2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

質問があります。

1 :詠み人知らず:02/03/17 00:16
(上の句)卵だきじっとふくらむめんどりの

      下の句として適切なのは次のうちどれか。

       @さわれば指の皮膚に親しき
       A少し熱ある夜のここちかな
       Bすえる眼の深きするどさ
       Cうしろ姿をみんひともなし


実はこれ明日の面接で使うんですがさっぱりわかりません。(塾講師)
テストを模擬授業でやるらしく、答えと説明をやれといわれましたが
いったいどう説明すればいいのやら。

2 :青域仁:02/03/17 00:20
感嘆詞
ここは北国
春うららうら

3 :青長期:02/03/17 00:21
わはははは
笑ってしもうた
コケケッコウ!

#@〜C おもしろ〜〜

4 :青域仁:02/03/17 00:24
あわわわは
そんなことな〜んっっちっち
つまようじ

5 :青長期:02/03/17 00:31
>1
答えはB。理由は自分で考えにゃ、
人から聞いたんでは説明なぞでけんで。こじつけでも考えれ。

6 :青域仁:02/03/17 00:32
そやのお

7 :1:02/03/17 00:37
>>5
せめてヒントだけでも・・・・

理由は内容的なものにあるんですか?
それとも文法的なものにあるんですか?
あるいは短歌独特のルール?

8 :青域仁:02/03/17 00:40
いわゆるひとつ
ヒントです
初級革命口座なんだなぁ

9 :1:02/03/17 00:44
>>8
????ますますわかりません。


10 :青域仁:02/03/17 00:46
我を信じる
それが大ぢなん
わかってくら はい

11 :青長期:02/03/17 00:54
>>7
内容。卵を抱くめんどり=母親の心と姿。
@触る[私]の一方的感慨。なんで[親しい]? 作者は妊娠中か?(w
A熱があるかどうか、めんどりの[ここち]がどうか、わからんめ?
Bなんとしても我が子を守り産もうとする真剣で強い母の姿。
 近付くモノは敵や。
C詠い手が見とるやん(笑)

12 :1:02/03/17 01:02
>>11
わーいサンクス。神!!
ありがとうございます。
さて、10分で説明しろっていってたからあとはいかに引き伸ばすかだな。


13 :詠み人知らず:02/03/17 01:57
かば
ちゅーばっか
かもしかねん

14 :青長期:02/03/17 17:00
>>8 あおきさん、うぅ〜む…ほんまや・・ワイかばやった・・
革命は
一夜で成った
かもしれず…

#>1さん、ゴメンな、アンタにとって折角の決定的革命のチャーンスを
潰してしもた。いやぁ、とてーも一夜じゃムリやとおもたのねん、とりあえず
バイト口逃さん方が先やろ…と。つまりはアンタを見くびったワケや、ゴメン。
甘かった、
喰うことが先←これがアリの一穴やな、して革命は永遠に成らん…と。はぁ〜、
まだまだ駄目やーオレ、修行し直してきまっす>あおきさん


15 :1:02/03/17 21:07
革命というのは短歌の才能の開花ですか?

いやー今日はうまくいきましたよ。
ありがとうございます。

16 :たまんき:02/03/17 22:50
よかったよかった

17 :たまんき:02/03/17 22:52
>1さんにおめでとうの言葉

18 :月の誓い:02/03/17 23:26
帰ってから
おもしろいこと
やってるな

19 :たまんき:02/03/17 23:27
やめられず
はんせいしきり
合掌す

20 :1:02/03/18 00:01
春の風
終わって初めて
実感す

21 :青長期:02/03/18 17:41
>>15 1さん
#な〜にをおっしゃるウサギさん、君のカキコを見る限り、
そ〜んなことは何年経とうと起こりえない、残念ながら。

そげな枝葉の話じゃないのよ、革命いうのんは。
もっと本質的なことや、>>10 をよ〜く読め。字面じゃなく真意を。
つまるところ、自恃の拠って立つ根源、
釈尊の悟達の中味=「天上天下唯我独尊」、の話や。

君にとって貴重な「契機」になりえたかもしれん一夜やった…ちゅうこと。
人間トコトン追い詰められないと、眼にかかった厚いウロコは落ちん。
俺が余計なレスしたばっかりに、
君は自分自身と向き合うこともなく、これまで通り安易に身をかわし、
よって君の眼は、霞んだままで生温く春風の中・・・。

「汝自身を知れ」が遥かなるゴールだとすれば、まだまだ先は長いのぉ…
(オレモナー(w))

22 :月の誓い:02/03/18 19:49
長い文
書いても流暢
青長期(さん)

#Bすえる眼の深きするどさ
ところでこれの「眼」てどう読むんだろう?
「マナコ」かな?1さん何て読んだんかな?


23 :月の誓い:02/03/19 19:00
当人は解決したんだろうが気になってしょうがない。
>「正解はB」 >>11 を鵜呑みにしたけど合ってるのか?
そう思う理由。
>>22 に書いたんだが「眼」の読み方。
「マナコ」と読まんこともないが,
ふつうこう書いてあると「メ」と読む。
Bが正解→→だから「マナコ」と読む,じゃ本末転倒だ。
つまりこの問題は
「あなたは短歌が57577であることを知っていますか」
と暗に問うているんじゃ・・・
とすると,Bは字数が足りない時点でアウト,となるんだけど。
では正解は・・・とくになし。というかほかのどれでもヨイ。
ちがうかな。

