2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

第3回 【投句】2ch de 句会【選評】

1 :詠み人知らず:05/01/21 18:25:16
俳句初心者の基本中の基本
☆五七五で詠む
できるだけ字足らず、字余りはしない

☆季語は句中に一つまで
複数季語がある句を季重なりという

☆切れ字の「や」「かな」「けり」は、句中に複数あってはいけない
感動の対象がぶれる。

真面目志向なんで、おふざけを乱暴に投句されても困ります。
ではよろしくです。

前スレ一覧
【投稿】2ch de 句会【選評】
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/tanka/1092037062/
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/tanka/1102220636/l50



2 :詠み人知らず:05/01/21 18:39:00
俳人が馬鹿な理由
1、馬鹿が俳句をやる
2、俳句をやってると馬鹿になる
3、年寄りなのでボケてる

3 :俳諧老人:05/01/21 18:41:21
スレ立てどまら立たぬ身や初大師

4 :詠み人知らず:05/01/21 19:17:42
まりしてんそびえるかたはどなたです


5 :詠み人知らず:05/01/21 19:25:13
7騎とは
 義朝、義平、(朝長)、頼朝、鎌田正清、佐度式部太夫重成、平賀四郎義宣
かな

6 :詠み人知らず:05/01/21 19:36:19
>>1


>>2
氏ね

【投稿】2ch de 句会【選評】
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/tanka/1092037062/
第2回 【投句】2ch de 句会【選評】
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/tanka/1102220636/l50


7 :詠み人知らず:05/01/21 19:43:09
>>6
俳人は
年寄りだから
先に氏ぬ

8 :東山伝京:05/01/21 20:06:13
先人の教え無くして我あらず

9 :詠み人知らず:05/01/21 20:24:47
先人の教えがあれな我あらず

10 :詠み人知らず:05/01/21 21:05:27
老い耄れて
はや廃人と
なりにけり

11 :にょろり:05/01/21 22:19:48
>>8
殊勝な心がけやな。さっちゃんも見習ったらええのになw

12 :詠み人知らず:05/01/21 22:24:06
また出たかにょろり伝京一人芝居

13 :詠み人知らず :05/01/22 01:29:22
しんぞうのとまりしこともいくたびか

#心臓麻痺きをつけませう


14 :詠み人知らず:05/01/22 01:35:22
我が教え無くして人に未来なし

15 :詠み人知らず:05/01/22 01:48:10
衆生すくうのたまうきみはだれなるか

16 :無名氏:05/01/22 02:46:46
スレの流れに興をおぼへて、酔いにまかせて作れる一句
世間仮故 是生滅法 雪月花
いびつながら 上求菩提の 雪だるま


17 :無名氏:05/01/22 02:56:42
あ、×仮故 ○虚仮

18 :詠み人知らず:05/01/22 09:36:55
アホが立てアホが句を書くアホのスレ批評するヤツ真打のアホ

19 :詠み人知らず:05/01/22 09:50:34

アホといい云いつつ見たいアホな奴  >>18

20 :詠み人知らず:05/01/22 10:49:06
>>19
うまい!!

21 :詠み人知らず:05/01/22 10:52:23
つまらん句どうあがいてもつまらん句

22 :詠み人知らず:05/01/22 10:55:07
>>21
負け惜しみどうあがいても負け惜しみ

23 :詠み人知らず:05/01/22 11:03:06
つまらんとあきらめかなしへぼはいく


24 :詠み人知らず:05/01/22 11:05:18
あのよではばんづきいちおれのくは

#いきかへった

25 :詠み人知らず:05/01/22 11:06:49
↑ アホ まだ舌がまわらんな

あのよではばんづけいちだおれのくは

#リハビリしてね

26 :詠み人知らず:05/01/22 11:07:46
>>24
「番付(ばんづけ)」だろ。もういっぺん死ね。

27 :詠み人知らず:05/01/22 11:10:02
あの世では芭蕉蕪村が両横綱

28 :東山伝京:05/01/22 11:14:26
何度でも死んで見せます2チャンネル

29 :詠み人知らず:05/01/22 11:16:37
>>16
壁ぎわにじっとひに映ゆ雪だるま

30 :詠み人知らず:05/01/22 11:19:21
廃人は句作て句作てもういやだ

31 :詠み人知らず:05/01/22 11:20:13
しんでやるはんせいのないバカ連中

32 :詠み人知らず:05/01/22 11:21:44
>>30
うまい!!
>>31
はよしね

33 :詠み人知らず:05/01/22 11:22:17
はいせいと芭蕉蕪村におだてられ

#ぼけもたのしや?


34 :詠み人知らず:05/01/22 11:23:36
>>30
添削しました
くさくってくさくっていや!廃人は

35 :詠み人知らず:05/01/22 11:24:44
はよしねとよめとはいじんにんぴにん


36 :詠み人知らず:05/01/22 11:25:08
このスレの賑わい見ればなんのかの言ってもみんな俳句好きだね

37 :東山伝京:05/01/22 11:25:24
句作ても味わい深きくさやかな

38 :詠み人知らず:05/01/22 11:26:08
わがいさんくれてやるぞえはいじんに


39 :詠み人知らず:05/01/22 11:27:15
ださくでもほめてつかわすぼけのひと


40 :東山伝京:05/01/22 11:31:16
借財も遺産のうちと嘯いて

41 :詠み人知らず:05/01/22 11:32:41
くさくってださくってもうさいてーだ

42 :詠み人知らず:05/01/22 11:34:04
珍しくみんななかよくボケまくり

43 :東山伝京:05/01/22 11:36:01
ボケまくり みんなでやればボケ防止

44 :詠み人知らず:05/01/22 13:12:09
駄句暴言枯木も山の賑わいか

45 :詠み人知らず:05/01/22 13:32:58
真面目志向なんで、おふざけを乱暴に投句されても困ります。
ではよろしくです。

46 :詠み人知らず:05/01/22 13:47:08
「おいおまえマジメシコーて知ってるか」「自慢じゃないがまだ喰ってない」

47 :詠み人知らず:05/01/22 14:24:37
おふざけでできちゃったのは句も同じ

48 :詠み人知らず:05/01/22 14:30:00
日向水さぞ美味かろうホームレス

49 :詠み人知らず:05/01/22 14:35:22
ちょっちゅねー、真面目思考は知らんけど、具志堅用高ならオレのこと。


50 :詠み人知らず:05/01/22 14:37:07
俳句初心者の基本中の基本
☆五七五で詠む
できるだけ字足らず、字余りはしない



51 :詠み人知らず:05/01/22 14:42:07
なんか駄スレになってきたな
2chの一流歌人はさって、三流以下のドシロウトだけになった。


52 :詠み人知らず:05/01/22 14:45:20
2chの一流歌人とはだれのこと?
一流歌人
 さっちゃん、まにあさん、あかね、ねむ、漂太、。。。

2流歌人
 。。。。。。?




53 :詠み人知らず:05/01/22 14:47:55
一流歌人

クロレラ ◆GMchlORelA 、ZZZ、くすりやさん。。。

2流歌人
 ばかにゅーす、13の君。。。。。。?

 

54 :詠み人知らず:05/01/22 14:48:01
痴呆にも春の便りか惚け芽吹く

55 :詠み人知らず:05/01/22 14:52:07
3流歌人

東山伝京(にょろり)

56 :詠み人知らず:05/01/22 14:55:46
自切俳人

北山修(戦争を知らない大人)

57 :詠み人知らず:05/01/22 15:20:43
↑ ?
2ch 廃人なの?


58 :詠み人知らず:05/01/22 15:21:44
一流のおれがぬけてるぞ1!


59 :詠み人知らず:05/01/22 16:25:47
秀家は宇喜多 通称ウッキーね
秀吉は豊臣 でもねウッキーね

60 :左耳 ◆SRzRzky70Y :05/01/22 17:50:48
春を待つ 負け犬の群れ 走り出す

61 :詠み人知らず:05/01/22 17:51:27
↑ 5流派偉人

62 :61:05/01/22 17:57:27
>>60 
ごめん急に前に飛び出して

一流歌人

左耳 ◆SRzRzky70Y


63 :詠み人知らず:05/01/22 18:03:50
八百長だ!
おれが一流だNO.1だ!
跪け


64 :左耳 ◆SRzRzky70Y :05/01/22 18:44:15
海鼠切り 鬱屈の塊 酢にひたす

65 :左耳 ◆SRzRzky70Y :05/01/22 18:45:51
>>61 62

お気になさらないでください。
私は私流でしかないのです。

66 :詠み人知らず:05/01/22 19:05:36
降る雪や昭和は遠くなりにけり

67 :詠み人知らず:05/01/22 19:24:43

意味不明

68 :違和介 ◆dEt/92iCig :05/01/22 19:26:51
アイロンの湯気にも春の近さかな

69 :詠み人知らず:05/01/22 19:36:50
大寒やちぢこまりたるたまぶくろ

70 :詠み人知らず:05/01/22 19:38:31
つまらん句どうあがいてもつまらん句

71 :詠み人知らず:05/01/22 19:45:42
>>70
おまえの句が一番つまらん

72 :詠み人知らず:05/01/22 19:48:18
つまらん句とは下痢の句で くだらん句とは便秘の句

73 :詠み人知らず:05/01/22 19:50:11
>>72
おまえはつまらんしくだらん

74 :詠み人知らず:05/01/22 21:04:33
みんなは酔う逝け


75 :詠み人知らず:05/01/22 21:12:09
駄句自慢2ch句会はこうでなきゃ

76 :詠み人知らず:05/01/22 21:19:36
やっぱ2chの3流下人の句会だねええ


77 :漂太:05/01/22 21:50:46
調子付き我流の早瀬川流れ

78 :詠み人知らず:05/01/22 21:59:52
水退いたあとに河童のドザエモン

79 :詠み人知らず:05/01/22 22:45:24
雪なかに
人間の屑
埋もれつつ

80 :にょろり:05/01/22 22:45:41
棟梁はノミと槌とで餅を割り

#ついでにカンナでカビをとり

81 :さっちゃー:05/01/22 23:05:27
祈りし手すなはち寒く解かれけり

82 :さっちゃー:05/01/22 23:09:01
諦めるため霜柱つよく踏む

83 :にょろり:05/01/22 23:10:28
↑うんまい!1月の大賞ですな。

84 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/01/22 23:11:54
雪の尾根ヘリが旋回3千万

85 :詠み人知らず:05/01/22 23:29:39
駄句駄句駄句汗のごとくに流れ出る

86 :詠み人知らず:05/01/22 23:36:07
>>83
あほか

87 :詠み人知らず:05/01/22 23:57:09
駄句駄句と駄句も創れぬ馬鹿の声

88 :詠み人知らず:05/01/23 00:00:09
仲間には入れてもらえずアホ一人

89 :詠み人知らず:05/01/23 00:09:54
ばかだとてそれなりどりょくばかにすな


90 :詠み人知らず:05/01/23 00:26:26
努力とて馬鹿のすることしれたもの

91 :詠み人知らず:05/01/23 00:37:19
>>89
馬鹿は馬鹿いつまでたっても馬鹿は馬鹿

92 :詠み人知らず:05/01/23 00:44:06
冬の石蹴りて四十路の歩を速む

93 :無名氏:05/01/23 00:49:43
こんばんは、句を書くアホ+真打のアホです(笑
バカといわれると多少落ちこみますが、アホといわれると、なぜか素直に受け入れられるのが不思議です。
>海鼠切り 鬱屈の塊 酢にひたす
ナマコはコリコリしてますね。ナマコ本体のグロテスクさもあって、
あの固さは複雑な触感です。「鬱屈の塊」という捉え方が面白いです。
>アイロンの湯気にも春の近さかな
アイロンの湯気にも、ほのかな、どこか柔らかく懐かしい匂いがありますが、
湯気も気温、湿度でたちのぼりかたが違いますね。湯気に確かな春の近さを感じ取った一句。
さりげない日常の観察の手堅さ。
>棟梁はノミと槌とで餅(を)割り
固くなって、包丁でも容易に刃がたたない鏡餅を、大工の棟梁が鑿と槌とで力強く小気味よく割ってゆく。
鳥追いの、まな板をたたく包丁の音にはのどかさを感じますが、
この鏡餅を割る音の大きさには、正月明けの明るさを感じます。
>諦めるため霜柱つよく踏む
霜柱を踏むと、サクッとして、それでいてくぐもったような音がしますね。
早朝の、人知れぬ音。
恐らく一晩中悩んだすえの諦めであり、決別の意志が強く霜柱を踏む事に象徴して表現されています。
何を諦めたのか、それは人それぞれの想像により色々展開してゆくでしょう。
何日経ても忘れがたい句だと思います。
>雪の尾根ヘリが旋回3千万
遭難救助の実景だったらちょっとあれですが、スノボーに行った時の光景でしょうか。そんな気がします。
白銀の尾根を覆う、晴れ渡った青空をバリバリと音をたてるヘリ。
3千万とは大きく出ましたね。
これが、ひとしきり、とか、鳴り止まず、だと、それこそ遭難救助になっちゃう(笑
現実の実景のほかにも、現実とは異なるが心的実景、ということもありますね。

94 :無名氏:05/01/23 00:53:46
>冬の石蹴りて四十路の歩を速む
その内お供いたしますが、寂しいことをいっちゃいけません。(笑
これはまたどこか切実な、リアリティーのあふれる句ですね。

95 :詠み人知らず:05/01/23 01:02:09
「鬱屈の塊」は「うっくつのくれ」と読めばいいですか?

96 :詠み人知らず:05/01/23 01:05:20
カイ だろう

97 :詠み人知らず:05/01/23 01:06:48
>>94
サンクス。
四十路のさっちゃーでしたw

98 :YYY:05/01/23 03:39:49

第二回2ch de 句会鎮魂譜

ああああっはっはっははっはっはっはリドの夏 (マーラーがらみ)

初読みに孝女はだかの草双紙 (京伝がらみ)

大寒の夢に伊吹を七騎落ち (………がらみ)


99 :詠み人知らず :05/01/23 06:04:08
ああああっはっはっははっはっはっはらリドの夏 (マーラーがらみ)


100 :東山伝京:05/01/23 12:17:56
出るものか蒲団の外は魑魅魍魎

101 :東山伝京:05/01/23 12:26:31
纏わりて身より離れぬ炬燵かな

102 :詠み人知らず:05/01/23 12:30:03
へぼい句をにょろりになって褒めまする

103 :詠み人知らず:05/01/23 12:35:04
にょろでんよ おまえエアコン 買えんのか

104 :東山伝京:05/01/23 12:52:30
へぼへぼと云われても尚へぼを出し  #下手の横好きなもんでよ・・・


105 :詠み人知らず:05/01/23 12:55:33
伝京が謙遜して見せにょろりがほめる一人二役楽しいね

106 :詠み人知らず:05/01/23 13:01:32
>>102
>>105
こいつら、あいかわらず馬鹿だなあ。最初からの二人の書き込み見てたら
わかりそうなもんだが・・

107 :東山伝京:05/01/23 13:03:06
邪まな物の見方たしかできねえ輩には、何を云っても無駄だろけどよ、
そんなもんじゃ俳句も作れねえだろうよ・・・・

108 :詠み人知らず:05/01/23 13:06:39
よこしまな物の見方、なんてご大層なもんでもないw
単なる馬鹿なだけw

109 :詠み人知らず:05/01/23 13:09:10
おまえらははようゆけゆけきたのかた


110 :詠み人知らず:05/01/23 13:10:15

例の馬鹿かw

111 :詠み人知らず:05/01/23 13:10:54
108=106=にょろでん


112 :詠み人知らず:05/01/23 13:12:42
例の馬鹿、邪な馬鹿、ただの馬鹿いろいろありて楽しき句会

113 :詠み人知らず:05/01/23 13:12:53
>>110
そう、例の馬鹿ですwwwww

114 :詠み人知らず:05/01/23 13:13:54
このスレは 例の馬鹿しか いませんよ

115 :詠み人知らず:05/01/23 13:18:44
糞スレを立てりゃ馬鹿しか寄り付かん

116 :詠み人知らず:05/01/23 13:19:00
しらとりもからすにまじるアホ句会

117 :詠み人知らず:05/01/23 13:24:40
とぶとりもドロにまみれていきたえぬ

118 :詠み人知らず:05/01/23 13:24:42
>116これを句と言えるかどうか知らんけど
こういうのを平気で投稿できる、神経の緩んだ奴がいるから
アホ句会にもなる。

119 :詠み人知らず:05/01/23 13:26:49

 うたえねばしんでいいよとなかまどり


120 :詠み人知らず:05/01/23 13:27:32
>>116>>117
アホ句会になってるのはこいつのせい

121 :詠み人知らず:05/01/23 13:30:13
>>116
>>117
>>119
ラベルが落ちるから出てくんなwww

122 :詠み人知らず:05/01/23 13:33:29

あほあいてレイベルおとすみやこおち


123 :詠み人知らず:05/01/23 13:38:27
レベルなどもともとあるか糞スレに

124 :詠み人知らず:05/01/23 13:39:29
糞スレや馬鹿も阿呆も糞まみれ

125 :詠み人知らず:05/01/23 13:39:56
したがないおちるとこまでおちたのか

126 :詠み人知らず:05/01/23 13:44:21
糞尿にまみれて楽し馬鹿廃人

127 :東山伝京:05/01/23 13:44:47
糞スレの意味がわかんねえんだが・・・ そう思うんなら見なきゃいいじゃねえか。
なんだかんだと、ほんとうは加わりてえんじゃあねえのかい?あめえさん 

128 :詠み人知らず:05/01/23 13:47:00
おれはもう加わってるぞ糞スレに

129 :詠み人知らず:05/01/23 13:49:04
おめえさんみちゃあおれんよくそのくは

130 :詠み人知らず:05/01/23 13:51:50
みちゃおれんそれなら見なきゃいいんだろ

131 :詠み人知らず:05/01/23 13:59:42
どうやればみなくてすむのばかさらし

132 :詠み人知らず:05/01/23 14:04:05
ばかさらすばかばかかくすばか

133 :詠み人知らず:05/01/23 14:06:51
ばかが立て ばかが句を書き ばかが読み ばかが評する ばかスレがここ

134 :東山伝京:05/01/23 14:08:55
人在りて人思いしや句会スレ

135 :詠み人知らず:05/01/23 14:10:10
あほな句を ほめるあほうに のせられて もっとあほうな 句を書くどあほ

136 :東山伝京:05/01/23 14:12:40
あほなれど人の道には外れまじ

137 :詠み人知らず:05/01/23 14:23:47
どうせあほだろ かっこつけるな

138 :東山伝京:05/01/23 14:29:52
あほガキが吐く唾無くし捨て台詞

139 :詠み人知らず:05/01/23 14:38:22
あほらしく あほをやるのが あほの道

140 :東山伝京:05/01/23 14:47:17
あほの道あんた一人で極めろよ

141 :詠み人知らず:05/01/23 14:52:55
#くだらんレスは無視すればいいだけ。それができないのが
  批評スレの問題点。

142 :左耳:05/01/23 14:55:29
魂作の 論文くれし 初便り

143 :詠み人知らず:05/01/23 14:55:47
極めなくても みんなあほなり

144 :違和介 ◆dEt/92iCig :05/01/23 15:00:24
紅梅の下に鶏慰める

145 :詠み人知らず:05/01/23 15:03:39
あほもまた賑やかしなり句会スレ
 #ま、こんなところでどうです?

勝鬨や雪に転がる吉良の首
 #旧12月14日ですので

146 :詠み人知らず:05/01/23 15:18:43
ごろつきがくかいになだれひとごろし

#吉良様は領民にしたわれた名君です。 いまにいたるまで人気者
#それにはんし、浅野のとのさまは領民に嫌われていました。けちな殿様でした。

147 :詠み人知らず:05/01/23 15:22:10
ごろつきがくかいにどそくひところし

#吉良様は名君、領民に現在にいたるもしたわれる。
#浅野のとのさまは、ケチでしぶくて領民にはきらわれていた。



148 :詠み人知らず:05/01/23 15:24:48
しつこいぜくかいなんぞでゆだんすな

149 :詠み人知らず:05/01/23 15:26:24
くかいなぞけちやとのさまやることか


150 :東山伝京:05/01/23 15:33:29
聞きなしの音色幼き鶯や

151 :詠み人知らず:05/01/23 16:23:09
おのれからおとがでてるぜくされどり


152 :にょろり:05/01/23 17:21:41
幼稚な奴がおるなあ。とても大人の書いたもんとは思えへんで。


153 :詠み人知らず :05/01/23 17:51:51
2chみな幼稚八百屋にさかななし

154 :詠み人知らず:05/01/23 17:56:04
悲しきは相手にされず一人相撲w >>151 

155 :詠み人知らず:05/01/23 19:03:09
良スレの予感

156 :詠み人知らず:05/01/23 19:08:58
>>154

このスレのにんきものだよ このおれは
おまえがきがつかないだけだあほめ


157 :詠み人知らず:05/01/23 19:12:58
>>154

こんひとはおそらくパシリくわいそう
おれのとうばんへいにならんかのう

158 :詠み人知らず:05/01/23 19:13:27
>>16
俳句初心者の基本中の基本
☆五七五で詠む
できるだけ字足らず、字余りはしない

☆季語は句中に一つまで
複数季語がある句を季重なりという

159 :詠み人知らず:05/01/23 19:14:04
戦闘開始の予感


160 :無名氏:05/01/23 21:15:48
ああ、「雪」月「花」のことですね。
では
世間仮故 是生滅法 雪花紋(=雪の結晶)
といたします。

161 :無名氏:05/01/23 21:16:53
またもや
×仮故 ○虚仮

162 :詠み人知らず:05/01/23 21:27:48
>>160

季語の整理はいいかもしれんが
内容的には抹消化したんじゃないか?


