ…
       罪なき女や子供までも…なぜ殺してきたのだ…
       なぜだーっ!!」

コリーア「…
      甘い感情は捨てよ…貴様は既に人間にあらず…
      戦いの中に悦びを見出す…外道!!」

ラーデゥイ「がああああ…!!」

コリーア「…
      心、壊れたか…
      人間とは弱いものよ…支えあう同志の力なくしてはな…
      ラーデゥイ…同志が悪かったな…
      所詮、その程度の同志では
      何も始まりはしない…
      フッ…しかし…しかし、それでよい…それでよいのだ…」

ラーデゥイ「…
       フフ…アハ…アハハハハハハ…」



79 :助けて!名無しさん!:2006/10/15(日) 22:37:53 ID:3NCtLusS
フォース2 ジャネス魔王軍の戦闘会話


ジャネスVSグリーザ

グリーザ「フフフ..この時を待ちわびたぞ..最凶の大魔王ジャネス..神より
      授かりし聖剣にて..永遠の最後を与えん」
ジャネス「愚かな..なぜ私が再び降臨したかも解らぬか..」
グリーザ「フン..させはせぬ!貴様に世界を渡しはしない」
ジャネス「やはり、わからぬか..」


ジャネスVS大蛇丸

ジャネス「貴様は..皇竜スペクトラルではないか!
     なるほど..貴様が手を貸していたか..強いはずだな..」
大蛇丸 「大地の王ジャネスか..久しぶりだな..」
ジャネス「この場から退くのだ..これは人間であった私と..あの者たちとの戦い..
      1000年の因縁の決着なのだ」
大蛇丸 「フッ..人間の決着か..ジャネス、俺も戦うぜ..人間としてな!」
ジャネス「愚かな..愚かなり、皇竜!世界を繋ぐ道の番人..その使命をも忘れたか..」
大蛇丸 「そろそろ行くかい?」


ジャネスVSラーデュイ

ラーデュイ「同じことだ..大魔王ジャネス..何度でも貴様を倒してくれよう!」
ジャネス 「愚かなる人間よ..その欲望..まだ満ち足りぬか..」
ラーデュイ「クッ..貴様を倒せば..真の平和が..我ら人類に永遠の安息が..楽園が訪れるはず..」
ジャネス 「それが人間、か..世界の万物を管理し..治めようとする、その感覚..気付いているはずだ..
      その事が世界を傷つけ..己をも傷つけている現実..」
ラーデュイ「な..なんのことだ?私は、人間の繁栄を望んでいるだけだ!
       貴様を倒し人間の楽園を創るのだ!!」
ジャネス 「もはや何も期待せぬ..滅びよ!全ては人間としての私の失敗..思い上がりだった..
      人間は神や魔王にはなれぬ..」


ジャネスVSシフォン

シフォン「大魔王ジャネス!何度やっても同じことさ..お前は一度、敗れてる!」
ジャネス「よく覚えてるぞ..小僧!しかし..貴様の実力に敗れたのではない..全ては天魔剣の力..
     その力を封じるため私は敗れて見せたのだ..」
シフォン「クッ..」

80 :助けて!名無しさん!:2006/10/15(日) 22:39:01 ID:3NCtLusS
プラーナVSグリーザ

グリーザ「この感覚は..」
プラーナ「裁かれなさい..愚かな人間よ..」
グリーザ「裁かれしは魔族!この聖剣にて裁かれるがいい!」


プラーナVSラーデュイ

ラーデュイ「な..なんだ..意識が遠のいていく..」
プラーナ 「可哀相に..あなたは死ぬのよ..多くの魂を奪いし罪..
       罪の重たさに潰され死ぬの..」
ラーデュイ「き..貴様は死神!!死にはせぬ..私は死ねぬのだ!人間の平和のため..
       私は死ねぬのだ!」


プラーナVS大蛇丸

プラーナ「あなたは!皇竜スペクトラル!この世界の番人である者が..人間に加勢するとは..」
大蛇丸 「皇竜..?知らねぇな..俺は人間..大蛇丸だぜ!さあ、構えな..とっとと始めようぜ!」
プラーナ「愚かな..」


プラーナVSシフォン

シフォン「あなたは..」
プラーナ「愚かな者よ..裁かれなさい..」
シフォン「やってやるさ..何度でも..何回でも!」

81 :助けて!名無しさん!:2006/10/15(日) 22:40:23 ID:3NCtLusS
修正

グリーザ「フフフ..この時を待ちわびたぞ..最凶の大魔王ジャネス..神より
      授かりし聖剣にて..永遠の最後を与えん」          ×

グリーザ「フフフ..この時を待ちわびたぞ..最凶の大魔王ジャネス..神より
      授かりし聖剣にて..永遠の最期を与えん」          ○

82 :助けて!名無しさん!:2006/10/16(月) 14:59:00 ID:gO1rlKhg
ラーデゥイはしょっちゅうラーデュイと間違われるね〜

83 :助けて!名無しさん!:2006/10/16(月) 18:32:54 ID:+h4zwjvs
あ、確かに間違えてたな。
リンドストゥルムとかもリンドストュルムとかよく間違えてるかも

84 :真エンド:2006/10/17(火) 22:46:10 ID:sSvqcDKn
真END


ラーデゥイ「終った…長い戦いであった…だが、これで全てが終る
       混沌の最終戦争…これで終りだ」

シフォン「やったね…僕達がやったんだね…」

グリーザ「我を守りし聖剣よ。ご苦労だったな…長かった…
      聖なる神コリーアよ…我が頭上に絶え間なき祝福をくださった事に
      心より感謝いたします…」

大蛇丸「!まてよ…どうやら、まだ終っちゃいないみたいだぜ…」

ラーデゥイ「!まさか…」

グリーザ「なに…天が裂けてゆくだと!?」

ラーデゥイ「あああ…わ、私は…悪い夢でも見ているのか…
       まさか…あいつが復活するとは…」

シフォン「大魔王…ジャネス!」

85 :義軍イプシロイア真END:2006/10/17(火) 22:49:07 ID:sSvqcDKn

グッドエンド

ラーデゥイ「終った…長い戦いであった…」

大蛇丸「へへっ…なかなか楽しかったな…」

グリーザ「ようやく訪れるな…平和な世界が…」

シフォン「でも、よかったのかな…ジャネス倒しちゃって…」

ラーデゥイ「!何を言うんだシフォン!ジャネスは倒すべき敵…何の間違いもない!」

シフォン「でも…この戦乱は…ジャネスを倒して始まったよね」

大蛇丸「そして俺達はまた、そいつを殺っちまった…」

グリーザ「!」

ラーデゥイ「終ったんだ!これで全てが終わりだ!
       魔族との最終戦争…それで良いではないか!」


86 :義軍イプシロイア真END:2006/10/17(火) 22:49:39 ID:sSvqcDKn

コリーア「勇者達よ聞こえるか…我の声が…」

ラーデゥイ「なっ…こ、この声は…」

グリーザ「我らが神…コリーア神…」

コリーア「魔を討ち滅ぼし勇者達よ、見事であった
      汝の働きは天界で見させてもらった
      汝になら、この世界を託すことができよう」

ラーデゥイ「…」

コリーア「見るがいい…勇者よ!
      この世界に、再び魔の手が迫っている
      奴等には破壊と殺りくの本能しかない
      この世界を奴等に渡すわけにはいかん!
      勇者よ我らに力を貸すのだ!
      汝らに選択の余地はない」

ラーデゥイ「ばかな…
       戦いを終らせるために我らは戦ったのだ!
       なのに…
       なのにこの上まだ血を流さなねばならんのか!」

シフォン「クッ…こんな事って…」

コリーア「…」
     「絶望したか?…
      だが、これだけは伝えておく
      奴等は必ずやってくる
      そして必ず破壊をもたらす
      よく考えることだ…」


ラーデゥイ「う、うおおおお…!!
       それではこの戦いはなんだったのだ
       我らは再び戦うためにこの戦を起こしたというのか…
       なぜだ
       なぜだ
       なぜだ!
       !」


87 :義軍イプシロイア真END:2006/10/17(火) 22:50:12 ID:sSvqcDKn

大蛇丸「…」

ラーデゥイ「オロチマル?」

大蛇丸「やってやろうぜ…ラーデゥイよ!この世界
     俺達の手で守ってやろうぜ…
     …ただし…神のためでも…平和のためでもねぇ…
     俺達の…そう…自分のために戦うんだ!」

グリーザ「そうだな…我々は十分によくやった…
      …我を守りし聖剣よ、しばしの別れだ…
      私も自分自身の力で自分のために戦おう!
      この世界に生まれし運命…悔いを残さぬように!」

ラーデゥイ「グリーザ…」

シフォン「ラーデゥイ…ボクも…ボクもやるよ!自分のために戦うんだ…
     自分の目で見て…自分自身の考えで戦う!」

ラーデゥイ「私は今まで戦う意味を考えてきた…人のため…平和のためと戦ってきた…
       人を…そして家族を愛しているつもりだった…
       この混沌の世を…世界を救いたかった…
       しかし…しかし!今…目が覚めた!
       自分を愛せぬ者がなぜ家族を愛せよう…
       自分の家族を救えぬものがなぜ世界を救えよう…
       そんな単純なことに気づかずにいたなんて…」

大蛇丸「単純だからこそ見落としやすいんだ」

グリーザ「しかし…それが解った時
     人は本当に優しくなれる…」

シフォン「ははは…なんでだろ?これから凄い奴が攻めてくるのにとてもワクワクするんだ!」

ラーデゥイ「フフフ…確かにいい気分だ…
       オロチマル…グリーザ…シフォン…ありがとう…お前達は最高だ!!」

88 :ラーデゥイ戦闘会話集:2006/10/17(火) 22:52:25 ID:sSvqcDKn

ラーデゥイVSガイザー

ラーデゥイ「ガイザー…人間を裏切りし者よ…今ならまだ間に合う…直ちに兵をさげるのだ
       世界の平和のために…私達と手を取り合うのだ」

ガイザー「残念ですが…あなたの生ぬるい考え…同意できませぬ
      魔族達との共存…それが我らの理想の世界!」

ラーデゥイ「そうか…貴様に流れる人間の血…期待した私が愚かだった…」

ガイザー「ラーデゥイ!」


ラーデゥイVSアイラ

ラーデゥイ「まさか…その聖なる光は…お前は神だというのか…?
       神は、我々の敵だというのか!」

アイラ「神に導かれるのです…神は平等…魂は永遠…
    邪悪な者達よ…私に従いなさい…」

ラーデゥイ「邪悪な者だと…?平和のために戦う我らが邪悪だと言うのかっ!」

アイラ「邪悪な者達よ…私に従いなさい…
    神の国を滅ぼすもの…その者と戦うのです…」

ラーデゥイ「うぉぉぉぉぉぉぉぉっ!認めぬ!認められぬ!!
       我々は正義!敵の貴様こそ邪悪だ!!」


ラーデゥイVSシーマ・ツヴァイ

シーマ・ツヴァイ「私の名はシーマ・ツヴァイ…人は私をこう呼ぶ…評価する者…と
          さて…あなたの評価ですが…十点満点中…6点!そんなもんでしょう…」