24 :鼻神楽:02/03/19 19:50
正しい下の句

誰の種かと
思案とさかに



25 :くすりやさん:02/03/19 22:30
卵だきじっとふくらむ面取りの大根のそばのうずらまきかな

母の愛を詠ったものです。
うずらまきが大好きな子を思いながら、
夕飯のおでんをコトコト煮ています。

26 :おいなりさん:02/04/20 13:51
>25やーさんに座布団一枚

27 :マジレス希望:02/04/26 18:16
季語についての質問です。
次の名詞の季語がわかりません。
わかる方解説お願いします。

・海老ebi
・鰈karei

28 :27:02/04/26 18:27
×名詞の季語
○名詞の季節

29 :詠み人知らず:02/04/27 02:27
>>27-28

・海老→種類が色々あり、季節も違う。単に「海老」のみでは季語にならない。
   「新年」の季語=伊勢海老、車海老、飾り海老…
   「春」の季語 =さくら海老

 ・鰈→マコガレイ、イシガレイ、メイタガレイなどの種類があり、旬は夏だが、
    べつに夏の季語というわけではない。(ちなみに平目は冬の季語)
    
    春の句「干鰈 潮の匂いが 透き通り」 守屋光雅
    春の句「座布団の やうな鰈ぞ 春岬」高橋昭三
    冬の句「雪暗れや 皿にいちまい 鰈あり」小林一枝
  以上3句とも、季語として使われているわけではない。
  もしも「鰈の煮凝り」ならば、当然冬の句になるわけで、
  他の季語との取り合わせでどんな季節にも使うことが可能。

 (追伸)食物としての季節(旬)と、俳句に使われる季語とは、違う。
     どっちかハッキリさせてから、ネット検索を。

30 :薔薇の蕾:02/04/27 07:28
「季語」とは何か
一年を4つに分けて、それなりのテーマ(事象)を言語に収斂する事に他ならない。
愚かな行為だ。
簡便ではあるが
インタナショナリズムになるだろう21世紀に
国際的説得力がない、ことは自明の理といわなければならない
そんなもん、いらん

我々は
短句に凝縮して歌を詠むのであるが
その際
季語などという「なあなあ」の約束事は、やめてしまおうじゃないか、諸君
それがインターナショナルつーもんだぜ、おい

宣言します
あおきひとしは
以後
季語は
じぇったい使いません
固陋はイヤイヤ

暁に逝くんだ

31 :薔薇の蕾:02/04/27 07:33
GW(ゴールデン・ウイーク)
もういくつねると
夏休み

#ね、このほうがナウいって思いませんか

32 :薔薇の蕾:02/04/27 07:37
青長期
ひねもすのたり
屁のかっぱ

#季節はやはり、初夏でしょうなぁ

33 :青長期:02/05/18 03:09
>>32
なんなんだ!
どーせ俺は
季語無しや

#今見た! 誤解すなよ、>29は俺じゃないぞ。
はー、この間からの反感の原因はコレか? …けっ、革命口座が泣くな。

34 :青長期:02/05/18 19:39
(>33 末行の「けっ」は撤回します。昨夜は感情的になった、すまそ<(__)>
>>30
拘束と
しての季語なら
無意味だな  

#俺もそう思います。一方、>>31 の句は
若葉に気分も浮き立つGW、早くも初夏めく陽気に夏休みが待ち遠しくなった…
はじけるような夏への気配を感じさせる。これは「夏休み」だから精彩を放つ
わけで、もし「長休み」ならそうはいかない。
たった一語に背景を孕んでいる=夏休み=GW=季語、なわけでしょう。
規則や固陋は無意味だが、575には非常に便利なツール<季語
実際、みな無意識に使って効果をあげていることの方が多いと思われ。

35 :青長期:02/05/25 00:38
あおきさん
消えてしもたか
出張か

#ぶっ翔びカキコが見えんと、板がさびしー。

36 :詠み人知らず:02/05/29 09:45

http://www.linelabo.com/nam00b26.htm

37 :詠み人知らず:02/06/13 09:43
あの、質問です
最近、俳句だか短歌らしきものができました
こういうのは俳句か短歌、どちらのスレを探せばよいのでしょうか
あと、送り仮名とかもよくわかりません・・・

ばかづらの宵を唄うは饗宴か唄わされてる悲哀にか

午昼(ひる)荒れつ立ちて南に憶うは朽ちて玉座おんなを慕い

廃墟へさは無なれとも這いりたる善き交感に応えしために

38 :詠み人知らず:02/06/13 11:39
>>36
ブラクラじゃないよ、
2000年11月駒場シンポジウムでの、すが秀美の講演録。
(2001年2月「情況」掲載)

39 :詠み人知らず:02/09/15 00:03
プロ野球でよく言う「マジック」は、秋の記号でいいのでしょうか?

40 :おしえてくらさい:02/09/23 12:52
「水枕うれしくもあるか耳の下に氷のかけら音たてて游ぐ」の、
『耳の下に』の部分、どう読むんかわからんのです。知ってたら
おしえてほしい。気になる…。稲森宗太郎の歌でっす。

41 :afoki[:02/12/05 01:02
あS YおY LいKえ いT
すににやんなはれ

42 :山崎渉:03/01/13 00:05
(^^)

43 :山崎渉:03/01/21 14:22
(^^)

44 :詠み人知らず:03/03/10 03:15
ここに工藤伸一様が来られた事はありますか?

45 :詠み人知らず:03/03/10 22:06
短歌板に確か有りましたよ。

46 :詠み人知らず:03/03/10 22:08
スマソ。短歌スレ。↑

47 :山崎渉:03/03/13 11:34
(^^)

48 :詠み人知らず:03/03/14 02:15
質問があります。
短歌を作るのには俳句の季語とか
いらないんでしょうか。

49 :zzz:03/03/14 02:30
どうなんでしょうか。少なくともここでは気にしなくていいような・・・
俳句、短歌とか本気で取り組むのならともかく、季語とか気にせず
自分の思うことを人に上手に伝えられるようにすることが、先ず大事なような
気がします。

長文の マジレスを打つ 午前二時 自分も上手に できやしないのに。。。

50 :zzz:03/03/14 02:33
あ、季語しばりって言うのは俳句特有のような・・・違ってたら訂正お願い。

51 :詠み人知らず:03/03/14 02:53
48です、早い答え!
ありがとうございました。

52 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

53 :詠み人知らず:03/03/14 20:19
季語が要るかどうかなんて全くの愚問だ。季語が無くなれば
俳句も無くなっちまうだけだよ。無くなったほうがいいと俺は
思ってるけど。

54 :まにあ:03/03/14 20:44
短歌には季題季語などいらないよ心のままによみゃいいのさ。

55 :詠み人知らず:03/03/14 21:07
季語を無くせば俳句が無くなるって言ってんの!