163 :詠み人知らず:05/01/23 21:31:03
大風呂敷をこじんまりしたのにとりかえたのよ ガタガタぬかすな


164 :詠み人知らず:05/01/23 21:32:39


 雪富士の胸に据わるや旅のあと



165 :東山伝京:05/01/23 21:41:06
苦き日を想い起せし蕗の薹

たらの芽の気高さ知るや棘二本

166 :詠み人知らず:05/01/23 21:46:31
味の素 味は良いけど 味気ない

167 :無名氏:05/01/23 22:12:51
>158さん、162さん
酔狂の句に気をかけていただいてありがとうございます。恐縮です。
さっき風呂の中で考えていたんですが、雪花紋ではいかにもとってつけた感じなので
世間虚仮 是生滅法 春の闇
にしますよ。季節はまだ早いし、軽みも明瞭さも薄れちゃいますが・・・。

>雪富士の胸に据わるや旅のあと
雪を戴いた冨士がありありと思い出される。
私も所用で時々飛行機を利用しますが、
果てもない雲海の中に冨士の頂だけがどっしりとした姿を見せている様は素晴らしいです。
胸に「据わる」という表現が、冨士の堂々たる存在感を彷彿としていて見事だと思いました。

168 :詠み人知らず:05/01/23 22:16:23
つまらん句ほめるあんたも役者だねえ

169 :詠み人知らず:05/01/23 22:23:08
↑ 大根役者はだまってな

170 :詠み人知らず:05/01/23 22:25:14
169=無名氏

171 :詠み人知らず:05/01/23 22:27:50
>>166

ほんにあじけないうたやんけ


172 :無名氏:05/01/23 22:32:55
>たらの芽の気高さ知るや棘二本
店頭でみかけるたらの芽は見た目はんなりとしていますが、山野に自生している
ものの目はウブいながらも凛としていますね。
芽の下の幹には、ゴツゴツとした棘。地味なトゲですが、いかにも実直な感じがする。
いい句ですねえ。
>苦き日を想い起せし蕗の薹
蕗の薹は天ぷらで何度か食べたことがありますが、とにかく苦い。
あの苦さがたまらないという人がいますが、私はまだそこまでの味覚に到達できないでいます。
個人的には、数年前、蕗の薹の天ぷらをもってきた料理屋のおかみさんに、お尻をなでられたことを思い出してしまう・・・。

173 :にょろり:05/01/23 23:10:44
>>たらの芽の気高さ知るや棘二本

伝京はん、あんた上達したねえ。

174 :詠み人知らず:05/01/23 23:12:10
>、お尻をなでられたことを

あらいやだてがよごれててふいちゃった #カンチガイシナイデネ


175 :東山伝京:05/01/23 23:34:16
>>173
又、一人芝居って云われちまいそうだが・・・・ 
そういわれると嬉しいもんだわな。ありがと。

176 :詠み人知らず:05/01/23 23:38:53
よかったね むかしがひどかったからね


177 :にょろり:05/01/23 23:43:46
昔は昔。今がよかったらそれでええ。
好きで一生懸命努力してうもうなる。
ええこっちゃ。こういう人間が好きやで。
尊敬に値する。いや、ホンマ
ここでごちゃごちゃ言うとるアホは
見習うこっちゃ。

178 :詠み人知らず:05/01/24 01:04:17
けなしあひののしりあひてこそ句会

179 :詠み人知らず:05/01/24 13:17:11
くそにょろり みたくもないが かみがない

180 :違和介 ◆dEt/92iCig :05/01/24 19:17:10


    ♪ 雪解けてマーブルチョコの散らばれり ♪

181 :詠み人知らず:05/01/24 20:07:32
>>176=にょろでん

182 :詠み人知らず:05/01/24 20:56:58
くそにょろり みたくもないが 雪解けて

183 :詠み人知らず:05/01/24 21:17:25
182 179 こいつは例の馬鹿w
糞だな。。 誰も相手にせんカス。

184 :詠み人知らず:05/01/24 21:56:52
182 179 こいつは例の馬鹿w
183 糞だな。こいつも。 誰も相手にせんカス。


185 :詠み人知らず:05/01/24 22:26:50


 訪づれて又中空へ梅の雪



186 :詠み人知らず:05/01/24 22:51:21
おとずれてとびらをしめるトイレ雪


187 :詠み人知らず:05/01/25 00:52:28
ハイエナが
今か今かと
にょろり待ち

188 :詠み人知らず:05/01/25 01:23:38
↑ 
 糞だな。。 誰も相手にせんカス

189 :詠み人知らず:05/01/25 01:35:25
>>188
やはりでたなww カスww

190 :詠み人知らず:05/01/25 01:39:24
糞とカス目糞鼻糞臍の胡麻

191 :詠み人知らず:05/01/25 01:51:53
186 188 
コイツは24時間へばりつきの糞野郎w

192 :詠み人知らず:05/01/25 02:25:16
189=190=191

コイツは24時間へばりつきの糞野郎w


193 :詠み人知らず:05/01/25 10:05:44
>>191-192

おまえらたのむから逝ってくれ


194 :詠み人知らず:05/01/25 10:08:17
みんな逝くな

195 :詠み人知らず:05/01/25 13:01:34
みんな逝け  Wwww


196 :詠み人知らず:05/01/25 14:00:26
>>195
おまえだけ逝け

197 :詠み人知らず:05/01/25 16:54:15
糞溜まりスレだなw

198 :詠み人知らず:05/01/25 16:55:16
>>196
おまえもなー

>>197
おまえもなー

199 :左耳:05/01/25 19:04:20
体力を つけてほしくて 参鶏湯

200 :左耳:05/01/25 19:07:22
背を向けて 去りつつ潰す 冬苺

201 :詠み人知らず:05/01/25 19:09:33
精力をつけがんばれどさんざんで

202 :左耳:05/01/25 19:20:22
知らぬ間に 恋愛モード 春隣

203 :左耳:05/01/25 19:32:52
元カレに なりきれなくて 初便り

204 :左耳:05/01/25 19:56:04
元カレは 5度目の冬も とけぬ雪

205 :左耳:05/01/25 20:01:55
胸つぶれ 赤い血流す 冬苺 (赤い血は今でもきみを好きな印)

206 :詠み人知らず:05/01/25 20:10:32
元カレは 7度目の突進 赤い血

207 :詠み人知らず:05/01/25 20:11:37
玉つぶれ赤い小便しぼいちご

208 :詠み人知らず:05/01/25 20:20:09
おもしろい煽りのつもりで放つ駄句

209 :詠み人知らず:05/01/25 20:24:33
若い子やかわいい子には絡むオス

210 :詠み人知らず:05/01/25 20:31:08
つまらんく どうあがいても つまらんく

211 :詠み人知らず:05/01/25 20:34:23
ちいさいな どうあがいても ちいさくて


212 :詠み人知らず:05/01/25 20:36:48
あがいても あああがいても あがいても

213 :詠み人知らず:05/01/25 20:37:43
つまらん句 文句いうより 良い句だろ

214 :詠み人知らず:05/01/25 20:39:25
文句だけ 一人前の そこの禿げ

215 :詠み人知らず:05/01/25 20:49:02
はげだとて ひかりかがやく みあぐうた


216 :にょろり:05/01/25 20:50:51
馬鹿が湧いてきたなあw
>>215
>みあぐうた
ってなんや?わかるように説明しいや


217 :詠み人知らず:05/01/25 20:51:34
たのむから おまえらぜんいん 逝ってくれ


218 :詠み人知らず:05/01/25 20:52:09
ははははげ はげはげどはげ どどどはげ

219 :詠み人知らず:05/01/25 20:53:09
わかるまいみさぐるはげはにょろにょろり


220 :詠み人知らず:05/01/25 20:54:04
そこの禿げ くやしかったら 毛をはやせ

221 :詠み人知らず:05/01/25 20:55:37
>>217
おまえだけ逝けや

222 :詠み人知らず:05/01/25 20:56:46
そこの禿げ あたま全裸で 風邪ひくな

223 :にょろり:05/01/25 20:59:20

幼稚だねえ

224 :詠み人知らず:05/01/25 21:02:19
夜討ちだねぼうずぬきみで討死にし

225 :詠み人知らず:05/01/25 21:05:11
ああ楽しい

226 :詠み人知らず:05/01/25 21:07:57
そこの禿げ もてない男 板へ逝け

227 :詠み人知らず:05/01/25 21:11:07
良スレだなあ

228 :詠み人知らず:05/01/25 21:12:24
くだらん句つまらん句禿げ禿げばかり

229 :詠み人知らず:05/01/25 21:13:15
そこの禿げ とはおれのこと かいなああ


230 :詠み人知らず:05/01/25 21:16:44
おまえらは みんなアホだよ きえやがれ


231 :詠み人知らず:05/01/25 21:19:23
おまえだよ そこの禿げとは おまえだよ

232 :詠み人知らず:05/01/25 21:23:47
おまえらは みんなアホだよ きえるなよ

233 :詠み人知らず:05/01/25 21:24:50
あほどあほあほあほどあほどあほあほ

234 :詠み人知らず:05/01/25 21:26:23
最低だ 禿げてる上に あほなのか

235 :詠み人知らず:05/01/25 21:26:26
坊主合掌ぬきみはさやにあほだらけ


236 :詠み人知らず:05/01/25 21:27:34
真面目志向なんで、おふざけを乱暴に投句されても困ります。
ではよろしくです

237 :詠み人知らず:05/01/25 21:29:40
あほーあほーあほーあほーあほーあほー

238 :詠み人知らず:05/01/25 21:30:33
スレちがいあほとばかと禿げ 入り乱れ

239 :詠み人知らず:05/01/25 21:32:07
このスレはあほばかはげがふさわしい

240 :詠み人知らず:05/01/25 21:35:22
おもろいスレやのお

241 :左耳:05/01/25 21:43:06
暗い部屋 染まらぬ水仙 なに思う

242 :詠み人知らず:05/01/25 21:44:19
跪けおれは俳句の天才だ

243 :詠み人知らず:05/01/25 21:50:43
一日で50レス以上も付くスレって五七五には珍しい。
中味ないけど。

244 :詠み人知らず:05/01/25 21:52:54
>>243
中身のないレスだなあ

245 :詠み人知らず:05/01/25 21:56:51
>>244
おまえのレスも中身がない。

246 :左耳:05/01/25 22:05:35
私の句には、個人的な思いいれはあっても(感動させる力)がないと気づきました。このスレにきて勉強になりました。

247 :詠み人知らず:05/01/25 22:06:46
2ちゃんで勉強なんかするなよw

248 :詠み人知らず:05/01/25 22:32:08
>暗い部屋 染まらぬ水仙 なに思う

ばらばらに役者が演じ客しらけ


249 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/01/25 22:32:23
>202 :左耳 :05/01/25 19:20:22
>知らぬ間に 恋愛モード 春隣


>203 :左耳 :05/01/25 19:32:52
>元カレに なりきれなくて 初便り


>204 :左耳 :05/01/25 19:56:04
>元カレは 5度目の冬も とけぬ雪


>205 :左耳 :05/01/25 20:01:55
>胸つぶれ 赤い血流す 冬苺 (赤い血は今でもきみを好きな印)

一連の恋愛でしょうか。元カレになりきれない、というのは
作者は男性?それとも元カレの年賀状に心乱れる女性?5度目の冬も
解けぬ雪というのだから、やはり女性なのでしょうか。不思議な感じのする
一連ですね。恋愛の俳句としては異彩を放つ才能だと思います。

250 :詠み人知らず:05/01/25 22:33:40
暗い部屋 染まらぬ水仙 きみはだか


251 :詠み人知らず:05/01/25 22:37:22
ばかのおまえら はよう 逝け
おねがいだから 心でくれ


252 :詠み人知らず:05/01/25 23:05:04
真面目志向なんで、おふざけを乱暴に投句されても困ります。
ではよろしくです

253 :詠み人知らず:05/01/25 23:13:58
真面目志向なんで、おふざけを乱暴に投句されても困ります。
ではよろしくです

254 :詠み人知らず:05/01/25 23:18:08
霜の声 詠み人知らず 阿房ばかり

255 :詠み人知らず:05/01/25 23:27:08
194 あたりからの荒らしは。。。。 たぶん、さっちゃんの逆襲と思われwww 
恨み骨髄みたいだからなwww

256 :詠み人知らず:05/01/25 23:40:33
さっちゃんは あらしがすきよ ほんとはね

257 :詠み人知らず:05/01/25 23:43:04
あらしなぞ ものともせずに うたうわれ



258 :詠み人知らず:05/01/25 23:44:28
なかなかに しなないやつら ヘボ句はき


259 :詠み人知らず:05/01/25 23:45:30
逝きませう みんなで逝こう 馬鹿の墓

260 :詠み人知らず:05/01/25 23:47:34
ヘボ句でも 時の鐘には かてはせず
あほあいて つかれるこころ なごませて

ばかをみて わがふりなおし すいこうす


261 :詠み人知らず:05/01/26 00:01:50
あほスレと 真面目なスレに 別れましょ

262 :詠み人知らず:05/01/26 00:03:27
あほ達と 同じスレには 居たくない

263 :詠み人知らず:05/01/26 00:04:49
あほスレを 勝手に立てて 逝ってよし

264 :詠み人知らず:05/01/26 02:11:40

     なり
 裏富士の形腑に落ちぬ枯野かな



265 :詠人不知:05/01/26 06:12:41

小春日や無聊の邪鬼と多聞天

凶が出るリスクうべなひ初詣

初湯かな女身四十路の彫り深き

人日を発ち行くカビの解脱かな





266 :詠み人知らず:05/01/26 11:26:52
べらんめいおんなこどもはすっこんろ

267 :詠み人知らず:05/01/26 11:30:15
てやんでいじじいおやじはいっちめえ

268 :詠み人知らず:05/01/26 11:30:58

   ,,,,,,,,,,,,,,,, 
  〜二二二
   ( ´∀`) ぶぉん〜
  ⊂| ̄ ̄ ̄|つ
  |愛媛ミカン|
    ̄ ̄ ̄


269 :にょろり:05/01/26 15:25:28
さっちゃんはねサチコと言うんだほんとはね♪

さっちゃん出ておいで〜〜

270 :詠み人知らず:05/01/26 15:40:17
にょろでん、おまえそんなにさっちゃんが好きか。
だったら結婚しろ。

271 :にょろり:05/01/26 15:46:34

うるへぇ馬鹿

272 :詠み人知らず:05/01/26 15:58:21
余し湯か女身八十キロの四十路脂肪

273 :詠み人知らず:05/01/26 16:05:56
にょりはねバナナがだいすきかわかむり


274 :詠み人知らず:05/01/26 16:07:20
(つづけて)
だけどちっちゃいから やれないんだよね

275 :詠み人知らず:05/01/26 16:09:47
おかしいな にょろりまらだら しまいなよ

276 :詠み人知らず:05/01/26 16:10:57
にょろちゃん出ておいで〜〜


277 :詠み人知らず:05/01/26 16:11:24
さっちゃんは
お願いすれば
出てくるさ

278 :詠み人知らず:05/01/26 16:20:49
誰かさっちゃんが出て来やすいように、句を誉めてあげろよw

279 :詠み人知らず:05/01/26 16:31:09
52 名前: 詠み人知らず 投稿日: 05/01/22 14:45:20
2chの一流歌人とはだれのこと?
一流歌人
 さっちゃん、まにあさん、あかね、ねむ、漂太、。。。

2流歌人
 。。。。。。?


280 :詠み人知らず:05/01/26 16:31:54
さっちゃんとにょろり伝京計2人
さっちゃんが成仏すれば計1人

 #チーン ナンマンダブナンマンダブ・・・

281 :詠み人知らず:05/01/26 16:34:50
>>280
裏富士を草葉の陰から見ています

282 :詠み人知らず:05/01/26 16:47:16
さッちゃんって、ここの常連さん? 一流歌人なわけだ。
他スレのさっちゃんとは別人かな?

283 :詠み人知らず:05/01/26 17:14:04
ここには 5流以下のヘボアホ歌人しかいないな


284 :詠み人知らず:05/01/26 17:15:37
>>283
おたくがさっちゃん?www

285 :詠み人知らず:05/01/26 17:21:09
2chの一流歌人とはだれのこと?
一流歌人
 あをきひとし、青長期、さっちゃん、。。。

五流以下歌人
 さっちゃー

286 :詠み人知らず:05/01/26 17:23:54
ちがうよ
おれは 超一流歌人だよ

さっちゃんとは 大昔ケンカしたことあったけど 俺が勝った。


287 :詠み人知らず:05/01/26 17:25:51
>>285

おめえ 何の話をしてんだよ


288 :詠み人知らず:05/01/26 19:23:49
あきれはて にょろりはトイレ せきをかえ


289 :詠み人知らず:05/01/26 19:34:19
真面目志向なんで、おふざけを乱暴に投句されても困ります。
ではよろしくです

290 :詠み人知らず:05/01/26 20:50:32
まじめなるへぼうたつくりなん十年

291 :詠み人知らず:05/01/26 20:54:55
あほにしろばかじゃむりなくそうただ


292 :詠み人知らず:05/01/26 21:11:43
にょろりとてをだすおかまのあつきかな

293 :にょろり:05/01/26 21:35:20
さっちゃんこんばんは

294 :にょろり:05/01/26 21:38:18
さっちゃんのヘボ句で寒波吹き飛ばし

295 :詠み人知らず:05/01/26 22:52:56
おかまならだれでもいいのにょろりさん



296 :詠み人知らず:05/01/26 23:01:36
さむぞらにさっちゃんまらだてぎりがたし


297 :詠み人知らず:05/01/26 23:49:18
逝ってよしおまいらみんな逝ってよし

298 :詠み人知らず:05/01/26 23:51:06
句粗野郎他人に迷惑かけまくり

299 :詠み人知らず:05/01/26 23:52:38
そこの句粗つまんねーヤシそこの禿げ

300 :詠み人知らず:05/01/26 23:53:21
>句粗野郎他人に迷惑かけまくり

誰が誰に?w

301 :詠み人知らず:05/01/26 23:54:24
そこの禿げおまえのせいでスレが死ぬ

302 :詠み人知らず:05/01/26 23:56:16
そこの禿げ自作自演がまぬけ杉

303 :詠み人知らず:05/01/26 23:58:08
きもい禿げ頭に栄養いってない

304 :詠み人知らず:05/01/26 23:58:52
さちの奴とうとう狂い荒らし屋に  #いいかげんに止めたらよw

305 :詠み人知らず:05/01/26 23:59:49
くだらん句チラシの裏に書き捨てろ

306 :詠み人知らず:05/01/27 00:00:58
迷惑だあほがいるのが迷惑だ

307 :詠み人知らず:05/01/27 00:05:08
あほ俳句あほスレ立ててそこに逝け

308 :さっちゃー(五流以下歌人):05/01/27 00:14:22
魑魅魍魎跳梁跋扈かこのスレは

309 :詠み人知らず:05/01/27 00:23:32
>>308
ちみもういいしょうりょうばったかそのれすは

310 :詠み人知らず:05/01/27 00:39:33
あに珍の意志ならざらめこの末は

311 :漂太:05/01/27 00:47:20
カフェオレでほっとするのは知世だけ

312 :詠み人知らず:05/01/27 00:55:35
知世だけ のこりすくない 紅茶わけ


313 :詠み人知らず:05/01/27 00:57:19
かふかふとなにをはんすかえどはもえ


314 :さっちゃー(五流以下歌人):05/01/27 00:59:25
ほっとしてハッと気付いた紙がない

315 :詠み人知らず:05/01/27 01:05:17
わかったよ あんたは一流 といれでろ


316 :詠み人知らず:05/01/27 01:10:43
そのまえにかみをよこせよみなのしゅう


317 :詠人不知:05/01/27 04:15:36

# こらそこのくそがきども、俺の悪口も言えっ!

「安物売りのど禿げ早くすっこめ」とかさ「なにが解脱だっ アボーンしてやるぞっ」とかさ。

   魑魅魍魎はハローウインまですっこんでろ

318 :詠み人知らず:05/01/27 10:26:04
みなさんは えいようのある かぼちゃくえ

319 :詠み人知らず:05/01/27 10:32:59
>>317
安物売りのど禿げ早くすっこめ
なにが解脱だっ アボーンしてやるぞっ

320 :詠み人知らず:05/01/27 11:58:32
あほーんね いやといったら いやなのよ


321 :詠み人知らず:05/01/27 13:48:14
いやよいやよも好きのうち

322 :詠み人知らず:05/01/27 15:40:36
こんな句会がほんとにあったらぜひ参加したいと思う今日このごろです。

323 :詠み人知らず:05/01/27 17:10:11
そのためには ここで三流以上になる必要がありますが


324 :左耳 ◆SRzRzky70Y :05/01/27 17:11:30
鬼心 恐れて髪に 柊挿す

325 :詠み人知らず:05/01/27 17:14:09
おにばばが ストレスはげの あかずきん


326 :左耳 ◆SRzRzky70Y :05/01/27 17:20:54
>>249
あかね ◆wSdkSdy/Toさん、ありがとうございます。
俳句初心者なので、よろしくおねがいします。
僅か17文字に季語を含む制約がありながら、言いたいことを言い切る、言い放つ、俳句の清冽さに惹かれました。


327 :左耳 ◆SRzRzky70Y :05/01/27 17:26:49
見送って 薄々と張る 涙氷

328 :詠み人知らず:05/01/27 17:41:10
うそまことしおけでちがう氷涙

329 :詠み人知らず:05/01/27 17:56:22
手を握り温度差かんず春遠し

330 :東山伝京:05/01/27 19:29:08
香具山に天女の舞うや棚霞

331 :にょろり:05/01/27 20:21:19
>>330
いよいよ春ですか。それにつけても伝京はんは益々うまくなりましたねえ。
万葉の歌人並の句ですな。棚霞が天女の舞のよう・・香しい句ですな。あっぱれ。

332 :詠み人知らず:05/01/27 20:23:45
>>330>>331
あほか

333 :にょろり:05/01/27 20:26:46

あほはおまえ。別に他の人がどう思おうとかまわんけどね。
伝京はんに伝えただけやからな。


334 :詠み人知らず:05/01/27 20:37:11
おめええ はずかしくないか?