ラーデゥイ「貴様…人間でありながら…私を愚弄するか…貴様が生きていられるのも我らが…
       我らが、命がけで戦ってきたからだろう!」

シーマ・ツヴァイ「無能なものが多くいても世界はよくはならない…
          私は、信念の基に評価しているにすぎん…」

ラーデゥイ「貴様が私に言いたいことは…武人を辞めよという事か?」

シーマ・ツヴァイ「無能なものが多くいても世界は良くならない…
          全てを点数に変えて…下は切り捨てるべきなのだ…」



89 :ラーデゥイ戦闘会話集:2006/10/17(火) 22:53:06 ID:sSvqcDKn

ラーデゥイVSグロミュー

ラーデゥイ「!グロミュー!生きていたのか!」

グロミュー「?貴様…私の何を知っている?」

ラーデゥイ「グ、グロミュー…俺だよ、ラーデゥイだよ
       まさか…忘れちまったのか?」

グロミュー「過去の記憶は無い…今は仲間の為に、戦うのみ…」

ラーデゥイ「まて!やめるんだグロミュー!」


ラーデゥイVSルーセイダー

ルーセイダー「ラーデゥイ殿…まさかこんな形で再会するとは…」

ラーデゥイ「誇り高き騎士ルーセイダーよ…お前には魔王討伐の時に世話になった…
       共に世界の平和を守るが務め…我らが戦う意味など無い…
       ルーセイダー…ただちに我が軍に加われよ」

リーセイダー「できませぬな…なぜなら…あなた様は世界共通の敵…
        もはや魔族同様…討ち払うのが定めなのです!」

ラーデゥイ「私が世界共通の敵だと…?貴様…何が言いたいのだ!」


ラーデゥイVSヒロ

ラーデゥイ「大戦の記憶が蘇る…魔族との戦い…やはり避けられぬか…」

ヒロ「フフ…貴様に殺られた魔族…無念の血の匂いがするよ…
   こいつを殺してくれって…プンプン…匂ってくる…
   さあ、仲間の供養だ…そろそろ死んでもらうよ!」

ラーデゥイ「黙れ…魔の者よ!殺られはしない…私は平和のために必ず貴様を倒してみせる!」

ヒロ「戦いの中から平和など求めるなど愚の極み…
   ひとたび戦いはじめたらどちらが滅ぶまで続くだけ…」

ラーデゥイ「クッ…聞いた風なことを!」



90 :ラーデゥイ戦闘会話集:2006/10/17(火) 22:53:55 ID:sSvqcDKn

ラーデゥイVSグリーザ

ラーデゥイ「グリーザ殿…なぜ殺りくを繰り返すのだ?」

グリーザ「全ては神の導きのままに…」

ラーデゥイ「人間の殺し合い…世界は…どうなってしまうのだ!
       これでは、我々人間は魔族と変わらんではないか!」

グリーザ「人間は魔族とは違う。戦いが終れば全てわかる…
      神の選びし者の世界こそが真の平和のある世界…
      その世界に魔族はいらぬ…悪しき人間もいらぬ…」

ラーデゥイ「我々が悪しき人間と?グリーザ殿!
       人間の為、戦い続けた我々が魔族と同じだと?!
       平和な世界に我々は不要と?」

グリーザ「戦いにのみに生きる者は真の平和には不要…
      やはり必要なのは、秩序ある信仰
      残るべきは、神の意思のみ」

ラーデゥイ「うぉぉぉぉ!グリーザ殿!」


ラーデゥイVSルドーラ

ルドーラ「フフフ…貴様がラーデゥイとやらか?人間の代表を気取る前しか見えぬ愚か者…」

ラーデゥイ「でたな、邪悪!絶対なる邪悪!大魔王ジャネスと同じく、異界のチリに消してくれる!」

ルドーラ「潰してやるよ…貴様の希望!夢!愛!理想!肉体!未来!全てをぉぉぉっ!!
      潰してやるぅぅぅぅ!!」

ラーデゥイ「巨大な暗黒の波動…しかし…ジャネスほどではない…」

ルドーラ「がぁぁぁぁぁっ!!」



91 :助けて!名無しさん!:2006/10/19(木) 02:27:22 ID:V9Pg1NVE
新ネバラン議論スレ↓

http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gsaloon/1161008017/

92 :ドウム戦闘国家会話集:2006/10/19(木) 20:04:05 ID:V9Pg1NVE
オープニング

ゼロ「ガイザン様に報告いたします!オーガプロジェクトは予定より早く進行しております!」

ガイザン「うむ…そのまま続けろ…」

ニゴウ「失礼いたします!」

ガイザン「なんだ…」

弐号「緊急にて報告を優先いたします!本日、零時六分…イプシロンと名乗る者の伝令有り
   世界調整の為に話し合いを持ちたいとの事です!」

ガイザン「この忙しいときに…まあいい…見せしめにはなる。伝令を殺しておけ…
      ゼロ予定どうりだ次のプロジェクトを始めるぞ…」

ゼロ「はっ!」

ガイザン「…急がねば…奴らはもうそこまで追っているのだ」
     「この世は誰かが守らねばならん…人が人であるがゆえに神を超えなければならん…」

ガイザン(銀河万丈CV)「不要な存在は除去せねばならん。その判断は私に委ねられたのだ」



93 :ドウム戦闘国家会話集:2006/10/19(木) 20:04:38 ID:V9Pg1NVE

1年経過イベント

ドウム兵「ガイザン様。緊急報告であります!」

ガイザン「報告を許可する…」

ドウム兵「報告いたします!本日零時、第六救済所にて…
      オーガプロジェクト…第拾参号、完成いたしました」

ガイザン「オーガプロジェクト…そうか完成したか…
      貴様は下がってよい…拾参号をここに…」

ドウム兵「はっ!拾参号前へ!
      ぐわーっ!!

13号「ガガ…あなた達…人間は、この星に増えすぎた…
    健全な生態系保持のため…ガガ…人間は淘汰されなくてはならない」

ドウム兵「ガ、ガイザン様!!拾参号…暴走しております
      緊急避難されたし!ここは危険であります!!
      拾参号…基地外部へ逃走して行きます!
      直ちに特殊部隊を結成し拾参号の破壊に向かわせます!」

ガイザン「まて!」

ドウム兵「?」

ガイザン「拾参号をそのまま逃がせ…」

ドウム兵「し、しかしそれでは…」

ガイザン「フッ…おもしろいではないか…
      奴が暴れてくれれば我々の手間も省けるものだ…
      フフフ…」



94 :ドウム戦闘国家会話集:2006/10/19(木) 20:05:13 ID:V9Pg1NVE

支配国数5イベント

ガイザン「フッ…予定通りだな…
      …
      隠された真実…何も知らずに死んでゆく大地の民達…」


支配国数15イベント

ガイザン「…
      なるほど…この報告書…異界の魂か…
      …
      必要だな…手に入れなくてはならない…
      フン…完全なる計画遂行のためにな…」


支配国数30イベント

ガイザン「…
      所詮この程度か…もはや、国家の敵は大地に無いな…
      フン…楽しみだ…来るべき…真の戦いが…」



95 :ドウム戦闘国家会話集:2006/10/19(木) 20:06:04 ID:V9Pg1NVE

ノーマルエンド

ガイザン「フン・・結局・・神は間に合わぬのだろう・・
      神の企て・・その裏に隠された真実・・
      人は人であるために神を超えねばならん
      それを、いまここで証明する・・」

イプシロン「ガイザン・・汝、人の可能性を見出すものよ・・」

ガイザン「神・・いや、神を気取る者・・か」

イプシロン「汝の言う通りやもしれん・・
       力ある者・・それが神と呼ばれるに過ぎん」

ガイザン「この世界・・破滅が近づいているのであろう?
      宇宙の意志によって・・
      長い間、神を名乗っていた貴様らは滅びて当然だが
      人は人であるために神を超えねばならん
      だから私は人の力で人の神を産み出そうとした
      そう人のあるべき姿・・強制進化の後の人類・・
      来るべく戦いのために・・」

イプシロン「ならば・・ならばもう語る必要もあるまい
       汝の宿命を・・」

ガイザン「心得ているつもりだ
      そのための、計画だったのだから・・
      さあ、貴様も見るがよい!人の創造せし神を・・
      これが・・
      !」

イプシロン「なんと・・なんと、おぞましい姿・・
       これが、人のあるべき姿?これでは・・」

ガイザン「!
      フッ・・」

イプシロン「ガイザン・・」



96 :ドウム戦闘国家会話集:2006/10/19(木) 20:07:50 ID:V9Pg1NVE

支配国数40真ルート ネクスト戦闘前

ガイザン「フン・・どうやら気づいて降りて来たか・・宇宙に意志よ・・」

リトル・スノー「宇宙の意志は現れ・・最後に裁きを下す・・」

ガイザン「おもしろい・・その裁き・・謹んで受けよう!」


バットエンド ネクスト戦闘後

ガイザン「人に敗れし宇宙の意志・・ネクスト
      その企て・・裏に隠された真実・・
      世界を無に戻し新たな世界を創造する計画・・」

リトル・スノー「…」

ガイザン「人は人であるために神を超えねばならん
      宇宙の意志を管理し今・・もはや目的の半分は達成された
      残りは・・人による天地創造・・
      それを、いまここで証明する・・」