56 :ぷう:03/03/14 21:15
思っているなら それでいい

57 :詠み人知らず:03/03/14 22:02
それでいいと言ってもらわなくてもいいんだけど…

58 :まにあ:03/03/14 22:05
俳句は写生季語がなくても俳句は俳句。

59 :詠み人知らず:03/03/14 22:14
何が無いと俳句じゃなくなるの?

60 :まにあ:03/03/14 22:23
難しいゐ。俳句にも川柳にも笑いがあるが、
川柳には切れ。俳句にはやはり写生かと想うのだが・・・

61 :山崎渉:03/04/17 23:43
  (^^)

62 :山崎渉:03/04/20 05:10
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

63 :山崎渉:03/05/22 01:16
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

64 :山崎渉:03/05/28 16:04
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

65 :詠み人知らず:03/06/10 18:29
小鳥来て 何やら楽し もの忘れ
            星野 立子

↑切れ字教えれ。

66 :詠み人知らず:03/06/10 18:38
>>65

切れ痔=肛門裂傷。

切れ字=「し」

67 :詠み人知らず:03/06/10 18:40
>>65

切れ字=「楽し」

68 :詠み人知らず:03/06/10 18:58
>>66-67
thx

69 :詠み人知らず:03/06/10 19:18
★おすすめ★オススメ★
http://endou.kir.jp/betu/linkvp2/linkvp.html
:・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*
・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

70 :詠み人知らず:03/07/01 23:07
初心者が安心して質問できるスレッド17
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/qa/1056717020/

2ちゃんねる初心者の方歓迎します。どんな初歩的な質問でもOKです。
どんどん質問待ってます。
※同時に回答者も募集中です。

71 :ぶっこわれちまった牢名主:03/07/01 23:20
赤ちゃんは 何処から生まれ くるですか?

72 :山崎 渉:03/07/12 16:37

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

73 :うらら:03/07/12 17:36
どうして山崎はあぼーんされないですか?      


74 :あゆぼん:03/07/12 17:46
山崎君 ボランティアかも 知れません にせメーテルの 板も消えたし…?


75 :あゆぼん:03/07/12 17:47
もしかして 荒らしがなってた?! ボランティア 「山崎渉」 試験(?)の間に

76 :詠み人知らず:03/07/12 18:36
>>71
隙間埋めたら 隙間から産め

77 :_:03/07/12 18:38
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/jaz09.html

78 :O塚:03/07/12 19:07
http://life.fam.cx/a005/

79 :詠み人知らず:03/07/13 19:22
細かいことは省略しますが芭蕉の印を描くための資料が必要です。
(そもそも芭蕉の印があるのか、その当時、印を押すなどしていたか
全く知りませんが)ない場合は自分で創作してつくります。そこで俳
句の印に用いられる書体で「芭蕉」はどのように書くのか知りたいの
です。参考になるサイト等があれば教えてください。

80 :山崎 渉:03/07/15 12:07

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

81 :詠み人知らず:03/07/17 10:14
age

82 :_:03/07/17 10:45
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

83 :詠み人知らず:03/07/17 10:48
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★  激安アダルトDVDショップ   ★
★    開店セール1枚500円!急げ! ★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
        激安でDVDをGET!
      http://www.get-dvd.com
   何と! 1枚 500円均一 セール中!

   インターネット初!「きたぐに割引」
  北海道・東北の皆様は送料も激安!!
      http://www.get-dvd.com
       ゲットDVDドットコム!
   
    今すぐアクセス  Let's go !!!!!!!


84 :詠み人知らず:03/07/17 10:49
>>79
落款でぐぐれば。

85 ::03/07/20 11:55
どうやってポトスは繁殖するのでしょう?

86 :詠み人知らず:03/07/21 12:02
ポトスに聞け。

87 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 04:04
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

88 :山崎 渉:03/08/15 20:54
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

89 :詠み人知らず:03/09/20 20:20
冬でもないのに冬の短歌を考えたんだですが、質問です。
北風が 過ぎる通りの 木が揺れる 擦るる葉の音は 寂し気に鳴く
ってのを作ったんですが、擦るる葉の音は 寂し気に鳴くって日本語変じゃないですかね?
俳句短歌板の皆さんの意見、お待ちしてますー。

90 :まにあ:03/09/20 21:10
葉が揺れて通り過ぎてく北風がさみしげに泣き擦れる葉の音も

#なんて変えてみたけど、自分で詠んだ歌が一番いいんじゃない。>>89sann.

91 :中3:03/11/13 23:27
質問です!
防人に
行くはたが背と
問う人を
見るがともしさ
物思いもせず

これ万葉集の防人の歌っていうので、明日までに使われてる技法を調べてこいと
言われたんですがわかんない。。教えてください!m(__)m

92 :中3:03/11/13 23:29
あ、技法って、体言止めとかそういう感じのやつです。
板違いじゃないですよね。。?

93 :中3:03/11/13 23:50
誰かレスくださいよぉ。。

94 ::詠み人知らず:03/11/22 03:34
>>89 擦るる葉の音は 寂し気に鳴くって日本語変じゃないですかね?

変かねえ?
いいとおもうけど

ただ うたそのものが うまいけど あまり感動しないね

それで変に感じているんじゃないかな

#じゃあ おまえよんでみろ なんていわれてもいやだね


95 :詠み人知らず:04/01/02 04:12
新しい言葉とかも、季語として成立するのでしょうか?
例えばスノータイヤとか。(新しくないかも。。。


96 :詠み人知らず:04/01/02 06:21

おまえ バカジャナイの?