335 :詠み人知らず:05/01/27 20:39:31
水煙の向こうに舞ひておんないく


336 :東山伝京:05/01/27 20:42:00
なんだか知らねえが、随分とまぬけな奴が増えた様な気がするんだが・・・・・
相手するだけ野暮ってもんだと最近気がついたよ。
にょろりの良さあ皆知ってんだからよ、相手にしねえでいいんじゃねえかい? >>333

337 :詠み人知らず:05/01/27 20:51:26
へぼなうたを商売のたねにして、恥をしらないね


338 :東山伝京:05/01/27 20:55:44
商売てえのは何の商売でえ?>>337

339 :詠み人知らず:05/01/27 21:04:27
ばかか おめえ
〜利京田なんぞこんなので商売になるか
ど素人の腐れへぼ歌だとはっきりいってやれ!


340 :詠み人知らず:05/01/27 21:05:11
さっちゃんが陰でまたもや悪さをし  

341 :詠み人知らず:05/01/27 21:12:59
商売なあに素人草ショウー唄のまちがいだよ
金が取れると一瞬でもおもったんじゃないかな


342 :詠み人知らず:05/01/27 21:14:42
にょりさまぬきみのよさを知る狂電

343 :詠み人知らず:05/01/27 21:16:30
ぬきみとてなまくら狂電おれまがり


344 :詠み人知らず:05/01/27 21:17:44
ふたりしておちいくさきはあほスレて

345 :にょろり:05/01/27 21:20:08
>>341>>342
このあたりの文章力は小学4〜5年生程度か?
いや、もっと下かもしれんな。わざとこういうふうに書いてるんか?
天然だとしたらものすごいこっちゃなw

346 :詠み人知らず:05/01/27 21:22:44
あれにょろりこんなにちいさ 小4かな

347 :詠み人知らず:05/01/27 21:24:41
きょうでんのけつのしんぱえええにょろ

348 :詠み人知らず:05/01/27 21:33:44
お前たちいいかげんにシナ 入試前

349 :詠み人知らず:05/01/27 21:34:01
330 名前:東山伝京[] 投稿日:05/01/27 19:29:08
香具山に天女の舞うや棚霞

331 名前:にょろり[] 投稿日:05/01/27 20:21:19
>>330
いよいよ春ですか。それにつけても伝京はんは益々うまくなりましたねえ。
万葉の歌人並の句ですな。棚霞が天女の舞のよう・・香しい句ですな。あっぱれ。

332 名前:詠み人知らず[] 投稿日:05/01/27 20:23:45
>>330>>331
あほか

350 :詠み人知らず:05/01/27 21:44:02
↑ なんてはずかしいやつらだ!

351 :詠み人知らず:05/01/27 21:45:33
狂電のケツアナは香しい句ですな 棚霞が天女の舞のよう・

けつひろげ あっぱれ ぬきみにょろり

352 :詠み人知らず:05/01/27 21:50:50
ああけつをひろげてあけっぴろげかな
 #「かな」はきれぢ

353 :詠み人知らず:05/01/27 21:51:12
165 名前:東山伝京[] 投稿日:05/01/23 21:41:06
苦き日を想い起せし蕗の薹

たらの芽の気高さ知るや棘二本

173 名前:にょろり[] 投稿日:05/01/23 23:10:44
>>たらの芽の気高さ知るや棘二本

伝京はん、あんた上達したねえ。

175 名前:東山伝京[] 投稿日:05/01/23 23:34:16
>>173
又、一人芝居って云われちまいそうだが・・・・ 
そういわれると嬉しいもんだわな。ありがと。

177 名前:にょろり[] 投稿日:05/01/23 23:43:46
昔は昔。今がよかったらそれでええ。
好きで一生懸命努力してうもうなる。
ええこっちゃ。こういう人間が好きやで。
尊敬に値する。いや、ホンマ
ここでごちゃごちゃ言うとるアホは
見習うこっちゃ。

354 :詠み人知らず:05/01/27 21:53:34
>>350
どこが恥ずかしいですか?俳句を作って投句する。それが良かったら褒める。
このスレどおりの書き込みじゃないですか。
そんなこと言うあなたのほうが心が狭くて恥ずかしいですよ。

355 :詠み人知らず:05/01/27 21:56:08
茶化して下品な句(ともいえない)をカキコする奴のほうがよほど恥ずかしいよな

356 :詠み人知らず :05/01/27 21:57:46
わたくしは 俳句好きでは ありません

357 :詠み人知らず:05/01/27 21:59:57
>356だったら来るなボケ

358 :詠み人知らず:05/01/27 22:03:03
354=355=357=にょろでん


359 :詠み人知らず:05/01/27 22:04:21
>狂電のケツアナは香しい句ですな 棚霞が天女の舞のよう・

>けつひろげ あっぱれ ぬきみにょろり

↑ なんてはずかしいやつらだ!


360 :詠み人知らず:05/01/27 22:05:56
>>358
私は俳句が好きでここを見ている者です。
残念!!

361 :360:05/01/27 22:07:36
それに私の書き込みは354だけです。
残念!!

362 :詠み人知らず:05/01/27 22:08:18
360=にょろでん

363 :詠み人知らず:05/01/27 22:11:13
361=にょろでん

364 :詠み人知らず:05/01/27 22:13:04
362=363=さっちゃんwww

365 :詠み人知らず:05/01/27 22:18:31
にょろりとでんきょうはの役はもうやらないのか。

366 :詠み人知らず:05/01/27 22:23:31
>>354 どこが恥ずかしいですか? 

中身しだいじゃないかな まあ どうでもいいけど
わたしには声を出して読むのは恥ずかしいなとおもえましたが


367 :詠み人知らず:05/01/27 22:24:12
>>365
これどういう意味?

368 :詠み人知らず:05/01/27 22:24:30
>狂電のケツアナは香しい句ですな 棚霞が天女の舞のよう・

>けつひろげ あっぱれ ぬきみにょろり

なんと立派な はずかしいうたでしょう

369 :詠み人知らず:05/01/27 22:25:54
>>366
それは、あなたの心が狭いから

370 :詠み人知らず:05/01/27 22:25:54
>>367
おまえはにょろでんだという意味

371 :詠み人知らず:05/01/27 22:29:33
>>369

なんとケツの穴のちいさいことをおっしゃられる。


372 :詠み人知らず:05/01/27 22:30:48
けつのあな こころもひろく うたひませ

373 :詠み人知らず:05/01/27 22:33:24
>>370
馬鹿か?ここに何人カキコしてる人間がいるか知ってるのか?
2人や3人がカキコしてるわけじゃねぇよ。
誰が見ても解る文書けや。なんだ?
>にょろりとでんきょうはの役はもうやらないのか。
って。どこで勉強してきたんかい。

374 :詠み人知らず:05/01/27 22:35:06
こころうむ ゆるみすぎたる ぼけのうた
せまくとも きつきこころの きれじぬき


375 :詠み人知らず:05/01/27 22:38:09
>どこで勉強してきたんかい。

ハーバード大学です
はああ ばああ どあほうめ だいをがまんのくろうにん


376 :詠み人知らず:05/01/27 22:38:45
心が狭いよりけつの穴がちっこいほうがなんぼか良いことかwww

377 :詠み人知らず:05/01/27 22:41:44
こころもちおおきくながせけつのあなちっこいとてみとぎれなければ



378 :詠み人知らず:05/01/27 22:44:31
ワロタw
  にょろりとでんきょうはの役はもうやらないのか。

  ハーバード大学です
  はああ ばああ どあほうめ だいをがまんのくろうにん

こいつのが一番恥ずかしいやw



379 :詠み人知らず:05/01/27 22:46:16
このスレを見てて俳句の楽しさを教わりました皆さんどうも

380 :詠み人知らず:05/01/27 22:46:53
いずれにしても、 さっちゃんかさっちゃーかどっちゃでもええけど。。。
ええかえん、カスみたいこと止めえや。 おまえ後味の悪さ半端やないな、昔から。。。。
他スレで名前出せんようにしたろか、カスが。。。

381 :詠み人知らず:05/01/27 22:51:06
さっちゃんはね、サチコと言うんだ、ほんとはね

382 :詠み人知らず:05/01/27 22:56:25
正直になれ。さすれば心も開かれん。

383 :詠み人知らず:05/01/27 22:57:21
>>380
馬鹿か?ここに何人カキコしてる人間がいるか知ってるのか?
2人や3人がカキコしてるわけじゃねぇよ。

384 :詠み人知らず:05/01/27 22:58:00
せいざせよ さすればけつあな開かれん。

385 :詠み人知らず:05/01/27 22:59:37
383=さっちゃんwww

386 :詠み人知らず:05/01/27 23:00:05
>>381
最低のクズだな、さち公は。
徹底的にやらんと懲りん奴なんだよあのクズは。さち公よ、覚悟しとけよwwwww

387 :詠み人知らず:05/01/27 23:00:32

さっちゃんはね、サチコと言うんだ、ほんとはね


388 :詠み人知らず:05/01/27 23:03:19
だけどちっちゃいからじぶんのことさっちゃんていうんだよ

389 :詠み人知らず:05/01/27 23:06:25
可愛いね さっちゃんwww

390 :詠み人知らず:05/01/27 23:07:33
まあまああ みなさんあたま ひやしてよ もとはといえば へぼとあほゆえ


391 :詠み人知らず:05/01/27 23:08:54
さっちゃんの名前が出てから、いかれたカキコがなくなったw

392 :詠み人知らず:05/01/27 23:09:53
>>390
おまえやろ! さち公!

393 :詠み人知らず:05/01/27 23:12:28
>>391
だから全部あの馬鹿がやってんだよw さち公が。

394 :詠み人知らず:05/01/27 23:13:25
にょろに散々けなされたさっちゃんがキレちゃったの?w
じゃあ原因作ったのはにょろじゃんw
お〜〜い。。。にょろ、出て来て釈明しろやw

395 :詠み人知らず:05/01/27 23:15:33
おまえとは だれのことかえ ばんずいん

396 :詠み人知らず:05/01/27 23:15:53
>>394
釈明はさっちゃんの方じゃ?

397 :詠み人知らず:05/01/27 23:18:07
だから、前にさっちゃん誉めたらって云ったのにwww

398 :詠み人知らず:05/01/27 23:19:46
>おまえとは だれのことかえ ばんずいん

やっぱり、さちゃんだwww
番隨院長兵衛の名を入れて返すなんぞ、そんじょそこらの馬鹿じゃできないからねw

399 :詠み人知らず:05/01/27 23:23:08
真面目志向なんで、おふざけを乱暴に投句されても困ります。
ではよろしくです。

句をよみませうw

400 :詠み人知らず:05/01/27 23:24:31
俳句初心者の基本中の基本
☆五七五で詠む
できるだけ字足らず、字余りはしない

☆季語は句中に一つまで
複数季語がある句を季重なりという

☆切れ字の「や」「かな」「けり」は、句中に複数あってはいけない
感動の対象がぶれる。

401 :詠み人知らず:05/01/27 23:25:22
>>398
そんじょそこらの馬鹿なんだよw さち公はw

402 :詠み人知らず:05/01/27 23:29:02
ばかなると あははなるとの うましせど うたびとほえる ばかのあほつり

403 :詠み人知らず:05/01/27 23:33:06
402=さっちゃんw

404 :詠み人知らず:05/01/27 23:42:46
さち公は
嫌われてなお
そそり立ち

405 :詠み人知らず:05/01/27 23:49:34
>香具山に天女の舞うや棚霞

しかし、そんなに悪い句じゃないですよ。 
さっちゃんがそこまで貶すのは? さっちゃんの句みたいですね。

406 :詠み人知らず:05/01/27 23:50:37
さっちゃんはみんなのにんきかきあつめ


407 :詠み人知らず:05/01/27 23:53:07
>>405

しかしよくある技巧句としかおもえませんが

あっ わたしは さっちゃんではありません。



408 :詠み人知らず:05/01/27 23:54:19
>さっちゃんの句見てみたい
みたい!みたい!

409 :詠み人知らず:05/01/27 23:57:05
そこのはげ みえないぶたい はれーしょん シェークスピアも さじなぐぶたい


410 :詠み人知らず:05/01/27 23:58:12
>>407
ですから、 さっちゃんがそこまで貶すのは? を聞きたいのですよ。

411 :詠み人知らず:05/01/28 00:00:17
わたしだってしりたいけれどはずみつきこころにあらずながれゆきかも


412 :詠み人知らず:05/01/28 00:02:34
>>411
??? さっちゃんw?

413 :詠み人知らず:05/01/28 00:25:37
にょろりと伝京がでるとスレがやたらと伸びるなあw
それで、さっちゃんの名前が出るとピタっとスレの流れがとまる。  不思議だwwww

414 :詠み人知らず:05/01/28 00:28:20
にょろりと伝京は馬鹿とアホだけど、さっちゃんは一流歌人だもんね


415 :にょろり:05/01/28 00:30:57
荒らぶれど早瀬の水も淀みたる心しずかに大川に出づ

416 :詠み人知らず:05/01/28 01:04:39
まらぶれど早漏のみずもよどみたるこころなえだちぬきみおおかわ

417 :東山伝京:05/01/28 01:11:54
冬枯れの心和みて明日香川

418 :詠み人知らず:05/01/28 01:14:01
かねまぶすあざかにみせんきんかくし


419 :詠み人知らず:05/01/28 01:58:43
あほうたをはきだしなかんあうしゅびつ


420 :詠み人知らず:05/01/28 02:06:29

筒井康隆の『裏小倉』を思い出すなあ,ここいら.
けっこう面白いかも.


421 :詠み人知らず:05/01/28 02:07:33
>>419
名前も出せず、ひらがなでごまかして糞句を入れる。
大変だなww さっちゃんw

422 :詠み人知らず:05/01/28 02:09:24
>>420
情けないね。。。 さっちゃんw

423 :詠み人知らず:05/01/28 02:13:02
>>422
師ね

424 :詠み人知らず:05/01/28 09:44:46
さっちゃんははどこにも出れずひきこもり♪

425 :詠み人知らず:05/01/28 09:51:06
#さっちゃんさん、沈黙は金とは限りませんよ。
反論のひとつも無い様じゃ認めてる様なもんじゃありませんか? 悲しいです。

426 :詠み人知らず:05/01/28 10:17:42
さっちゃんはここで一人句会をやってます。逝って慰めてあげませう。
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1101479338/

427 :詠み人知らず:05/01/28 10:37:37
46 名前: さっちゃん ◆DD2MPNyI6k 投稿日: 05/01/27 21:54:49 ID:Ied6cQUM
あの巫女さんこないだサンタやってた子

首吊りは古いですよと煉炭屋

#こんなとこへ逃げ込んでましたwww

428 :詠み人知らず:05/01/28 11:57:41
ばかとあほさっちゃんこいしぼけのひと


429 :詠み人知らず:05/01/28 12:28:38
428=さっちゃんw


430 :詠み人知らず:05/01/28 12:32:52
>>428
だれがこいしいじゃぼけw にどとくるないうてんねんあほw

431 :詠み人知らず:05/01/28 12:50:20
こんなに売り込んだにも関わらず誰も相手してくれませんw 惨めw

37 名前: さっちゃん ◆DD2MPNyI6k 投稿日: 05/01/24 21:57:31 ID:7RifY8bH
はじめまして。こんな句でよかったら幾らでも
使ってください。と言っても使えそうなものは無さそうですね。

薄れゆく知覚の中や雪女
さようなら雪が解けたら見つけてね
38 名前: さっちゃん ◆DD2MPNyI6k 投稿日: 05/01/24 22:00:05 ID:7RifY8bH
雪山や空しく下る救助隊
寒風や凶器を探す川ざらえ
仕事終えモツ鍋つつく外科医かな
39 名前: さっちゃん ◆DD2MPNyI6k 投稿日: 05/01/24 22:21:37 ID:7RifY8bH
狐火を供や小雨の野辺送り
氷雨にも消えぬ鬼火や富士樹海


432 :詠み人知らず:05/01/28 13:23:16
おちむしゃがつつうらうらにさっちゃんと


433 :詠み人知らず:05/01/28 13:25:25
いかほどのうらみをかひしこのさわぎにょろりでんきょううらみはてなし


434 :詠み人知らず:05/01/28 13:49:57
年中無職で地域社会とも無縁のくせして、 さっちゃん さっちゃんと
平日だというのに2chで毎日、昼も夜も深夜も“いろは五七五”。
人格障害者・サイコパスの類で、人前では自分の我がまましか通さない。
煽り立てながらラリってる宗教カルトと変わらん連中。



435 :詠み人知らず:05/01/28 14:06:29

あんた ちょっといいすぎじゃないんかい

436 :詠み人知らず:05/01/28 14:31:15
この文章を見た人は身の回りで、

3日後に何かとても悪い事が起きます。

悪い事を起きなくさせるためには

これと同じ文を2日以内に、

違う所に5回書き込んでください。

5回書き込まなかった女子中学生が

書き込みを見た後、3日後に死にました




437 :詠み人知らず:05/01/28 14:39:37
>>434

なにがいいすぎじゃい! ボケ!
わしゃほんとのことしかいんぞ!


438 :詠み人知らず:05/01/28 15:47:49
>>437
>わしゃほんとのことしかいんぞ
日本語も書けんやつがえらそうに何をぬかす。
おまえさっちゃんだな。

439 :詠み人知らず:05/01/28 15:50:34
あほに見せかけるためにわざと間違えたのかもしれない。
そんな細工しなくてもあほ丸出しなのにね、さっちゃんは。

440 :詠み人知らず:05/01/28 17:40:50
ところでさっちゃんて男?女?
名前は女みたいだけど、句を見ると
どうしても男に思えるんだけどね。

441 :詠み人知らず:05/01/28 18:13:44
ゲイだからね


442 :詠み人知らず:05/01/28 18:15:13
狂電とにょろりはホモだよ

443 :詠み人知らず:05/01/28 18:17:50
それで応援団もけつをまくっていたわけか!

444 :詠み人知らず:05/01/28 18:20:00
なんか常識はずれの連中だね
かみつかれるとこわいなあ



445 :にょろり:05/01/28 18:25:39
、さっちゃんへ
>>433
>いかほどのうらみをかひしこのさわぎにょろりでんきょううらみはてなし

これ、さっちゃんどすか?
私はさっちゃんになんの恨みも憎しみもありまへんで。
さっちゃんは私に恨みがあるかも知れまへんな。
ボロクソにけなしたこともあるよってな。しかし褒めたこともありまっせ。
良いものはいい、そうでないものは、まあ、遊び半分ったら失礼やが、
所詮ネット上のやりとりどす。私のキャラとしてカンベンしとくんなはれ。
伝京はんにだって、アホやのヘボ句やのと悪態ついたしな。ま、これもお遊びや。
しかしな、褒めたときは素直に喜ばんとな。せっかく作った句がもったいないやろ。
にょろりの褒め言葉はトゲがある、とかな。それはあかんで。
トゲなんかないよってな。毒もないでw正直な気持で書いただけや。
そのへんの素直さを取り戻してほしいもんやな。そうしたらもっと違うコメントに
なったんと違うかな?一連の書き込みがさっちゃんやとしたらいただけんで。
せっかくええ才能もってはるんや。あんなアホになる必要はどこにもおまへん。
言いたいことは名前を出して真正面から言いなはれ。そうしたら、みんな受け止めて
くれるとおもいまっせ。なんせ俳句の好きな人たちや。道理のわからん人はここには
いてまへん。ま、いずれにしてもネットのいたずら書きや。そうたいしたことあらへん。
出てきてサラッとあやまってやな、またええ句作って見せてえな。

446 :詠み人知らず:05/01/28 18:34:57
>一連の書き込みがさっちゃんやとしたらいただけんで

さっちゃんじゃなくて応援団同士のバカ騒ぎのような気がするが?
差っチャンの応援団のほうが歌はうまいとおもいますが、みなさんはどうですか?
たのしませくれてありがたいとおもいます。


447 :詠み人知らず:05/01/28 18:40:48
>>446
っで?おまえはどっちよw? 句作ってみせてみw

448 :詠み人知らず:05/01/28 18:42:32
52 名前: 詠み人知らず 投稿日: 05/01/22 14:45:20
2chの一流歌人とはだれのこと?
一流歌人
 さっちゃん、まにあさん、あかね、ねむ、漂太、。。。

2流歌人
 にょろり。。。。。。?