コリーア「ガイザン・・汝、人の可能性を見出す者よ・・」

ガイザン「何を今更・・神を気取る人間が・・」

コリーア「汝の言う通りやもしれん・・力ある者・・それが神と呼ばれるにすぎん」

ガイザン「人が人であるために神を超えねばならん
      だから私は人の力で人の神を産み出したのだ
      そう人のあるべき姿・・強制進化の後の人類・・
      そして・・汝は・・人による天地創造を行う・・」

コリーア「よすんだ・・いや・・たのむ、やめてくれ!」

ガイザン「無駄だな・・さあ始めるか・・来るんだ・・異界の魂・・」

リトル・スノー「…」

ガイザン「さあ・・始めるぞ・・フフフ・・
      貴様も見るがよい・・人が行う天地創造を!
      新たなる純白の世界を!!」



97 :ガイザン閣下会話集:2006/10/19(木) 20:09:06 ID:V9Pg1NVE
ガイザンVSチク

ガイザン「フン…泣いて逃げ出したお前が…私に何の用事だ?
      まさか、私と戦うつもりじゃあるまいな?」

チク「その…まさかですよ…あなたを殺す事がボクの大きな目的ですから…

ガイザン「フン…貴様ごときに何ができる?」

チク「やってみせますよ!きっと…みんなの仇をボクがとってみせる…
   母さん…見ていて下さいね…」

ガイザン「母さん?ミナヨの事をまだ思っているのか…
      フン…相変わらず甘い奴だ…
      あんなモノは遺伝子を培養する入れ物にすぎん」

チク「入れ物だと…お前は母さんを愛していなかったのか!
   母さんは、お前を…お前を愛していたから…自分から実験台になったんだろ!」

ガイザン「フン…認めたくないものだな…こんな軟弱者が息子とは…」 


ガイザンVSヒロ

ガイザン「フン…大魔王の娘とやらか…
      世界の破滅が近づいている今…誰かが世界を救わねばならん…
      貴様が何をするも勝手だが私の邪魔はしてくれるな…」

ヒロ「先にあやまっとくよ…どうやら私は、お前の邪魔になりそうだ
   なぜなら…私は、お前を殺してしまう!」

ガイザン「フン…何も知らぬサルめが…」



98 :ガイザン閣下会話集:2006/10/19(木) 20:09:40 ID:V9Pg1NVE

ガイザンVSシーマ・ツヴァイ

シーマ・ツヴァイ「私の名はシーマ・ツヴァイ…人は私をこう呼ぶ…評価する者…と」

ガイザン「フン…」

シーマ・ツヴァイ「さっそくだが評価させてもらう…貴様の評価…十点満点で…4点!
          フフ…貴様のふがいない戦い方…個人的には0点だがな!
          多くの民も、貴様みたいな外道が戦えば迷惑してる」

ガイザン「フン…だからどうした…?」


ガイザンVSアイラ

ガイザン「フン…神の仮面を被る者の仕業か…ずいぶんと下品なことをする…」

アイラ「邪悪なものよ…導かれるのです
    魂は平等…魂は永遠…」

ガイザン「フン…くだらんな…
      平等で永遠な魂が…誰かに導かれたりするものか
      平等で永遠の魂とは…自由な魂の事だ!」

アイラ「従いなさい…神の国を滅ぼす者…その者と戦うのです…」

ガイザン「我々人類は神から解放されねばならん!
      それが魂の…人類の進化に繋がる…
      フフ…導かれるのは貴様らだよ…」


ガイザンVSリトル・スノー

ガイザン「なんだ…?コリーア…いや違うな…なるほど…」

リトル・スノー「人間の可能性を引き出す者…あなたは他の王達とは違う」

ガイザン「当然だ…奴らに何ができる…」

リトル・スノー「ならば解りますね…この世界は人の物ではありません
        世界は様々な魂とバランスで成り立っています
        人間の可能性のために世界を犠牲にしてはなりません」

ガイザン「笑止!人間とは何ぞ?大地を腐らす害虫か?否!断じて否!
      猿は大地の未来を考えはせぬ!猿は本能のまま生きるのみ
      人間はどうだ?人間は猿とは違う!考えを予測し、管理する!
      そして、解決する力…科学によって運命をも変える!
      科学は…神を裁き処刑する…
      意味は、わかるだろ?それで世界も救われよう…」

リトル・スノー「人は…まだ神を超えてはいけない!」

ガイザン「ならば、私に何を求めるのだ!」

リトル・スノー「…」



99 :ガイザン閣下会話集:2006/10/19(木) 20:10:33 ID:V9Pg1NVE

ガイザンVSドリファン帝

ガイザン「ちょうどいい…神への挨拶がわりだ…貴様は私が殺そう…」

ドリファン帝「私の命でよければよろこんで差し出そう…」

ガイザン「フン…調査によって貴様の全てが、わかった…
      偽善者である貴様の正体…
      神を名乗るものと貴様が己の命を延ばすために行う儀式
      魂を重ねることで始まる強制進化…」

ドリファン帝「さあ、私を殺しなさい…私の望むことはひとつ…
       あなたが救われれば何も望みません…」


ガイザンVSグリーザ

グリーザ「来たかガイザン!
      貴様の度重なる我が神への侮辱!耳に届いているぞ!」

ガイザン「フン…くだらんな…
      神より尊い人間の運命…それを守ることが優先されるだけだ」

グリーザ「人間の運命?それは神が決められる事」

ガイザン「フン…貴様には語っても無駄だな」

グリーザ「自らの胸に聞いてみよ!
      沸きおこる聖なる心を!人にある神の心を!
      悔い改めよ!コリーアの裁きを受けるがいい!」

ガイザン「悲惨だな…偽りに蝕まれた者は…」



100 :ガイザン閣下会話集:2006/10/19(木) 20:11:14 ID:V9Pg1NVE

ガイザンVSラーデゥイ

ラーデゥイ「私は勇者ラーデゥイ…聞いてくれ、平和のために話し合おう!」

ガイザン「フン…」

ラーデゥイ「人間の王ならば目的は同じはず…今までの無礼は全て許そう
       今は争うときではない…平和のため、共に魔族を叩こう!」

ガイザン「フン…興味ないな…」

ラーデゥイ「興味ない?なぜだ?ならば何のために戦っているのだ?」

ガイザン「理想や夢は世界が残ったら語ろう…フフ…
      貴様を倒す計画はすでに発動している…」

ラーデゥイ「クッ…残念だ!」


ガイザンVSシフォン

ガイザン「フン…くだらん奴…どいていろ小僧…」

シフォン「どくのは、あなただ
     ボクは人間を守りたい!人間とは戦いたくないんだ!!」

ガイザン「気付かぬか…貴様らと魔族の戦いが巧妙なカムフラージュなのだ」

シフォン「カムフラージュだと?僕らの命懸けの戦いがか?」

ガイザン「フン…」

シフォン「魔族との戦いで…多くの人が死んだ…
     今、僕達が戦っている理由を!意味を汚すのか!」

ガイザン「全ては世界が終ればわかる…しかし、それでは遅かろう…」

シフォン「きらいだ!あなたみたいな人!」



101 :ガイザン閣下会話集:2006/10/19(木) 20:15:35 ID:V9Pg1NVE

ガイザンVS大蛇丸

大蛇丸「なぜだか、わからねぇ…わからねぇがお前を見ていると腹が立つ!」

ガイザン「科学無き人間…まるでケモノだな…
      フン…教えてやろう…人間の可能性とは…」

大蛇丸「いいからとっと始めようぜ!」

ガイザン「サルが…」


ガイザンVSルドーラ

ガイザン「フン・・邪魔だな・・排除が必要だ・・」

ルドーラ「おもしろい人間だ・・
      殺す前に教えてやろう・・
      魔族の本当の実力と・・
      貴様の本当の絶望を・・」

ガイザン「フン・・もはや魔族など存在の意味すらならない・・」

ルドーラ「素敵な冗談だ・・
     もはや殺すだけでは済まぬ・・
     貴様の全てを破壊してやろう・・」

ガイザン「フン・・やはり、その程度か・・」



102 :ナクスト戦会話集:2006/10/19(木) 20:16:19 ID:V9Pg1NVE

ネクストVSガイザン

ガイザン「クックックッ・・
      ここまでの道のりは長かった・・
      いよいよだな・・
      ついに出会うことができた・・」

ネクスト「愚か者め・・
     宇宙の意志である私に欲望の剣を向けるか・・」

ガイザン「フン・・大地に残る皆の者よ!
      その目に焼き付けるがよい!
      神を殺めし・・
      人類の運命の瞬間を!」


ネクストVSリトル・スノー

ネクスト「なぜだ?無謀だと、わかっていてなぜ死を選ぶか・・」

リトル・スノー「私達は恐れはしない・・
        私達はあきらめない・・
        大宇宙の意志・・
        ネクストよ・・
        お願いです・・
        この世界の魂を許して・・」

ネクスト「できぬ・・この世界は欲望で汚れすぎた・・新たなる創造が必要なのだ・・」


ネクストVSジャドウ

ジャドウ「フン・・貴様か・・次の神ってのは・・
     まあ、同じ事だ・・お前は俺に殺される・・」

ネクスト「愚かなる魂よ・・私は神などではない・・
     私は大宇宙の意志・・ネクスト!」

ジャドウ「クククッ・・最高だ・・最高の気分だよ!!」


103 :ルネージュ公国台詞集:2006/10/21(土) 09:26:18 ID:M0jqpwET

オープニング

http://www.youtube.com/watch?v=2Y-ZsF_v3wk&mode=related&search=

ジャドウ「…
     フフッ・・
     憎しみの感情が高まっていく・・
     大地に寄生するウジ虫
     人間への憎しみの感情が・・
     どうやら奴も目覚めたらしいな・・
     漆黒の魔族の血・・
     もはや誰にも止められん・・
     この世界は邪悪な炎に焼かれ・・
     後は破滅へ向かうのみか・・
     フフフ・・」

リトル・スノー「ジャドウ」

ジャドウ「異界の魂・・」

リトル・スノー「こんなところに呼び出して何の話ですか?」

ジャドウ「フフフ・・
     野望を達成するためにお前をこの世界に呼んだのだ
     ずいぶん時間も経った・・
     そろそろ始めよう・・
     お前の力があれば世界の制覇などは容易かろう」