97 :詠み人知らず:04/01/02 11:57
>>96
どちらかというと…(微笑

98 :詠み人知らず:04/02/04 19:58
>>95
スノータイヤが季語として・・?
これはいい質問だと想うけど、
現代用語を季語につかってもいいかと?
どなたか教えてください。


99 :詠み人知らず:04/02/04 20:17
>>95
季語とは歳時記に載ってる言葉のことです。

100 :まにあ:04/02/04 21:19
擦り減った
スノ〜タイヤで
スリップし…#擦れ違いだったかしらん?。

101 :あかね ◆wSdkSdy/To :04/02/04 21:40
雪融けて
スノ〜タイヤで
削る道     #今年は暖冬

102 :北斗:04/02/05 20:29
受験生
スノ〜タイヤで
滑り止め


103 :詠み人知らず:04/02/05 20:51
スノータイヤは歳時記に載ってるでしょ。

104 :詠み人知らず:04/02/06 21:55
タイヤなら
ラジアル履いて
四季通じ

105 :詠み人知らず:04/02/07 01:26
スノータイヤ ビキニになって はいポーズ

106 :詠み人知らず:04/02/07 01:29
常識を こえているのや 歳時記は

ゆきだって おれがあついと イや熱い

107 :zzz:04/02/07 01:43
言語野を つむぐ 言葉の城壁

108 :詠み人知らず:04/02/07 14:32
季語なんかなぜ要るのです虚子先生

109 :詠み人知らず:04/02/07 18:06
俳句の条件として、5,7,5の『調子』になっていること、
『季語』が入っていること、
「や」「けり」などのような『切れ字』を入れると良い、
・・・らしいですよね。虚子先生

110 :詠み人知らず:04/02/07 19:36
虚子先生の句にも切れ字あるよね。
「春風や 闘志いだきて 丘に立つ」ってね。

111 :詠み人知らず:04/02/07 19:53
>>110
切れ字が無い句もあるけど…

112 :詠み人知らず:04/02/12 22:44
切れ痔にて
おしりが熱く
やけりかな

113 :詠み人知らず:04/02/12 23:06
降る行けや
買わず飛び込む
水ノート

114 :詠み人知らず:04/05/08 20:22
短歌とか俳句の、一部を入力すれば全体及び作者が表示されるような
検索サイト・エンジンってあるんでしょうか?
短歌・逆引きとかでググってみてもピンとこず・・・。


115 :詠み人知らず:04/12/13 13:47:51
ガルマ死す
何で死んだの?
教えてよ

116 :詠み人知らず:04/12/13 15:30:03
バイアグラ
むりしたあまり
パンクした


117 :詠み人知らず:04/12/23 22:05:37
狂歌スレはどこですか

118 :詠み人知らず:04/12/23 22:32:28
ガルマはね 蜂に刺されて 死んだのさ

119 :詠み人知らず:04/12/30 15:23:31
ひきこもりスレがなくなっているんですが・・村民ともども神隠しですか?
誰かやばいことでも書いて削除になったのですか?

120 :詠み人知らず:04/12/30 17:38:03
遭難でしょうか。

ひきこ森としを越すのか越せぬのか

950は超えていたけれどクリスマスでスレ伸びていなかったので
安心していたのですが。倉庫にも無いようです。寂しい。。

121 :詠み人知らず:04/12/30 18:48:25

http://rock23.value-net.net/28/vci/ 最近、この子に萌え。


     まじヤバイ・・

                リリカぁ、俺とも頼む・・・



122 :あかね ◆wSdkSdy/To :04/12/30 23:02:29
>>120 あてどなくさまよう亡者ひきこ森 #何処・・・

123 :詠み人知らず:04/12/31 00:03:42
#季語は「ひきこもり…」いい板だったのにな

ぬるぽでも こぶ茶楽しむ 間合いあり

124 :詠み人知らず:05/01/15 22:06:44
案内人さん(削除人候補生)の募集案内

380 :2ちゃんねる ★ :04/12/31 01:54:26 ID:???
 復帰屋さんの代わりに、案内人さんの募集案内です。
■募集内容:案内人(削除人候補生)
■募集期間:この掲示後約2週間(1月16日(日) 24時まで)。
■募集方法:下記の項目について、guide@2ch.netへ、常に連絡の
      つく有料プロバイダメールアドレスから送付下さい。

☆ 連絡&報告 4 ☆
http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/saku/1097075720/380

125 :詠み人知らず:05/02/20 12:12:48
今度学校で杉田久女についてレポートを発表しなければならないので
品詞分解をしていただけないでしょうか?

花衣 ぬぐや纏わる 紐いろいろ



谺して 山ほととぎす ほしいまま

です。よろしくお願いします。。。すみません。

126 :詠み人知らず:05/02/20 12:43:55
ttp://www.01.246.ne.jp/~yo-fuse/bungaku/hisajo/hisajo.html

此処ぐぐんなはれ。>>125


127 :詠み人知らず:05/02/20 12:50:50
>>126サンクスです。

でも品詞分解がしたい...自分でしたのですが、どうも微妙で…。

128 :詠み人知らず:05/02/20 13:29:55
花衣 ぬぐ や 纏わる 紐 いろいろ


129 :詠み人知らず:05/02/20 13:45:03
>>125 あんた文学板にも質問してるでしょう。
品詞分解って随分難しい言葉だけど。

花衣 ぬぐやまつはる 紐いろいろ

花衣=象徴的季題=名詞
ぬぐやまつはる=経過=動詞
紐いろいろ=対象になった事実=形容詞…みたいな感じですか?