449 :にょろり:05/01/28 18:42:57
>>446
応援団なんてものはないで。句がうまいかへたかは、同じ人でもその時々で
違うやろ。

450 :詠み人知らず:05/01/28 18:45:49
446=さっちゃんw



451 :詠み人知らず:05/01/28 18:49:34
>>446

いずれにしてもこのさっちゃんは最悪な香具師でしょw
他スレでもこれだもの。。

51 名前: 名前はいらない 投稿日: 05/01/28 12:39:18 ID:bCqTl5DO
>>49>>50
さっちゃんとやら、速やかに退場して二度と来ないでください。


452 :詠み人知らず:05/01/28 18:54:32
>>446
君はさっちゃん?違うのなら反論したら?

453 :詠み人知らず:05/01/28 19:01:52
>応援団なんてものはないで

ええっ それじゃ みんな本物とさっちゃんとにょろりなの?


454 :詠み人知らず:05/01/28 19:11:20
>>453
日本語になってないぞww

455 :詠み人知らず:05/01/28 19:12:32
真面目志向なんで、おふざけを乱暴に投句されても困ります。
ではよろしくです。

句をよみませうw


456 :詠み人知らず:05/01/28 19:17:00
>>454 日本語になってないぞww

訂正

ええっ それじゃ みんな本物のさっちゃんとにょろりなの?


457 :詠み人知らず:05/01/28 19:18:11
>>452

わたしはNHK会長でした。


458 :詠み人知らず:05/01/28 19:18:20
>>445
さすがはにょろり先生と云いたいとこだけど、
かえって出にくくなったんじゃないか? さっちゃんは。

459 :詠み人知らず:05/01/28 19:20:56
>>456
訂正しても意味不明な文章かくなw 小学生か?

460 :詠み人知らず:05/01/28 20:10:53
>>451
他スレってここだね
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1101479338/

461 :違和介 ◆dEt/92iCig :05/01/28 20:14:52
投句するだけで悪者扱いされちゃ構わないよな。
だから2ちゃん(ネラー)なんだよ・・・。

462 :詠み人知らず:05/01/28 20:18:28
そのとおりだね
挙句の果て、無関係なあかね嬢までまきこんでほんに品のない下種れんちゅうだよ


463 :詠み人知らず:05/01/28 20:33:12
>>462
そこまで云うのなら名前だしたら?さっちゃんw あかね嬢のためにもw

464 :詠み人知らず:05/01/28 20:39:57
>>462
どこであかね嬢をまきこんでますか?あかね嬢については
誰も何も言ってないように思いますが・・

465 :詠み人知らず:05/01/28 20:44:33
しらじらしいな
胸に手を当ててみろ


466 :詠み人知らず:05/01/28 20:46:24
>>464

846 名前:詠み人知らず :05/01/28 20:39:34
はだかたい
あかねのまえじゃ
さちはだか


467 :詠み人知らず:05/01/28 20:46:41
おっとーw
風雲急を告げる予感w

468 :詠み人知らず:05/01/28 20:48:59
>>465
胸に手を当てても心臓の鼓動しか伝わってこないがw
だからどこであかね嬢をまきこんだか、教えてもらいたい。

469 :詠み人知らず:05/01/28 20:51:16
あ?
はだかたい
あかねのまえじゃ
さちはだか

これのこと言ってるの?こんなもん、まきこんだうちにゃ入らんでしょ。

470 :詠み人知らず:05/01/28 20:51:43
ついにさっちゃんが、本性現すかw  ベンベン♪

471 :詠み人知らず:05/01/28 20:54:40
朕はしらんぜよ
かわをむけ


472 :詠み人知らず:05/01/28 20:55:46
日本一の大天狗


473 :詠み人知らず:05/01/28 21:00:23
848 名前: 詠み人知らず 投稿日: 05/01/28 20:51:06
かわかむり
にょろりといでる
オベリスク

#さっちゃんの反撃? あかね嬢のお返し?

474 :詠み人知らず:05/01/28 21:03:04
なんでもにょろりか?よほど憎いのかい?さっちゃんw

475 :詠み人知らず:05/01/28 21:05:43
855 名前: 詠み人知らず 投稿日: 05/01/28 21:01:51
逝けば良い
にょろりにょろりと
べんぴあけ

#まだやってるよw

476 :詠み人知らず:05/01/28 21:06:49
にくいとはこひしいひとのことざんす?


477 :詠み人知らず:05/01/28 21:08:22
春近し    句をよみませうw

478 :詠み人知らず:05/01/28 21:10:17
はるちかし ここではなにを あげつらう?

479 :違和介 ◆dEt/92iCig :05/01/28 21:10:49
>>477
春一番に俳句の欠片飛ばしけり

480 :にょろり:05/01/28 21:12:40
春一番に俳句の欠片飛ばしけり ←ヘタクソな句やなw

481 :詠み人知らず:05/01/28 21:15:39
スレ嵐俺じゃねえよとさちぼやき

482 :詠み人知らず:05/01/28 21:17:36
ヘタクソな句やな ドーイとさちにょろり

483 :詠み人知らず:05/01/28 21:22:13
ヘタクソとおまわずほめてさとりあれ

484 :不知詠人:05/01/28 21:25:55
薄氷を指もて溶かす別れかな

485 :不知詠人:05/01/28 21:27:18
雑踏に君も見てゐむ冬の虹

486 :不知詠人:05/01/28 21:35:56
完膚なきまで寒風に吹かれけり

487 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/01/28 21:46:27
寒梅の日に日に太るおそろしさ

488 :詠み人知らず:05/01/28 22:26:37
 子にかえることの一つに霜柱


489 :詠人不知:05/01/29 01:00:25
# >>485
秀逸ですね。

490 :漂太:05/01/29 01:21:39
寒梅に来てはいかぬかわしゃ目白

491 :詠み人知らず:05/01/29 07:50:41
春近し隣家の猫もそわそわと

492 :にょろり:05/01/29 09:09:33
寒梅じゃ目白押しにはなれぬぞえ

493 :東山伝京:05/01/29 11:49:05
香具山は天衣纏うや春霞

若菜摘む乙女想ゆし明日香風


494 :詠み人知らず:05/01/29 11:51:41
>>493
推敲?良くも悪くもなってないような気がするけど。

495 :東山伝京:05/01/29 11:59:01
>>494
いや、飛鳥でいくつか作ってみたんだけどよ・・・・
俳句で和歌の雰囲気は駄目なのかねえ・・ うまくできねえや。

496 :詠み人知らず:05/01/29 12:05:50
和歌と同じ素材、発想では無理じゃないかなあ。
本歌取り的にいくのがいいだろう、たぶん。
じゃあお前やってみせろと言われてもできません。(ネンノタメ)

497 :東山伝京:05/01/29 12:10:28
素人ながら俺も思うわ。 いくつもやってみたんだがねえ・・ >>496


498 :詠み人知らず:05/01/29 12:20:03
菜畑や丘も河原も明日香風

499 :東山伝京:05/01/29 12:32:59
春雷に歩の阻まれて入鹿塚

500 :詠み人知らず:05/01/29 12:35:31
>>499
ヨッ、調子出てきたぞ。

501 :詠み人知らず:05/01/29 13:51:49
なごやかにくかいはすすみてせきひえて

502 :詠み人知らず:05/01/29 14:35:34
501=さっちゃんw

503 :たかし:05/01/29 15:02:44
雪止みて白極まりぬ針葉樹

504 :詠み人知らず:05/01/29 15:04:55
>>503
わっ、寒そ〜

505 :詠み人知らず :05/01/29 15:15:43
さむいとはこのていどかえ凍る女(ひと)

506 :詠み人知らず:05/01/29 15:18:48
505=さっちゃん

507 :詠み人知らず:05/01/29 15:37:49
さっちゃんにおそれおののくボケ並句 

508 :にょろり:05/01/29 16:38:59
昔ロシアへ旅した時のこと。−40度の極寒の地で外で小便をしてみろと
ガイドに言われ、寒さを我慢してやってみました。
どうなったと思います?地面からチンポコの先っちょまで、見事に氷っちゃうんですね。
放物線を描いて。大変なのはそのあとですよ。オシッコの氷が地面とつながってるから
動けないんです。痛くって。ガイドが湯で溶かしてくれましたよ。ハハ


509 :詠み人知らず:05/01/29 16:42:35
>>508
凍傷で落ちちゃったのか。かわいそー。

510 :詠み人知らず:05/01/29 18:09:10
くそぼうずみてきたようなうそをつき


511 :東山伝京:05/01/29 18:35:32
春近し舞台終いのアオジかな





512 :東山伝京:05/01/29 18:40:53
みはるかす里うららかや煙立ち

513 :東山伝京:05/01/29 18:54:50
業務連絡、業務連絡・・・・・・・ 濃口醤油が残り僅か・・・・ どうぞー

514 :詠み人知らず:05/01/29 19:34:52
薄口醤油を煮詰めて使え・・・・ どうぞー

515 :にょろり:05/01/29 20:29:44
みはるかす里うららかや煙立ち

う〜〜ん、ジューシー

516 :詠み人知らず:05/01/29 21:01:48
おーい どなたかさっちゃん知りませんか?
何処に行ったものやら。。。。

517 :詠み人知らず:05/01/29 21:10:59
さっちゃん==にょろり==キョウデン==2ch ボケ応援団

518 :詠み人知らず:05/01/29 21:11:03
さっちゃんなら練炭売り場で見かけたよその後七輪売り場でも見た

519 :詠み人知らず:05/01/29 21:20:27
それは車に積み込む準備?  ひえー!たいへんだ。

520 :詠み人知らず:05/01/29 21:55:49
さっちゃんがきみらをまねきやきにくをおごってくれるそうだけどどう?


521 :詠み人知らず:05/01/29 21:58:31
さっちゃんのふるまうにくのあとあじは?

522 :詠み人知らず:05/01/29 21:58:51
すごくいいにんにくがあるとさっちゃんが


523 :詠み人知らず:05/01/29 22:00:28
う〜〜ん、術中死ー

524 :詠み人知らず:05/01/29 22:01:07
にんにくはにおいけしだろくさいのか

525 :詠み人知らず:05/01/29 22:02:30
かわをとるくさくないよとさっちゃんが


526 :詠み人知らず:05/01/29 22:17:46
知り合いの外科医が何故か格安で肉を譲ってくれるそうです

527 :詠み人知らず:05/01/29 22:19:32
>>526
はいはい。 さっちゃんww

528 :詠み人知らず:05/01/29 22:24:13
もういい加減にさっちゃんの話題止めたらw? スレの浪費で、さっちゃんの思う壺だよw
句を作れよ みんなw

529 :しまだかんべえ:05/01/29 22:27:45
ことわるわしはともをつれてあるけるみぶんではない!


530 :しまだかんべえ:05/01/29 22:37:14
うーん
2chから7人のサムライを選ぶとしたらだれかな

さっちゃん、ひょうた、ZZZ,まにあ、
あかね、ねむ、十三の女

でいくか
まあ ぜひもないただばたらきだがな 賞も名誉もなにもないが


531 :詠み人知らず:05/01/29 23:40:48
512 名前:東山伝京[] 投稿日:05/01/29 18:40:53
みはるかす里うららかや煙立ち

513 名前:東山伝京[] 投稿日:05/01/29 18:54:50
業務連絡、業務連絡・・・・・・・ 濃口醤油が残り僅か・・・・ どうぞー

514 名前:詠み人知らず[] 投稿日:05/01/29 19:34:52
薄口醤油を煮詰めて使え・・・・ どうぞー

515 名前:にょろり[] 投稿日:05/01/29 20:29:44
みはるかす里うららかや煙立ち

う〜〜ん、ジューシー

532 :詠み人知らず:05/01/29 23:49:21
しまだかんべえ=さっちゃんw

533 :しまだかんべえ:05/01/29 23:50:51
おのれことのみかんがえるやからおのれをもほろぼす
こんごそういうやからは。。。。(切る)。。。

534 :詠み人知らず:05/01/29 23:52:53
斬る。やろ
さっちゃん

535 :詠み人知らず:05/01/29 23:56:08
さっちゃんは侍に化け人を斬り

536 :詠み人知らず:05/01/29 23:59:43
さっちゃん、しまだかんべえ の次はなんて名にするの?w
なんだか「堀池の僧正」みたいになる予感w


537 :詠み人知らず:05/01/30 00:01:47
漢字も知らんからすぐばれるね さっちゃんwww♪

538 :詠み人知らず:05/01/30 00:10:35
>>533

こいつ相当頭悪そうだなw

539 :詠み人知らず:05/01/30 00:24:10
さっちゃんはね、頭はいいんだ、ほんとはね
だけど馬鹿のフリしてるだけなんだよね。可愛いね、さっちゃん。

540 :詠み人知らず:05/01/30 00:32:01
さっちゃんネタは飽きた。くだらん。目立ちたがり屋の糞だろww
相手にすんなもう。

541 :詠み人知らず:05/01/30 00:34:42
句をよみませうw


542 :詠み人知らず:05/01/30 00:50:28
あなたはほんとうにすばらしいひとだ
わたしはそれをいいたかったのです


543 :詠み人知らず:05/01/30 00:53:08
げんなりスレ

544 :詠み人知らず:05/01/30 01:05:38
ばかどもにわかるものかえたたかひおわりてあらたくにをつくりしひ

545 :詠み人知らず:05/01/30 01:07:19
きものもちいもをもとめしれっしゃかな

546 :詠み人知らず:05/01/30 01:08:26
ひもじうてこめびつさかさいもひえて

547 :詠み人知らず:05/01/30 01:09:28
あさふかしゆげだついももよるはみず

548 :詠み人知らず:05/01/30 01:16:53


 勝ち負けの空を抜けゆく田植え唄



549 :詠み人知らず:05/01/30 10:59:18
さっちゃんは都市伝説と化しにけり

550 :詠み人知らず:05/01/30 12:11:02
俳句スクエアの掲示板がなくなってるぞ。誰かワルサをしたなw

551 :東山伝京:05/01/30 12:23:23
>いかほどのうらみをかひしこのさわぎにょろりでんきょううらみはてなし

にょろりだけに嫌な思いさせとくのは、目覚めが悪いてえもんだから一言・・・
さっちゃんに恨み買う様なまねした覚えねえんだが、
もし気がつかねえ間に何かしでかしたんなら、こめんなさいよ。不器用な性質なもんでよ。
またいい句見せてくんなよ、皆に。

552 :詠み人知らず:05/01/30 12:28:20
うらめしやたしかはやりのいためしや

553 :詠み人知らず:05/01/30 13:16:35
>>550

よっぽどつれないんだね

554 :詠み人知らず:05/01/30 13:19:56
>>552

おめえはいがいといいやつだね
ただテーマが単調なんだよ
いや おれは部外者だからね まきこまないでくれ
おもしろかったよ


555 :詠み人知らず:05/01/30 13:30:34
↑ 552−−>551


556 :詠み人知らず:05/01/30 13:31:55
>>551

にょろり=きょうでんと思われているんだよ


557 :詠み人知らず:05/01/30 15:11:47
きょろり=にょうでん

558 :詠み人知らず:05/01/30 15:44:35
>>557
おもろない。 句をよう作らんのやったら来るなボケww

559 :詠み人知らず:05/01/30 15:58:22
>>557+1

おもろない。 句をよう作らんのやったら来るなボケww




560 :詠み人知らず:05/01/30 19:10:41
>>557+2

おもろない。 句をよう作らんのやったら来るなボケww



561 :詠み人知らず:05/01/30 20:38:16
頼むからsageでやってくれ

562 :あげますかあげませんか:05/01/30 21:06:15
頼むから臣でくれ

563 :さっちゃん:05/01/30 23:41:00
臣ぬならばさきだろにょろりでんきょうが

564 :さっちゃん:05/01/30 23:43:39
http://otd5.jbbs.livedoor.jp/520830/bbs_plain

↑この掲示板句会を見習って句会やれ



565 :詠み人知らず:05/01/30 23:49:03
句を書け

566 :漂太:05/01/31 00:14:53
「句を書け」と言われいきなりスレ下がる

567 :詠み人知らず:05/01/31 00:22:13
白だろといわれてひょうた黒くぬり

568 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/01/31 00:25:04
霜柱育つ音聞き夜なべかな

569 :詠み人知らず:05/01/31 00:25:15
このスレも板になじんできたみたい

570 :詠み人知らず:05/01/31 00:32:50
にせものはやはりへたくそレベル落ち

#563のように下手だね 息づかいもわるいし


571 :さっちゃん:05/01/31 00:36:30
偽者も本物もない中身なし


572 :詠み人知らず:05/01/31 01:25:58
ほんものもにせもあるかやあほらしい

573 :詠み人知らず:05/01/31 01:27:46
ほんに
おまえは
へのような


574 :zzz:05/01/31 01:29:29
「新人さん」

575 :詠み人知らず:05/01/31 03:20:24

 子にかえるものの一つに霜柱


576 :詠み人知らず:05/01/31 10:39:39
雨傘のひとつが高し波郷の忌

577 :詠み人知らず:05/01/31 10:40:52
どうしても採れぬところに通草の実

578 :にょろり:05/01/31 15:44:52
>雨傘のひとつが高し波郷の忌

波郷忌を詠んだ句は多いが、これもなかなかええね。
さすがやなw


579 :詠み人知らず:05/01/31 18:52:32
ひとりごとかいにょろりさん


580 :詠み人知らず:05/01/31 20:43:17
にょろりよ、おまえが恋焦がれてたさっちゃんが現れたのに
言葉の一つも掛けてやらねえのか。そんなことじゃさっちゃんが
またすねて暴れるぞw

581 :詠み人知らず:05/01/31 20:48:27
あいさつしなければいけないのはさっちゃんのほうだろ

582 :さっちゃん:05/01/31 21:11:37
ねばねばと板に溢れてアブラムシ


583 :詠み人知らず:05/01/31 21:22:45
>>582
もう夏を詠むのかいなw

584 :さっちゃん:05/01/31 21:29:40
無季だろと死刑だろうと2チャンネル

585 :詠み人知らず:05/01/31 21:33:11
うまい!!二世さっちゃん

586 :あかぺら:05/01/31 22:03:52

ねばねばねばねばねばねばねばyou'll never know!

587 :詠み人知らず:05/01/31 22:28:04
>>583

季はずれにまとわりつくかアブラムシ かまって欲しと泣くきが知れず

苦もせずにwばかりで囃したて人知のなかに恥をなげいれ



588 :詠み人知らず:05/01/31 22:36:08
さっちゃんのおもりはにょろりにまかせよう

589 :詠み人知らず:05/01/31 23:39:52
句会はもうやらないのか

590 :詠み人知らず:05/02/01 00:36:35
ゆ会つう会句句会会の会ぶつ句ん

591 :詠み人知らず:05/02/01 06:15:16
鬼役が真っ先に喰う年の豆


592 :詠み人知らず:05/02/01 09:23:23
恨みますくだらない句もおまえらも

593 :詠み人知らず:05/02/01 09:27:36
恨むなら世話をしようか仕事人

594 :さっちゃん:05/02/01 09:36:22
>>592
ぐだぐだと身から出た錆びあきらめな

595 :詠み人知らず:05/02/01 10:11:53
>>594
おい、さち公てめえコテで出て来てまで荒らしを続けるつもりか。
いったいどこまでふざけた野郎なんだ。いい加減にしないと
承知しないぞ。ぶっ殺されなきゃ懲りない野郎だなてめは。

596 :詠み人知らず:05/02/01 12:04:50
さちこうのにせものだよ
それがしょうこに文章がへただよね
いわゆるわさびのきいいたさッチャン風じゃないモンな


597 :詠み人知らず:05/02/01 12:24:45
たしかにすこしみっともないよね
へたなくせに本家だなんていいはって、こちらがはずかしくなるよ


598 :詠み人知らず:05/02/01 13:42:10
にせものも 本家もおなじ スレ荒らし

599 :詠み人知らず:05/02/01 13:43:11
憎みます スレ荒らし達 憎みます

600 :さち公:05/02/01 14:57:46
荒らしには 全員消えて もらいましょ

601 :詠み人知らず:05/02/01 16:11:02
こちふかばあらしおこせよチホのうみ


602 :詠み人知らず:05/02/01 18:02:53
本物はわさびが効いてw ワロタ。 どっちも2チャンネル狂いの馬鹿だろがw
中にさち公が混じってからかってる事もわからんここのアホどもも同類だな。

603 :詠み人知らず :05/02/01 18:09:04
↑ ばかなればわらういがいにてはないか あほとしるべしぼけてはおそし

604 :詠み人知らず:05/02/01 18:14:01

ほら出たろwさち公がw

605 :詠み人知らず:05/02/01 18:26:50

このすれ常駐のばか

606 :詠み人知らず:05/02/01 18:27:55

はんまやな ボケ馬鹿や
こいつもな


607 :詠み人知らず:05/02/01 18:28:36

君は何ばか?