リトル・スノー「…」

ジャドウ「何も考える事はない・・従うのだ
     従えば帰してやるぞ・・
     貴様の世界に戻してやろう」

リトル・スノー「私は、この世界にきて不思議な力を身につけました
        命の過去と未来・・世界の全てを見る力・・」


104 :ルネージュ公国台詞集:2006/10/21(土) 09:26:57 ID:M0jqpwET

ジャドウ「フフッ・・
     素晴しい力だ・・
     異界から来た者は世界の全てが見えるらしい・・
     そして秘めたる本来の力・・
     失われた魔力も目覚める・・
     貴様とて例外ではなかったわけだ・・
     貴様のその力があれば・・全ての人間に復讐できる!」

リトル・スノー「人間への復讐・・?」

ジャドウ「ルネージュを脅し召喚させただけのことはある・・
     都合の良いことに・・
     この街の人間共はお前を神と信じている
     ルネージュの呼んだ神の使い、新たなる国王として・・
     異界の魂・・リトル・スノーを迎え入れた
     バカな奴等だ・・最後に殺されるとも知らずに・・
     しかし・・いい道具が手に入った
     人間と人間の殺し合い・・楽しい戦争になりそうだ」

リトル・スノー「怖いわ・・
        あなたの心は闇に閉ざされている・・
        そんな邪心に満ちたあなたに従ってたとしても
        あなたが私をもとの世界に帰してくれるとは思えません」

ジャドウ「フン・・黙って従うんだ・・
     いや・・お前は従うしかない・・
     フフフ・・」

リトル・スノー「ああっ・・
        私は・・
        私は、この呪われた世界でどう生きたらいいの・・」

リトル・スノー(CV)「呪われた定め…呪われたこの世界…私は…もう戻れない…!」



105 :ルネージュ公国台詞集:2006/10/21(土) 09:28:07 ID:M0jqpwET

支配国数5イベント

ユーロ「聞こえますか・・」

メルセドア「聞こえますか・・」

ユーロ「私たちの声が・・
    運命の秤にえらばれし者よ
    お目覚めなさい・・」

メルセドア「汝、この争いを生き抜く者
       その力を、私たちは見守っています」

ユーロ「汝、この戦いを終局に導く者
     その志を、私たちは信じています」

メルセドア「世界に散った渦の根源を絶つ
       宿命の星に生まれた者よ
       私たちの声を
       心のとどめておきなさい
       魔創と聖痕を身に負う者・・
       ヒロを導くのです・・」

ユーロ「時はやがて導かれる・・
     輝きのもとに・・」

メルセドア「時はやがて流れる・・
       悲しみの魂達・・」

ユーロ「私たちは
     あなたを見守っています・・」



106 :ルネージュ公国台詞集:2006/10/21(土) 09:28:48 ID:M0jqpwET

支配国数15のイベント

リトル・スノー「…」

ネクスト「…」

リトル・スノー「あなたは・・
        !
        そうですか・・私を戻しにきたのですね」

ネクスト「そうです・・
     …
     異界の魂よ・・念じるのです・・
     貴方が願えば・・あるべき場所に戻れましょう・・」

リトル・スノー「…
        お許しください・・
        今の私にあるべき場所はこの大地なのです・・」

ネクスト「そうですか・・それは、残念です・・」


支配国数30のイベント

リトル・スノー「…
        これでいいのでしょうか・・
        魂は・・
        魂は導かれるのでしょうか・・
        …」



107 :ルネージュ公国台詞集:2006/10/21(土) 09:29:45 ID:M0jqpwET

ノーマルエンド

リトル・スノー「終わったわ・・
        何もかもが・・
        偉大なる大地の王・・
        大魔王ジャネス・・
        これでいいのですね・・
        これで、
        全てがひとつになれるのですね
        魔族も人間もない、
        全てが平等な世界に・・
        ・・・
        ジャドウ・・
        あなたの口癖だったわね・・
        平和、安寧、優しさ・・
        そんなものは必要ない、全ては
        破壊の為に存在するのだと・・
        ・・・
        初めは身勝手な人だと思った・・
        恐ろしく感じたこともあった
        でも今はわかる気がする・・
        全てがひとつに・・
        そして調和とともに訪れた
        あの瞬間・・
        あの人の心の
        わずかなぬくもりが
        私には感じられたのだから・・
        そして・・
        そして私は
        帰るために旅立つ・・
        運命の新たな灯火が、
        未来を変える
        架け橋となるのですから・・」



108 :ルネージュ公国台詞集:2006/10/21(土) 09:32:43 ID:M0jqpwET

バットエンド(ヒロ2戦闘前)

ジャドウ「・・・
     フン・・
     しぶとい奴だ・・
     まだ生きていたか・・」

ヒロ2「がぁぁぁぁっ!」


バットエンド(ヒロ2戦闘後)

ヒロ2「がああぁぁぁぁっ!」

ジャドウ「しぶとい奴だ・・
     頭だけになっても
     まだ生きているのか・・
     クッ・・
     死ね!」

ヒロ2「!」

ジャドウ「ジャドウ・・
     こいつも俺を
     止められなかった・・
     もはや・・
     誰も俺を止められはしない・・
     そう、誰も・・」

リトル・スノー「ジャドウ!
        貴方・・」

ジャドウ「フハハハハッ・・
     最高の気分だ・・
     この世界の全ての者
     俺が殺してやろう!
     そして・・
     俺の新たなる世界を創ろう!」


109 :ルネージュ公国台詞集:2006/10/21(土) 09:33:30 ID:M0jqpwET

リトル・スノー「ジャドウ・・」

ジャドウ「御苦労だったなスノー・・
     お前ももう用なしだ!
     さあ..自分の世界に帰るがいい」

リトル・スノー「ジャドウ・・
        これが貴方の望んだ結果なの・・
        貴方の口癖だったわね・・
        平和、安寧、優しさ・・
        そんなものは必要ない、
        全ては破壊の為に存在するのだと」
        ・・・
        軽べつしたわ・・
        恐ろしくも感じた・・
        でも・・
        でも今はわかる気がする・・
        全てがひとつに・・
        そして調和とともに訪れた
        あの瞬間・・
        貴方の心の
        わずかなぬくもりが
        私には感じられたのよ!
        だから!」

ジャドウ「フン!
     心のぬくもりだと?
     そんなものは必要ない、
     全ては破壊の為に存在するのだ!
     ・・・
     そう・・俺の口癖だ・・」

リトル・スノー「・・・
        ごめんなさい・・
        私は・・
        貴方の心の霧を払えなかった・・
        ・・・
        ジャドウ・・
        最後のお願いよ・・
        笑って・・
        ・・・」

ジャドウ「・・・」

リトル・スノー「ありがとう・・」

ジャドウ「フン・・
     馬鹿な奴だ・・
     ・・・」


110 :ルネージュ公国台詞集:2006/10/21(土) 09:35:24 ID:M0jqpwET

グッドエンド(ネクスト戦闘前)

ヒロ「スノー・・
   そろそろ聞かせてくれ・・
   世界を狙う真の敵のことを・・

リトル・スノー「ヒロ・・」

ジャドウ「フフフ・・・
     スノー!
     語る必要などないぞ・・」

ヒロ「!?
   ジャドウ!
   貴様、何のつもりだ・・」

ジャドウ「語る必要などない・・
     何故なら・・」

111 :ルネージュ公国台詞集:2006/10/21(土) 09:35:58 ID:M0jqpwET

イプシロン「ぐがぁぁっ!」

コリーア「あぁぁっ・・」

ヒロ「!
   空から頭が・・
   降って・・来た?

リトル・スノー「・・・
        それが・・
        あなた達が神と思っていたモノよ」

ヒロ「神・・?
   こいつが?
   ..コリーアなのか?」

リトル・スノー「そうよ・・それが
        神として存在してたモノ・・
        神を超えようとした哀れな人間
        コリーアと・・イプシロンよ」

ヒロ「そんな・・
   そんな馬鹿な!
   こいつらは
   ただの人間じゃないか・・
   まさか!
   まさか・・父様も・・」

リトル・スノー「彼等は神を超えられなかった・・
        世界の意思には及ばなかった・・
        さぁ・・
        降りてくるわ・・
        宇宙の意思が現れ・・
        最後の裁きを下す・・
        それが新たなる世界の・・
        新たなる世界の・・
        天地創造!」

ヒロ「ああああ・・」



112 :ルネージュ公国台詞集:2006/10/21(土) 09:38:22 ID:M0jqpwET

グッドエンド(史実)(ネクスト戦闘後)

ネクスト「・・・
     愚の極みなり・・
     宇宙の意志である
     余を封じるのか・・
     新たなる可能性と
     運命を封じるのか・・
     愚の極みなり・・
     しかし・・
     しかし、貴様等の魂・・
     純白に輝いておる・・
     ・・・
     いいだろう・・
     くれてやろう・・
     この世界の全て・・
     貴様等が導く世界も見たくなった
     まかせたぞ・・
     ・・・」

ヒロ「ハア・・・ハア・・・
   帰っていくのか?」

ジャドウ「フン・・」

リトル・スノー「・・・
        終わったわ・・」

ヒロ「スノー・・?
   泣いているの?・・」


113 :ルネージュ公国台詞集:2006/10/21(土) 09:38:55 ID:M0jqpwET

リトル・スノー「・・・
        ネバーランドに導かれた
        私の役目もこれで終わり・・
        お別れね・・
        ヒロ・・
        ジャドウ・・
        スノー・・
        ・・・
        たのんだわよ・・
        ネバーランドを・・
        あなたたちの言っていた・・
        理想の世界にしてね・・」

ヒロ「スノー!
   お前は私達の仲間だ・・
   ここに残ってくれ・・
   一緒にネバーランドを・・」

ジャドウ「黙れ!」

ヒロ「!」

ジャドウ「さあ帰るんだ・・
     お前の世界が呼んでいる・・」

リトル・スノー「ジャドウ・・」

ジャドウ「心配するな・・
     ここは俺達が守る!
     それと・・
     悪かったな・・
     勝手に呼び出して・・」

リトル・スノー「ジャドウ・・
        私は自分の運命に感謝しているわ
        貴方と出会えた運命に・・
        大好きよジャドウ・・
        忘れないわ・・」