130 :詠み人知らず:05/02/20 13:55:33
>>128の振分けだと や は係助詞ですね。

131 :詠み人知らず:05/02/20 14:04:18
作者の脳内文法には係助詞と終助詞の区別はないよ。

132 :詠み人知らず:05/02/20 14:09:02
文法なんて 後付け説明で創作には不要のものだよ

133 :詠み人知らず:05/02/20 14:14:23
>>132
きみのそのレスも文法に則って作成されたテキストだよ。それを
おれは文法に則って解読したんだ。文法を共有してなければ
コミュニケーションは有り得ない。

134 :ヒグラシ山さっちゃん:05/02/20 15:07:47
>おれは文法に則って解読したんだ。

おまえはな、普通の人間は文法は、中学校で学ぶんだけど、そのまえにしゃべり
うたえるよ



135 :詠み人知らず:05/02/20 15:39:32
>>125さん
田辺聖子の「花衣 ぬぐやまつわる…わが愛の杉田久女」
という評伝をおすすめします。


136 :詠み人知らず:05/02/21 01:37:28
マルチしてすみません…。
わざわざありがとうございました。

137 :詠み人知らず:05/03/01 09:29:55
お笑い板から来ました。質問は、「大喜利」は俳諧のような座の文学となりえないかどうかについてです。

ひとりがお題を出して、それについて何人かがボケる大喜利がネットで流行しています。
たとえば

お題:矛盾
ボケ:電力発電

のような感じです。

文字だけのやりとりで、しかも短い文が感情を揺さぶる点で、文字の力を究極に発揮していると思うのです。
さらに、一つのお題に5〜20人が10分以内に2つボケて、最後に互選で順位を決定する、
句会のような形式でおこなったりもしています。(たとえばhttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/owarai/1109525528/
このようなジャンルが、私には「21世紀型の俳諧」のようにすら思えるのですが、発展する可能性はないでしょうか?

可能性がない理由、もしくは可能性があるならどういった道筋があるか、
お答えいただける方いらっしゃいましたらご回答お願いいたします。

138 :詠み人知らず:05/03/01 20:45:46
旧来からの俳諧を勉強してみたらどうですか。
俳句も川柳も此処から分かれたのですから。>>137

鼬(いたち)の声の棚もとの先 配刀 

箒木(ははきぎ)はまかぬに生(はえ)て茂るなり 芭蕉 

139 :詠み人知らず:05/03/03 12:10:45
作者は忘れましたけどゆずりはの短歌を誰かご存じじゃありませんか? 下の句が

ゆずりしあとにまた新しく

のやつです 詩・ポエムのとこでも質問したんですけどレスがなくて…

140 :137:05/03/04 10:08:56
>>138
ありがとうございました。

>>139
Googleで出たのは
「年ごとにゆづりゆづりて譲り葉の ゆずりしあとにまた新しく 河井酔名」
でした。正しい保証はありませんが調べる手がかりにしてください。

141 :詠み人知らず:2005/03/21(月) 09:24:42
福井県の古刹(失念)に譲り葉の大木があったのを思い出しました。
加齢するとともに順次、若い世代へ譲られてゆく、いつまでも既得権
にしがみつかないで若い人に夢をかける、こんなことが分からない人
が多いですな。正月に飾る譲り葉の意味が分からんのですな。


142 : :2005/03/21(月) 11:29:03


143 : :2005/03/21(月) 11:37:24
教えてください
今年の一月から三月のなかすぎの間に
朝日新聞に連載中の「折々のうた」のなかに
「稜線に・・・」か「稜線を・・・」で始まる歌が有ったらしいのですが
作者と歌の全部を知ってる方 教えてください
ひょっとしたら 新聞じゃないかもしれませんが
「稜線・・・」で始まる歌を教えてください
何しろ83歳の記憶なもんですから すみませんが


144 :345:2005/03/21(月) 23:17:32
「目をあげよ物思うなかれ秋ぞ立ついざ自らを新しくせよ」って誰の歌ですか?

145 :詠み人知らず:2005/03/22(火) 01:54:45
うたではありません スローガンです。

146 :詠み人知らず:2005/04/08(金) 11:50:42
この姫の、話題はどこでしたらいい?
http://www.morimuraseiichi.com/miyata/index.html

147 :かささぎ:2005/04/08(金) 23:50:07

おもざしはアガータに似るスルバランの乳房ささげし聖アガータに

148 :詠み人知らず:2005/04/10(日) 00:06:10
短歌って句読点入れてもいいんですか?後、字余りの処理はどうする?

149 :詠み人知らず:2005/04/10(日) 00:43:26
句読点をつけたほうが表現効果があがるのであればつけたらいいんじゃないでしょうか。
なぜ字余りの句や歌があるのかは、学校の先生に聞くかググッて調べてみましょう。
句や歌には、必ずしもてにをはを用いないですむケースが多いのです。
字余りになる品詞なら、同じもの、同じ意味を持つ字数の少ないもので代用してもいい場合もあります。
辞書を傍らに置いて歌や句を作れば、おのづから様々な語彙を身につけることができるでしょう。
語彙が豊かになることは、自分の気持ちをより豊かに、自在に伝える上でも極めて有益です。
個人的には、なぜ交通安全標語は字余りばかりなのかが気になります。

150 :詠み人知らず:2005/04/10(日) 03:02:28
短歌は一行棒書き(句読点、一字空けなし)にて、一切の余剰を消し去って提示するのが鉄則。
字余り字足らずは、拙さ、あるいは小賢しさゆえに、黄金律の恩寵を自ら放棄するものであり、一切認められない。
つまり評価の対象とはならない。

151 :詠み人知らず:2005/04/10(日) 03:10:43
>短歌は一行棒書き(句読点、一字空けなし)にて、一切の余剰を消し去って提示するのが鉄則。
>黄金律の恩寵を自ら放棄するものであり、一切認められない。
>つまり評価の対象とはならない。

では、色紙の散らし書き、短冊の二行書きは評価にならないと仰る訳ですね。
そんなカビの生えた考えはクソ喰らえだと思います。

_ゝ`)プッ

152 :詠み人知らず:2005/04/10(日) 09:19:28
通夜の夜は、またく明けたり。はたらきて悲しみ耐へむ。庭掃かむ 友よ 穂積 忠

153 :詠み人知らず:2005/04/10(日) 22:14:42
上二つのご意見ありがとうごさいます。
あの後図書館行って調べてみたら、句読点は原則として入れないんですって。