608 :詠み人知らず:05/02/01 20:38:02
バカヤロー解散ここらでしたいスレ

609 :さっちゃん:05/02/01 20:41:15
バカヤローおまえが来なきゃ良スレだ

610 :詠み人知らず:05/02/01 20:59:50
↑ なんと品のないさっちゃんだこと おめえきえな


611 :東山伝京:05/02/01 21:37:44
冬屋台気持ちの解けて家路かな

612 :東山伝京:05/02/01 22:24:48
熱燗の沁みて心の糸ほぐれ

613 :詠み人知らず:05/02/01 22:42:13
そろそろ、にょろりが出て来て歯の浮くような
ほめ言葉を並べ立てる頃あいだな。

614 :詠み人知らず:05/02/01 23:10:56
もう虫歯ガタガタいわずまっておれ


615 :詠み人知らず:05/02/01 23:12:16
613=さっちゃん
614=にょろり

616 :漂太:05/02/01 23:12:36
払暁に紅凝る木瓜の花

617 :詠み人知らず:05/02/01 23:29:02
ぼけすすみくれなひきつしゆうやけが


618 :漂太:05/02/02 00:21:00
払暁に鳩の胸筋むだ強い

619 :詠み人知らず:05/02/02 11:22:07
>>618 616

# いまいちわからんのですが? 


620 :詠み人知らず:05/02/02 12:40:17
ぼけた句は説明つきで願いますw

621 :詠み人知らず:05/02/02 13:10:32
>>619
#617はわかるんですね。すごーい。

622 :詠み人知らず:05/02/02 13:26:46
>>621
そんなどうでもええような事w 君は616? 意味きかせてやw

623 :詠み人知らず:05/02/02 13:38:35
ばかは相手にせず

624 :詠み人知らず:05/02/02 14:06:07
めぐりあいて みしやそれとも わかぬまに
  くもがくれにし よはのつきかな

625 :詠み人知らず:05/02/02 14:07:31
意味などは詩に要らないというという真理

626 :さっちゃん:05/02/02 14:55:32
詩に意味があろうがなかろうがここのあほ達にはわからんわ
ましてあほ句で何をかいわんや ほな

627 :詠み人知らず:05/02/02 16:32:37
にせものがしんりをとひてあらおかし


628 :詠み人知らず:05/02/02 16:35:26
>>627
にせものもほんものもあるか。おまは何様のつもりだ、ぼけ、消えろ。

629 :詠み人知らず:05/02/02 18:42:50
わしはぼけきえろといわるお前アホ

630 :詠み人知らず:05/02/02 18:44:07
さっちゃんのしにみずながしトイレでる


631 :にょろり:05/02/02 22:24:21
>>626
あんた、偽者に見せかけて本当は本物のさっちゃんやろw
もっと素直になれや。ほな

632 :詠み人知らず:05/02/02 22:40:47
偽者は素直になれないのは常識


633 :詠み人知らず:05/02/02 22:41:11
カス共が・・・
俺のサイトに・・・
興味もつ・・・

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=donnmaikeru

634 :さっちゃん:05/02/03 00:08:32
さっちゃんって人気者なんだなあ。ぼくもさっちゃんになりたいなあ。

635 :詠み人知らず:05/02/03 00:34:01
>>634
こいつは元さちw なさけない奴。自画自賛が始まるよw

636 :詠み人知らず:05/02/03 00:44:03
五七板名無しは"さっちゃん"ではどうか?

637 :詠み人知らず:05/02/03 00:50:08
一億総さっちゃん…

638 :詠み人知らず:05/02/03 02:43:21
詠み人知らず 総ざんげ


639 :さっちゃん:05/02/03 13:11:48
>>636
いいですね。

640 :詠み人知らず:05/02/03 13:55:24
さっちゃん、朝から夜まで何時間2ちゃんやっとるねんw

641 :詠み人知らず:05/02/03 16:08:27
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/tanka/1107414433/

642 :詠み人知らず:05/02/03 19:05:52
さちごとき相手にせずや春近し 


643 :詠み人知らず:05/02/03 19:17:18
ほんものはたしかきょねん雪ノ下


644 :詠み人知らず:05/02/03 20:22:25
ぬかったなかそうにしておくべきだ


645 :詠み人知らず:05/02/03 21:17:35
豆打って写楽のごとく見栄を切り

646 :詠み人知らず:05/02/03 21:23:22
蝋梅の落ちた蕾を集めけり


647 :詠み人知らず:05/02/03 21:31:03
>>645
いいねえ。

>>646
それがどうしたのと言いたいところだね。



648 :詠み人知らず:05/02/03 22:00:23
↑ ばか


649 :詠み人知らず:05/02/03 22:02:53
さっちゃんか

650 :さっちゃん:05/02/04 11:31:26
糞スレがなんでのびるやにょろにょろと

651 :詠み人知らず:05/02/04 11:45:21
>>645 >>646
さっちゃんの句。
↑ ばか と言ってるのはさっちゃん。
さっちゃんは昔から自分の句を褒めてもらっても
その人を馬鹿にする習性がありますw


652 :にょろり:05/02/04 11:58:13
>蝋梅の落ちた蕾を集めけり

なんや、このろくでもない句はw
そのまんまやんけ プ 
蕾集めてどないするっちゅうねん。アホか


653 :詠み人知らず:05/02/04 13:24:41
俺もそう思うけど、何もあからさまに言わなくても 
いい気分になっている人も多いのだから

654 :詠み人知らず:05/02/04 13:30:16
>>653
またさち公の自演かプ

655 :詠み人知らず:05/02/04 13:40:41
まれにみる粘着のいるすれっど
俳句短歌は賢いやつの遊びだと思っていたが、「歌人は馬鹿」の意味がわかってきたよ。一部のことだが

656 :詠み人知らず:05/02/04 13:47:29
>、「歌人は馬鹿」の意味がわかってきたよ。一部のことだが

わかってないよ
全部だよ

>俳句短歌は賢いやつの遊びだと思っていたが

さち公の自演か ップ



657 :詠み人知らず:05/02/04 15:38:17
さち公は自スレ揚げても相手にされんもんで、また荒らし始めたかw?

658 :詠み人知らず:05/02/04 17:07:46
チューリップ女医が解剖する如し

659 :詠み人知らず:05/02/04 21:28:45
さっちゃん。こんばんは
なんかお話しませんか?

660 :詠み人知らず:05/02/05 01:22:28
↑ ガンバリヤ


661 :詠み人知らず:05/02/05 01:28:05

云われんでもがんばるわ。by漂太

662 :詠み人知らず:05/02/05 01:32:37
おまえもなものずきおばけふるえてる


663 :漂太:05/02/05 01:35:21
おまえもなものずきさちもふるえてる


664 :詠み人知らず:05/02/05 13:16:51
梅毒か




665 :詠み人知らず:05/02/05 13:24:12
廃人の廃人による廃人のための愉快な廃墟スレ

666 :詠み人知らず:05/02/05 13:25:21
↑指をふたつ折り損ねた 失敗

667 :詠み人知らず:05/02/05 13:27:01
↑でもキリバン取れた。 マイグッジョブ!

668 :詠み人知らず:05/02/05 14:22:36
さっちゃん、こんにちは。
なにか話しませんか?

669 :詠み人知らず:05/02/05 14:22:54
みわたせば句スレもかすむばかとあほ


670 :詠み人知らず:05/02/05 14:29:15
にせひょうたでてこひあそぼあほうたで


671 :詠み人知らず。:05/02/05 14:33:48
にせひょうたにせさっちゃんになきこんで

672 :にょろり:05/02/05 15:21:36
さっちゃん専用のスレができとりますなw

さっちゃんは神になりけり2ちゃんでは
柏手の一つも打ってお参りしてみますかいなw
お賽銭 いりまっしゃろか?

673 :詠み人知らず:05/02/05 15:23:06
にせにせとさわいでかなしへぼどうし

674 :詠み人知らず:05/02/05 15:59:25
にせつくり話題つくってあほかいな
 
#にせでなくいまはやりの自演目立ち作戦でしょw

675 :詠み人知らず:05/02/05 16:04:35
かたりもの にしのさくらへ はやがわり


676 :詠み人知らず:05/02/05 16:16:31
さっちゃんはね サチオと言うんだ ほんとはねw

677 :詠み人知らず:05/02/05 17:44:58
    /       /        |         /     .|     .|                 /    丶    _
   /    _,,r''"/"""  ヽ ー--|    r''""ヽ  |  ''゙゙` ̄| ̄ ー--|   r''""ヽ.       _,,r''"/"""  ヽ  ー--''゙/
   /      . /         /|  /    ヽ. |     ..|    ./|  /    ヽ        /          /r''"""ヽ
  /       /      |   / |/      |  |      |   / .|/      | ー----- /  _,,r''""ヽ   〆"´    )
  / r''ヽ.   /    ,,,,,,.|   /,, |       丿  |      |   /,, .|     ,,,,,,、.|      /                 ノ
 //  ヽ.      (  )ヽ 〆 |     /   .ヽ     ノ  〆 |    (  )ヽ    /   ヽ            ノ
〆     ヽ      ""     |              "     .|     ""           `"""       ""´


678 :詠み人知らず:05/02/05 18:06:30
さっちゃんはね 漂太と言うんだ ほんとはねw


679 :詠み人知らず:05/02/05 19:50:17

コテ煽っても ひとり

680 :漂太:05/02/05 19:57:50
さち公はいつも隠れて悪さをし  #カスさち。

681 :詠み人知らず:05/02/05 20:12:45

コテ騙っても ひとり


682 :詠み人知らず:05/02/05 20:14:28
>>681
?っで なんやのんww あほか?

683 :詠み人知らず:05/02/05 20:18:43
突然失礼します。質問ですが、こちらの選者さまの俳句感を
知りたいのですが。入選したいひとにはそれが必要だと思い
ます。どちらかというと客観写生ではなく、主観が明示的に
現れているものをお好みでしょうか? このスレでは
鬱屈、期待、滑稽、失恋 、世相(風刺)、中年 、回想、気高さ
などが見られますが。


684 :詠み人知らず:05/02/05 20:34:27
    /       /        |         /     .|     .|                 /    丶    _
   /    _,,r''"/"""  ヽ ー--|    r''""ヽ  |  ''゙゙` ̄| ̄ ー--|   r''""ヽ.       _,,r''"/"""  ヽ  ー--''゙/
   /      . /         /|  /    ヽ. |     ..|    ./|  /    ヽ        /          /r''"""ヽ
  /       /      |   / |/      |  |      |   / .|/      | ー----- /  _,,r''""ヽ   〆"´    )
  / r''ヽ.   /    ,,,,,,.|   /,, |       丿  |      |   /,, .|     ,,,,,,、.|      /                 ノ
 //  ヽ.      (  )ヽ 〆 |     /   .ヽ     ノ  〆 |    (  )ヽ    /   ヽ            ノ
〆     ヽ      ""     |              "     .|     ""           `"""       ""´



685 :詠み人知らず:05/02/05 20:39:01
ぼくちんの欲求不満はちきれて

686 :漂太:05/02/05 20:57:37
投句など誰がするかや糞壺に

687 :詠み人知らず:05/02/05 21:00:00
くそがいうおのれのばしょをつぼだとよ


688 :詠み人知らず:05/02/05 21:02:05
2チャンネルで 真面目志向は 無理かもね
本当の句会でも 選者に迎合 あたりまえ

689 :詠み人知らず:05/02/05 21:19:55
    /       /        |         /     .|     .|                 /    丶    _
   /    _,,r''"/"""  ヽ ー--|    r''""ヽ  |  ''゙゙` ̄| ̄ ー--|   r''""ヽ.       _,,r''"/"""  ヽ  ー--''゙/
   /      . /         /|  /    ヽ. |     ..|    ./|  /    ヽ        /          /r''"""ヽ
  /       /      |   / |/      |  |      |   / .|/      | ー----- /  _,,r''""ヽ   〆"´    )
  / r''ヽ.   /    ,,,,,,.|   /,, |       丿  |      |   /,, .|     ,,,,,,、.|      /                 ノ
 //  ヽ.      (  )ヽ 〆 |     /   .ヽ     ノ  〆 |    (  )ヽ    /   ヽ            ノ
〆     ヽ      ""     |              "     .|     ""           `"""       ""´




690 :詠み人知らず:05/02/05 21:23:38
>>689
おい漂太w なんのつもりやw あほか。

691 :詠み人知らず:05/02/05 21:26:32
>>690
さち公じゃないのか?

692 :詠み人知らず。:05/02/05 22:08:54
きにするなひょうたんみがけさちおおし


693 :詠み人知らず:05/02/05 22:39:54
もう句を詠みませう

694 :詠み人知らず:05/02/06 00:15:12


 道普請名もなき辻も春なれや



695 :詠み人知らず:05/02/06 00:29:41
麦踏の今年は長くなりそうな

696 :詠み人知らず:05/02/06 00:48:23
お庭外
だけど全裸よ
服は家(うち)

697 :詠み人知らず:05/02/06 01:49:05

 窓あかり異界の方へ豆をうつ



698 :詠み人知らず。:05/02/06 04:18:05
                                ノ ──  ____l__l___
    _|     |   ヽ   |_|_  --─丶.    ノ ─┬   |_____ノ
      |/⌒ヽ  |   │  ̄| ┘       )   │  │   /______フ____
     ノ|  丿  v      ヽ_     ___ノ    │  _|   / l l ヽ_/


699 :詠み人知らず:05/02/06 06:44:05
うぐいすを 見たことがない 梅の宿

700 :東山伝京:05/02/06 11:23:57
三歩退き四歩進みてや春の来る

鶏鳴もどこかのどけし里の朝

701 :詠み人知らず:05/02/06 12:05:38
>>697
いい!

702 :にょろり:05/02/06 13:20:47
>三歩退き四歩進みてや春の来る

三寒四温を歩に例えて、秀逸!

703 :詠み人知らず:05/02/06 13:42:00
                                ノ ──  ____l__l___
    _|     |   ヽ   |_|_  --─丶.    ノ ─┬   |_____ノ
      |/⌒ヽ  |   │  ̄| ┘       )   │  │   /______フ____
     ノ|  丿  v      ヽ_     ___ノ    │  _|   / l l ヽ_/



704 :東山伝京:05/02/06 13:57:36
>>702
ありがとう。 最近句を詠んだり見たりどころの話じゃねえなあ。
騒がしくってついちゃいけねえが、まあこれも酔狂でいいもんかもしんねえな。
見ていて面白えやりとりもあるしね。

705 :詠み人知らず:05/02/06 14:01:37
512 名前:東山伝京[] 投稿日:05/01/29 18:40:53
みはるかす里うららかや煙立ち

513 名前:東山伝京[] 投稿日:05/01/29 18:54:50
業務連絡、業務連絡・・・・・・・ 濃口醤油が残り僅か・・・・ どうぞー

514 名前:詠み人知らず[] 投稿日:05/01/29 19:34:52
薄口醤油を煮詰めて使え・・・・ どうぞー

515 名前:にょろり[] 投稿日:05/01/29 20:29:44
みはるかす里うららかや煙立ち

う〜〜ん、ジューシー

706 :東山伝京:05/02/06 14:15:04
>>705
なんのつもりでやってんのだか知らねえが、この醤油の件は俺一人の酔狂。
醤油送ってくれる知りあいがこの掲示板見てるてえきいたもんだから、洒落のつもりで入れたんだよ。
だから、後の 514、515の人達には関係のねえ事なんだわ。 誤解しねえでくれねえかな。

707 :詠み人知らず:05/02/06 14:28:49
厨房の自作自演が香ばしい

708 :にょろり:05/02/06 14:48:38
>>706
そういうことかw
思わず笑ってしまったぞよ。
で、業務連絡はついたのかいな?
濃口醤油は届いたんかいな?

709 :詠み人知らず:05/02/06 14:50:44
東山伝京って貴方あの洒落本で有名な江戸時代の…

710 :詠み人知らず:05/02/06 14:58:01
牛と豚 一人二役パペットマペット

711 :東山伝京:05/02/06 15:01:29
>>708
届いたよ。おかげさまで。

712 :詠み人知らず:05/02/06 15:12:11
…山東京伝を捩っただけやないかい。

713 :にょろり:05/02/06 15:12:15
そりゃよかった
しかし
>>707>>710みたいなアホがおるから
書き込みもおもろいなあw

714 :東山伝京:05/02/06 15:18:55
>>713
っなこと云うとまたくっつかれぜえ くわばらくわばら。

715 :詠み人知らず:05/02/06 15:37:09
パペマぺは図星さされても続けます

716 :詠み人知らず:05/02/06 15:44:32
中の人うわさほど二の線じゃない

717 :詠み人知らず:05/02/06 15:56:24
>>706
コドモダマシという言葉はこのレスのためにある言葉だね。

718 :詠み人知らず:05/02/06 16:14:59
>>717
さっちゃんの香りがしまつねwww 君だよ君。

719 :詠み人知らず:05/02/06 16:20:46
またさっちゃんか

720 :詠み人知らず:05/02/06 16:28:52
>697
 698
 701
 703
 705
 717
これはいつものさっちゃんの書き込みと思われwww

721 :詠み人知らず:05/02/06 16:35:58
697はさっちゃんの句じゃないだろ

722 :詠み人知らず:05/02/06 17:36:02
さっちゃんが、これほどかぐわしい人物だとは知らなかったな〜〜

723 :詠み人知らず:05/02/06 17:37:18
さっちゃんが来ればにほいですぐわかり

724 :にょろり:05/02/06 17:41:56
さっちゃんの香りかぐはしすかし屁を人ごみの中にそを嗅ぎにゆく

725 :詠み人知らず:05/02/06 18:03:44
にょろにょろとひとのけつかぐぼうずあさまし


726 :詠み人知らず:05/02/06 18:51:20
ワンパターン もうウンザリだ スレ汚し

727 :詠み人知らず:05/02/06 18:54:46
荒らすなよ 交換日記を しておくれ

728 :詠み人知らず:05/02/06 19:11:50
ワンパターンいぬもおかすかくそにょろり

729 :詠み人知らず:05/02/06 19:29:08
さっちゃんは
よしこというんだ
ほんとはね

730 :詠み人知らず:05/02/06 20:26:51
さっちゃんは どこへ逃げたか ウーオンテッド

731 :詠み人知らず:05/02/06 22:40:12
>>730
さがすなよw もううざいよさち公は。


732 :詠み人知らず:05/02/07 01:00:27
>>729〜731
にょろっと3パターンこさえたでーw

733 :さっちゃん:05/02/07 09:16:57
恨みます砂を噛みつつ恨みます

734 :詠み人知らず:05/02/07 10:54:23
>>733 =にょろり
真似たつもりでも判んだよっニセモノが!
いつまでも騙ってんじゃないよ。回虫野郎!

735 :詠み人知らず:05/02/07 12:48:11
>>734
やっぱり!さっちゃんだ!こっそり悪さしてないで出ておいでよ♪

736 :詠み人知らず:05/02/07 15:52:08
恨みますけつを噛みつつ恨みます

737 :にょろり:05/02/07 15:57:38
>>734
あほんだら!人の名前騙って悪口書くほど落ちぶれちゃいねえや。
今までだって堂々と?wこの名前で言いたいこと言ってきただろ。
さっちゃんの句をけなすのも、すべてにょろりでけなしてきたしなw
今更人の名前なんか使ってどうすんだよ。

738 :にょろり:05/02/07 16:22:34
しかしさっちゃんもしつこいねえ。俺もだけどw
いい加減逆恨みはやめてもらえんかね。なんでこうなったか、ちと検証してみたw
最初から読み返してみると、さっちゃんの性格がよくわかるな。
「さっちゃんの世界は誰も真似できず」と言ってるように、非常にプライドが高いことがわかる。
句を褒められると、あとで「馬鹿か」というようなレスをする(詠み人知らず)で。
また、句を褒めた人に「観賞眼がないから」というような見下した言い方もする。
要するにとても自尊心が強い。
伝京はんを褒めるのも気に入らない。なぜなら自分のほうがよほど上手だと思っているから。
さっちゃんをけなして伝京を褒める。こんなことはありえない。伝京の自演に違いない。
にょろり=伝京 こう思わないと納得できない。・・・と、まあ、こんな経過で
さっちゃんの逆襲が始まった。と言うようなことは考えすぎでっか?wあくまで空想だすw
はい。おたいくつさまw

739 :詠み人知らず:05/02/07 16:47:28
伝京はんを褒めるのも気に入らない。なぜなら自分のほうがよほど上手だと思っているから。
さっちゃんをけなして伝京を褒める。こんなことはありえない。伝京の自演に違いない。
にょろり=伝京 こう思わないと納得できない。・・・と、まあ、こんな経過で

この意見には同意です。 さっチャンと伝教では比較にならない。



740 :詠み人知らず:05/02/07 17:32:53
>>この意見には同意です。 さっチャンと伝教では比較にならない。
そうだね、さっちゃんの血なまぐさい句と伝京の句じゃ、伝京のほうがずっといいもんね。


741 :詠み人知らず :05/02/07 18:21:50
↑ やはり にょろり=伝強 か?

742 :にょろり:05/02/07 18:50:05
しかし世の中頭の悪い奴が多いねえw

743 :詠み人知らず:05/02/07 19:10:42
>>この意見には同意です。 さっチャンと伝教では比較にならない。
そうだね、さっちゃんの血なまぐさい句と伝京の句じゃ、伝京のほうがずっといいもんね。
そうだね 伝京をほめてやらなくちゃ

さっちゃんは一流だけど にょろり、伝京は2,3流だから放置するとたれもほめてくれないね

744 :詠み人知らず:05/02/07 19:19:09
>>743
わけわからんこと書くと、またにょろりに頭悪いって言われるぞwww

745 :詠み人知らず:05/02/07 19:32:56
しかし、伝教の句がヘタだとおもうんならなんで直接批評しないで、にょろりの評を待って、
わざわざそれに毒づくんだろうね、さっちゃんは。

746 :詠み人知らず:05/02/07 19:40:10
>745
常識的に考えれば、
さっちゃんもにょろりには一目置いていたって事だよな。
昔は素直にありがとなんて言ってたじゃないか。ほめられて。

747 :詠み人知らず:05/02/07 20:28:55
さっちゃんが一人ほくそえんでるよ。
俺は神だぞ、参ったかってね。

748 :詠み人知らず:05/02/07 20:40:28
なんや。座談会やってはりまんのかいな。けったいな・・・

749 :詠み人知らず:05/02/07 21:38:09
>直接批評しないで..