ジャドウ「フン・・」

ヒロ「スノー・・
   嫌だよ・・
   行かないでくれ・・」

リトル・スノー「さようならヒロ・・
        今まで仲良くしてくれて
        ありがとう・・
        スノー・・」

ジャドウ「クッ・・」

リトル・スノー「さようなら・・
        さようなら・・
        私のネバーランド・・」


114 :ルネージュ公国台詞集:2006/10/21(土) 09:39:41 ID:M0jqpwET

ヒロ「!!」

ジャドウ「・・・」

ヒロ「スノーが消えた・・
   帰ったんだ・・
   自分の世界に・・」

ジャドウ「さて・・
     俺達もここで別れよう..」

ヒロ「ジャドウ!」

ジャドウ「スノーとの約束だ・・
     この世界は俺達が守る!
     しかし、俺達は
     あまりにも未熟・・
     己を磨くしかあるまい・・
     お前も俺も・・
     そのための別れ・・
     一緒にいなくとも世界は守れる」

ヒロ「ジャドウ・・
   わかったよ..私も自分なりに
   世界を守ってみせる」

ジャドウ「フッ・・
     ・・・」

斉藤小雪「・・・
      気が付けばひとり・・
      街にはこんなに人がいるのに..
      拭えない孤独感・・
      テレビは全ての世界を見せる
      情報は私達の未来を予測するわ
      なら何故・・
      何故、世界には
      飢えて死に行く幼い魂があるの?
      何故、強い人..強い国が
      正義と自由を独占するの?
      一部の人間の欲望と引き換えに
      破滅の道へと進む世界・・
      違うわ!
      変えてみせる・・
      私の本当の世界・・
      少しずつ・・
      でも確実に・・
      できるはずよ・・
      ネバーランド・・
      私に勇気をありがとう」



115 :リトル・スノー台詞集:2006/10/21(土) 09:55:04 ID:M0jqpwET

リトル・スノー会話集

リトル・スノーVSラーデゥイ

ラーデゥイ「!
      まさか、あなたの様な女性まで戦っているのか?」

リトル・スノー「紫色の迷える魂…平和のために殺りくを、まだ続けますか?」

ラーデゥイ「!
      迷っているのは自分ではない、迷っているのはこの世界だ!!
      世界は迷いを断つ指導者を待っている
      私は自分が指導者になれるとは思わない
      しかし、世界の迷いを断つ助けにはなるつもりだ
      信じているのだ!平和な世界は必ずやってくる!」

リトル・スノー「人間の平和な世界…」

ラーデゥイ「そうだ、人間の平和な世界が必要だ!」

リトル・スノー「人間の平和…魔族の絶望…誰かの絶望の上にある偽りの平和…」

ラーデゥイ「!
      魔族は悪だろう?滅ぼしてなにが悪い?」

リトル・スノー「紫色の迷える魂…やはり迷っているのはあなた…」


リトル・スノーVSシーマ・ツヴァイ

シーマ・ツヴァイ「私の名はシーマ・ツヴァイ・・人は私をこう呼ぶ・・評価する者・・と」

リトル・スノー「・・・」

シーマ・ツヴァイ「わからぬ・・あなたは、他のものとは違う・・」

リトル・スノー「・・・」

シーマ・ツヴァイ「しかし・・私に評価できぬ者はいない!
          リトル・スノー!あなたの評価は・・十点満点中で・・6点!」

リトル・スノー「解らぬものの評価は出来ないでしょう・・
        あなたの知識がどんなに素晴らしくても・・」

シーマ・ツヴァイ「多くの民は私の評価を必要としている・・
          悪しき者に惑わされぬよう民は評価を求めている・・
          必要な者あるかぎり私は評価を続けるのだ・・
          己の誇りと・・命をかけて!!」

リトル・スノー「その言葉のままなら何も言いません・・
        しかし・・未熟な評価が招くものは混乱ですよ」



116 :リトル・スノー台詞集:2006/10/21(土) 09:55:53 ID:M0jqpwET

リトル・スノーVSヒロ

リトル・スノー「ヒロ…私にはわかるわ…
        かわいそうに…悲しみに満ち溢れているのね…
        さあ、いらっしゃい…私は、あなたに会いたかった…
        このネバーランドの…全ての魂を救う希望の光に…」

ヒロ「誰だ…貴様は…?」

リトル・スノー「私はスノー…ネバーランドに呼ばれし異界の魂です…」

ヒロ「異界の魂?」

リトル・スノー「そうです…私は別の世界の住人でした」

ヒロ「そんな…別の世界から来ただと?」

リトル・スノー「私のいた世界…それは…
        科学という魔法によって…人が大きな力を手に入れた世界
        世界中の風景が見え…世界中の人の声が聞こえる…
        そんな素敵な力を人が手に入れた世界…
        でもね、ヒロ…人は力を…欲望の道具にしてしまった…
        奪うために争いを繰り返し…満ちた者をさらに満たし…
        世界の全てを犠牲にして…それでも求め続けた…
        全てを数字に変えて…全てを管理しようとした…
        ヒロ、あなたには…私の世界と同じ過ちを犯して欲しくない…」

ヒロ「フン…信じられないね…そんな夢みたいな話…」

リトル・スノー「ヒロ…あなたにならできるわ…
        この世界にある真の敵を倒し…
        きっと世界を救えるはずよ…」


リトル・スノーVSアイラ

リトル・スノー「封じられた魂…かわいそうに…」

アイラ「私は聖神コリーアの使者…あなたを導きましょう…魂は平等…魂は永遠…」

リトル・スノー「悲しい魂を導いて頂けますか?
        平等も無く…永遠も無い…悲しい魂を…」

アイラ「平等も無く、永遠も無い?それは、あなたの魂ですね」

リトル・スノー「違うわ…私より悲しい魂を見つけたの…」

アイラ「あなたより悲しい魂?」

リトル・スノー「平等も無く、永遠も無い、悲しい魂…
        神の使者として自由を封じられた魂…
        アイラ…あなたの魂はとても悲しいわ…」

アイラ「私の魂…?」

リトル・スノー「私が救ってあげるわ…自由を求める…あなたの悲しい魂を…」



117 :リトル・スノー台詞集:2006/10/21(土) 09:57:18 ID:M0jqpwET

リトル・スノーVSグリーザ

リトル・スノー「そう、またひとつ大きな悲しみの魂…白き戦士よ
        平和を語るのになぜ戦うの?」

グリーザ「我が祖国と並ぶ神聖帝国…ルネージュの女王よ
      お忘れか?我らは神の導きのまま戦うのが使命」

リトル・スノー「神の導き?教えて下さい…神とは何なのですか?」

グリーザ「簡単なこと…神とは全て、善の全て」

リトル・スノー「ならばなぜ神は戦いを?」

グリーザ「悪を、邪を裁くため…全てが清らかに戻るため」

リトル・スノー「その戦いで死んでいったあなたの仲間は?」

グリーザ「栄誉に帰る。彼らの魂は神のもとに」

リトル・スノー「そうですか…」

グリーザ「?
     ルネージュの女王よ…なぜ?なぜ涙を流す?」

リトル・スノー「死んだ者の母親は栄誉は望まぬでしょう
        望むのは親子で過ごす静かな時間…
        グリーザ…あなたの母も同じでしょう?」

グリーザ「解らぬ、言っている意味が見えぬ…」


リトル・スノーVSドリファン帝

ドリファン帝「コリーア神の子…聖なるルネージュの王よ。神に背いてはいけません
       コリーア神は見ておられる。さあ、心の闇を照らすのです」

リトル・スノー「信仰厚き神の子よ。あなたの魂は清らかですか?
        そして神は清らかですか?」

ドリファン帝「人の心は、か弱きもの…黒色に染まりましたか…残念です…」

リトル・スノー「人は…神の奴隷ではありません」

ドリファン帝「よいでしょう、神の子に私の命を差し出しましょう
       あなたの心の闇を私の命で照らしましょう」



118 :リトル・スノー台詞集:2006/10/21(土) 09:58:02 ID:M0jqpwET

リトル・スノーVSアゼレア

アゼレア「この感じ…あなた、この世界の者ではありませんね?」

リトル・スノー「ええ…私は異界より召喚された魂…」

アゼレア「異界の魂?誰が…なんのために?」

リトル・スノー「私は全てを滅ぼすため、この世界に呼ばれたのです…」

アゼレア「世界を滅ぼす?…あなたはいったい…」

リトル・スノー「…」

アゼレア「いいわ…いらっしゃい…私と一緒に行きましょう
      この戦争を終らせたらあなたの帰る道を探してあげる
      私達と共に緑を守るために戦いましょう」

リトル・スノー「ごめんなさい。それはできません」

アゼレア「…」

リトル・スノー「エルフの女王…あなたも間違っているの
        緑を守る手段は戦争じゃないわ」

アゼレア「!」
     「今の混乱に満ちた世界、私が治めれば平和になりましょう
     生き物と緑が調和した安らぎの国を約束できるわ」

リトル・スノー「違うのよ。結果じゃないの!
        過程なのよ…結果のための犠牲が問題なのよ」

アゼレア「わからない、では、あなたは、なぜ戦うの?」

リトル・スノー「…」

アゼレア「答えなさい!」


リトルスノーVSヘルガイア

ヘルガイア「不思議な気分だ…君といると記憶の全てがよみがえるんだ…
       そうか…君はこの世界の者ではないね」

リトル・スノー「はい…私は、召喚された異界の魂です」

ヘルガイア「君なら、わかってくれるよね…この世界の人間達がうけるべき罪の大きさを…」

リトル・スノー「いま、全ての真実が見えました…本当の神…それは世界そのもの…
        人間に封じられた世界…ネバーランド…それが、あなたなのですね」

ヘルガイア「!
       がぁぁぁぁぁ!人間は神を名乗り、全ての管理を求めた!
       世界を私を汚したのだ!!」

リトル・スノー「ネバーランドよ…人の罪と、過ちをお許し下さい…
        どうか安らかな眠りについて下さい」



119 :リトル・スノー台詞集:2006/10/21(土) 09:58:45 ID:M0jqpwET

リトル・スノーVSルドーラ

ルドーラ「お前か、世界を制する力
     異界の魂とは・・」

ルトル・スノー「邪悪な心・・野望で汚れた黒い魂・・」

ルドーラ「貴様のその能力、世界の全てを見る力・・
     過去と、そして未来を一瞬で見ぬく力・・
     異界の魂が成せる美しき力・・
     欲しい・・」