154 :詠み人知らず:2005/04/10(日) 23:49:09
原則は確かにそうです。しかし絶対句読点をつけちゃいけないとは書いてなかったと思います。
句読点をつけることによって、最早短歌の体にならないのであれば、用いることに慎重になるでしょうが、実際はそれほどではない。
短歌も忌詞を否定したり、枕詞の制約をなくしてきたりて表現の可能性を広げてきたように、
句読点をつけることによって表現の幅が拡がるなら、試みても何ら問題がない訳です。

155 :詠み人知らず:2005/04/11(月) 00:38:00
「原則」って何だよ。ばかばかしい。

156 :詠み人知らず:2005/04/12(火) 15:32:28
>>153 自分も使えるものは何でも使っていいという考えですが、ただ声に出してよまれたときには句読点や一字開け、分ち書き等の効果は無効になるということは頭に入れておいてください。

157 :詠み人知らず:2005/04/12(火) 23:18:05
>自分も使えるものは何でも使っていいという考えですが、ただ声に出してよまれたときには句読点や一字開け、分ち書き等の効果は無効になるということは頭に入れておいてください。

31文字を一気に息継ぎなしに読むというんですね、あなたは。
愚かしい。


158 :詠み人知らず:2005/04/13(水) 06:15:05
>>157
ひと息に読むということはさほど困難でも愚かしくもないと思いますが、まあ句読点その他の有無にかかわらず息継ぎはします。


159 :詠み:2005/04/14(木) 22:26:57
>ひと息に読むということはさほど困難でも愚かしくもないと思いますが
片意地を張って一息に読んで何が楽しいんでしょうか?聞き手のことも考えるべきでしょう。
では、あなたが文章を作成する時、どういう目的で句読点をつけるのですか?
翻って、現在の10代、20代(いや30代、40台でも)いきなり短歌を突きつけられて、すらすら読み上げられる人は何割くらいだと思いますか?
とにかくすらすら読めない。ならば詠み手としては、工夫して、本来のリズム、語感を感じ取ってもらえるように工夫するのが筋ではありませんか?
この板でも、五七五ないし五七五七七を改行して載せている俳句、短歌がいかに多いことか。
これは誰が定めたというのではなく、生まれてきたものでしょう。
そもそも、
>短歌は一行棒書き(句読点、一字空けなし)にて、一切の余剰を消し去って提示するのが鉄則。
>字余り字足らずは、拙さ、あるいは小賢しさゆえに、黄金律の恩寵を自ら放棄するものであり、一切認められない。
>つまり評価の対象とはならない。
という作法は、一体いつ、誰が定めたのですか?
句読点をつける、つけないに関わらず、評価するのは一体誰だとお思いか?
権威ある大先生ですか?どうですか?


160 :詠み人知らず:2005/04/14(木) 22:56:49
150氏は、会津八一の歌を「評価の対象とならない」といはるる由。
いかなる御方にてやまします。
けだし名のある大宗匠なるべし。


161 :詠み人知らず:2005/04/16(土) 02:27:07
ほんとごめんなさい…

花あわれ せめては あと二旬 ついの開花をゆるし給え

この歌の「あと二旬」の読みかたを教えてください。
今度外国人に説明しないといけないんですが、困ってます。
よろしくお願いします。


162 :詠み人知らず:2005/04/16(土) 18:18:01

たびたびすみません。どなたか教えていただけないでしょうか…?

花あわれ せめては あと二旬 ついの開花をゆるし給え

この歌の「あと二旬」の読みかたを教えてください。
今度外国人に説明しないといけないんですが、困ってます。
辞書を調べて、通常「にじゅん」と読むことまでは
解かったんです。でもそうすると、全く5・7・5じゃ無くなるので、他の読み方があるのだろうかと…
意味の解釈を見たら、「あと2週間だけ最後に花を開かせてください」となっており、
「せめては あ - と にしゅうかん」と読めば(かなり変ですが)、ちょうど5・7・5になるので、
そのような読み方が可能かどうか知りたかったのです。
外国人に紹介する予定の短歌なので、5・7・5と、基本の形を持っているものの方が都合がいいのです。

よろしくお願い致します


163 :詠み人知らず:2005/04/16(土) 18:45:02
やっぱ釣りだったのか orz

164 :詠み人知らず:2005/04/16(土) 19:19:51
>>163
え?…釣りではないつもりなんですが…。
短歌についてほとんど知識がないので、知っている方がいればと思って書き込んだだけです。


165 :詠み人知らず:2005/04/16(土) 20:17:32
そもそも、外国人に短歌を紹介するのに、
何故こんなヘンテコな(としか思えない)作品を選ぶのか、考えること小一時間。
もっと他に内容もリズムも美しい作品がいくらでもあろうものを。

166 :詠み人知らず:2005/04/16(土) 20:21:11
ググッってみたところ、これは昭和59年、福岡の銀行員さんが、
道路拡幅工事で伐採される桜を惜しんだ歌で、
木の幹に上述の歌を市長宛にくくりつけておいたところ、
しばらくして香瑞麻なる人が
桜花惜しむ 大和心のうるわしや とわに匂わん 花の心は
という名で返歌を木に下げていた。
実は返歌の主は当時の市長で、急遽設計変更が行われ、桜は伐採から守られたということらしい。
歌を詠んだ本人に聞かなければ結局のところはっきりしたことはわからないけれど、
少なくとも、
花あわれ(5) せめては(4) あと二旬(5) ついの開花を(7) ゆるし給え(6)
で、五七五七七にこだわって作ったものではないし、
市長の歌(桜花惜しむ=はなおしむ)も、手馴れた歌ではない。
元来31文字でうたってないものを無理に音を延ばしても、
かえって言葉に発した時のリズムを損います。
花が哀れなので、せめてあと20日、最後の開花を許してください、という切実な気持ちを
慣れぬ歌ながらも訴えたら、市長の心を打った、それでいいでしょう。
>外国人に紹介する予定の短歌なので、5・7・5と、基本の形を持っているものの方が都合がいいのです。
類似の歌として「大鏡」の
勅なれば いともかしこし うぐひすの 宿はと問はゞ いかゞこたへむ
を示したらどうでしょう。


167 :詠み人知らず:2005/04/16(土) 23:43:59
やっぱ釣りだったかも?