〜利以外誰もほめないという事実も。。。

750 :詠み人知らず:05/02/07 21:44:06
所詮三流イカの連中の座談会かい


751 :詠み人知らず:05/02/07 22:16:33
↑ 2chの三流は世間では、まったく問題外だぜ


752 :詠み人知らず:05/02/07 22:37:10
マス行為所詮三流イカ臭い

753 :詠み人知らず:05/02/07 22:54:25
マスマス図に乗る行為所詮三流イカ臭い

754 :詠み人知らず:05/02/07 23:37:42
常識的に考えれば、「さっちゃんはROMに徹している」

755 :詠み人知らず :05/02/07 23:44:09
お前がさっちゃんだともう割れているんだよ

756 :詠み人知らず:05/02/07 23:47:04
>>754
ばればれな事してんなやカス! 748〜753 はおまえやろ!さち公がwww

757 :詠み人知らず:05/02/08 02:47:29
恨みます パクリやがったな 恨みます

758 :詠み人知らず:05/02/08 07:48:57
      *****害虫情報*****
通称名 : さっちゃん(現在は詠み人知らずで出没中)
学名 : 昆虫目ゴキブリ属自惚屋科鼻つまみ虫
生態 : とにかく臭い。存在をアピールする為に常に分泌液を放出する。
      擬態して、板を喰い荒らし後味の悪さを残し逃げ去る。
      名指しされると死んだふりをするので要注意
駆除法 : 誉め殺し 或いは 二ちゃん干し

759 :詠み人知らず:05/02/08 17:19:38
↑ おめもしつっこいな
歌を詠んで2chの一流になりな 
さっちゃんなんてめじゃないよ
おれをみな
さっちゃんだって一目おいてるぜ



760 :詠み人知らず:05/02/08 17:21:11
オッサン、必死だなw

761 :さっちゃん:05/02/08 17:23:32
>>758
個人情報を晒すな!!

762 :詠み人知らず:05/02/08 17:37:53
オッサン、必死だなw


763 :詠み人知らず:05/02/08 18:04:56
うるせええ

764 :詠み人知らず:05/02/08 19:11:03
さっちゃん さっちゃんちゃん キリギリス


765 :さっちゃん:05/02/08 20:00:43
さっちゃん

766 :詠み人知らず:05/02/08 20:19:03
俺に跪け

767 :詠み人知らず:05/02/08 20:32:03
さっちゃんに跪け

768 :詠み人知らず:05/02/08 20:48:41
さっちゃん、必死だなw

769 :詠み人知らず:05/02/08 20:54:55
なんとか元のスレに戻らんもんかね。 句を詠みませうw

770 :詠み人知らず:05/02/08 20:57:41
そんな身勝手が許されるとでも?

771 :詠み人知らず:05/02/08 21:37:10
>>769
さっちゃんをなんとかしろ

772 :東山伝京:05/02/08 21:49:21
憂き心酒に浸して待つ春や 

#さっちゃんよ一度でいいから思うところをぶちまけてみちゃあどうでえ?
 そうすりゃあこんな騒ぎも無くなるってもんじゃねえかな。

773 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/02/08 21:51:50
春霞鳥の空音に踊るひと

774 :詠み人知らず:05/02/08 22:49:30

 よ
 節のなかに陽はとどきけり春の竹


775 :さっちゃー:05/02/09 00:35:45
立春の目薬すこし挿しこぼす

776 :詠み人知らず:05/02/09 01:42:00
>>772  みったくねぇはんちくはヤメレ 
滑稽は十二分でも骨は無し
   #もじった京伝かたなし−傍観者.鰯は好きですが。−



777 :詠み人知らず:05/02/09 02:23:27
なにか お呼びですか?


778 :詠み人知らず:05/02/09 03:02:18
>>777 オーダー入りますた!
かぜを刺すしゃれと滑稽かばやきで

779 :詠み人知らず:05/02/09 03:35:02
においのみよこしてねむるしきゃくかな

780 :詠み人知らず:05/02/09 11:31:15
 
 とけゆくに光こぼして霜柱

781 :詠み人知らず:05/02/09 14:35:29
とけゆくによだれこぼしてボケ柱

782 :詠み人知らず:05/02/09 15:19:46
>>773
「踊」と春霞が、何か神秘的なイメージを醸せていてよいのではないかと、一票。

783 :詠み人知らず:05/02/09 15:48:18
>春霞鳥の空音に踊るひと

意味不明


784 :詠み人知らず:05/02/09 16:28:19
>>776
> >>772  みったくねぇはんちくはヤメレ
> 滑稽は十二分でも骨は無し
>    #もじった京伝かたなし−傍観者.鰯は好きですが。−

>>777
> なにか お呼びですか?

>>778
> >>777 オーダー入りますた!
> かぜを刺すしゃれと滑稽かばやきで

>>779
> においのみよこしてねむるしきゃくかな


意味不明


785 :詠み人知らず:05/02/09 16:31:51
>>783
この句はイメージ先行の句だと思われ。
鳥の空音という言葉はあかねさんらしさであると。

786 :詠み人知らず:05/02/09 16:39:34
ドトールで怒涛のごとく水を飲む

787 :詠み人知らず:05/02/09 16:53:40
>>784

おめえのレベルじゃ無理だよ


788 :詠み人知らず:05/02/09 16:56:06
>>784

>>778  かぜを刺すしゃれと滑稽かばやきで

>>779
> においのみよこしてねむるしきゃくかな
  匂いのみよこしてねむるねむる刺客かな

789 :詠み人知らず:05/02/09 17:13:16
さあて、と・・・・

790 :詠み人知らず:05/02/09 17:14:36
ションベンデモするか

791 :詠み人知らず:05/02/09 17:17:22
>世間虚故 是生滅法 雪月花 (雪花紋、春の闇) 
   
世間虚仮(せけんこけ)とは、世界は虚構・妄想で真実ではない
という意味で、以下の諸行無常と同じだろう。

以下が釈迦の前世での悟りらしい。後半部分を鬼に教えてもらう
ため谷に身を投じたが、鬼(実は帝釈天)が救ったという。
                
諸行無常(しょぎょうむじょう)世界に常なるものはない(生滅を繰り返している)
是生滅法(ぜしょうめっぽう) これがこの(生滅を繰り返す)世界の法則である
生滅滅已(しょうめつめつい) 生滅へのとらわれ煩悩を滅し尽くして 
寂滅為楽(じゃくめついらく) 不動のものー宇宙の真理ーに合一せよ 
               それが真の楽しみである

虚仮で無常な世界を、俳句や短歌で詠むというのはどういう意味
があるのか。そんな空虚なことはおやめなさいという声が聞こえる。
ましてどっちがいいかなんて批評(罵倒)し合うのも。

>いびつながら 上求菩提の 雪だるま    無名氏    
後半の下化衆生があって本当のさとりかも知れない。

>棟梁はノミと槌とで餅を割り      
季語つき川柳として魅力あるが、柳多留か武玉川で似たようなのをみたかも


792 :初心者:05/02/09 17:27:33
>>791
雪月花の部分はどう解釈すればいいんですか?

793 :詠み人知らず:05/02/09 17:49:48
諸行無常(しょぎょうむじょう)この世に常なる銀行はない(生滅を繰り返している)
是生滅法(ぜしょうめっぽう) これがこの公金投入の法則である
生滅滅已(しょうめつめつい) 破産へのとらわれ煩悩を滅し尽くして 
寂滅為楽(じゃくめついらく) 倒産散逸ー宇宙の真理ー楽になろうとして自殺はアカン
 

794 :詠み人知らず:05/02/09 17:50:54
>>792
 雪月花の部分はどう解釈すればいいんですか?

最初は雪のように白くうぶな女も、月みちれば 華のようになるということです。


795 :にょろり:05/02/09 18:03:10
>>794
雪月花=季節の景物の総称

>最初は雪のように白くうぶな女も、月みちれば 華のようになるということです。
エエ加減なこと言うたらあかんでw

こんな言葉、季語にもならんがな

796 :詠み人知らず:05/02/09 18:10:32
>>792
こんなのがあった。

雪月花美神の罪は深かりき 高屋窓秋
雪月花とは季節の景物の総称で、それを古来、愛でることで
日本人の美意識が形成されてきたのだとすれば、雪月花に美神
が宿ったということなのである。その罪が深いということは歌
や俳句の罪も深いということで、その意味では、晩年に達した俳人
窓秋の懺悔ととれないこともない。

好き嫌いいろいろあるでしょうが、金子兜太さんも、俳句をやめたい、
彫刻をしたいと言ったそうですが、作句、結社に空虚さを感じたのか
も知れない。

797 :詠み人知らず:05/02/09 18:37:12
>世間虚故 是生滅法 雪月花 (雪花紋、春の闇) 
雪月花は諸行無常そのもの、
その教えの後半ではそういう常でないもの
にとらわれるなと言っている。俳句は季題
としてもろ雪月花にとらわれている。
じゃあ、作者(主宰?)は俳句をやめようと
思っている? あるいは、世間でもよく前半
だけの気持ちで諸行無常を使うけど、作者もそうかも。

798 :詠み人知らず:05/02/09 18:43:51
世間後家 是生身業 背尻鼻

799 :詠み人知らず:05/02/09 18:56:11
色即是空

教訓や説教じみたものは半可通の間は作句しないほうが無難

800 :詠み人知らず:05/02/09 19:03:59
色即是半 最爛鋼熱 地空句作 詩情無何

801 :詠み人知らず:05/02/09 20:49:33
そこそこの 顔ならフクも そこそこで  #高望みはいかんという教訓

802 :無名氏:05/02/09 21:49:17
皆様おひさしぶりです。
夜中に酔っ払って作った句に、これだけいろいろな解釈をしていただいて
正直赤面の至りです。ほんとうに恥ずかしいのです。
世間虚仮・・・は、私個人としては
たゞ傍に舌根をやとひて、不請の念仏両三遍を申してやみぬ
という心持ちで作りました。
いびつながら・・・は、
子供なのか誰か作ったのか、いびつな形をしているけれども、
上求菩提をめざしてひたすら座禅しておられる雪達磨さんだなあ、
という心持ちで作りました。
句であれ歌であれ、それが投げ出されたら、
もはや作者からは離れて一人歩きをするものと思っていますので、
本当はこんなことは書かないほうがいいかな、と実は迷っているのですが、
「そうは解釈できないぞ、だったら、こう表現を変えたほうがよかったじゃないか」といっていただけるかもしれないと思いましたので・・・。

>雪月花の部分はどう解釈すればいいんですか?
>最初は雪のように白くうぶな女も、月みちれば華のようになるということです。
笑いのツボを直撃されました!

803 :詠み人知らず:05/02/10 09:26:58
自分をふくめてわからないひとのために、

>たゞ傍に舌根をやとひて、不請の念仏両三遍を申してやみぬ

これは、俳句でも短歌でもない。方丈記の最後の一節「ただ、かたはら
に舌根をやとひて、不請阿弥陀仏両三遍申てやみぬ。」からとったらしい。
意味は、ただ、身近な舌を借りて、何の願いもない念仏を二、三度唱えた
のみで終えてしまった。これだけではなんのことかわからないので、前の
部分の解釈とともに、

さて、私の一生も、月が西に傾いて山際に近づくように残り少なくなった。
たちまちのうちに死がやって来て、三途の闇に向かおうとしている。

今さら何の愚痴も言うまい。仏がお教えになる趣意は、何事にも執着して
はならないということだ。そうすると、今、この草庵を愛するのも罪とな
る行いだ。

世間を離れ、静かで寂しい庵の生活に執着するのもよくないのだ。どうし
て、役に立たない楽しみを述べ立てて、無駄な時間を過ごしてよいものか。



804 :詠み人知らず:05/02/10 09:28:12
静かな夜明け方に、この道理を思い続けて、みずからの心に問うて言った
ことは、俗世間を逃れて山林に分け入って身を隠したのは、心を修養して
仏道を修めようとするためだった。

ところが、お前は、姿は僧でありながら心は俗世間の欲に染まっている。
住まいは、ほかならぬ浄名居士が方丈の庵に住んだというまねをしている
が、仏の戒律を保っているとはいえ、どうやら、悟りを開くことができな
かったころの周利槃特の行いにさえ及んでいない。

もしやこれは、前世の報いの貧賤が自分を悩ましているのか、はたまた迷い
の心が気を狂わしているのか。その時、私の心は答えることができない。

ただ、身近な舌を借りて、何の願いもない念仏を二、三度唱えたのみで終え
てしまった。

無名氏もこのような心境だったらしい。
 

805 :詠み人知らず:05/02/10 09:57:29
手の込んだ自演やのお・・・

806 :詠み人知らず:05/02/10 11:56:36
五流俳人の自演ウザイ

807 :詠み人知らず:05/02/10 14:41:41
あんたが一番ウザイ
6硫化陣さん


808 :詠み人知らず:05/02/10 15:49:58
>>807
五流を自認してやがる、ぷぷぷ。

809 :詠み人知らず:05/02/10 16:02:46
おまえはうたがよめないから 6硫化陣

810 :詠み人知らず:05/02/10 16:18:06
>>809
詠んでみせろや。おまえは詠めるんだろ?

811 :詠み人知らず:05/02/10 16:38:06
まずお前が詠め
お前みたいなやつは食い逃げ専門だろう わははっは


812 :詠み人知らず:05/02/10 17:04:47
わははっは オイ どうした こしがぬけたか?  6硫化陣


813 :詠み人知らず:05/02/10 17:27:39
おや じかんがきたな 終業時間だ。
くそでもして かえるか わははははははっはは
最近のガキは意気地がねええな わははっははhっは

てにあまるくそがきもやっと卒業し

814 :詠み人知らず:05/02/10 18:58:58
?!


815 :さっちゃん:05/02/10 19:11:13
わらえない五流六流あわれやな # 早く消えなよ このスレも。

816 :詠み人知らず:05/02/10 19:30:17
軌道修正した方がいいよ・・・>このスレ

817 :詠み人知らず:05/02/10 19:41:12
次スレ要らねえ

818 :詠み人知らず:05/02/10 19:44:32
>>817
ならくるな! 来るなボケ!

819 :詠み人知らず:05/02/10 20:30:41
おや くそして食事してかえってきたが まだ歌を読んでないのかい?

はやくよめよ だれでもいいから!
わっはっはっはっはっは


820 :詠み人知らず:05/02/10 20:32:32
わっはhっは
おい さっちゃんとやら
おまえも少し読んでみな
一流だそうだね 期待してるぜ!


821 :詠み人知らず:05/02/10 20:34:32
わっはっはっはっはっは
わっはっはっはっはっは
わっはっはっはっはっは
わっはっはっはっはっは


822 :詠み人知らず:05/02/10 20:38:58
わはっはいきもくるしいとトイレかな

この程度で勘弁してください。

823 :詠み人知らず:05/02/10 21:02:48
がっこうのといれのおもいやにくさし

824 :詠み人知らず:05/02/10 21:24:21
まだやってんのかよw わっはっはっ大王のさち公よ。
自演みえみえなんだよおまえw

825 :詠み人知らず:05/02/10 21:26:55
糞スレが糞する間にも上がりをり

 #こんなんでいいかな?

826 :詠み人知らず:05/02/10 21:33:20
わhっはhっは がきども くぁわいいのおおお
さっちゃんもどこぞの不良かい
まあ てきとうのあそんでおれ
どうせ 卒業しても 浪人だろう
いくらおれでも きさまらの内申書はどうしようもないからな


827 :詠み人知らず:05/02/10 22:08:57
雑談は雑談スレにてどうぞ。

http://game9.2ch.net/test/read.cgi/tanka/1027745163/l50

828 :詠み人知らず:05/02/10 22:59:33
さっちゃんのへぼい句が見えなくて残念です。。。ふはは

829 :詠み人知らず:05/02/10 23:01:54
古池や 蛙飛び込む 水の音

830 :詠み人知らず:05/02/10 23:03:05
↑ うまい

831 :詠み人知らず:05/02/10 23:25:27
なさけない にんげんとして

832 :無名氏:05/02/11 00:17:41
803さん、懇切なる解釈ありがとうございます。
方丈記の末尾は、以前から2通りの解釈があり、
ひとつは絶対他力の安心(あんじん)の境地を述べているという説と
もう一つは、絶対他力を述べてはいるものの、天変地異があれば現場にすっ飛んでゆく
鴨長明の性格は、とても執着から逃れられるようなものじゃない、
逃れられないことを痛感さざるを得なかったが故に、不請の念仏を両三遍唱えて沈黙せざるを得なかったのではないか
という解釈です。
あめつちの もろもろのものは 実体なく
生じては滅するのが定めながらも
雪を見
月を愛で
花に思い致すのだ
前者の解釈の心持ちで、作ったつもりで(だから春の闇では軽るみが失われるといった訳ですが)
昨日も申上げたように、句は出来た直後から作者の手を離れると考えていますので、
人によりどう解釈されても構わないのです。
どちらの解釈を取るというのではなく、両方の解釈の間を彷徨しているのです。

833 :詠み人知らず:05/02/11 02:41:11
鴨長明なんていっても、結局はあきらめですか?
生臭く生き抜いた坊主(僧兵、法王、公家)は、あまりいい歌はないですね
雪をみて つきをめで はなをおもう
これが悟りでは悲しいような気がしますが?

ちがながれ いまださとらず おのれなく



834 :無名氏:05/02/11 07:07:58
833さん、
あきらめなのかどうか・・・。悟りという表現も多様なニュアンスを含んでいるので、
ある一つの心境に達した位の心持ちと思っていただいたらいいのかもしれません。
私は10代の頃、あらゆるものが虚無にみえて、精神的に追い詰められていた時期があります。
だからそんな年下の子をみると、どこか共感してしまうことがあります。
今は、そんな気持ちではなくなってきてはいるのですが、
時々知覚しているものは実体がないのではないか、という真理がふっと首をもたげることがあります。
気持ちが振り子のように、ぼんやりと揺れながら生きている。ただそれは私だけでなく、
むしろ誰にも大なり小なりあるような気がします。

835 :無名氏:05/02/11 07:09:37
あ、
×という真理がふっと・・・
○という心理がふっと・・・

836 :詠み人知らず:05/02/11 08:55:25
作句でもおっ!こつがつかめてすらすら出て来るわい、おれも悟ったんだと思うような
ときがだれでも出て来る。と子規先生は俳諧大要で言っていますが、それを大悟と思っ
たら大間違いと。悟りのあとに悟りがまたある。悟ったら終わりではないということ。
宗教はうといが、念仏系は他力で自分をまるごと阿弥陀仏にあずけてそれで極楽往生
が約束されるのでは。だが鴨長明は自分で悟りを開こうとしていたが果たせなかった。
小悟にしろ大悟にしろ。自力の修行と悟りによる安心立命をめざしたが果たせず他力
の念仏でよしとしたということか。自力の悟りを目標にするなら禅宗系ではないのか。
自分は後者の解釈が長明の虚無を表現していてフィットする。


837 :詠み人知らず:05/02/11 10:07:36
子規は、知識にもたれた表現はもとより、思わせぶりや技巧、曖昧な言い回し
を嫌った。思わせぶりや自己宣伝、技巧・衒いなどによりかからない「透明な
句」が優れた句だと見た。 問題の句はどうか。

838 :詠み人知らず:05/02/11 10:20:42
悟りの何たるかなどは仏様にならなければわかるはずがない。
釈迦如来入滅後弥勒如来下生まで此の世は無仏の世界で、
誰も生きたまま仏にはなれない。諸天、浄土への再生を目指すしかない。
即身成仏的な異端を除けば禅宗も念仏系もこのこの点では
変わらないはず。凡夫が軽々しく「悟り」など口にすべきではない。

839 :詠み人知らず:05/02/11 10:37:50
竹の先 小石ぶつかる 枯芭蕉

840 :詠み人知らず:05/02/11 10:38:33
子規は糞だ。

841 :詠み人知らず:05/02/11 11:00:09
子規は蕪村、芭蕉、一茶などを研究し、それらを網羅したような
俳諧大要を書いた。芭蕉に対しては厳しく大半が石としたが、否定
しきれなかった。死後、弟子たちはなんでもありの中から自分好み
のもので流派を維持し、今日の俳句会の混乱を招いた。そういう
意味では糞かもしれない。しかし、俳人って自分を棚にあげて先人
を必ず、玉石混交(ほとんど石という意味)っていうw

842 :詠み人知らず:05/02/11 11:47:39
>俳人って自分を棚にあげて先人
>を必ず、玉石混交(ほとんど石という意味)っていうw

子規に習ったんだよ。だけど子規は玉石混交じゃない。すべて糞だ。

843 :東山伝京:05/02/11 12:03:26
閑古鳥巣立祝いに客招き

#えー・・ 俳人と掛けまして、掃除嫌いの主婦と解く・・・・
         その心は・・・・・・
       なんでもかんでも棚に上げたがるようで・・・・・
       


844 :詠み人知らず:05/02/11 13:44:57

 強東風に尚あはれなり昼屋台


845 :東山伝京:05/02/11 18:57:10
春月や兎も酔うて我程に

#酔いついでに・・・伝京の稚拙な句と掛けて・・・ 朝日新聞と解く・・・・  
            その心は・・・
            どうも垢(赤)抜けなくっていけねえや・・・ 

846 :東山伝京:05/02/11 22:09:46
悔しきは二日見ぬ間の蕗の花

847 :詠み人知らず:05/02/12 08:47:16
まだ蕾花に合わせるむずかしさ

848 :無名氏:05/02/12 10:38:29
仕事がたまっていますが、またお酒の誘いにのってしまいました。
忙しい時ほど、仕事以外のことに意識がむいてしまう私は本当に意志が弱いですね。

>強東風に尚あはれなり昼屋台
東風。こち。春の風は、冬の風と違い、どこか暖かで、個人的には色々なことが思い出されてつい感傷的になってしまうのですが、
強東風は、早春の未だ冬の荒れの名残りをとどめた強風でしょうか。
風の匂いに、もう春だなと思いつつ、
お世辞にもいい構えとはいえない、使い込まれた屋台を風が打つ。
ああ、ここにも生業があり、主人の知られぬ人生があり、お客さんとの、またお客さんどうしの会話があるところだな、とまで読むのは穿ち過ぎか。
つい見逃してしまう世間の実景に心をを向けた句。
中句は人により推敲があるかもしれません。

>悔しきは二日見ぬ間の蕗の花
まだ小さいつぼみと思っていた蕗の花(蕗の薹)が、
しばらく見ない内に成長してしまったよ、というさりげなさが利いている句。
食いそこねた、と思うのは八っつぁん・熊さんの世界で、
形よく花を見せた時を見過ごしたのがちょっとくやしいな、という心と思いました。
本心は、いつの間にか春がより確かになってきたことをおおらかに受け止めている、余裕の一句。

>まだ蕾花に合わせるむずかしさ
伝京さんの句に応じた一句でしょう。
ここにいう花は、句を聞く側は、蕗の薹、桜、
或いは他の、それぞれの心にふと浮かんできた花、何を想定してもいいのだと思います。
開花した時を見たい、見過ごせば、また来年待たなくちゃいけない、
自分自身が、花に囚われている、花の奴(やっこ。これを近代風にいうと隷属などという、堅苦しい、つまらないものになってしまう)となっていることを
娯しんでいる一句。

849 :詠み人知らず:05/02/12 10:39:07
またひろげ 得ろ新聞を 観る電車

850 :無名氏:05/02/12 10:46:26
>またひろげ 得ろ新聞を 観る電車
煩悩に、どっかと腰をおろしている、おじさんの貫禄のある姿(笑

851 :詠み人知らず:05/02/12 11:13:44
にょろり役はもうやめか?