リトル・スノー「己の事のみを考え・・他の全ては侵略の対象・・
        全て奪っても欲求し続ける醜い魂・・」

ルドーラ「欲しい・・はあ、はあ・・ほしいぞぉぉぉぉ!
     た、たのむ・・その力、私に・・」

リトル・スノー「!
        おぇ・・来ないで・・私の心に入ってこないで!」


リトル・スノーVSバグバット

バグバット「スノー様・・お許し下さい」

リトル・スノー「バグバット・・悲しいですね
        しかし、あなたの選んだ道です」

バグバット「好きでした・・あなたの事が・・
       こんな形でもあなたと関わっていたいのです」

リトル・スノー「あなたが見ているのは幻・・悲しい幻・・」


リトル・スノーVSジャドウ

リトル・スノー「私にはわかっていました。いずれ争わなねばならぬことに
        召喚されし者の運命…見知らぬ世界での存在など…
        はかないものでしかなかったのですね…」

ジャドウ「しかし…お前は俺を受け入れた…
     …拒み続けたお前が…最後には受け入れた…」

リトル・スノー「…」

ジャドウ「…」

リトル・スノー「私はあなたの自由な生き方に…誰にも縛られぬ自由に憧れました
        だから…」

ジャドウ「解らぬ…俺には解らぬ…なぜ…なぜ貴様は泣くのだ?」

リトル・スノー「それが人間だからです…もう何も話したくありません…
        さあ、決着をつけましょう!私とあなたのすべてをかけて…」



120 :ジャドウ台詞集:2006/10/21(土) 10:03:17 ID:M0jqpwET

ジャドウ会話集

ジャドウVSラーデゥイ

ラーデゥイ「強力な暗黒の波動…これは…大魔王ジャネス?まさか、そんなはずは…」

ジャドウ「フッ…大地に巣食うダニめ…殺しても、殺しても湧き出てくる…」

ラーデゥイ「まだこんな奴が残っていたか…しかし…
      …しかし同じことだ…我が身が砕け散るまで戦いぬくのみ!」

ジャドウ「フッ…」


ジャドウVSシーマ・ツヴァイ

シーマ・ツヴァイ「私の名はシーマツヴァイ・・人は私をこう呼ぶ・・評価する者・・と」

ジャドウ「・・・
     人間がまた一匹・・」

シーマ・ツヴァイ「き、貴様の・・貴様の評価は・・」

ジャドウ「人間がまた一匹・・殺してくれと鳴いている・・」


ジャドウVSアイラ

ジャドウ「・・・
     フン・・
     なるほど・・
     神の考えそうなことだ・・」

アイラ「さあ・・
    邪悪な者よ、導かれなさい・・
    魂は平等・・
    魂は永遠・・」

ジャドウ「どうやら貴様は・・
     俺を抹殺するつもりはないらしいな・・
     フン・・
     残念だが・・
     抹消されるのは貴様だ・・」

アイラ「邪悪な者よ・・
    今は説明の時さえ無いのです・・
    私に従いなさい・・
    神の国を滅ぼす者・・
    その者と戦うのです・・」

ジャドウ「フン・・
     コリーアに従えだと・・?
     冗談じゃない!」



121 :ジャドウ台詞集:2006/10/21(土) 10:04:06 ID:M0jqpwET

ジャドウVS大蛇丸

大蛇丸「へへへ…感じるぜ…邪悪な波動がピンピンくるぜ!」

ジャドウ「貴様はスペクトラルタワーの番人…
     まあいい…殺してしまえば同じこと…」

大蛇丸「さあ勝負しな!全力で行かせてもらうぜ!」


ジャドウVSヒロ

ジャドウ「フフフ…ヒロ…久しぶりだな…ずいぶんと見違えたぞ」

ヒロ「貴様は誰だ…?
  ただの魔族とも思えんが…」

ジャドウ「そうか…俺の顔も忘れたか…フフフ…20年も前では無理もあるまい」

ヒロ「20年前だと…貴様はいったい…」

ジャドウ「フン…貴様の忌まわしき血の記憶…俺は覚えている…
     お前が生まれて間もなく…俺はジャネスに捨てられた…
     俺の魔力を全て封じて…ジャネスは俺を捨てたんだ!
     なぜだか、わかるか…俺が、お前を殺そうと狙っていたからだ!
     フッ…人間と魔族との間に生まれたお前などに…
     魔族の王など務まるはずがない!
     しかし、ジャネスはお前を後継者に選んでいた…」

ヒロ「貴様…貴様はいったい何者だ!」

ジャドウ「覚えておけ…ヒロ!我が名はジャドウ…大魔王ジャネスの息子…
     つまり…お前の兄というわけだ…」

ヒロ「ば…ばかな!貴様など認めん!この手で葬り去ってくれる」

ジャドウ「ククク…脅える必要はない…こっちに来るんだ…従えば助けてやろう
     俺の計画…世界の破壊に協力するのだ」


ジャドウVSバイアード13世

バイアード13世「ジャドウ様・・
          おっと・・
          馴れ合いはお嫌いでしたな」

ジャドウ「バイアード・・
     腐りきった魔族の中でも
     お前はマシな方だった、が・・
     悪く思うな・・
     ここで消えてもらう・・」

バイアード13世「そうですか・・
          不肖このバイアード・・
          全力を持ってお相手いたします!」



122 :ジャドウ台詞集:2006/10/21(土) 10:04:40 ID:M0jqpwET

ジャドウVSグリーザ

グリーザ「き…貴様は…ジャドウ!待ちわびたぞ…貴様と会う日を待ちわびた!」

ジャドウ「ああ…思い出したよ…白獅子とかいう…コリーアの犬か…
     自慢の牙を折ってやったのにまだ吠え立てるのか…?」

グリーザ「忘れはせん!貴様に砕かれた聖剣!あの時味わった敗北感!
     聖剣を授けし神に誓っていまこそ貴様を斬る!!」

ジャドウ「フフフ…助かったことを喜んでいればいいものを…」

グリーザ「おのれ…言わせておけば!」

ジャドウ「さあ来い…同じ屈辱を味わうがいいさ
     冷たい死神の洗礼とともにな…」


ジャドウVSアゼレア

アゼレア「森の自然を壊しているの?
      自分の野望のためだけに・・」

ジャドウ「フン・・
     自然だと?
     俺はそんなものに興味はない」

アゼレア「しかし・・
      あなたは自然を壊している!
      森を守るために
      私はあなたを倒します!」

ジャドウVSルドーラ

ルドーラ「これはこれはジャドウ様・・ご機嫌うるわしゅう・・」

ジャドウ「フン・・気に入らんな・・ルドーラ
     貴様は何を考えているのかがわからん」

ルドーラ「それはジャドウ様とて同じ事・・」

ジャドウ「フン・・貴様、覚えているか?数年前のあの日の事を・・
     貴様はヒロとマリアを引き裂いた・・
     マリアを殺してな・・忘れたわけではあるまい?」

ルドーラ「ご存知だったのですね・・ジャドウ・・!!」

ジャドウ「貴様の浅知恵などお見通しだ・・
     マリアの魔力を自分の物に・・
     力無い者の考えそうな事だ・・」

ルドーラ「そこまでご存知でしたか・・ならば話は早い・・
     貴様・・消えてもらうぞ!!」

ジャドウ「やっと本性をあらわしたか・・そうでなくては面白くない・・」

ルドーラ「私を侮辱するものには絶対の死を!!」



123 :冥府兵団台詞集:2006/10/24(火) 19:31:20 ID:QcJylLZW

オープニング

ルドーラ「大魔王ジャネスが消滅して、
     1年・・
     世界の魔族は
     確実に力を失っている
     ジャネス消滅と共に、
     魔族は消えゆく運命にあった・・
     しかし・・
     ジャネスの意志を継いで
     魔王軍が結成された・・
     魔族は、滅び行く過程を
     力で逆行させるか・・
     フッ・・
     ゲラ・・!」

ゲラ「はっ」

ルドーラ「例のもの、
      探し出していような・・」

ゲラ「はっ、
   すでに・・
   これをご覧くださいませ
   森のエルフの長、
   アゼレアでございます
   きっとお気の召すものと・・」

ルドーラ「・・・
     この魔力、確かに・・
     万事ぬかりないな?」

ゲラ「お任せを、ルドーラ様
   全ては予定どおりに・・

ルドーラ「そうか・・期待しているぞ・・
      貴様はこのまま
      この女を見ているのだ・・」

ゲラ「はっ・・」

ルドーラ「・・・
     もう少しだ・・
     私は魔族を超えた存在に変わるのだ!」

ルドーラ(CV)「このときを待っていた・・・
         魔族復興が為・・・今再び立ち上がらん・・・」



124 :冥府兵団台詞集:2006/10/24(火) 19:32:02 ID:QcJylLZW

ノーマルEND

ルドーラ「ククク・・
      ついにここまで来た・・
      私が世界の王となったのだ!!
      大魔王ジャネス・・
      あなたは確かに
      偉大な王であったやも知れぬ
      だが、
      この世界の魂を守るがために、
      あなたは世界の意志を
      超えることはできなかった
      あのコリーアや
      ムゲンと同じように・・
      だが私は違う!
      私はこんな世界などに執着はない
      私が目指すものは・・
      そうだ・・
      この大地のほかにも
      まだ世界はある
      逆にこの私が手に入れて見せる
      それには力だ!
      まだ、まだだ・・
      まだ力が足りん・・!
      アゼレアと
      交われなかったことは・・
      やはり悔やまれる・・
      しかし・・
      しかし、かならず・・
      かならず成し遂げてみせる!
      見ておれ、かならず・・!!