168 :詠み人知らず:2005/04/17(日) 03:01:55
>>166
ありがとうございました!
たいへん参考になりました。
>>165
正確に言うと、この短歌自体を紹介するというよりは、166さんの書いたエピソードを解説する上で
短歌とはどういうものか、を説明せざるを得なくなったので、詳しい方にお聞きしたかったのです。

お手数をおかけしました。ありがとうございました。


169 :詠み人知らず:2005/05/02(月) 22:45:11
句会のスレがないようですが、皆さんは所属していたりしていますか?

また、都内在住なのですが、そういう情報のサイトなどがありましたら教えてください。

170 :詠み人知らず:2005/05/02(月) 23:20:57
>>169
句会ならここが最強
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/tanka/1108696711/

171 :詠み人知らず:2005/05/03(火) 02:35:52
ボケは消えろ。ボケェw


172 :詠み人知らず:2005/05/03(火) 16:49:05
本当に知りたいのでお願いします。

173 :初心者:2005/05/04(水) 02:03:57
恋に焦がれて鳴く蝉よりも 鳴かぬ蛍が身を焦がす

これすっごく好きなんですけど、誰の作なんですか?
やさしい詠み人の方、教えてください。

174 :詠み人知らず:2005/05/04(水) 07:56:00
>>173 江戸期の小唄(都都逸)

ttp://www.mitene.or.jp/~nishio/dodoitutotannka.htm

175 :詠み人知らず:2005/05/04(水) 15:50:55
>>172
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/tanka/1108696711/

176 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 18:23:24
外にも出よ触るるばかりに春の月 中村ていじょ

上の歌、いでよ でしょうか  でよ  でしょうか?
字余りにならないのは 出よ、ですが昔の言葉なら いでよ のきもします。

えろイ人お願い。

177 :詠み人知らず:2005/09/11(日) 21:59:15
これは あきらかに出よ=でよ です。
そとでまっているオトコが女に出て来いといっているのですから


178 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 23:01:11
これは あきらかに出よ=だせよ です。
なかでだしたがっているオトコに女が外に出せよといっているのですから

179 :詠み人知らず:2005/09/11(日) 23:47:56
これは あきらかに出よ=でよ です。
女のアレがそとにでよ 触りたい春の月と あせっているオトコが女にいっているのですから

180 :詠み人知らず :2005/09/12(月) 12:25:34
これは あきらかに出よ=でよ です 親しみがあり自然にでてきます。

出よ=いでよ ではすこしえらそうに響きます。 なにか命令調です。

181 :詠み人知らず:2005/11/17(木) 22:37:48
「ウルトラマリン」って言葉を使った俳句ないし短歌があった気がするんだが
思い出せないし、ぐぐっても見つからない。

ご存じの方、教えてください。

182 :詠み人知らず:2005/12/18(日) 13:40:26
短歌はどうして季語が必要ないんですか?

183 :詠み人知らず:2005/12/18(日) 19:12:09
権威のある回答はできないけど
「古事記」の須佐の男の命八俣の大蛇退治の条に

や雲立つ出雲八重垣妻隠みに八重垣作るその八重垣を

という短歌があり、民謡由来のごく古いものと見ることができます。
季節の無い短歌はその後ずっと作り続けられています。
私は短歌を専門に研究したわけではなく、ただの物知りです。
こんなお答えでがっかりさせてしまったとしたらごめんなさい。


184 :183:2005/12/19(月) 20:25:33
 
俳句にはなぜ季語があるのか、
季語によって喚び起こされるイメージを補強しているものが
あるからだと思います。
無季の俳句もありますね。

広島や卵食ふ時口ひらく  西東三鬼

「広島」のイメージが強烈ですね。この訴える力の強さが俳句には
必要だ、ということなのでしょう。
短歌はその点がもっと自由でデリケートなのでしょうか。
この違いがなぜ生じたか、を言わないと説明にならないんですね。
どなたか助けていただけませんか。私にはこのあたりが関の山です。


185 :詠み人知らず:2005/12/20(火) 14:25:04
>>182
短歌と俳句は起源が違うからね。これが答え。

186 :詠み人知らず:2005/12/20(火) 15:00:50
>>182
短歌も俳句も必要ない

187 :詠み人知らず:2005/12/20(火) 21:12:05
お前も必要ない

188 :詠み人知らず:2005/12/21(水) 14:22:44
私は素人なのですが、ご質問があって参りました。
有名どころの俳人が詠んでいる冬の俳句を一つ二つ教えて欲しいのですが、よろしいでしょうか?
出来れば解釈もつけていただけると、大変有り難いです。


189 :詠み人知らず:2005/12/22(木) 02:22:51
忘れろ!

190 :詠み人知らず:2005/12/24(土) 16:40:20
PROFILE HIM/HER

191 :詠み人知らず:2006/01/10(火) 00:38:19
カラン卿の短歌魔宮についてのスレありませんか?


192 :詠み人知らず:2006/01/10(火) 11:43:12
>>191
無い。欲しければ自分で立てろ。

193 :詠み人知らず:2006/01/10(火) 12:10:46
どうもです

この板でいいんでしょうか?

194 :詠み人知らず:2006/01/11(水) 00:07:00
質問なのですが、斉藤茂吉(赤光)
灰のなかに 母をひろへり 朝日子の のぼるがなかに 母をひろへり
この短歌の解釈ってどんなかんじでしょうか?




195 :詠み人知らず:2006/01/11(水) 00:35:16
焼かれた灰からかぁちゃんの骨を拾い、朝日の中にのぼっていった煙の方に面影を拾うってことぢゃん?