852 :詠み人知らず:05/02/12 12:01:07
>悔しきは二日見ぬ間の蕗の花
私の感想は、蕗の薹として食ってやろうと目を付けていたのに、
二日目をはなしたすきに咲いちゃったよといういたって、食いしん坊な句w
山菜好きなひとにはよくわかると思います。最近では山菜の山里に入る人が多く
山里側も警戒しているかも知れません。

853 :詠み人知らず:05/02/12 12:07:40
にょろりまだかぁ

854 :東山伝京:05/02/12 13:38:29
>>852
どきっとしたぜえ・・・・ ただ、好きだがそんなにむやみに山菜を取るような野暮はしねえよ。
無名氏氏は、へたな句だろうがなんだろうがいろんな見方で可能性見つけてくれるようで、
恐縮至極だわ。


855 :詠み人知らず:05/02/12 14:24:33
↑酔っ払わなければ句が作れない五流俳人のたわごとに
 のぼせ上がってるドアホ

856 :詠み人知らず:05/02/12 15:19:36
>>855
陰から不意打ちにしか毒づけない、哀れな自称一流さち公でつねwwwあんた。 

857 :詠み人知らず:05/02/12 15:29:01
>>856
そうだねw 鷺の句以降、無名氏には恨み持ち続けてるもんね。
さっちゃんの怨念やおそろしw

858 :詠み人知らず:05/02/12 16:15:08
まだお仕置きが足りなかったらしいなw

859 :東山伝京:05/02/12 16:29:43
856,857に音無してえ事は本人かい・・・>>855
あきれてもの云えねえな、おめえにゃ・・・ 
好きな詩も読めず名も出せず、悪態ばかしてえのは面白えかい(笑)。
そんなろくでもねえ奴に、ドアホなんて云われたかねえな。
おとといきやがれこのひょうろく餅!
さち公と掛けて、場末の性悪なオカマと解く・・ 心は、女が腐ってもこうはなりませんってんだ。
おめえのことだよ。




860 :にょろり:05/02/12 16:34:59
ふはは・・・

861 :詠み人知らず:05/02/12 16:54:15
後味の最悪スレはここでつね

862 :詠み人知らず:05/02/12 16:54:59
やっと役者が揃ったか・・・。さあ毒づいてください。

863 :詠み人知らず:05/02/12 17:05:35
 荒らし行為に遭遇した場合は、諌めたり挑発したりなど、むやみに対抗しないようにお願いします。特に荒らしを煽るのは逆効果です。
 荒らしに反応したらあなたも荒らしかも。。。


864 :詠み人知らず:05/02/12 17:55:00
わはっはっは あらしなんぞこわくねえよ!
あんなばかども へでもねええよ

おい さちこう なんといえ ワンでもいいぞ!
それから さちこうにたかっているハエども なんか詠んでみろ

わっはっは くそでもするか
まってるぜ


865 :詠み人知らず:05/02/12 17:55:02
このスレには投句と句評だけを書き込み、それ以外は
雑談スレか自治スレに書き込んでください。

866 :詠み人知らず:05/02/12 18:01:35
わんわんと ないてこたえる くそばえか

867 :詠み人知らず:05/02/12 18:54:06
冬銀河ビルの人影窓に寄る

868 :無名氏:05/02/12 18:54:54
喧嘩の子見上ぐれば鳥雲に入る
わんわん(笑 私は7流、8流でもいいです(w
ここが荒れている事情はよく飲み込めませんが、
いい句を作るさっちゃんさんが荒らしているとは私には到底思われず
また、不毛な発言はスルーが基本ルール。
他のスレのようにたのしみながらやりましょうよ。

869 :詠み人知らず:05/02/12 19:01:46
少年のピアスの穴や鳥雲に

870 :詠み人知らず:05/02/12 19:08:07
7流か8流さらにとぶ句会


871 :無名氏:05/02/12 19:17:04
>冬銀河ビルの人影窓に寄る
ここで設定されている場所は、札幌かどこかの都市、またはスキー場のビル、いろいろ考えられますが、
銀河は必ずしも実景でなくてもいいでしょう。東京だっていい。
窓に寄ったのは、人影、またビルの人影を見て窓に寄ったのかもしれず
いろいろ考えられるのですが、
前者なら窓はショーウインドウ、後者ならオフィスか喫茶店の窓とかが浮かんできます。
冴え冴えとした漆黒の夜空の銀河、ビルだけだと全く生命感のない冷たい情景で終わってしまいますが、
人が窓に寄ることで、命の動き、人恋しさ、などが出てきているところがいいと思いました。
高校生の頃
志賀の浦や遠ざかりゆく波間よりこほりていづる有明の月
の字余りの「や」をめぐって、上記と同じことを国語の先生に言ったら、
まあ、こうした事例は他にもあるから、と笑われたことが懐かしく思い出されます。
でかけてきます。

872 :詠み人知らず:05/02/12 19:33:32
凍てかえり万象微笑みやめにけり




873 :詠み人知らず:05/02/12 20:14:44
16年度のNHK俳句全国大会の再放送を見ました。
http://www.n-gaku.jp/life/haiku/index.html

短歌の方は油断して見ていて思わず。。。もありましたが、
俳句の方はへーって感じでした。

兜太氏(革新)と汀子氏(保守)がやりあって中で狩行氏
(中道?)がおろおろしているのが面白かったです。季語
定型で自然だ、いやいろいろ(無季、自由律)あってこそ
進歩するんだと。

保守は季語を詠む。革新はなんでも詠む。中道は感情を詠
みそれに季語を利用する。と思っていますが、いったいど
うすればいいのか初学は迷います。

874 :詠み人知らず:05/02/12 20:19:00
>>873
指導者に従うのがいいのです。

875 :詠み人知らず:05/02/12 21:48:50
>>874
その指導者を選びたいがわからないのです。
まあ、これだと思っても組織が嫌いなので
入ることはしないと思います。何個か入っ
てみんな自主退場したひともいるようなので。


876 :◆Ten.RC482M :05/02/12 22:00:51
喜寿とふが言送らむかバレンタインデー

877 :詠み人知らず:05/02/12 22:17:17
>>875
どの指導者がいいかわからないなら
どれでもいいということですよ。俳人に教わらなければ
俳句は絶対に作れませんから早くどれかに決めなさい。

878 :詠み人知らず:05/02/12 23:00:55
雑談は雑談スレにてどうぞ。

http://game9.2ch.net/test/read.cgi/tanka/1027745163/l50

879 :詠み人知らず:05/02/12 23:18:03
そうだねぇあらしはもぅはいらんかね

880 :詠み人知らず:05/02/12 23:28:44
…………。
かたくり咲いた 
何とかね



881 :ヤジウマ:05/02/13 04:12:09
>>867

窓に倚るひとかげはなし冬銀河

でやってみた。ビルも消えたけど。

882 :詠み人知らず:05/02/13 08:43:19
>ビルの人影窓に寄る
これはどっかでみたかもね。やはりほめられてた。半分は借用苦しからず。

883 :詠み人知らず:05/02/13 09:56:22
>窓に倚るひとかげはなし冬銀河
ひどい改悪だなあ

884 :さっちゃー:05/02/13 13:24:52
>>882
借用ではないのですが、たしかに類型がありそうな言い回しかもです。

885 :詠み人知らず:05/02/13 17:23:56
↑ むつかしいね いくらよくても似ていれば没にせざるを得ない。


886 :さっちゃー:05/02/13 18:15:15
辻濡れて尾灯列なす木の芽時

887 :無名氏:05/02/13 18:23:30
872さん、
何か具体的な景物を入れ、微笑みを別の表現に推敲されてみると、より句全体に引き締まった感じが出ると思いました。
873さん、
選者によって受け止め方が全然違うのもしばしば(私はそれが当然と思います)ですね。
季語は共通の概念・イメージを持つ。それは、前代からの和歌・連歌の伝統の中で育まれた、極限的短詩の表現の枠を広げる工夫・叡智ともいえますが、
逆に季語に束縛される、新しい表現を打ち出し辛くなるという面もないではなく、
そもそも季語自体が現在の私たちの日常の生活感覚から著しく遊離してきていることも問題提起の背景にあると思います。
(逆手に考えれば、季語を学ぶことにより、豊かな自然や生活の感覚をとりもどすこともできると私などは思うのですが・・)
877さんのように、句会で添削してもらう、アドバイスを受けるのが手っ取り早く、また主宰は誰でもいいと思うのですが、
俳句雑誌や関係の図書を読んだり、新聞の俳壇を読みながら(迂遠かもしれませんが)少しづつ身につけていく方法もないではありません。
詮ずるところ俳句は17文字の極限世界ですから、あれこれ盛り込もうとせず、言葉一つ一つのもつ意味、ニュアンスを活かして、感じ取ったものを一つに言い切るような感覚で推敲するのが基本なのかな、と思います。
主宰はだれでもいいと思います。また俳句雑誌や新聞の俳壇を読むのもよろしいかと思います。
880さん、
実際にみて、感じるところがあった、ということであれば、その感覚を大事にして数日「待ってみる」のもよろしいかと思います。
ふっと句にまとまることがよくあります。
881さん、
>ひとかげ「は」なし
ですとみたままの光景となります。
この道や行く人なしに秋の暮れ
この道を行く人なしに秋の暮れ
芭蕉は随分推敲しています。似たような体験をした時、あるいはその後で推敲してみると実感をもってまとめられるかもしれません。
882・884さん、
そうですね。17文字ですから、知らず似た言い回しになってしまうことがありますね。
意図して真似た場合はともかく(敢て本歌取りをする場合もあり)、ここではそういう場合指摘はお互いするとしても、基本的におおらかにありたいと個人的には思いますが・・・。
(志賀の浦「や」の話は中途半端だったかも・・・)

888 :詠み人知らず:05/02/13 18:40:41

 凧提げて刈田の家路遠かりし



889 :無名氏:05/02/13 18:50:25
876さん、
>喜寿とふが言送らむかバレンタインデー
喜寿の祝いがバレンタインデーと偶然かさなり、訪う(訪問する)べきか、言(電話・電報?)すべきかという句とみました。
おもわず頬が緩む、微笑ましい句。デーは省いてバレンタインにしておきましょうか(w
さっちゃーさん、
>辻濡れて尾灯列なす木の芽時
辻は、しんにょうに十で十字路。または道端。尾灯は、恐らく自転車の尾灯かと。
木の芽時は、暖かくなって、もろもろの木の芽が芽吹く時候。
春雨なのか、しっとりと濡れる街の通りを尾灯を連ねながら帰ってゆく女子高生(だと思う!)
初々しい、夕暮れ時の光景とみました。


890 :無名氏:05/02/13 18:54:01
>凧提げて刈田の家路遠かりし
念のため検索したら、現代俳句協会の一般の部に投句されたものでした。

891 :ヤジウマ:05/02/13 19:33:49

>>886 辻濡れて尾灯列なる木の芽時

では?

>>889 自転車でなくても。まして女子高生は深読みと思う。

892 :詠み人知らず:05/02/13 21:03:31
>凧提げて刈田の家路遠かりし
詠み人知らずだから盗作とは言えないのかな。
句としては、作者が主語になり、作者が夢中で遊んだ楽しい
心がよく見えますね。

>辻濡れて尾灯列なす木の芽時
春時雨で道が濡れて光っている。街路樹には芽が出始めた。
私は車のなか、あるいは歩道を傘をさすか持って歩いている。
車の尾灯が赤く列をなしているよ。というところでしょうか。
雨、街路樹、車の尾灯の事物を織り込んでとてもきれいに情景を
表現していると思います。でもきれいだなと思っている?
以上の気持ちは感じられません。

私もきれいな風景や情景を詠んで、それで?とよく言われます。
漢詩や絵画のような情景を見事に詠んでしまう蕪村などはこちら
側に大家だからという気持ちがあるため黙せざるをえませんが。





893 :無名氏:05/02/13 21:12:11
ヤジウマさん
いいご意見を戴きました。
>尾灯列なす
この光景をまず考えました。車、自転車、電車(江ノ電など)、路面電車・・・。
路面電車などだと、どこでも走っている訳ではないので、誰でもイメージが浮かんでこないのではと考えました。
車だとすると、渋滞している光景が浮かんできます。或いは横に並んでいるとしたら、駐車場でしょうか。
しかしこれでは情感という点でどうでしょう?ピンとこない気がします。
そこで、「辻」という言葉から、あまり大きくない十字路、道端のイメージから、自転車が一番ふさわしいかな、と思ったのです。
自転車が一台ではなく、何台か通りすぎてゆく。後ろから見れば列をなしているようにみえる。
さて、「木の芽時」という季語に相応しい列なす自転車は何だろうと考えて、「女子高生」を思い浮かべた次第です。
無論、以前から何度か書きましたが、人によって受け止め方は多様でいいと思っています。
むしろ、「私はこういう光景だと思う」「自分はここに作者の感慨がこもっている」とか
いろんな異見が出るほうが私たちのために有益だし楽しいと思います。
伝京さんは、俺はそこまで食いしん坊じゃないといわれるけど、
蕗の薹を食い損ねてくやしいなでも、受け止めとしてそれは間違いではないのだと思います。
解釈が一つに絞れない、それが俳句の辛いところでもあれば、最も優れている点だとも思います。
というわけで、個人的には「(だと思う!)」とした次第です。
ちなみに私はロリ趣味はありません(笑

894 :無名氏:05/02/13 21:15:29
892さん、
なるほど!夕暮れ時の雨の景色に車の尾灯がほのかに映える、という訳ですね!



895 :詠み人知らず :05/02/13 21:41:18
>尾灯列なす

個人それぞれですなら

雨の夕暮れですか、渋滞の車列、尾灯はたてに伸びて目に映り連なっている
なんて感じです。  

896 :詠み人知らず:05/02/13 21:44:32
>車だとすると、渋滞している光景が浮かんできますしかしこれでは情感という点でどうでしょう?ピンとこない気がします。

渋滞しているから、ひま?でいろいろ感じるのではないでしょか?
雨にぬれている街路樹も溶け込んできていい句だとおもいます。



897 :詠み人知らず:05/02/13 21:47:27
みんな 共通のイメージをもつんだね

898 :無名氏:05/02/13 21:49:35
>でもきれいだなと思っている?
>以上の気持ちは感じられません。
>私もきれいな風景や情景を詠んで、それで?とよく言われます。
これはじっくり考えたいですね。
「きれい」、というのはクセモノと思っています。
対象に作者は何を感じ取ったのか、それに聞き手はどこまで共感できるかという訳ですが、
どちらかというと、私には安易に「きれい」に作る癖があって、そこが致命的なんですが、
といって、「きれい」からはずれようとすると、重くもなったりする、気負いが出る。
私は軽みに向かいたいのですが、これが至難のワザで、試行錯誤ばかりで今はどうにもなりません。
蕪村の句は、句より絵画の方をみているせいか、あの叙情確かな完成度は、蕪村一己の才と受け止めています。




899 :無名氏:05/02/13 21:57:53
897さん、
うーん、俳句がもし共通のイメージを持つものと言い切れるものであれば、
俳句はかなりつまらないものだと思います。
といって、まったくバラバラ、というのであれば、これまた詩として成り立たない。



900 :詠み人知らず:05/02/13 22:03:00
脳内のイメージだから、写真と違うのではないですか?
ある種の情感を引き起こす共通のイメージがあるといいたかったのですけど

それを起点とする情感の波紋は各自の感性によって違うとおもいますが。
つまらないのは、その情感をなにもあたえてくれない詩歌だとおもいます。


901 :YYY:05/02/13 22:04:00
>>846 当然、三日見ぬ間の桜のパロと思いましたが――

>>892 >>893 etc.
尾灯がつながって渋滞でもいいのじゃないでしょうかね。
おまえこそ深読みといわれるか知れないけど、雨の宵のちょっと渋滞模様の情況でわづかに葛藤もあって、かならずしも視覚的なきれいさに終始していないところもあると思う。

ついでながら、情景をきれいに詠んでそれでどうしたの、という件ですが、情景をきれいに詠めるだけでもたいしたものですよね。


902 :詠み人知らず:05/02/13 22:09:08
>情況でわづかに葛藤もあって、かならずしも視覚的なきれいさに終始していないところもあると思う。

もうすこしいっている焦点をつけてくれんかね
意見がぼけてしまう。


903 :無名氏:05/02/13 22:22:46
900さん、
考えてることは全く同じですよ。
共通のイメージをもつんだね、と端的にいわれたので、
別の方から100%同じイメージをもつものなのか、と思ったのです。
俳句は17文字程度の中での表現なので、必然的に聞き手それぞれに様々に受け止められる、
同じ聞き手でも、時間や月日が経つと別の受け止め方をすることもある。
秀句といわれるものが、どうしても駄句としか受け止められない場合もある。
とっても危ういが、極限の表現に限りない魅力もある。
このきれい、というのが、喩えていうと、
狩野派のきれいさは、確かにきれいといえばきれいだが、面白いかといえば憮然とするより仕方なく、
月岡芳年の月百姿のように、暁斎のように個性を前面に出す訳ではないが、卓越したとらえどころで透徹した叙情性をしっかり掴んているものをみると、
見る側の郷愁や、寂寥感、様々な心情を刺激されるということで(ああ、全然説明になってない・・・)


904 :無名氏:05/02/13 22:25:05
×別の方から100%同じイメージをもつものなのか、と思ったのです。
○別の方から、100%同じイメージをもつものなのか、と言われたのかと思ったのです

905 :無名氏:05/02/13 23:58:18
寝る前に、
このスレは、投句・句会・選評ですが、まあスレ違いといわず、句会の会話と思って聞いてやってください。
 幾たびも雪の深さをたずねけり
この句が、正岡子規という俳人が、病床にあって自らは外の雪を見ることが出来ない中で作ったもの、という前提を捨象して、
詠み人知らずで提示されたとします。
(あ、凧提げて、の件ですが、888さんが現代俳句協会に投句されたのかもしれず、何よりも固有名詞でなく匿名ということで、今後もこういうケースはあるでしょう。その時はこのスレに対する通常の
投句としてみんなで批評しましょう。ある程度年齢を重ねた方とおぼしき「出来た句」なので、正直なところ対応の点で判断に迷いました)
 幾たびも、は詠み人知らずでも充分にいい句ですが、
前提を捨象した場合、多くの人が評論を書くに堪える句であるかどうか。
今更桑原武夫か、と言われそうですが、あの問題提示は何度考えてもいいのではないか、と思います。

私は俳句において、個人(固有名詞)という定点を置く気がない、ないところに俳句の独自性を求めたいのですが(これはあくまでも私個人の考えですよ)、
翻って考えてみると、芭蕉の句も、紀行文、後人が集積した資料のなかで彼の句は総合的に批評されている。
これは決して芭蕉ばかりに限ったことではないのですけれど、
つまり17文字だけが我々にぽんと投げ出されている訳ではない。
芭蕉は紀行文というものを用いて、周到に、一定枠の見方をされるように導いている。
歌にはまた、詞書きということがある。
時々、土俵が同じでないな、と思ってしまうのです。
17文字という極限の中で、一つだけの解釈の句というのは困難で、むしろ囚われないほうがいい、
いろんな受け止められ方をするが、受け止める側としては、心情の奥深いところで刺激され、共感させられる、
ああ、これは自分だけこういう心情でいたが、おなじ感慨を持つひとがいてくれたか、という寛爾とした歓びを覚える、
その危うい、綱渡りのような俳句に対して、色々実験を試みてみませんか。
具体的には無定型、無季語もありとか。或いは詞書もありとか。
同人誌にはないような、2ちゃんねるだからできる実験をいろいろ思いついて、ここで試みられたら、と思うのです。
どうもまとまりのない文ですみません。

906 :詠み人知らず:05/02/14 01:03:14
ありがとうございます。
懇切な説明でありがたいです。
未熟なわたしには、消化に時間がかかるので、よく考えます。(よく寝て)
不十分な理解ですぐレスをするのは失礼だとおもいますので。

なにか まともな文章でなくてすみません。



907 :詠み人知らず:05/02/14 08:50:50
>私は俳句において、個人(固有名詞)という定点を置く気がない、
>ないところに俳句の独自性を求めたい
これは俳句観としてかなりコアの部分だと思われますが、
俳句の主語を個人の生活や個人の感情、境涯に置きたくないという
ことでしょうか。子規の病床での自分のことや芭蕉の漂泊での感慨
表白はあまり評価しないという意味ですか?