125 :冥府兵団台詞集:2006/10/24(火) 19:32:59 ID:QcJylLZW


バットEND (真ジャドウ戦闘前)

アゼレア「ルドーラ様・・
      まだ終ってはおりません」

ルドーラ「わかっておる・・
     ・・・
     さすがはジャネスの
     血をひきし者・・
     そう簡単には死なぬか・・
     フン・・
     ちょうどいい・・
     私も退屈していたところだ・・
     来い!ジャドウ!」


126 :冥府兵団台詞集:2006/10/24(火) 19:34:44 ID:QcJylLZW

アゼレア「ルドーラ様・・
      まだ終ってはおりません」

ルドーラ「わかっておる・・
     ・・・
     さすがはジャネスの
     血をひきし者・・
     そう簡単には死なぬか・・
     フン・・
     ちょうどいい・・
     私も退屈していたところだ・・
     来い!ジャドウ!」

バットEND (真ジャドウ戦闘後)

ルドーラ「ククク・・
     ジャネスの息子とやらも
     所詮はこの程度よ・・」

アゼレア「おめでとうございます
      この世界・・
      全てはルドーラ様のままに・・
      偉大なる王・・
      万能の王ルドーラ様・・」

ルドーラ「ククク・・
      近くに来いアゼレア
      可愛い奴よ・・
      これからも私のために・・
      たのむぞ・・アゼレア・・」

アゼレア「!
      い、いけません・・
      ルドーラ様・・」

ルドーラ「アゼレア・・
      もっと近くに・・
      これからも私のために・・
      !」

真ジャドウ「きしぇぇぇぇぇっ!!」


127 :冥府兵団台詞集:2006/10/24(火) 19:37:32 ID:QcJylLZW

ルドーラ「!
      ジャネスの息子・・
      首を切り落としても・・
      まだ動くのか・・
      ジャネスめ・・
      あくまでも認めぬと言うのか!
      クッ・・
      こざかしい!
      消えろっ!」

真ジャドウ「がっ!!」

ルドーラ「はあ、はあ、はあ、はあ・・」

アゼレア「ルドーラ様・・」

ルドーラ「はあ、はあ、はあ、はあ・・
      そうだ・・
      大魔王ジャネス・・
      あなたは確かに
      偉大な王であったやもしれぬ
      だが、
      この世界の魂を守るがために、
      あなたは世界の意志を
      超えることはできなかった
      あのコリーアや
      ムゲンと同じように・・
      だが私は違う!
      私はこんな世界などに執着はない
      私が目指すものは・・
      そうだ・・
      神の世界・・
      逆にこの私が手に入れて見せる
      それには力だ!
      まだ、まだだ・・
      まだ力が足りん・・!
      見ておれ、かならず・・!!」


128 :ルドーラ台詞集:2006/10/24(火) 19:40:15 ID:QcJylLZW

ルドーラ会話集

ルドーラVSマーク

マーク「な、なんダバか・・・?
    お前は・・こんな所で
    いったい何をしてるダバ?」

ルドーラ「フン・・

マーク「な・・ななな何ダバ?
    その態度は何ダバよ?
    おらっちはマーク様ダバよ・・
    偉いんダバよ!」


ルドーラVSパザマ

パザマ「ぬ・・
     貴様はたしか・・
     あの時・・
     リリーを襲っていた外道!」

ルドーラ「フフ・・」

パザマ「よくも!
     リリーを傷つけてくれたな!」

ルドーラ「リリー・・?
      ああ・・
      あのダークエルフの事か・・
      フフ・・
      確かに楽しませてもらった・・」

パザマ「うぉおおおおおっ!
     がおぉぉぉぉぉっ!
     お前は許さぬ!
     絶対に許さぬ!!」

ルドーラ「ええぃ!こざかしい!
      死んでしまえ!!



129 :ルドーラ台詞集:2006/10/24(火) 19:41:28 ID:QcJylLZW


ルドーラVSリーガル・リリー

ルドーラ「ほう・・
      確かお前は・・
      あの時のダークエルフ・・」

リーガル・リリー「あ、あなたは・・
          あああああ・・
          イヤ・・」

ルドーラ「フン・・
      我と交わりし時に、
      記憶も失ったか・・
      しかし
      記憶はもう必要あるまい・・
      所詮貴様は
      魔力を与えるだけの道具・・
      極上の悦びの為に
      生かしておいたにすぎぬ・・」

リーガル・リリー「イヤ・・」

ルドーラ「フッ・・」

ルドーラVSアゼレア

ルドーラ「フフフ・・ついに見つけたぞ・・
     森の聖女・・私はこの瞬間を待っていた・・」

アゼレア「この妖気・・確か以前にもどこかで・・」

ルドーラ「我が野望の完遂・・魔族を超えた存在になること・・
     そのためには・・貴女の魂が必要なのだ・・
     汚れなき心と・・優しさを内包した魂が・・」

アゼレア「思い通りにはさせません・・この命、誰にも渡せないわ!」

ルドーラ「さあ・・私と交わり魂を重ねるのだ!」

アゼレア「なんて汚い悪の波動なの・・」



130 :ルドーラ台詞集:2006/10/24(火) 19:42:30 ID:QcJylLZW

ルドーラVSヒロ

ルドーラ「おお・・ヒロ様!
     立派に成長されましたな・・
     まるで母君・・
     マリア様の生き写し・・」

ヒロ「能書きはいい・・
   答えよ、ルドーラ!
   魔王軍幹部の貴様が
   なぜ大魔王の遺志に逆らう?」

ルドーラ「愚問ですな・・
     我々魔族は
     力を求め続けるが宿命・・
     そのために戦い・・
     力ある者から奪うのです・・
     そういえば・・
     ヒロ様の母君・・
     マリア様も・・
     いい力をお持ちだった・・
     ジャネス様でなくとも・・
     手に入れたくなるほどに・・」

ヒロ「貴様・・何を話している?
   まさか・・
   母様がいなくなったのは!」

ルドーラ「お喋りはここまでです・・
     フフ・・
     ヒロ様も、いい力をお持ちだ」

ヒロ「許さん・・
   貴様は許さん!!」



131 :古代神兵団台詞集:2006/10/24(火) 19:44:19 ID:QcJylLZW

古代神兵団

オープニング

ヘルガイア「・・・
       だれだ・・?
       だれなんだ・・?
       私を呼ぶのは、
       いったい・・!」

イプシロン「我々の勝利だな・・
       消えてもらおう・・」

ヘルガイア「やめろ!」

ユーロ「これで・・人間は神を・・
     人間は神を超えるのですね・・」

ヘルガイア「やめろ!」

メルセドア「人間の支配が始まる・・
       新しい世界が始まる・・」

コリーア「我々は
      強大な力を持ちすぎた・・
      そして野望も・・
      世界の意志を手に入れた今・・
      もはや・・
      もはや・・
      我々が神やもしれん・・
      この世界の神・・
      それが我らなのだ!」

ジャネス「むっ・・
      気を抜くな!
      まだ・・生きているぞ!」

132 :古代神兵団台詞集:2006/10/24(火) 19:44:51 ID:QcJylLZW

ヘルガイア「やめろ!」

コリーア「フフフ・・
      随分しぶといな・・
      ジャネス・・
      これを使え・・
      この天魔剣で
      トドメをさすのだ!!」

ジャネス「悪く思うな・・
      我々が神になるためだ・・
      世界の意志よ・・
      昇華することを我願わん!
      くらえっ!」

ヘルガイア「や、やめろぉ!!
       ・・・
       はあ、はあ、はあ・・・
       クッ・・
       今の記憶はいったい・・
       この私は・・
       ・・・
       私は・・誰だ?
       誰なんだ!!」

ヘルガイア(CV)「頭が痛い・・わからないよ・・ボクはいったい・・誰なんだ・・?」



133 :古代神兵団台詞集:2006/10/24(火) 19:46:42 ID:QcJylLZW

1年経過イベント

ヘルガイア「!
       なんだ・・
       だれなの君は・・?」

ゾック「・・・」

ヘルガイア「????
       仕える・・者・・?
       ゾック・・?」

ゾック「・・・」


NORMAL END

ヘルガイア「フフフ・・
       あははははははは!
       全ては、私に戻るのだ!」

コリーア「クッ・・ヘルガイアよ・・
      これで終ったと思うな
      まだ戦いは・・」

ヘルガイア「フン・・
       強がりはよせ、コリーア
       敵はもういない・・」

コリーア「まさか・・お前は・・」

ヘルガイア「この世界、二度の間違いはない
       裁きだ・・
       貴様ら人間は無に帰す・・」

コリーア「な・・!!」

イプシロン「コリーア様・・!!」

ヘルガイア「安心して休め!
       永遠の時をな・・
       ククク・・
       真の平和が始まるのだ」

コリーア「む、無念・・」



134 :古代神兵団台詞集:2006/10/24(火) 19:48:15 ID:QcJylLZW

TRUEルート (コリーア戦闘前)

イプシロン「お見えになりますか?
       コリーア様・・
       下界の様相・・
       ご覧の通りです」

コリーア「アイラ・・
      ヘルガイアにおちたか・・」

イプシロン「ヘルガイアは完全に
       目覚めております・・」

コリーア「アイラの魂は
      私から生まれた・・
      ヘルガイアはアイラを通じ
      私の記憶を得たのだな・・
      フフフ・・
      なるほどな・・
      しかし・・
      しかし同じ事だ!
      我が禁断の術法にて
      再び封じるのみ・・
      イプシロン!」

イプシロン「はっ・・」

コリーア「ゆくぞ!!
      1000年ぶりの戦だ・・
      共に楽しもうではないか!」



135 :古代神兵団台詞集:2006/10/24(火) 19:48:56 ID:QcJylLZW

BAD END コリーア戦闘後

ヘルガイア「さあ立ちなさい・・
       立つのですコリーアよ・・」

コリーア「ぐがぁぁぁぁ・・」

ヘルガイア「1000年にも及ぶ屈辱・・
       長かった・・
       今、貴女は
       私の手で裁かれるのです
       人でありながら
       神を名乗りし罪!
       人でありながら
       世界の意志を封じし罪!
       人でありながら
       世界の魂を裁きし罪!
       受けなければなりません・・
       永遠の最期を!
       無限の絶望を!」

コリーア「この世界の意志・・
     ヘルガイアよ・・
     全ては私のあやまち・・
     その罪、つつしんで・・
     つつしんで受け入れよう・・
     しかし・・
     大地にある魂には・・
     なんの罪がございましょうか・・」

ヘルガイア「・・・」

コリーア「どうか・・民を・・
     この世界を・・
     お許しください・・お許しください!」

ヘルガイア「・・・
       アイラ・・」

アイラ「はい」

ヘルガイア「大地の魂達の運命は
       もう決めてあります・・
       しかし・・その結末
       貴方が知ることはありません・・
       ・・・
       さあ・・
       裁かれよコリーア!」