196 :詠み人知らず:2006/01/11(水) 12:01:41
>>194
朝日子=朝日

>>195
日本語の不自由な人は答えないでください。

197 :詠み人知らず:2006/01/11(水) 15:54:19
>>196 いや、195の解釈は悪くない。
「のぼって」に朝日と煙の両方がかかっているかもしれないじゃないか。
しかし「拾う」が骨ではなく面影を拾っているものとしても、
私としては煙よりも太陽の方に母親の面影を重ねているものとしたい。

198 :詠み人知らず:2006/03/22(水) 13:31:25
友人に短歌を送ろうと思っています。
だけど、自分のではなくて、有名な昔の短歌を贈ろうと思っています。
こういうときは、歌の脇には誰の名前を書いたらいいのでしょうか。
ちなみにはがきに書いて送ろうと思っています。

199 :詠み人知らず:2006/03/22(水) 15:04:16
◇◇のうたを
○○かく

というぐあいでどうよ?書道の仮名のお手本で見たことあるよ。


200 :詠み人知らず:2006/03/22(水) 15:58:46
ありがとうございます。
言われてみればそうですね。
自分の名前を書くか、その歌の作者を書くべきかで悩んでいたのですが・・・
なんだかすっきりしました。

201 :詠み人知らず:2006/04/16(日) 02:08:31
浮気して
女妊娠
彼焦り

自業自得と
冷めるこころよ

202 :詠み人知らず:2006/04/17(月) 02:46:34
下手くそな短歌を詠んでは泣きたくなっている超初心者です。
上達の道はどこにあるのでしょうか。
とにかく量産するのがいいのか、添削指導を受けるべきなのか(先生はどこで探すものでしょう?)
好きな歌集を熟読するのか、入門書をたくさん読むべきなのか。
王道はないのでしょうが、初心者のために「とりあえずここから始めれば?」的なアドバイスを
よろしくお願いいたします!

203 :詠み人知らず:2006/04/20(木) 15:18:35
>>202
添削指導を受ける以外に短歌上達の道はない。

204 :詠み人知らず:2006/04/20(木) 21:20:20
>>202

なんでもいいんですよ
いいものをよみ、感動するものをみつけ、自分を表現する。



205 :詠み人知らず:2006/04/20(木) 21:42:30
>>202
自分の歌が下手くそと分かるようなら見込みがある。
あとは、自分でいいと思える歌を作るだけ。

206 :詠み人知らず:2006/04/20(木) 22:20:29
伝統文化だから師匠に就いて精進しなければ会得できない。

207 ::2006/04/30(日) 06:40:20
私は誰に習ったこともありません。
沢山の良いなと思う句や辞書を読むと
語彙が増えて技術的には向上すると思います。

でも、最後は季節や感情や社会の動きを感じて叙述出来る
感性と無粋にならない魂が重要だと思います。

208 :詠み人知らず:2006/04/30(日) 07:52:40
朧さんHPは持ってるの?持ってたら教えて。2ちゃんでだけ"発表"しても
つまらんでしょ。

209 ::2006/04/30(日) 08:20:36
>>208ホームページは短編小説を書いたのと工芸のがありますが、俳句のはないです。
それと2chに書き込むのがツマラナイと言う発想が分かりません。
ただ2chはストリートファイトなので、何かしらの形で能力を換金か社会還元できると良いですね。
趣味人の殆んどが思う感情でしょうけど。

210 :詠み人知らず:2006/05/06(土) 14:45:27
能力が
聞いて呆れる
犬の糞


211 :詠み人知らず:2006/05/27(土) 03:11:25
ここを質問スレだと解釈して質問させて頂きます。

振り返るまじ で終わる有名な短歌ってありますか?

212 :詠み人知らず:2006/05/27(土) 03:38:26
Bすえる眼の深きするどさ

が正解です。

産声を
聴くまで命
燃やすかな

213 :詠み人知らず:2006/05/27(土) 07:38:07
>211
「顧みはせず」ならある。

       ***冷やかしだから気にしないでください。

214 :213:2006/05/27(土) 17:32:02
ごめん!
「顧みはせじ」だった。

215 :詠み人知らず:2006/08/19(土) 15:36:25
短歌じゃないかもしれないのですが
「あきらかにきよくただしくさくゆりのはな・・・」っていう句を
ご存知の方いらっしゃいませんか?
作者もわからないのでぜひ教えてください。
よろしくおねがいします。


216 :詠み人知らず:2006/08/20(日) 05:01:08
女子の学校の校歌みたいなかんじだね
「ゆりのはな」でキリスト教的な雰囲気


217 :詠み人知らず:2006/08/27(日) 23:19:59
釣られて来たばかりです。
初歩的な質問ですみません。

しょ 又は しょう
等は何文字と数えたらよいのですか?
言葉のリズム感からすれば、
しょ→一文字
しょう→一文字
の様に感じるのですが?



218 :詠み人知らず:2006/08/28(月) 00:02:09
はい。
しょ→一音
しょう→一音
でいいです。

219 :詠み人知らず:2006/08/28(月) 00:04:24
>>218 ありがとうございました。


220 :詠み人知らず:2006/08/30(水) 01:57:04
>>215
あきらかに きよくただしく さくゆりの はな○○○○○ ○○○○○○○
○○○○○ ○○○○○○○ あきらかに きよくただしく さくゆりのはな

2つググってみたけどわかりませんでした。
シロウト検索なので他に引く方法があるかもしれません。

221 :詠み人知らず:2006/11/08(水) 22:21:45
次の質問どうぞ


222 :詠み人知らず:2007/01/06(土) 19:34:20
大友雄二の有名な短歌何でしたっけ?

223 ::2007/01/08(月) 09:48:04
すみません。「めざせ8000首数字をおりこむ」?とかいうスレ、携帯から1000取った後、
次スレを立てねばと、ネカフェにきたんですが、もう、落ちたんでしょうか。。
もし、立てられる方いたら、お願いします。見当たりません。。うろ覚えですみません。

224 :詠み人知らず:2007/01/08(月) 12:00:25
>>223

気にすることはないですよ
だれかがたててくれますよ
たたなければ、そろそろ寿命なのでしょう 


46 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)