908 :詠み人知らず:05/02/14 12:09:33
宗匠は深読みされて苦笑い

909 :詠み人知らず:05/02/14 13:02:04
>>905 現代的で真っ当な論と思います。
無名氏が現時点で「同じ感慨を持つ、莞爾とした歓びを覚える
その危うい綱渡りのような」例句をご紹介頂きたく思います。

>>907 「子規の病床」や「芭蕉の漂泊」を抜きにすると、
共感を覚えるに足らない句があるとして、その例をお示し
いただけませんか。

もっといえば、作者の名前や掲載メディアさえ作品の一部として
読まれてしまうということでしょうか。
「2ちゃんねるにおける五七五」の正体はいかなるものか、
議論の行方を見守りたく存じます。

910 :◆Ten.RC482M :05/02/14 19:08:10
>>889
無名氏さん、私の句を読んでいただいて、ありがとうございます。
「喜寿とふが言送らむかバレンタイン」にします。

俳句に親しみたいと思っていたので、このスレはありがたいです。
句会は、顔をあわせてするのも、ネット上のも、未経験です。
俳文というのに、ぶち当たって、こんな面白いことを書く俳人という種族がいるのだ、、
おもしろー、、が、はじめかな。

>>908
>2ちゃんねるだからできる実験をいろいろ思いついて、ここで試みられたら、と思うのです。
いろいろやってください。付いていきます。

俳句って、
語と語をつなげて、言葉の隙間みたいなものを作って、
そこから湧いてくるものを楽しむ、、、のかな?


第1回と第2回のログをどうかして読みたいと思っていたんですが、
2ちゃんねるミラー計画@fun.kz http://fun.kz/ってとこにありました。
たどり着くのに2日かかったけれど、

911 :◆Ten.RC482M :05/02/14 19:14:18
あれ、番号をまちがえた。
908 は、>>905 でした。

912 :詠み人知らず:05/02/14 21:03:20
投句スレ、句評スレ、俳論・雑談スレを別にしなければ
進みませんね。

913 :詠み人知らず:05/02/14 21:06:26
↑ おまえがうざいんだよ


914 :詠み人知らず:05/02/14 21:44:29
春増してうざさも増してさっちゃんや

915 :無名氏:05/02/14 22:52:54
907さん、
私はいつも文章をよく練らずにそのまんまレスしてしまいますので、意味がとり辛い文章でご迷惑をおかけしました。
要するに本名とか、どういう立場とか出さずに詠み人知らずに徹したい、ということです。
(漢詩では読み人知らずを無名氏といいます)
2ちゃんねるでは、ほぼ誰もが匿名で、お互いの境遇もよくわからない中で
句を出し合い、批評しあっている、
ということにかなりの魅力を感じているのです。
男なのか女なのかも場合によってはわからない、どういう境遇の中で感じ取って生まれた句かわからないが、
ぽんと投げ出された句にそれぞれがどう受け止めるか、ある種の実験のようにも思われます。
>子規の病床での自分のことや芭蕉の漂泊での感慨、表白はあまり評価しないという意味ですか
そうではなく、そういう背景があるからこそ俳句一つにも大きな広がりの中で捉えることができる。
しかしながら、今ここでの私たちは、そういう背景をもたず俳句だけで批評しあっている、
批評する基盤が異なるということです。
子規、芭蕉ではありませんが、
たとえば、
 露の世は露の世ながらさりながら
なんの背景もなしにこれだけ提示されたら、今ひとつもどかしいものを私なら思ってしまいます。
ところがこれが、幼い子供を喪った俳人の句であるという背景が判明した途端に、
痛切極まりない親の呻きとなって我々の胸に迫ってくるということです。
ならば私たちも、一定の長さを持つ詞書を置いたうえに句を提示するのもありかな、と思ったのです。
逆にまた、そういった背景もなしに匿名に徹底して、17文字だけの俳句だけで、どこまで人の心にせまれるか、
試みてみるのもありかなとも思った訳です。
いろんな実験をして、どんな反応がかえってくるかどうかを検証してみるのはどうかな、と。
2ちゃんねるではお互いの顔がみえないだけ、実際の句会よりもストレートな反応が期待できる可能性があると考えた次第です。

916 :無名氏:05/02/14 23:02:44
910さん、
隙間といいますか、言葉それ自体が持つ意味、ニュアンス、
それが17文字の中で共鳴したりすることで、一つの光景、一瞬が形つくられる、
それを通して、作り手の感じたものが象徴して、ないしは凝縮して表白される、
うまく言えないのですが、そんな感じといったところでしょうかと思います。
感じたものがあって、それを長々と説明する、それで相手に理解してもらえるといえばもらえるわけですが、
限定されたことばのほうが、より心に迫ってくると思うのです。
短いが故に作り手の感じたところを確実に正確に伝えることは百%成功する訳なく、
別の捉えかたをされる確率が短歌や自由詩よりも大きいのですが(w
912さん、
あるいはそうかもしれませんね。
私はただ、スレ題に選評もあるから、
「句会」スレ題にあるんだから、てっきりみんなでわいわい句をつくり、なおかつお互いにああだ、こうだと句評しあうものだと思ってやっているのですが、
なんか私だけ句評をやってるようで、かなり辛いのです。
何が辛いといって、いろんな受けとめ方があるはずなのに、
一方的な見方を押し付けているような後ろめたさが付きまとうのです。
投句だけが延々とレスされるだけだとあまりに寂しい、
上手い、下手、という紋切り型の批評では、これまた砂を噛むような空しさだけが残る、
なぜみなさんは自分はこう受け止めたというのをもっと積極的にレスされないのかな、と寂しい思いがあります。

917 :詠み人知らず:05/02/14 23:42:04
>なんか私だけ句評をやってるようで、かなり辛いのです。

ウーン ほかの人がやると嵐がまきおこるので。。。。
信頼度が高いせいとおもいますけど。。。
(いや 個人の感じですから)
  


918 :詠み人知らず:05/02/14 23:54:36
ゴミ漁るカラスに見張り役もいて

919 :詠み人知らず:05/02/14 23:55:46
みちのくのおくのほそみちみちのおく

920 :詠み人知らず:05/02/14 23:56:34
三寒と二温二寒と春浅し

921 :無名氏:05/02/14 23:57:16
いや・・・私自身、とらえらえ方がとかくうがち気味で、その後ろめたさもかなり大きいんですよ。
むしろこちらが学びたいんですよ。
ヒマがある時しか来ませんし・・・。
スレのpart1.2はじめて拝見しましたが、
本来しっかり句の添削される方がおられたんですね。
どうもpart1から読んでみると、私はこのスレ本来の趣旨をかなり逸脱しているらしい・・・
すみませんでしたm○m。

922 :詠み人知らず:05/02/15 00:06:05
>>917
信頼度はどうか知りませんが、前スレから見てると句評らしきレスは、
にょろり、 無名氏、ぐらいのような気がしますからこのままでいいのではと思われ。
色々チャチャ入れる人もいますけどね(笑


923 :無名氏:05/02/15 00:10:17
別の場所で、いろいろ実験してみます。
去年作った1句置いていきます。

 花守に より添ふてゐる 影法師

924 :詠み人知らず:05/02/15 00:16:27
無名氏の、句の情景を想像する力と、
その奥にあるものを見極めようとする努力
(そこに働く常識)は信頼に足りると思います。
自分は詠みっぱなしで申し訳ないですが。

925 :詠み人知らず:05/02/15 01:12:15
>句評らしきレスは、
にょろり、 無名氏、ぐらいのような気がしますからこのままでいいのではと

にょろりはだめだよ
嵐の原因をつくったやつでもあるからね
無名氏のように説明をつくしてくれれば、納得するが、にょろりはほんとに
にょろにょろだもん


926 :詠み人知らず:05/02/15 07:54:44
にょろりの評はくだらんけど、でもにょろりは悪くない。誰でも何を書き込んでも
いいんだ。他の者ももっと積極的に批評をすればいいだけだ。

927 :詠み人知らず:05/02/15 09:39:13
無名氏がこの主宰だと思っていました。添削していたほんとうの主宰は
どうしたのでしょう。逃げたw

>花守に より添ふてゐる 影法師    無名氏

俳句のデータベースを花守で検索すると大家のがいくつか出てきました。
それらより、無名氏の句はきれいですね。花守、より添う、影法師すべて
の言葉が美しい。俗っぽさがない。
http://www.jfast1.net/〜takazawa/

蕪村の次の句の意味が?

花守は野守に劣るけふの月   蕪村


928 :詠み人知らず:05/02/15 11:20:31
やっぱり主宰がいたのか

929 :詠み人知らず:05/02/15 11:34:24
凍て返り万象沈む森の径   (推敲したつもり)

930 :詠み人知らず:05/02/15 11:35:58
花守や ゆっくり見上げる 糸櫻

無名氏さんも消えちゃうんですか。このスレッドの花守だったのに。

931 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/02/15 12:03:23
花守は野守に劣るけふの月   蕪村

今宵の月は花にも勝る美しさですね。

今年また花守りとなる一週間   あかね

花も月も雪もはかなく美しいです。

932 :詠み人知らず:05/02/15 12:05:39
>他の者ももっと積極的に批評をすればいいだけだ。
いまのいままで、主宰が一方的に選択し批評するだけだと思っていた。
第3回は、すべて善意的に深読みしてもらってほめるられる傾向になっている。
ちょっと別のひとがほめすぎじゃないのと批評しようとすると、ちゃちゃ
が入ったと思われてしまう。そもそもほかの人は批評してはいけないと
思っているから、遠慮と皮肉が混然としたもの言いになりやすい。こんな
ところにも嵐をよぶ要因があるのではないか。

スレッドが1000を超えたときは、最初の設立趣旨を再度載せるべきだ。
無名氏氏も前のスレッドを見て、主宰の添削があったり(ただほめるだけ
じゃない)やりかたの違いに気がついた。でも去ろうとしている。どうして
なのか。主宰と俳句観があまりに違うと感じたのか。
それぼど違わないなら、やさしい無名氏にいてほしい。

933 :詠み人知らず:05/02/15 12:35:55
花守は去らんとするや老桜


934 :詠み人知らず:05/02/15 13:24:47
>>927
野辺で見る澄み切った秋の月を讃えた句だ。

935 :詠み人知らず:05/02/15 13:30:21
花の番をするばかりで花を楽しむ余裕のない花守に比べて心置きなく秋の月を
眺めることのできる野守の境遇は素晴らしく羨ましいということ。
和歌連歌では花守は野暮なものとして扱われるのが慣わし。

936 :詠み人知らず:05/02/15 13:59:47
>和歌連歌では花守は野暮なものとして扱われるのが慣わし。

汗をかいている人は、夏炉冬扇にはにあわないのだ


937 :詠み人知らず:05/02/15 14:22:44
>今年また花守りとなる一週間
この花守は木の主治医ではなく、花をただ愛で見守る人
、汗をかかない人を花守として詠んでいるか。

938 :詠み人知らず:05/02/15 14:34:26
一週間だけの花守りはよくて、年間つとめる花守りはダメですか
趣味と仕事の差かな?


939 :詠み人知らず:05/02/15 14:52:00
花守の原義は、桜の開花の時期だけ花の番をするひと(野暮)だったようですね。
しかし、今や桜が咲かない夏、秋、冬も年に一度の開花のために精魂をかたむける
ひと、保存に力を入れるひと、それを応援するひと、愛で見守るひと、すべてを
花守と呼んでいる。これは桜に限らず、花で街を飾ろうとしているひとたち、商売
でもボランティアでも自分たちを花守と称しているらしい。

940 :詠み人知らず:05/02/15 15:09:32
古典の花守は花の世話をするのではなく花が折られないように
見張りをするのです。ですから、花を見ないで人ばかり見て、
時には追い払いもします。花を愛でたい風流人にとってはなんとも
無粋な存在です。恋路の邪魔をする頑固な親に通ずるとも言える
かもしれません。


941 :詠み人知らず:05/02/15 15:27:55
>>939-940

非常によくわかりました。 ありがとうございます。
すこしひがんでいたようで、反省しています。


942 :詠み人知らず:05/02/15 21:27:31
あー、勝手に咲いた野の花とそれを照らす月の風情が
囲われた前栽に勝るという意味じゃないんですか…なるほど。

943 :詠み人知らず:05/02/15 22:12:45
白河の清き流れに魚すまずもとのにごりの田沼ぞ恋しき

944 :あかね ◆wSdkSdy/To :05/02/15 22:19:51
>>937
評をいただき、ありがとうございます。
近所で花(桜)が咲くと散るまで気になってしまいます。

「解」と「評」、そこから喚起される自分の感慨や連想が
楽しいですね。17文字から読み取れる内容のどこまでを
「解」とするか、「解」にどこまで予備知識が必要か、
難しいところですね。

945 :左耳:05/02/15 23:47:48
無名氏の書きこみは、勉強になるのでやめないでほしいです。それぞれの考え方や感じ方があると思うので、ほかの方達の感想や意見も勉強になりました。匿名でもコテハンでもかまわないので、真摯に俳句を愛する人達に居てほしいです。

946 :左耳:05/02/16 00:04:33
花守の きみの視界のなかに居たい

947 :極道の娘:05/02/16 00:18:28
はなをみるながくもなきがすくいかな


948 :詠み人知らず:05/02/16 12:49:45
春雨や猫にものいふ囲ひもの

949 :詠み人知らず:05/02/16 13:01:42
>>948 古川柳っぽい。

囲ひもの猫とながめる朧月


950 :詠み人知らず:05/02/16 15:46:49
第2回のをやっと見つけた。
http://fun.kz/test/read.cgi/tanka/1102220636/

無名氏が去ろうとしているのが理解できた。

ムードはためぐちのおふざけ。大阪弁、江戸弁きどりあり。
です、ます調はなし。主宰とおぼしき詠み人知らずもそうで
言葉少ない命令調でごうまんな感じを抱かせる。これはみんな
に伝染してる。俳句観に至っては、生活志向、自由律、無季苦
しからず。

これらすべて無名氏とは相容れない。なんじゃこりゃっと思
っただろう。

951 :詠み人知らず:05/02/16 16:07:45
濁り川春になっても水澄まず

952 :詠み人知らず:05/02/16 16:23:50
濁り川ふなこひききんぎょ汚れまし

953 :詠み人知らず:05/02/16 16:36:39
我を厭ふ隣家寒夜に鍋を鳴らす

これいったいだれの句だと思いますか?
みんな清濁、高雅低俗混交。答えは蕪村

954 :詠み人知らず:05/02/16 18:11:50
>>948
さっちゃんのは、後味の悪い句以外は全て他の句からの引用です。

955 :詠み人知らず:05/02/16 21:36:54
蒸し返しなお不味くなるショーロンポー

956 :詠み人知らず:05/02/16 22:43:39
>>950
今更なにを言ってるのやら。。
お上品なレスなんか面白くもなんともない。
罵りあったりけなしあったり、罵詈雑言が飛び交ってこそ2ちゃんらしい。
よそいき言葉でおべんちゃら並べても、しらじらしいだけ。
さっちゃんや、にょろりや伝京あってこそのスレ。
お上品ぶりたかったらよそでやりな。
ここは毒々しいスレなんだよ。

957 :詠み人知らず:05/02/16 22:48:13
>>950 大阪弁、江戸弁きどりあり。です、ます調はなし

亀井当番兵であります。
お背中流し、おけつせんもんであります。

おそい ばか ばしっ ばしっ

958 :訂正:05/02/16 22:50:00
亀井。。。。ーー> 伝京上官、にょろり当番兵であります。

959 :詠み人知らず :05/02/16 22:51:05
>>956-958

市ね!

960 :詠み人知らず:05/02/16 22:53:19
>>956
うーん 微妙に納得。

961 :詠み人知らず:05/02/16 22:53:45
わかったよ
です、ますは長州の兵隊用語だったな

962 :詠み人知らず:05/02/16 22:56:01
長州及び陸軍は「です」じゃなくて「であります」だよ

963 :詠み人知らず:05/02/16 23:05:53
そうでありますか?


964 :詠み人知らず:05/02/16 23:08:48
ペコポン侵略であります!

965 :詠み人知らず:05/02/16 23:28:49
>>961-964

市ね!




966 :詠み人知らず:05/02/17 00:22:01

〜 春泥 ビリーミリガン一座なり 〜

 #皆々様には夏炉冬扇をお忘れなく〜



967 :詠み人知らず:05/02/17 01:05:16
貴様 葉を句碑縛れ 腰に手をやれ あしをひらけ


968 :詠み人知らず:05/02/17 08:03:10
水清ければ魚すまず いったて清ければ真だが、ここは
水汚ければ清魚すまず雑魚がすむ 

969 :詠み人知らず:05/02/17 09:10:25
このスレも すきなところへ 逝ってよし

970 :詠み人知らず:05/02/17 09:11:01
「であります」は海軍でも使ってたから長州語起源説は「?」。
演説文体として福沢諭吉が使い出したという説もあるが、それでは
なぜ軍隊用語になったのかが説明できない。

971 :詠み人知らず:05/02/17 09:27:31
「であります」は,キヘイタイなど武士以外の兵の多かった長州軍に
つかわれていたのを、大村益次郎が、徴兵国民軍の共通用語につかったと
記憶しています。

海軍も使った。 当時は海軍という意識はなかったのでは(明治1,2年)
しかし、その後海軍もつかっていたとは初耳であります。


972 :詠み人知らず:05/02/17 09:32:01
初耳でありますか。それでは撤回するであります。

973 :詠み人知らず:05/02/17 09:33:36
よろしいであります。


974 :詠み人知らず:05/02/17 10:01:41
〜であります、は山口の方言なのであります。!

975 :詠み人知らず:05/02/17 10:16:17
〜でごわすは薩摩の方言でごわす。おいは西郷隆盛でごわす。

976 :詠み人知らず:05/02/17 11:02:08
さようでごわすか

977 :詠み人知らず:05/02/17 11:12:54
〜ぞな もし は 石鉄県の方言であります。


978 :詠み人知らず:05/02/17 14:57:55
例の馬鹿だらけの県ですか?


979 :詠み人知らず:05/02/17 15:33:40
ばかやま県じゃないですよね

980 :詠み人知らず:05/02/17 15:57:52
あほ森県?

981 :詠み人知らず:05/02/17 16:52:48
いなごとばったはちがうぞなもし

982 :詠み人知らず:05/02/17 17:16:57
馬鹿やましのかたでありますか?


983 :詠み人知らず:05/02/17 18:26:15
馬鹿の俳句好きが多いというあの馬鹿山師であります。


984 :詠み人知らず:05/02/17 20:07:13
あの 色魔や 虚色 の出身地ですな

985 :にょろり:05/02/17 20:15:06
馬鹿は書き込み禁止だ。

986 :詠み人知らず:05/02/17 21:54:54
金鵄でありますか? にょろり当番兵殿
キョウデン准尉がけつをふけと

987 :詠み人知らず:05/02/17 21:59:28
>>967-986

市ね!



988 :詠み人知らず:05/02/17 22:00:30
馬鹿にして初めてわかる真理かな

989 :詠み人知らず:05/02/17 22:02:07
しねという声われを打つ夜更けかな

990 :詠み人知らず:05/02/17 22:03:37
ばかなるはこころをとじずひとのみち


991 :詠み人知らず:05/02/17 22:07:57
大賢は大愚に似たり

992 :詠み人知らず:05/02/17 22:14:13
ふざけるななにがたいぐだ小賢愚め

993 :詠み人知らず:05/02/17 22:25:31
大道廃有仁義、知恵出有大偽
賢しらを捨てて無為に帰せよ

994 :詠み人知らず:05/02/17 22:31:35
>>968-999

市ね!

大道芸人評判、知恵無出血皿金


995 :詠み人知らず:05/02/17 22:37:27
にょろりがちょこっと出とったような・・・

996 :詠み人知らず:05/02/17 22:45:33
ちょっと出てちょっと消ゆるもにょろりかな

997 :詠み人知らず:05/02/17 22:52:58
馬鹿と阿呆さても目出度き御世の春

998 :詠み人知らず:05/02/17 23:47:57
998

999 :詠み人知らず:05/02/17 23:49:22
千年灸

1000 :詠み人知らず:05/02/17 23:55:33
やはりこのおれが アンカーだな


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

155 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)