136 :コリーア戦台詞集:2006/10/24(火) 19:50:21 ID:QcJylLZW

コリーア戦会話集

コリーアVSヘルガイア

ヘルガイア「罪深きコリーアよ・・
       さあ・・最後の時間だ・・」

コリーア「ヘルガイア・・
     クッ・・」

ヘルガイア「この世界である私を封じ、
       自ら支配者を名のるとは・・
       罪の極み・・」


コリーアVSアイラ

コリーア「アイラ・・
     私を・・
     私を、裏切るのか・・」

アイラ「あなたには何もないもの・・
    何も感じないわ・・」

コリーア「ああ・・アイラ・・
     私を助けておくれ・・
     お願いだ・・アイラ!」



137 :イプシロン戦台詞集:2006/10/24(火) 19:51:07 ID:QcJylLZW

イプシロンVSヘルガイア

イプシロン「ヘルガイア・・」

ヘルガイア「神を名のりし人間よ・・
       まだ続けるか・・
       神に背きし愚者よ・・
       まだ罪を重ねるか・・」

イプシロン「くっ・・
       我らは神・・世界の支配者・・
       それが、不変の事実である・・」

ヘルガイア「・・・」

イプシロン「クッ・・」


イプシロンVSアイラ

イプシロン「アイラ・・
       コリーア様を・・
       神を、裏切るのか・・
       なぜだ・・
       なぜ、裏切ったのだ・・」

アイラ「・・・」

イプシロン「魂を与えられた恩を・・
       神への忠義を忘れたか・・」

アイラ「イプシロン・・
    私は生まれてくる事など・・
    望んではいなかった・・」

138 :アイラ戦闘台詞集:2006/10/24(火) 19:54:20 ID:QcJylLZW

アイラVSヒロ

ヒロ「フフフ…神って奴は…ひどいな…死んだ母さまの、その身体…
   私の大切な思い出を土足で踏みにじってくる…
   私は、神を…お前達を…絶対に許さない!」

アイラ「ヒロ…何を怒っているの?あなたは私が救ってあげる…
    あなたの母と同じになるの…全ての魂と平等になるのよ」


アイラVSサトー

サトー「えっ…姫様…?いや…違うよな…偽者なのか…」

アイラ「さあ…導かれなさい…魂は平等…魂は永遠…」

サトー「たましい…?なんだ…?なんだよ…何言ってんだ!」

アイラ「私に従いなさい…神の国を滅ぼす者…その者と戦うのです…」

サトー「神の国…?なんなんだよっ!」


アイラVSザキフォン

ザキフォン「この感じは…姫様…?いや…似ているが違う…まさか…神…か…?」

アイラ「さあ…導かれなさい…魂は平等…魂は永遠…」

ザキフォン「まさか…グリーザの言っていた…神の国への導き…それが始まるのか…?」

アイラ「私に従いなさい…神の国を滅ぼす者…その者と戦うのです…」

ザキフォン「か、神の国だと…」



139 :アイラ戦闘台詞集:2006/10/24(火) 19:54:55 ID:QcJylLZW

アイラVSチク

チク「えっ…姫様…?偽者か…でも、なぜ…」

アイラ「さあ…導かれなさい…魂は平等…魂は永遠…」

チク「導く…?まさか、お前は…神の国へ導く者…?本当だったのか…
   アイツの研究していた事が…現実におこり始めているのか?」

アイラ「私に従いなさい…神の国を滅ぼす者…その者と戦うのです…」

チク「くそっ!お前なんか認めないぞ!」


アイラVSヘルガイア

ヘルガイア「ん…コリーアの使者…?フフフ…僕に殺されに来たの?」

アイラ「虚無へと帰るのです…敗れし者よ。あなたの時代はすでに終っております…
    今のこの世界…全てがコリーア神のものなのです」

ヘルガイア「コリーアが神だって…?彼は世界を封じた人間だよ…
       この世界であるボクを…僕を管理しようとした人間!」

アイラ「敗れし者よ…残るのならば従いなさい…神の国を滅ぼす者…その者と戦うのです…」

ヘルガイア「神の国を滅ぼす者…?ネクストの事だね…ネクストは大宇宙の意志だよ…
       大宇宙の意志には誰も逆らえないよ
       節理…そう君たちはそれを節理と呼んでいるね…
       それにしても…人間て不思議だよね…
       みんな同じモノから出来ているのに…人間は人間として世界に存在するのに…
       王や…神…特別な存在になりたがる…
       そして…自然…宇宙…命さえも管理しようとする…
       王とは人間の考えた階級だし…神とは人間の考えたモノ…
       つまりは人間の領域以内…中心に置くべきは、神様じゃなくて世界でしょ?
       自然であり…宇宙であり…命じゃないの?」



140 :助けて!名無しさん!:2006/10/28(土) 14:11:06 ID:gWn6ciim
新ネバラン議論スレ↓

http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gsaloon/1161008017/




141 :助けて!名無しさん!:2006/11/01(水) 05:27:01 ID:8dMFIDRk
これは商売あがったりなスレですね
新作を望むならやめておいたほうがいいよ

142 :助けて!名無しさん!:2006/11/09(木) 23:10:20 ID:YsJVLnlC
購買意欲がそそられる俺みたいのも沸くぞ

143 :助けて!名無しさん!:2006/11/10(金) 09:28:10 ID:nhoOgt7Z
そうか・・すまない

144 :助けて!名無しさん!:2006/11/11(土) 01:38:09 ID:64iBUc7p
          ___|/| ! !├‐|-、l  /リ-‐=| ..:|   | ヾ  /゛''‐、.,
        ,.-'" ,,‐'"/ | ! ト.K_fィ}ソ/ '_f゙z}`|:. /  .|  ,,‐'":::::::,,‐'"ヽ
      .,.-i'",,‐'";;;;‐'"  .ト|.ト.l`  ̄ .ノ    ̄ .// .:. ,,.、''":::::,,‐'"゛ :::::::.ヽ
冥界最下層のこのスレにレスがあるとはな
気が向いたら更新するか

145 :助けて!名無しさん!:2006/11/11(土) 02:18:58 ID:lY3A+5lS
ネタを色々用意すれば、もっと活性化するんじゃないか?

146 :助けて!名無しさん!:2006/11/11(土) 02:27:15 ID:64iBUc7p
しばらく見ないうちにスレが増えたな
IFキャラスレ
http://game10.2ch.net/test/read.cgi/gamechara/1162967079/l50
スペクトラルシリーズのエロ小説5
http://sakura03.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1152627630/l50
探索してIFキャラが出たらageるスレ
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1162107315/l50


147 :助けて!名無しさん!:2006/11/25(土) 15:35:46 ID:+Sc2k3jp
愛裸の台詞が新手の宗教勧誘に見えた

148 :助けて!名無しさん!:2006/11/25(土) 16:06:23 ID:/deJOzX6
コリーア教勧誘しまくってるじゃねーか

149 :助けて!名無しさん!:2006/11/25(土) 17:41:06 ID:2Z7giKcG
削除依頼を考えてたけど
たまに人が来るな

ここにも貼っておこう

IF論議の絵茶の間
http://www.takamin.com/oekakichat/user/oekakichat3.php?userid=269548

お絵かき掲示板
http://pig.oekakist.com/6046/bbsnote.cgi




150 :魔王ジャドウ:2007/01/05(金) 01:34:38 ID:e1xf4nL3
ブレイジングインフィニティで俺が再登場するとは、部下の魔王軍が不在で
スノーと2人という所が気にくわねーが、まあ良いGOCNEXT以来一暴れするか
プラーナ姉上やマユラ、はゴルベリアス、ザラック、ルドーラと共にソウルズシリーズの最新作で
魔王軍としてつれてくればいい、まず、俺一人で、今のネバーランドの状況や、薔薇組など将来の敵を
偵察してみるか、どうやら、魔王軍墓rならず復活させるからな。覚えて俺。

151 :助けて!名無しさん!:2007/01/05(金) 08:12:15 ID:u1OkOoMZ
なんかageってる

メール欄にsageと入力してから書き込むんだ

152 :魔王ジャドウ:2007/01/05(金) 23:02:59 ID:e1xf4nL3
この俺が再登場てことは、そろそろ大魔王ジャネスの封印も解けるころだな
プラーナ姉上、そろそろザラック、ゴルベリアス、ルドーラ、ロゼについた裏切り者のバイあー度一族に
変えてマユラを5魔将軍に加えて魔王軍復活確実だな。この俺が薔薇組ごとき蛆虫養成学校に屈服すると思うかこうかいさせてやる。
ヒロ、ロゼ首を洗って待っておれ、フフフ。

153 :助けて!名無しさん!:2007/01/06(土) 01:00:50 ID:Vi77GAGd
>>151
ありがとう

154 :助けて!名無しさん!:2007/01/06(土) 01:01:32 ID:Vi77GAGd
間違えた
>>152
sageてくれてありがとね

155 :ゲノム:2007/01/06(土) 09:33:02 ID:XTdmWQqz

     ○  ○  ○
     ‖__‖__‖
    /       \
   │-=・=-∴-=・=-│
   /          \  ふふふ  私を呼び覚ますとはね
  ノ      ゝ     .\  
 /      ヽニフ     ゙:.、


156 :助けて!名無しさん!:2007/01/06(土) 09:44:50 ID:O6rO5i2w
この程度でもファックにとっちゃ立派な過去の遺産か。

157 :死神プラーナ:2007/01/06(土) 23:29:36 ID:Zmt7ffSZ
ジャドウ、GOCNEXTで同じ魔王軍で参戦したのに、あなただけずるいわ
私が魔王軍を率いてゲート・オブ・ヘルを振り回して参戦できるのはイツなの教えてください。
マユラも、魔王軍5魔将軍として参戦したいと言ってるわ。

158 :ゲノム:2007/01/07(日) 09:01:02 ID:ic9G2ZiZ

     ○  ○  ○
     ‖__‖__‖
    /       \     >>157
   │-=・=-∴-=・=-│     マユラなら需要もありますし可能性ありそうですね
   /          \    そのうちソウルズで適当なキャラで出演しますよ
  ノ      ゝ     .\   5魔将は諦めた方がいいでしょう
 /      ヽニフ     ゙:.、 過去キャラのバイアード13世は急死したようですし



177 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)